wimaxのキャンペーン比較

やさしくねっと.

WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきことまとめ

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af

無線のインターネットとして古くから人気のあるWiMAX。

外出時にノートパソコンやタブレットを用いてインターネットを利用したい人にとっては必須のアイテムと言えるでしょう。

WiMAXはauショップ家電量販店等で販売され、そこから購入する人が多いです。

しかしWiMAXは購入窓口によってキャンペーンを行っており、3万円を超えるキャッシュバックを得ることも可能です。


WiMAXのキャンペーンランキング

本サイトではオプションが不要お得なキャンペーン順に3社ランキング形式にしました。

GMOとくとくBB WiMAX2+

トータル割引額No.1!

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が最大33,000円と頭一つ抜けて高額です。

 

月額料金割引もあるので総合的なコストを考慮すると最もお得になWiMAXと言えるでしょう。

 

また、高額キャッシュバックだけでなく月額料金も他社に比べて安いのが魅力の一つです。

GMOとくとくBBのおすすめポイント

GMOとくとくBBはとにかく総合的にお得です。

    • キャッシュバックが高額
    • 月額料金が安い
    • 初月無料
    • 20日以内であればキャンセル可能

これらの理由から現在最も選ばれています。

また、使ってみて不満があれば利用料金、違約金なしでキャンセル出来るので気軽に申込が出来るところも魅力ですね。

アクションボタン

 

DTI WiMAX2+
DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

高額キャッシュバックが魅力

DTIが提供するWiMAXのキャンペーンは2つ。

 

1.キャッシュバック29,000円

 

2.契約から2か月間無料(期間限定)

 

期間限定ですが、利用開始から2か月間無料のため、現在総合的にお得に契約出来るプロバイダとなっています。

DTIのおすすめポイント

DTIのキャッシュバック金額29,000円は1位のとくとくBBに次いで高額です。

もちろんオプション等は不要です。

現在期間限定キャンペーンに付き2カ月間月額無料となっているため、とくとくBBに引けを取らない割引額となっていますが、DTIはキャンセルが出来ないため2位としています。

アクションボタン

 

ビッグローブWiMAX

キャッシュバックとポイントが選べる!

光回線のプロバイダとしても知名度の高いビッグローブはキャッシュバック2万円ポイント21,600円という2つのキャンペーンから選ぶことが出来ます。

 

ビッグローブのポイント(Gポイント)は1ポイント1円で使えるのでややお得ですが、現金ではないため利用用途が限られてしまいます。Gポイントはビッグローブの料金支払い、nanacoやsuica、waon等のポイントとして還元することが出来ます。

ビッグローブのおすすめポイント

ビッグローブはプロバイダ回線としても知名度が高く信頼性も高いので非常にお勧めできます。利用者も多いです。

ただしビッグローブは他社に比べてキャッシュバックの受け取りにやや手間が掛かるのがネックです。

ビッグローブの現金キャッシュバックは振り込みではなく「振替払出証書」という書類が届き、それをゆうちょ銀行(郵便局)にて換金しなければなりません。

手続きが面倒という人は毎月の支払いやsuica等のポイントとして利用できるGポイントも若干お得なのでお勧め出来ます。

アクションボタン

 

WiMAX 7社のギガ放題キャンペーン比較

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af

ネットで申し込みが出来るそれぞれの月額料金割引やキャッシュバックキャンペーンを並べて比較してみます。プランはすべて「ギガ放題」です。

「上記3つだけでは決めかねる」

という方はご参考ください。

月額料金はキャンペーン適用後のプランです。

<2016年12月編集>

名称月額料金CB
GMOとくとくBB初月無料
1~2カ月目:3,609円
3カ月目以降:4,263円
33,000円
DTI1~3カ月目:3,500円
4カ月目以降:4,300円
29,000円
ビッグローブ1~2カ月目:3695円
3カ月目以降:4,380円
20,000円
UQコミュニケーションズ1~3カ月目:3,696円
4カ月目以降:4,380円
なし
(商品券)
GMOペパボ1~3カ月目:3,609円
4~24カ月目:4,263円
以降:4,849円
23,500円
1~24カ月目:3,609円
25カ月目以降:4,849円
なし
(月額料金割)
BroadWiMAX
(Linklife)
1~3カ月目:2,856円
4~24カ月目:3,541円
25カ月目以降4,041円
(※要オプション加入)
なし
(月額料金割)
3WiMAX
(Linklife)
1~2カ月目:3,495円
3カ月目:4,130円
4カ月目以降:4,320円
(※要オプション加入)
28,000円
(※要オプション加入)

※Linklifeは販売店の名称です。

WiMAXを契約する際の注意点

WiMAXは新規申込によって月額料金が安くなったりキャッシュバックが得られたりとメリットは多いですが、契約する際に注意したいポイントがあります。

それは、

    • 実質の月額料金はいくらか
    • 電波、利用環境に適しているか
    • 解約時に違約金などはあるか

これらを確認して契約しないと後悔してしまう恐れがあります

キャンペーン価格に釣られてはいけない

WiMAXのキャンペーン価格はいずれも基本的に初月~数カ月間極端に安く、4カ月以降に標準的な月額料金になるものがほとんどです。

なので広告等に「月額3,000円以下!!!」等の記述があっても最初の数カ月だけですぐに4,000円代になるといったものが多いです。

これらの広告に釣られて契約すると割高な月額料金を支払わされる恐れがあるので注意しましょう。

また、高額キャッシュバックを謳っていてもオプション加入や利用条件などが厳しい場合もあります。特に知名度の低い販売店やプロバイダが行っているキャンペーンには注意が必要です。

上述したとくとくBBであればオプション等の加入が不要で高額キャッシュバックを得ることが可能です。

⇒GMOとくとくBBのキャンペーンの詳細を見てみる

キャッシュバックには数カ月掛かる

上述した優良プロバイダでもキャッシュバックの受け取りにはいずれも11か月~12か月ほど掛かります。

これはキャッシュバックを目当てに契約してすぐに解約されるのを防ぐための対策です。

また、キャッシュバックの受け取り手続きは自分で手続きを行う必要があります。

手続き方法はどのプロバイダ(販売店)でも基本的には同じで、

1.11か月~12カ月後まで継続利用している人に手続き用メールが届く

2.プロバイダのマイページ等ネット上で受け取りの手続き

3.数日後に振り込み
(ビッグロ―ブの場合「振替払出証書」をプロバイダから受け取り、郵便局にて受け取り)

となります。

多くのプロバイダは手続き用メール送付から30日~45日以内に手続きをしないとキャッシュバックの受け取りが出来なくなってしまいます。

受け取り手続きを忘れてしまったら取り損ねてしまうので注意しましょう。

キャッシュバック受け取りに1年近く掛かると忘れてしまいそう、取り損ねてしまうのは絶対嫌という人は月額大幅割引キャンペーンを行っているBroadWiMAXがお勧めです。

BroadWiMAXはキャッシュバックキャンペーンは実施していませんが、その代わりに月額料金の大幅値引きキャンペーンがあるのでお得に契約出来ます。

⇒BroadWiMAXのキャンペーンを見てみる

電波、利用環境に適している場合のみ契約しよう

WiMAXとは何か?メリットとデメリットを分かりやすく解説で詳しく解説していますがWiMAXは電波が弱いため、特にビルに囲まれた住居等ではほとんど電波が入らない恐れがあります

また、WiMAXは月間通信規制はありませんが3日間で3GBの通信制限は設定されています

外出用に一人で使う分には問題になることはほとんどないと思いますが、複数台のパソコンでネットを接続したりするとあっという間に制限が掛かってしまいます。

以上のことから自宅用のメイン回線には向いておらず、外出時のサブ回線として持ち歩くのがベターです。

ただ、たとえ制限が掛かっても1Mbps~5Mbps程度の速度が保たれるようなので常にHD動画を視聴するような使い方をしなければ(電波環境次第では)自宅用としても十分使えると思います。

WiMAXは原則2年縛り

WiMAXはどこで契約しても原則2年縛り、2年ごとの自動更新となっています。

一例を上げるとDTIでは、13カ月までに解約すると19,000円、14カ月~25カ月目までなら14,000円、27カ月以降の解約月以外に解約すると9,500円の違約金が発生します。

※下画像はDTIの違約金を図で表したもの

wm_cancellation_graph

※DTIの場合解約月が26カ月目となっていますが、他社は25カ月目になっていることが多いです。

2年目以降の解約月以外の解約はどこで契約しても基本的に9,500円の解除料金となりますが、2年以内に解約するとどの会社でも2万円前後の解除料金が発生してしまうのでご注意ください。

セット端末(モバイルルーター)について

wimax2

セットで販売されているモバイルルーターは月額料金に含まれているため、ほとんどが実質無料となっています。

選べるルーターの種類はプロバイダ、販売店によって若干変わってきますが、基本的に下の表の4つから選ぶことになります。自宅専用のルーター、URoad-Home2+のみ取り扱っていないプロバイダがあります。

機種名対応回線通信速度
(ベストエフォート)
特徴
W03WiMAX2+
auLTE
下り:370Mbps
上り:25Mbps
最新機種、ハイスピードプラスエリアモード(有料)で最大370Mbps
au 4G LTEエリア対応
W02WiMAX2+
auLTE
下り:220Mbps
上り:10Mbps
au 4G LTEエリア対応
WX02WiMAX2+
WiMAX
下り:220Mbps
上り:10Mbps
旧WiMAXエリア対応
URoad-Home2+
(ホームルーター)
WiMAX2+
WiMAX
下り:110Mbps
上り:10Mbps
旧WiMAXエリア対応
自宅専用回線として利用

au LTEを利用する場合は別途LTEオプション(月額1,005円)が必要です。

※W03の最大速度下り370MbpsはauLTE回線を利用した技術であるため別途LTEオプション(月額1,005円)が必要です。

※370Mbpsは、東京都渋谷駅周辺エリアから提供を開始し、順次、大阪府梅田駅周辺、愛知県名古屋駅周辺、山手線主要駅周辺などへ拡大予定。

それぞれのエリアについて

現状ではWiMAX2+のエリアが拡大されていて、一部限界集落のような場所を除けばほぼ人口をカバーできているためどれを選んでも問題ありません。

WiMAXは購入窓口によってエリアが変わってくることはありません。

WiMAXのエリアの確認はこちら
(※パソコンでご覧の場合、googlechromeでは正常に見ることが出来ません。IEでご覧ください。)

山間部や限界集落等WiMAX2+の電波が届かないところで利用したい場合は、旧のWiMAX回線が利用できるWX02を使うか、LTEオプションでau LTEを利用しましょう。

参考記事:いろいろあってわからない…WiMAXのエリアについて徹底解説

どの機種がおすすめ?

最新機種のW03は下り最大370Mbpsとなっていますが、現状では利用できる場所は限られているため、無理に選ぶ必要はありません。

クレードル無料キャンペーンを行っているW02でも十分かと思います。

ただ、W02はW03やWX02と比べてやや電池持ちが悪くなっています。

※W03及びWX02は連続通信時間最大約12時間、W02は8.5時間

8時間も通信時間があればしっかり充電していれば全く問題ないと思いますが、バッテリ持ちを重要視するならW03かWX02を選びましょう。

初期費用は3,000円、クレードル等の付属品は別が基本

初期費用はどこから申し込んでも事務手数料の3,000円が基本となっています。

Linklifre(WiMAX正規販売店)が提供する2つのWiMAXは通常約2万円の初期費用が掛かるところ、現在キャンペーン中に付きオプション加入によって事務手数料(3,000円)のみとなっています。オプションは無料期間のうちに外せます。

モバイルルーターの付属品(クレードル、ACアダプタ)は基本的に別売りです。

ACアダプタとは充電に必要な下画像のようなものです。

NAD11PQA_406

ケーブルは別売り、または一体型のものがあります(上記画像はケーブル別売りタイプ)。ACアダプタは付いていないのでコンセントで充電したい場合は必要です。Androidスマートフォンで使う市販のACアダプタでも代用できますが、正しく充電されない可能性もあるので合わせて購入することを推奨します。価格は1,500円~2,000円程度。

クレードルについて

クレードルとは下の画像のようなルーター本体に取り付ける台のようなものです。

ワイマックスクレードル

昔は携帯電話等もクレードルで充電するのが主流でしたね。

WiMAXのクレードルは充電だけでなく、有線LAN接続機能が付いています。デスクトップパソコン等Wi-Fiが対応していない機器でWiMAXを利用したい時に使います。

価格は2,000円~3,000円程度。

GMOとくとくBBはキャンペーンでクレードルが無料となっていることがあります。

⇒GMOとくとくBBのキャンペーンを見てみる

 

WiMAX    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。