光コラボレーションのビッグローブ光

やさしくねっと.

ビッグローブ光の料金と特徴、評判等をまとめる

 

光コラボレーション

フレッツ光やプロバイダとして有名なビッグローブですが、こちらもまた光コラボレーションとして自社サービスオンリーの光回線、ビッグローブ光を提供しています。

光コラボレーションがわからない人は下記ページをご参照ください。

フレッツ光の卸売りで始まる光コラボレーションモデルとは何か

フレッツ光のプロバイダのシェアはOCN、yahooBBに次いで3番目に多く、すでに勧誘を受けたという方も多いんじゃないでしょうか。

光コラボレーションの乗り換え、フレッツ光からビッグローブ光への乗り換えはとても簡単で違約金も発生せず数千円の低コストで乗り換えることが出来ます。

なので乗り換えを検討している方も多いかと思いますので本ページで解説します。

⇒オプションなしでキャッシュバックが得られるビッグローブ光販売店はこちら

ビッグローブ光の料金及び特徴

というわけでまずビッグローブ光の基本的なプランと特徴を解説します。

月額料金は至ってシンプル。

    • ファミリータイプ - 5,180円
    • マンションタイプ - 4,080円

です。念のためにですが住む場所(東西)で金額の差はありません。集合住宅でもマンションプランが入っていない場合があり、その場合はファミリータイプの料金となります。

初期費用について

初期費用ですが、フレッツ光からの乗り換え(転用と言われています)は手数料の2,000円のみ。

ただしフレッツ光の旧タイプ(Bフレッツ、光プレミアム等)は別途工事費が発生しますのでご注意ください。

新規契約の場合は手数料1,000円と工事費15,000円~21,000円(分割払い可)となります。

が、現在新規申し込みキャンペーンにつき、新規契約の場合工事費が3,000円に割引されるのでファミリーの場合でもマンションの場合でも初期費用は実質4,000円となっています。

解約について

ビッグローブ光を契約すると基本的に定期利用扱いとなり、2年ごとの自動更新となります。

したがって、2年ごとに訪れる解約月以外に解約すると9,500円の違約金が発生します。

解約月の考え方(参考)

解約月は通常どの会社も利用開始日(工事完了日)の月から丸2年後となっています。

例えば2016年3月に工事が完了すれば2018年の3月が解約月となります。

ビッグローブ光の場合、完全新規契約だとそうなりますが、フレッツ光からの転用の場合、工事完了日が20日より前なのか後なのかで解約月が変わってきます。

例えば2016年3月19日に工事が完了した場合、解約月は2018年3月になりますが、21日の場合は解約月が翌月にずれて4月となります。

ご注意ください。

他社との比較

他社の光コラボレーションの比較表がこちらです。

種類ファミリータイプマンションタイプ月額割引特典
ドコモ光5,200円4,000円シェアパック割引
Softbank 光5,200円3,800円スマホセット割引
OCN 光
4,650円3,450円格安SIMセット割
so-net光5,200円4,100円auモバイルセット割*
U-NEXT光
4,980円3,910円格安SIMセット割
nifty光5,200円3,980円auモバイルセット割
ビッグローブ光
5,180円4,080円他サービス利用で
月額200円お得
IIJmioひかり4,960円3,960円格安SIMセット割
BBexcite光4,360円3,360円なし
ぷらら光4,800円3,600円格安SIM他
ぷららサービスセット割

正直、あんまり安くないなーという印象ですね。

特に理由がない場合フレッツ光からあえてビッグローブ光へ転用するメリットは特にないように思えます。

ちなみにフレッツ光(プロバイダビッグローブ)の月額料金はファミリータイプで5,700円なので上記いずれかに転用するとだいたい安くはなります。

フレッツ光(プロバイダビッグローブ)を使っている人はプロバイダも変えず手数料2,000円だけで月額料金が安くなるのでありかなとは思います。

新規申し込みの場合も工事費が割引されるので選択肢の一つとして悪くはないかも。

といったところですね。

評判はあまり良くないようだが・・・

次にビッグローブ光の評判ですが、あんまりよくないみたいですね・・・何故だかわかりませんが。

私が調べたところ、まあ他の光コラボレーションと変わらない印象でした。良いと言っている人もいれば悪いと言っている人もいるような感じ。

まだまだ全体的に使っている人が少ないのでサンプルは少ないですが、twitterではこんな感じ。

良いという意見。

次に悪い評判。

 

やはりこんなもんかなーという印象。

私はこうやっていろんなネット回線を定期的にチェックしているんですが特別評判が悪いという印象ではなかったです。

ちなみに価格コムでもやはり賛否両論といった感じでした。

価格.com2 価格

評価が分かれる理由

少し余談になりますが評判が分かれる理由について少し触れておきたいと思います。

今回のビッグローブ光に限らず速い、遅いという意見が分かれるのは別に珍しいことではなくどのネット回線でも同じような状況になっています。

その理由は大きくわけて二つ、一つは地域や環境(主に利用している場所)の違い、もう一つは利用者の違いです。

前者はあくまで想像の域を超えていません。実際にA県A市とB県B市に分けて同じ回線を利用している人にアンケートを取ってみるなりしないと分からないからです。ただ、地域によって設備が薄かったり利用者が過密していたりということがあるのでそれが原因で速度に差が出るという可能性は高いです。

もう一つの利用者の違いというのは利用者の期待値と利用している環境の問題です。

例えばビッグローブ光がすごく快適だと言う意見をtwitterで見たんですが、その人はADSLからの乗り換えだったので、そりゃADSLから比べれば光回線としては快適とは言い難い2Mbps程度でも快適に使えるだろうなと思います(実際どれくらいの速度だったのかは知りませんが)。

逆にHD動画を毎日観ている人にとっては多少遅くなったりする時間があればダメな回線だと感じてしまいます。

後は機器自体の問題だったというケースも少なくありません。

例えば無線LANにしていて急に遅くなる時があると思っていたら電子レンジが原因だったり・・・(無線LANは電子レンジが影響で通信環境に悪影響を及ぼすことがあります)

本人が期待する速度、利用している環境によって意見が変わってくるので同じ回線でも意見が大きく分かれてしまうんですね。

ビッグローブ光総評

以上を纏めるとビッグローブ光は、

    • 月額料金は可もなく不可もなく
    • 評判も可もなく不可もなく
    • あえて選ぶ必要はないかも

という感じですね。

まあフレッツ光でプロバイダをビッグローブにしている人は転用してもいいかなと思います。

転用方法については下記ページで解説しています。

フレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説

後、現在少額ではありますが新規契約で10,000円、フレッツ光からの転用で5,000円のキャッシュバックを行っている販売店もあるので検討されている方はこちらをご利用ください。

⇒オプションなしでキャッシュバックが得られる販売店はこちら

 

タグ :

光回線 光コラボレーション    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。