ドコモ光

ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説

現在国内の携帯電話の契約者数が最も多いのはドコモで、その影響もあってかドコモ光の契約者数も飛躍的に伸びています。

ドコモの携帯、スマホを利用している人は一度は勧められたことがあるのではないでしょうか。

しかし勧められたものの「本当にお得になるの?」「結局料金がどうなるのかわからない」「どこで契約したらお得なの?」と思った人も多いかと思います。

そこで本ページではドコモ光の料金プランと特徴について詳しく、かつわかりやすく解説します。

ドコモのスマホを使っている人であれば、月額料金がお得になるケースも多いです。ぜひ参考にしていただき、毎月お得にネットを利用しましょう。

光コラボレーションって何?

光コラボレーションとはこれまでNTTが提供していたフレッツ光を他の通信事業者に卸売りし各通信事業者(ドコモ、ソフトバンク、OCN、so-net等)が再販し提供している光回線サービスのことです。

これまでのフレッツ光を利用する時はNTTが提供する光回線(フレッツ光)とインターネットサービスを提供するプロバイダ(OCN、yahoo、ぷらら等)と契約する必要がありました。

光コラボレーションはそれらが統合されて提供されているので一社のみの契約でOKとなりました。

現在はドコモやソフトバンク等モバイル回線(スマートフォン)を提供する通信事業者が光コラボレーションを提供しているのでスマートフォンとセットで割引が出来るサービスが主流となっています。

月額基本料金はAとBにわかれる

ドコモ光は他社と比べて若干複雑なプランとなっています。

まずプロバイダとセットのプランと何のメリットがあるのかわからないプロバイダ別契約のプランに分かれます。

プロバイダ別契約のプランは月額料金も高くメリットは特にありません。

というわけでおそらくスタンダードになるであろうプロバイダ料金込みの月額料金表がこちら。

プラン
種類
料金
プロバイダ
タイプA 一戸建て 5,200円 so-net、ぷらら、BIGLOBE、nifty等
マンション 4,000円 so-net、ぷらら、BIGLOBE、nifty等
タイプB 一戸建て 5,400円 OCN等
マンション 4,200円 OCN等

プロバイダは任意で選択できるようです。

まずタイプAタイプBの違いですが選択するプロバイダによって変わるようです。例えばぷららの場合はタイプAでso-netの場合はBといった感じで分かれています。

タイプAとタイプBで200円ほど価格差はありますが機能面では各プロバイダで若干差があるもののどちらのタイプが優れているというものはなく、特別な理由がない限りタイプBを選ぶ理由はありません。

タイプBを選ぶべき理由は例えば「OCN光 with フレッツ」からの移行で、プロバイダを変更することで違約金が発生するのでタイプBのOCNを選ばざるを得ないのような場合くらいでしょう。

ドコモ光のプロバイダについて

先述した通り、ドコモ光は回線とプロバイダが分かれています。

選べるプロバイダは下記の通り。

タイプA タイプB
ドコモnet、ぷらら、So-net、GMOとくとくBB、
DTI、タイガースドットコム、ビッグローブ、
BBエキサイト、アンドライン、ic-net、
@nifty、エディオンネット、シナプス、TiKiTiKi、
楽天、hi-ho、ヒカリコアラ、@ネスク、
スピーディアインターネットサービス、U-Pa(サービス終了)
@Tcom、OCN、TNC、アサヒネット、ワクワク、
@ちゃんぷるネット

公式サイトによるとこれら以外をプロバイダにすることは出来そうですが、一般的な家庭で利用されているプロバイダをほぼ網羅しているのでかなり特別なケースを除いて上記のいずれかを利用することになると思います。

タイプAとタイプBでは先述した通りタイプBの方が月額200円高くなりますが、特にタイプBの方が優れているわけでもないので特別な理由がない限りタイプBを選ぶ必要はないと思います。

プロバイダについてはドコモ光のプロバイダはどこがおすすめかに詳しく書きましたが、月額料金に差がないということもありプロバイダによって大きく性能が違うということもありません。

強いて言うなら無料でWi-Fiルーターレンタルが付いてくるGMOとくとくBBがおすすめかと思います。

⇒GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

ドコモ光のパケットパック割引

ドコモ光はauのスマートバリューやソフトバンクのスマート値引きと同じようにドコモのスマホ、携帯とセットで値引きがされます。

割引価格は下記の通り。

プラン名 割引額 容量
ケータイパック 500円 プランによる
ウルトラデータLパック 1,400円 20GB
ウルトラデータLLパック 1,600円 30GB
シェアパック5 800円 5GB
シェアパック10 1,200円 10GB
シェアパック15 1,800円 15GB
ウルトラシェアパック30 2,500円 20GB
ウルトラシェアパック50 2,900円 30GB
ウルトラシェアパック100 3,500円 100GB

2018年5月から提供開始されたベーシックパックの場合は以下の割引額が適用されます。

プラン名 ドコモ光セット割
ベーシックパック
(~1GB)
-100円
ベーシックパック
(~3GB)
-200円
ベーシックパック
(~5GB)
-800円
ベーシックパック
(~20GB)
-800円
ベーシックシェアパック
(~5GB)
-800円
ベーシックシェアパック
(~10GB)
-1,200円
ベーシックシェアパック
(~15GB)
-1,800円
ベーシックシェアパック
(~20GB)
-1,800円

関連記事:【ドコモ】ベーシックパックはお得?損しないための注意点と特徴を解説

以前はシェアパックからのみの値引きでしたが今は単体でも値引きがされます。

例えば利用者の多いシェアパック(10GB)の場合1,200円の値引きがされます。

ドコモのシェアパック(参考)

NTTドコモでは新しく家族でパケット通信が分け合えるシステムの「シェアパック」というサービスが始まりました。

新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」

単純に説明すると、これまでの料金プランはそれぞれ契約ごとに月額料金とデータ通信限度(5GB、7GB等)と決まっていました。

例えば上限7GBのプラン(月額8,000円)を家族3人で契約していた場合、8,000円×3人で24,000円を払うというシステム。

しかしこれだとデータ通信をあまり使わないお母さんがいたり、毎月制限が掛かってしまうくらいヘビーに使う息子さんがいたりと無駄が生じてしまいます。

グラフ1

その無駄をなくそうというプランがドコモのシェアパックです。

7GB×2=14GBを二人で使うイメージ。これだと息子さんがお母さんの分のデータ通信を余すことなく利用できます。そしてさらにお得になってます。

息子

ウルトラシェアパック100で3,500円引きはお得か?

家族で分け合えるシェアパック。30,50,100と容量が増えると同時に価格も上昇。それに伴ってドコモ光の値引きも多くなります。

最も容量の多いウルトラシェアパック100の容量は100GBで4人家族なら一人平均25GB使用できる計算です。

シェアパック100の割引額は3,500円なので4人家族なら1人875円割引される計算です。お得ですね。

これが他社の場合、auのスマバリュは1台1410円、ソフトバンクのスマ割は1台2000円の値引きなので光回線のセット割引としては大きい値引きとは言えません。

が、そもそもシェアパックにすることで他社4台分より安くなるのですでにシェアパックを利用している人がまとめて他社で統一しても一概に安くなるとは言えません。

他社との比較

他コラボレーション回線と比べると下記のようになります。

種類 ファミリータイプ マンションタイプ 割引特典
ドコモ光 5,200円 4,000円 シェアパック割引
キャッシュバック
(Wi-Fiレンタル無料)
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 スマホセット割引
CB27,000円
OCN光 5,100円 3,600円 CB10,000円
so-net光 4,800円 3,500円 auスマートバリュー
CB33,000円
U-NEXT光 5,280円 4,210円 格安SIMセット割
@nifty光 5,200円 3,980円 auモバイルセット割
ビッグローブ光 4,980円 3,980円 auスマートバリュー
IIJmioひかり 4,960円 3,960円 格安SIMセット割
CB10,000円
ぷらら光 4,800円 3,600円 光テレビセット割
DMM光 定額:4,820円
2段階:3,720円〜5,420円
3,780円 工事費無料
CB5,000円

月額料金はほとんど変わりません。ドコモにせよソフトバンクにせよ、スマホとセットで利用して割引を受けることがお得に使うための条件になりそうです。

ドコモ光の評判

ドコモ光の評判はどうか、実際使っている人の評判をtwitterで集めてみました。

速い評判、遅い評判どちらもあるようですね。

速度の評判については、住んでいるマンションや家の環境によって左右されます。そもそも回線自体はドコモ光ではなくフレッツ光が提供しているものなので、ドコモ光が遅い・速いというのも少し違っているのですが…。

ドコモ光はv6プラス対応で高速通信が可能

ドコモ光ではプロバイダによってv6プラスという接続方法が可能です。v6プラスとは従来の接続方法(PPPoE接続方式)とは異なる接続で、混雑しにくく高速でネット通信ができる接続方式です。

v6プラスに対応しているプロバイダはいくつかありますが、おすすめなのは上述した通りGMOとくとくBBです。

通常v6プラスで接続する場合は対応のWi-Fiルーター必要です。前述の通りGMOとくとくBBではキャンペーンでWi-Fiルーターを無料でレンタルしていますが、このルーターがv6プラスに対応したものです。

まとめ、総評

以前はシェアパックからのみの割引でしたが今は通常のパケットパックからの値引きもあるのでドコモを利用している人には乗り換えるメリットがあると言えます。

以前からドコモでシェアパックを利用していた人はかなりの割合でドコモ光に乗り換えています。

分け合えるシェアパックは一見無駄がなく、魅力的に感じるかもしれませんが、家族の誰かが急に通信量が大きくなったりして上手く機能しないことが多いのでまだ導入していない人はよく検討した方がいいと思います。

うまくいけば無駄なく安く使えるかもしれませんが魅力的なサービスは次々生まれてきて使用頻度が大きく変化してしまうことはよくあります。

お母さんが急にデータ通信量が増えたり、息子が急に増えたりすることは日常茶飯事。無計画でシェアパックにするとすぐに破たんすると思われます。

すでにシェアパックを利用している人は家の光回線をドコモ光に変えるだけで大幅に月額料金を安く出来る可能性があるので魅力的ですね。

光回線申し込み~利用の流れ

光回線のお申し込み〜開通までは以下の流れで進みます。

  1. Webページで申し込み
  2. 電話にて工事日程の調整
  3. 2~3週間後に工事
  4. 開通

※キャッシュバックなど特典の受け取りは申し込み後に所定の手続きが必要な場合があるので、別途確認しておきましょう。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
ドコモ光のキャンペーンを確認する

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。