ドコモ光の料金プラン

やさしくねっと.

ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説

 

ドコモ光2

現在国内の携帯電話の契約者数が最も多いのはドコモで、その影響もあってかドコモ光の契約者数も飛躍的に伸びています。

2015年12月には契約者数100万件を突破したようです。

「ドコモ光」の契約数が100万件を突破

ドコモの携帯、スマホを利用している人は一度は勧められたことがあるのではないでしょうか。

本ページではドコモ光の料金プラン等や特徴等について解説します。

スポンサーリンク

月額基本料金

ドコモ光は他社と比べて若干複雑なプランとなっています。

まずプロバイダとセットのプランと何のメリットがあるのかわからないプロバイダ別契約のプランに分かれます。

プロバイダ別契約のプランは月額料金も高くメリットは特にありません。

というわけでおそらくスタンダードになるであろうプロバイダ料金込みの月額料金表がこちら。

文字
文字
文字
プロバイダ
タイプA一戸建て5,200円ぷらら、BIGLOBE等
マンション4,000円ぷらら、BIGLOBE等
タイプB一戸建て5,400円so-net、nifty、OCN等
マンション4,200円so-net、nifty、OCN等

プロバイダは任意で選択できるようです。

まずタイプAタイプBの違いですが選択するプロバイダによって変わるようです。例えばぷららの場合はタイプAでso-netの場合はBといった感じで分かれています。

タイプAとタイプBで200円ほど価格差はありますが機能面では各プロバイダで若干差があるもののどちらのタイプが優れているというものはなく、特別な理由がない限りタイプBを選ぶ理由はありません。

タイプBを選ぶべき理由は例えば「OCN光 with フレッツ」からの移行で、プロバイダを変更することで違約金が発生するのでタイプBのOCNを選ばざるを得ないのような場合くらいでしょう。

ドコモ光のプロバイダについて

先述した通り、ドコモ光は回線とプロバイダが分かれています。

選べるプロバイダは下記の通り。

タイプAタイプB
ドコモnet、ぷらら、so-net、ビッグローブ、
DTI、BBエキサイト、エディオンネット、シナプス、楽天、ゼロワンヒカリコアラ、
アンドライン、クイット、@ネスク、
hi-ho、GMO、ic-net、タイガースドットコム
アサヒネット、@nifty、@Tcom、
TNC、OCN、ワクワク、
@ちゃんねるネット

公式サイトによるとこれら以外をプロバイダにすることは出来そうですが、一般的な家庭で利用されているプロバイダをほぼ網羅しているのでかなり特別なケースを除いて上記のいずれかを利用することになると思います。

タイプAとタイプBでは先述した通りタイプBの方が月額200円高くなりますが、特にタイプBの方が優れているわけでもないので特別な理由がない限りタイプBを選ぶ必要はないと思います。

プロバイダについてはドコモ光のプロバイダはどこがおすすめかに詳しく書きましたが、月額料金に差がないということもありプロバイダによって大きく性能が違うということもありません。

強いて言うならセキュリティ面で優れているso-netか、無料でWi-Fiルーターが付いてくるGMOとくとくBBがおすすめかと思います。

⇒so-netの公式サイトはこちら

⇒GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

他社との比較

同じくらいのタイミングで始まるソフトバンク光と月額料金はほとんど同じ。マンションタイプが200円ほど高いくらいの違いです。

ソフトバンク光ってどうよ!?月額料金や話題のスマ割を考察

ちなみに純粋な月額基本料金だけならOCN光が安い。

光コラボレーション本命のOCN光の料金やプランまとめ

なのでソフトバンク光と同じくスマートフォンとのセット割による割引が適用されて初めて価値がありそうです。

ドコモ光のパケットパック割引

ドコモ光はauのスマートバリューやソフトバンクのスマート値引きと同じようにドコモのスマホ、携帯とセットで値引きがされます。

割引価格は下記の通り。

プラン名割引額容量
らくらくパック500円200MB
データSパック500円2GB
データMパック800円5GB
データLパック1,000円8GB
シェアパック5800円5GB
シェアパック101,200円10GB
シェアパック151,800円15GB
シェアパック202,400円20GB
シェアパック303,000円30GB

以前はシェアパックからのみの値引きでしたが今は単体でも値引きがされます。

例えば利用者の多いデータMパック(5GB)の場合800円の値引きがされます。

ドコモのシェアパック(参考)

NTTドコモでは新しく家族でパケット通信が分け合えるシステムの「シェアパック」というサービスが始まりました。

新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」

単純に説明すると、これまでの料金プランはそれぞれ契約ごとに月額料金とデータ通信限度(5GB、7GB等)と決まっていました。

例えば上限7GBのプラン(月額8,000円)を家族3人で契約していた場合、8,000円×3人で24,000円を払うというシステム。

しかしこれだとデータ通信をあまり使わないお母さんがいたり、毎月制限が掛かってしまうくらいヘビーに使う息子さんがいたりと無駄が生じてしまいます。

グラフ1

その無駄をなくそうというプランがドコモのシェアパックです。

7GB×2=14GBを二人で使うイメージ。これだと息子さんがお母さんの分のデータ通信を余すことなく利用できます。そしてさらにお得になってます。

息子

シェアパック30で3,000円引きはお得か?

家族で分け合えるシェアパック。10、15、20、30と容量が増えると同時に価格も上昇。それに伴ってドコモ光の値引きも多くなります。

最も容量の多いシェアパック30の容量は30GBで4人家族なら一人平均7=8GB使用できる計算です。

シェアパック30の割引割引額は3,000円なので4人家族なら1人750円割引される計算ですね。

これが他社の場合、auのスマバリュは1台1410円、ソフトバンクのスマ割は1台2000円の値引きなので光回線のセット割引としては大きい値引きとは言えません。

が、そもそもシェアパックにすることで他社4台分より安くなるのですでにシェアパックを利用している人がまとめて他社で統一しても一概に安くなるとは言えません。

まとめ、総評

以前はシェアパックからのみの割引でしたが今は通常のパケットパックからの値引きもあるのでドコモを利用している人には乗り換えるメリットがあると言えます。

以前からドコモでシェアパックを利用していた人はかなりの割合でドコモ光に乗り換えています。

分け合えるシェアパックは一見無駄がなく、魅力的に感じるかもしれませんが、家族の誰かが急に通信量が大きくなったりして上手く機能しないことが多いのでまだ導入していない人はよく検討した方がいいと思います。

うまくいけば無駄なく安く使えるかもしれませんが魅力的なサービスは次々産まれてきて使用頻度が大きく変化してしまうことはよくあります。

お母さんが急にデータ通信量が増えたり、息子が急に増えたりすることは日常茶飯事。無計画でシェアパックにするとすぐに破たんすると思われます。

すでにシェアパックを利用している人は家の光回線をドコモ光に変えるだけで大幅に月額料金を安くすることが出来る可能性があるので魅力的ですね。

GMOとくとくBB-ドコモ光-

 

タグ :

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。