ソフトバンク光の料金プラン

やさしくねっと.

ソフトバンク光ってどう!?月額料金や評判、話題のスマート値引きを考察

 

5735590100_ff1db7ffe3_z

NTTの光回線の卸売りが始まり、OCN光に加え、ドコモ光、ソフトバンク光等の光コラボレーションと呼ばれる新しい光回線サービスがスタートしています。

最近は家電量販店等でも販促活動が行われるようになりましたね。

しかし「ソフトバンク光に乗り換えたけど月額料金が高くなった」という悪い評判も少なからず耳にします。

本ページではそれらの中でも大本命であるソフトバンクが提供する光回線、「ソフトバンク光」はどうなのか?お得なのか?

料金や特徴、評判などについて解説します。

Softbank光の公式サイトはこちら

光コラボレーションって何?

光コラボレーションとはこれまでNTTが提供していたフレッツ光を他の通信事業者に卸売りし各通信事業者(ドコモ、ソフトバンク、OCN、so-net等)が再販し提供している光回線サービスのことです。

これまでのフレッツ光を利用する時はNTTが提供する光回線(フレッツ光)とインターネットサービスを提供するプロバイダ(OCN、yahoo、ぷらら等)と契約する必要がありました。

光コラボレーションはそれらが統合されて提供されているので一社のみの契約でOKとなりました。

現在はドコモやソフトバンク等モバイル回線(スマートフォン)を提供する通信事業者が光コラボレーションを提供しているのでスマートフォンとセットで割引が出来るサービスが主流となっています。

わかりにくい月額料金を解説

光回線や携帯電話って本当に料金がわかりにくいですよね。ワザとやってるじゃないかと思ってしまうくらいです。

特にこのソフトバンク光は公式ウェブサイトを見ても非常に分かりにくい。なのでここでは他の光回線と比較しつつ可能な限りわかりやすくまとめます

基本月額料金は高い?

ソフトバンク光の月額料金は下記の通り。もちろんプロバイダ料金込みです。

    • ファミリータイプ : 5,200円
    • マンションタイプ : 3,800円

基本料金だけ見るとかなり微妙です。あっと割等の値引きがない時のフレッツ光と同じくらい。

同じく最近スタートしたOCNの光コラボレーションの月額料金がこちら。

    • ファミリータイプ : 5,100円
    • マンションタイプ : 3,600円

従来のフレッツ光は東西で価格が違いますが西日本の場合はOCN光より安く、東日本でもプロバイダ料金を入れて5,100円程度に収まるのでソフトバンク光の月額基本料金は決して安くないです。

フレッツ光の月額料金表を参照。

ソフトバンク光のメリット

じゃあどこが良いの?

ってことなんですが注目するべきは家族で最大10回線まで適用される携帯電話、スマートフォンのセット割引スマート値引き(※2016年1月におうち割りに名称が変わりました)です。

auのスマートバリューと同じようなものですね。

割引価格もauのスマートバリューと同じでセット割り引き価格はなんと1契約破格の最大2,000円引きです。これはすごいお得。

が、注目すべきはこの最大というところ。最大2,000円割引が適用されるのはデータ定額パック大容量(30GB)プランの場合です。

スマート値引(おうち割)価格をそれぞれまとめると下記の通り。2年間の価格です。

スマホプラン名スマート値引き額
少容量(2GB)500円
標準(5GB)(20GB)1,522円
大容量(30GB)2,000円

おそらく多くの人が利用しているであろう標準プランの値引き価格は1,500円ほど。軽めに使っているライトユーザー向けのプランだと500円引きです。

標準プラン(5GB)以上を利用している人はかなりお得ですが小容量(2GB)だとあまり値引きされないのでわざわざ乗り換える必要はないかもしれません。

スマート値引き(おうち割)の落とし穴(オプション)

お使いのスマートフォンから最大2,000円引き、標準プランでも1,500円引きと破壊力抜群ですが加入するにはソフトバンクらしい3つのオプション加入が必須となっています。

  1. 光BBユニット– 467円
  2. Wi-Fiマルチパックもしくは地デジパック – 990円
  3. ホワイト光電話 – 467円

月額合計約2,000円のとなってしまいますが、ソフトバンク光特典によりオプションをパックにてご利用できます。なので最低プラン月額500円(税別)で必須オプション加入が可能です。すなわち標準プラン1契約でもスマート割引で月額約1,000円程割引される計算です。

つまり、

月額基本料(5,200円)ースマート値引き(1,522円)+オプションパック(500円)

=4,178円(ファミリータイプの場合)

となるので他社より大幅に安くなります。

もちろん家族で2台以上だとその分値引きされます。

参考資料(PDF):スマート値引き 提供条件書

フレッツ光から転用した場合料金はどうなる?

フレッツ光からソフトバンクへ転用した場合月額料金はどうなるか、簡単な試算をしてみます。

フレッツ光は東日本のファミリープラン(一戸建てプラン)、プロバイダは最安値の500円とします。

その場合月額料金は割引を含めて5,100円となります。

フレッツ光東日本公式サイト

フレッツ東日本

ソフトバンク光の月額基本料金はファミリータイプで5,200円なのでこの時点ではフレッツ光に軍配が上がります。

しかし上述したスマート値引き(1,522円引き)が適用されると月額4,178円となるので1,000円以上お得に利用出来る計算となります。

月額基本料(5,200円)ースマート値引き(1,522円)+オプションパック(500円)
4,178円

つまりソフトバンクの標準5GB以上のプランを利用している人が家族に一人でもいればソフトバンク光に転用するだけで毎月の支払いを大きく下げることができます

フレッツ光の違約金は掛からないの?

フレッツ光からソフトバンク光への転用する際、基本的にフレッツ光から発生する違約金、解除料金等は掛かりません

例えば東日本の「2年割り」や西日本の「もっと割」が適用されていて解約すると違約金が発生する状態でもソフトバンク光及びその他光コラボレーションと呼ばれる光回線への転用は原則違約金が発生しないようになっています(ただし分割払いの工事費が残っている場合は継続して支払う必要があります)。

初期費用についても一部プランを除けば原則工事が不要(詳細は後述)なので事務手数料(3,000円)とサービス変更料(2,000円)のみです。

yahooBB以外のプロバイダを利用している場合はプロバイダの違約金が発生する場合があります(プロバイダの違約金は発生しても3,000円~5,000円前後)。

新規契約及び他社乗り換えの場合

現在光回線を利用していなくて、新しくソフトバンク光を行う場合、開通工事を行う必要があるため工事費が発生します。

工事費は設置環境によって変わってくる場合もありますが、基本工事費が24,000円となっています。

また、他社回線(auひかりや電力回線等)からの乗り換えの場合も工事費(24,000円)が必要になってきます。

工事費はいずれも分割での支払いが可能です。

他社回線の場合乗り換えキャンペーンなどを行っていることもあるのでチェックしてみてください。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

評判はどうか

次に実際使っている人の評判はどうなのかというと、周りに実際に使っている知人が2名ほどいました。一人は私がネットの設定をしたり…

彼らの話によると二人とも特に不都合が出るほどの速度が落ちたわけでもなく問題なく使えているとのことでした。

Twitterでは遅いという意見が目立つものの問題ないと言っている人もいます。

 

これはもう他のどの回線にも言えることで遅いという人もいれば速い、問題ないという人もいるわけで、正直光回線って結構当たり外れがあってこればかりはどうしようもないかもといつも思います。特に不満、批判的な意見は「問題ない」という意見に比べてあえて発言されることが多いのでどうしても目立っちゃいますね。

まとめ 実際どうなの?

オプション加入が必要ですがやはりスマホ1契約あたり最大2,000円引きのスマート割引は強力であり、家族にソフトバンクユーザーが多いなら買いだと言えます。

オプションをパック料金で利用出来るため、一契約でも光回線としてはかなり安価に利用出来ます。

家族でソフトバンクを2台以上契約している人には破格です。

最大2年間とは言え、標準プランで1契約1,522円割引ですから2契約で3,044円、オプション費用を考慮しても約2,500円の割引になるのでおそらく何処よりも安く光回線が利用出来ます。3契約以上だともはやタダ同然ですね。

家族にソフトバンクユーザーが2人以上いてなお且つ現在フレッツ光を使っているなら簡単に移行出来るのソフトバンク光は正しい選択だと言えます。

支払いがクレジットカードだけでなく銀行振り込みも可能なので選びやすいですね。

代理店経由申し込みでキャッシュバックあり

ソフトバンク光は販売店経由での申し込みで2~3万円程度キャッシュバックを得ることが可能です。

当サイトで調査した結果、優良販売店では下記のキャッシュバックを得ることが可能となっています。

申込種別販売店特典Softbank特典
新規申し込みの方
(フレッツ光未契約)
20,000円
(+無線LANルータ)
他社転用の方
(フレッツからの移転)
11,000円
他社乗り換えの方
(auひかり等他社回線から乗り換え、おうち割必須)
24,000円
(商品券)

現状では販売店経由での申し込みの方がお得に契約出来るのでおすすめです。

⇒ソフトバンク光のキャンペーンを見てみる

※工事費及びメールアドレスについて

フレッツ光ネクストからソフトバンク光へ移行(転用と言います)する場合は工事費は掛かりません。5年以上前くらいからずっと契約しているBフレッツや光プレミアムの場合は工事費が発生します。ご注意ください。

ソフトバンク光を始め、フレッツ光から光コラボレーションに転用する場合はフレッツ光の解約金、違約金等は一切発生しないようになっています。

が、プロバイダ(OCNやso-net、ぷらら、ビッグローブ他)は転用するとそれぞれ規約に則って違約金が発生する場合があります。ご注意ください。

ちなみにソフトバンク光の場合、現在利用しているプロバイダがyahooBBならプロバイダの違約金も掛からないので転用にあたって一円も違約金等が掛かる心配はありません。

※yahooBBで使用しているメールアドレスもそのまま引き継げます。

※ソフトバンク光の違約金等について

フレッツ光からソフトバンク光に転用する際、フレッツ光の違約金は一切掛かりません。

ですがソフトバンク光に転用した後、

「やっぱりソフトバンク光を解約したい!」

となった場合やはり違約金が発生してしまう場合があります

ソフトバンク光は携帯電話の契約と同じように原則2年ごとの自動更新となっています。

そのため更新月(2年毎の開通しした月)以外に解約しようとすると解除料9,500円が発生します。

なので解約月には十分気をつけてください。

転用の流れについて

フレッツ光からソフトバンク光への移行方法は基本的に他の光コラボレーションと同じです。

1. NTTから転用番号を取得

2. 転用番号をメモする

3. Webまたはお電話で申し込み

4.原則工事不要で開通

となります。

転用方法についての詳細はフレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説をご一読ください。

現在使っているプロバイダと設定について

光コラボレーションへの転用はプロバイダが変わる場合、インターネットの設定が必要です。

ソフトバンク光の場合、yahooBB以外のプロバイダを利用していると設定が必要ということになります。

インターネットの設定については、こちらの記事をご参照ください。全く分からない、出来そうにないという場合は一括9,000円(375円×24回の分割払いも可)でソフトバンクの初期設定サポートを依頼することもできます。

その場合、これまで使っていたプロバイダ(OCNやぷらら、ビッグローブ等)はこちらから解約しないと契約は続きます解約手続きをしないと毎月料金が発生してしまうのでソフトバンク光が開通したら必ずプロバイダの解約を行ってください。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

 

タグ :

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 匿名 より:

    これ違いますよ?
    必須加入オプションはスマート値引きを申し込む代わりに2000円が500円のセットになります。なので必須オプション料金は2000円払わなくても大丈夫です。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。