WiMAXのエリアについて

やさしくねっと.

いろいろあってわからない…WiMAXのエリアについて徹底解説

 

au-lte%e3%81%ae%e7%af%84%e5%9b%b2

WiMAXは「持ち運びが出来てどこでも使える無線のインターネット」が売りですが、電波が届く対象エリア内であることが絶対条件です。対象エリア外では電波が圏外となり、全く使い物になりません。

そこで主に使用したい自宅や仕事場等がエリア対象となっているか調べるわけですが、WiMAXにもいろいろ種類があってわかりにくいと思います。

本ページではWiMAXのエリアについて、分かりやすく解説します。

WiMAXのエリアの種類

WiMAXには3種類の電波があります。

その3つとは、

    • WiMAX2+(最新のWiMAX)
    • 旧WiMAX
    • auのLTE(オプションで利用可能)

です。

それぞれ特性や速さが異なっていて、さらに契約した端末によって使える電波が異なっています。

WiMAX2+のエリア

現在主流でWiMAXの最新回線です。

現在契約できるWiMAXの機器では、WiMAX2+のエリアに必ず対応しており、メインで利用することになります。

WiMAX2+の特徴は、旧WiMAXに比べて速度が非常に速くなっていること、契約が2年縛りになっていること、そして完全な高速通信ができるのは3日につき3GBまでという上限が設定されていることですね。

完全な使い放題ではない代わりに、固定回線に匹敵するほどの通信速度が出るのがWiMAX2+のメリットです。

通信速度は下り最大220Mbpsです。

エリアは下記ページで確認できます(ブラウザによって対応していない場合があります)。

WiMAX2+のエリアを確認する

※下画像ピンクの部分がWiMAX2+のエリアです。

wimax2エリア1

WiMAX(旧)のエリア

旧WiMAXは上述したWiMAX2+以前の回線です。

最近は徐々にエリアが縮小していっているため利用範囲がWiMAX2+に比べて小さいです。

速度はWiMAX2+に比べて遅く、平均10Mbps台程度が一般的です。これは格安SIMにおける高速通信時くらいの速さですね。

近年は旧WiMAXに対応している端末も、あまり販売されなくなってきています。プロバイダによっては販売されていますが、もう取扱を終了しているプロバイダも多いです。

旧WiMAXのメリットは、完全に使い放題であることです。WiMAX2+と違って3日ごとの通信量制限がなく、いくらでも通信できます。

ただし既にサービスは縮小傾向にあるため、今から旧WiMAXに対応している機器を契約するメリットはあまりありません。

WiMAXのエリアを確認する

※下画像のようにボタンをWiMAXに合わせると旧WiMAXのエリアが確認できます。

%e6%97%a7wimax%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%a2

※下画像が関東地方の旧WiMAXのエリアです。

ウィマェリア

au LTEのエリア(オプション)

ハイスピードプラスエリアモードに対応しているWiMAXルーターで使用できるのが、auLTEのエリアです。

auのスマホで利用できる回線と同じものです。

auのLTEをWiMAXで使用する場合はオプションとなり、1005円の追加料金がその月にプラスされます。

auのエリア内ならどこでも行えるので上述したWiMAX回線よりも広い範囲で使えるのが特徴です。WiMAX2+で通信できない場所でもauLTEのハイスピードプラスエリアには含まれている場合があります。

その反面一点注意することがあります。

ハイスピードプラスエリアモード(auのLTE)の通信量は7GBが上限で、7GB使い切ってしまうとその月は速度制限がかかり、通常のWiMAX2+も含めて128kbpsの速度でしか通信できなくなってしまいます。

対処方法は、7GB完全に使い切る前に通常のWiMAX2+回線のみの使用に戻すことです。

au LTEのエリアを確認する

※上記同様、ボタンをLTEに合わすと確認できます。

au-lte%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%a2

※下画像がLTEのエリアです。エリアは非常に広大でよほどの山間部でもない限り圏外となることはほぼないでしょう。

au-lte%e3%81%ae%e7%af%84%e5%9b%b2

エリアが入ってても圏外になることがある

WiMAXは、エリア内であっても圏外になる場合があります。電波の周波数が高い関係で、山やビルなどの障害物があるとその影響を受けやすいためです。

エリア内とされていても、屋内で家の壁に遮られたりビルなど高い建物や山の陰にいると建物に電波が遮られたりしてしまいます。

契約して電波が入らなかった場合は?

WiMAXを契約してから電波が入らなかった場合は、まず本体が正常に動作しているか確認しましょう。

本体が問題なく動いていて、電波が圏外となっている場合は、契約先に連絡しましょう。

WiMAXには初期契約解除制度があり、到着から8日以内、つまり1週間以内なら契約解除ができます。

8日以内となっていますが、少しでも遅れると認められない場合がほとんど。届いたその日に試してみて、ダメだったらすぐに送り返すのがベストですね。

プロバイダによっては返品期間をそれ以上に設けている場合もあります。

GMOとくとくBB WiMAX2+では20日以内でキャンセルが可能です。

まとめ

WiMAXのエリアはUQ WiMAXの公式サイトから調べられます。

プロバイダが異なっていても、UQ WiMAXのエリアと他のプロバイダのエリアは完全に同じなので、UQ WiMAXの公式サイトから調べればOKです。

現在最も重要なのはWiMAX2+のエリアで、WiMAXやauLTEのエリアは契約する端末がこれらに対応している場合にのみ確認する必要があります。

旧WiMAXのエリアは範囲が狭まってきています。一方でauLTEのエリアはauのスマホが使える場所となり、WiMAX2+以上に広いです。

しかしauLTE回線を使用すると月額料金が上がりますし、もしも切り替えたままずっと使っていると速度制限がかかってしまうかもしれません。使い方にはよく注意しましょう。

自宅など使う場所がエリア内であっても、壁などの障害物があるために速度が全然出なかったり、アンテナ自体立たなかったりする場合があります。

しかしキャンセル可能期間であれば違約金等掛からず返品が可能なので、契約してみてダメならすぐに契約先に連絡しましょう。



 

WiMAX    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。