光コラボレーション

やさしくねっと.

スマホとセットで安い話題の光コラボレーション比較

 

去年フレッツ光の卸売り、光コラボレーションがスタートして現在様々なプロバイダが光コラボレーションサービスを行っています。

光コラボレーションはフレッツ光利用者なら工事不要で簡単に乗り換えられるため、簡単な手続きで毎月の通信費を安くすることが出来ます。※一部プランによって工事が必要な場合もあります。

そのため、現在フレッツ光を利用している人の中には光コラボへの転用を検討されている人も多いかと思います。

本ページでは話題の光コラボレーションの比較を行います。

光コラボレーションが分からない、光コラボレーションについて詳しく知りたいという方は下記参照ください。

フレッツ光の卸売りで始まる光コラボレーションモデルって何だ!?

フレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説

キャリアのスマホとセットで安い!

光コラボレーションはそれ単体ではそれほどお得感はありませんがモバイルデータ通信、スマホとセットで安くなるのが魅力的です。

現在ドコモ、au、ソフトバンクを使っている人は下記の光コラボレーションがオススメです。

au利用者ならso-net光コラボ

月額基本料金

    • ファミリータイプ : 4,800円
    • マンションタイプ : 3,500円

so-net光はauと提携していて、auスマートバリューが適用されます。auのスマホを契約している人であれば、毎月最大2,000円割引が回線ごとにうけられ、かなり安く利用できます。

詳細はこちらにもまとめています。

auスマホ利用者が光コラボに転用するならso-net光が断然お得

auひかりはキャッシュバックがありお得

auのスマホを使って入ればお得なのはSo-net光もauひかりも変わりませんが、auひかりはキャッシュバックが大きいことで有名です。

So-net光もひかり電話との同時申し込みで33,000円のキャッシュバックがありますが、auひかりの場合40,000円以上のキャッシュバックも多いです。

auひかりのキャッシュバックについては下記記事にまとめているので、気になる人は確認してみてください。

auひかりの新規申し込みキャンペーンを比較

ソフトバンク光は統一すると最強かも

月額基本料金

    • ファミリータイプ : 5,200円
    • マンションタイプ : 3,800円


家電量販店等でもどんどん拡販しているソフトバンク光はソフトバンク利用者なら絶対乗り換えるべきと言えるほどにセットでの割引が強力です。

その額は最大月額1,000円引き

ソフトバンクスマホとのおうち割を適用するにはオプション加入が必須ですがパックで500円程度になるので1契約の人でもそれなりに安く利用出来ます。

月額料、細かい値引き等についての詳細はこちらをご覧ください。

ソフトバンク光ってどうよ!?月額料金や話題のスマ割を考察

ドコモ光もドコモとセットで値引き

月額基本料金

プラン
種類
料金
プロバイダ
タイプA一戸建て5,200円ぷらら、BIGLOBE等
マンション4,000円ぷらら、BIGLOBE等
タイプB一戸建て5,400円so-net、nifty、OCN等
マンション4,200円so-net、nifty、OCN等

NTTドコモが販売する光回線にドコモ光というモノがあります。こちらはもちろんドコモスマホとのセットで割引がされますが、シェアパックからの値引きがあるせいか、単体でのパケットパック(5GBプラン等)の場合auひかりのスマートバリューやソフトバンクのスマート値引きと比べて小さいです。

下記はドコモ光とパケットパック及びシェアパックの値引き表です。

プラン名割引額容量
らくらくパック500円200MB
データSパック500円2GB
データMパック800円5GB
データLパック1,400円20GB
データLLパック1,600円30GB
シェアパック5800円5GB
シェアパック101,200円10GB
シェアパック151,800円15GB
シェアパック302,500円20GB
シェアパック502,900円30GB
シェアパック1003,500円100GB

 

auひかりの場合5GBプランでのセット割引は約1,500円程になりますがドコモの場合は800円と少し見劣りします。

ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説

格安SIMとセットで安い!

光コラボレーションは多くの格安SIM提供業者、MVNOも参戦しています。

それらはもちろん自社が提供する格安SIM(格安スマホ)とセットで割引が適用されます。

品質重視のIIJmioひかり

月額基本料金

    • ファミリータイプ : 4,960円
    • マンションタイプ : 3,960円


私は現在スマホはIIJmio、固定回線はIIJmioひかりを使っています。

IIJmioは格安SIMの中でも最も評判が良く、回線も安定しているためストレスなく使えます。その際せっかくなので家の光回線もIIJmioに統一しました。

IIJmioひかりはSIMとセットで月額600円の割引がされます。

たかだか600円ですが年間にしてみれば7,200円にもなるのでバカに出来ません。

フレッツ光からIIJmioひかりに実際に転用してみたのでやり方とか解説

月額料金の安いOCN光

月額基本料金

    • ファミリータイプ : 4,600円
    • マンションタイプ : 3,400円


光コラボレーションはだいたいが月額5,000円くらいが相場です。

OCN光はそれらの中でも基本月額料がやや安価でファミリータイプで4,600円、マンションタイプで3,400円と他社と比較しても安いです。

OCN光は自社が提供する格安SIM、OCNモバイルONEとセットで月額200円引きされるので現在OCNモバイルONEを使っている人にお勧めです。まあ割引額は安いですが元々の基本料金が安いのでそんなもんかな。

今ならキャッシュバックもあります。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。