ドコモ光の割引キャンペーン

やさしくねっと.

ドコモ光の公式割引プラン、キャンペーンを分かりやすく解説

 

「ドコモ光の契約を考えているけど、割引やキャンペーンが多くてよくわからない」

という声をよく耳にします。

ドコモ光の公式サイトを見ても、キャンペーン内容がずらっと並んでいるだけで、どれが自分に関係あるものかすらわからないのが現状です。

そこでこの記事では、「どんな割引が適用されるのか」「どこで契約すればお得なキャンペーンが適用できるのか」をわかりやすくまとめました。

料金の実例も載せているので是非参考にしてみてください。

ドコモ光の割引プランについて

ドコモ光の最大のメリットは、ドコモスマホを使っていればパケットプランに応じて割引される「ドコモ光パック」という割引サービスです。

ドコモ光パックの割引金額は下記のとおりです。

利用プラン(スマホ)
割引額(戸建て)
割引額(マンション)
データSパック(小容量)
500円
データMパック(標準)
800円
ウルトラデータLパック
900円
ウルトラデータLLパック
1,100円
シェアパック5(小容量)
800円
シェアパック10(小容量)
1,200円
シェアパック15(標準)
1,800円
ウルトラシェアパック30
2,000円
ウルトラシェアパック50
2,500円
2,400円
ウルトラシェアパック100
3,200円
3,000円

ドコモ光にはペア回線という概念があります。ペア回線とは、ドコモ光の契約と紐付けしたスマホ回線のこと。

紐づけされている回線1つだけが割引の対象となるため、家族でドコモのスマホやガラケーを使っていても全ての回線が割引となるわけではありません。

auひかりのスマートバリューの場合は家族でauを使っていると全員が月額料金が割引となりますが、ドコモの場合は違うので注意しておきましょう。

家族内で複数人がドコモを使っている場合は、シェアパックというパケットを家族で分け合うプランを選ぶと割引額が上がってよりお得になります。

auひかり「スマートバリュー」ソフトバンク光「おうち割」との比較(1人で使う場合)

ドコモ光と同じく、auひかり・ソフトバンク光でも同じ会社のスマホを持っていれば割引が受けられます。1人で使用する場合はどのような金額になるのか3社を比較してみました。金額はスマホ代と光回線の利用料を合わせたものとなります。

条件は、1人で利用・マンションタイプ・光サービスとスマホを所有・5GBで利用で計算しています。

※料金は概算です

ドコモ光:10,200円

カケホーダイライト:1,700円
spモード:300円
データMパック(5GB):5,000円
ドコモ光:4,000円
光セット割:-800円
計:10,200円

auひかり:8,780円

auピタットプラン(スーパーカケホ)5GB利用:5480円
auひかり:4300円
auスマートバリュー:-1000円
計:8780円

ソフトバンク光:9,720円

スマ放題ライト:1700円
ウェブ使用量:300円
データ定額5GB:5000円
ソフトバンク光:3800円
おうち割:-1008円(2年目以降)
計:9792円

同条件で比較するとドコモ光が一番高くなってしまいます。しかしだからといってドコモ光はオススメできないかというと、そうではありません。ドコモを長期間使っている場合は「ずっとドコモ割」といった割引サービスが適応されます。

ずっとドコモ割は使っているプランによって割引額が変わります。年間最大で30,000円もの割引が受けられるケースもあります。(ウルトラシェアパック100で15年以上使っている場合)

上記で比較している5GBのプランの場合は10年以上使っていると月に600円割引となり、ソフトバンク光よりお得になります。

ドコモを現在使っていて、かつ長期間利用している人はドコモ光がお得になるケースが多いと言えそうです。

ドコモ光のキャンペーンについて

ドコモ光には、公式のキャンペーンと販売店のキャンペーンの2種類があります。

公式のキャンペーンはどの方法で契約をしても受けることができますが、販売店のキャンペーンはどこで申し込みをするかで内容が変わってきます。

申し込む窓口が変わるだけでキャッシュバック金額が変わってくるのでどの方法で申し込むかよく考えなければ損をしてしまうこともあります。特に家電量販店などで行われているキャンペーンはキャッシュバックの額が小さく、キャンペーンが受けられる条件が厳しく有料オプションへの加入をしなければならないこともあります。

基本的にはネットで申し込む方法が一番お勧めですが、今回はその中でも一番お得なキャンペーンが受けられる方法を紹介していきます。

公式キャンペーンで工事代分キャッシュバック

ドコモ光の公式キャンペーンではかかってしまう工事代の分がキャッシュバックされるキャンペーンが行われています。

      • 新規:20000ポイント
      • 転用:10000ポイント

※2018/1/9(火)まで

現金ではなくdポイントで受け取ることになります。dポイントは全国のコンビニや有名量販店、様々なネットショップなど色々なところで使えるので便利です。新規開設ではなくフレッツ光から乗り換える転用でも高額のポイントが貰えるのでお得です。

⇒ドコモ光dポイントキャンペーン公式サイトはこちら

GMOのキャンペーンで更にお得!

ドコモショップや家電量販店などの実店舗ではなく、GMOとくとくBBのインターネットから申し込む場合は以下のキャンペーンが適応されます。

      • 5700円キャッシュバック(テレビサービス同時加入必須)
      • Wi-Fiルーターが無料

※2017/10/1~31まで
※キャッシュバックはひかりTV or スカパーを申し込むことが条件

ひかりTVやスカパーなどのテレビサービスへの加入を検討している場合は、申し込みをしておきましょう。

これに加えて上述した公式キャンペーンのdポイント還元も受けることができます。

⇒GMOとくとくBBのドコモ光公式サイトはこちら

まとめ

ドコモ光は他の光回線に比べると割引サービスやキャンペーンはそこまで多くありません。

しかしドコモのスマホを使っている場合は割引が適応されてお得になりますし、他の回線に加入するよりもドコモ光を選んだ方がメリットが多くなります。

キャンペーンやキャッシュバックの金額が大きくない分、どこでどうやって契約をするかという点が重要になってきます。今最もお得なのはGMOとくとくBBから加入して公式のキャンペーンと同時に独自のキャッシュバックキャンペーンを受けるという方法です。

他にもお得なキャンペーンがあれば、随時更新して、一番お得な契約方法をご紹介していきますのでチェックしてみてください。

GMOとくとくBB-ドコモ光-

 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。