格安スマホ

スマホ込みで月額2,000円台で快適に使える格安SIMまとめ

毎月スマホ代いくら払っていますか?

ドコモ、au、ソフトバンクを使っている人はおそらく6,000円~7,000円くらいって人が多いんじゃないでしょうか。

スマホ代って高いですねえ。

しかしもうスマホ代が高いという時代は終わりました。

私の現在のスマホ代は2,500円以下です。奥さんのスマホ代も同じくらいです。

ご存じの方も多いと思いますが、話題の格安SIMに乗り換えると端末代(スマホ本体代)込みで月額わずか2,000円代に抑えることが出来ます。

だけど格安SIMをとかMVNOとかSIMフリーとか…良く分からないから手を出しづらいと考える人は多いかと思います。

なので本ページでは格安SIM初心者の方でも迷わず利用が出来て、スマホ代を含んだ月額利用料2,000円代のお得なプランを紹介します。もちろん通話機能も付いていますしMNP(番号移行)も可能です。

格安SIM比較表

まずざっと数字とプラン名とを並べた比較表を記載します。

データ通信容量は複数プランがあるのでお好みのを選べますがここでは最もオーソドックスな3GBにしています。UQモバイルと楽天モバイルは2GBです。

※スマホでご覧の方は横画面にすると見やすいです。

会社名
データ容量
月額料
端末
LINEモバイル 3GB 2,810円 HUAWEI nova lite 2
IIjmio 3GB 2,480円~ HUAWEI P20 lite
ビッグローブ 3GB 2,840円〜
NifMo 3GB 2,804円
mineo 3GB
(Aプラン)
2,735円
UQ mobile
(かけ放題付き)
2GB 2,678円~
※14ヶ月目以降は1000円加算
arrows M04
楽天モバイル
2GB 2,480 円~
※楽天会員で2年縛りの場合
DMMモバイル
3GB 2,881円 HUAWEI nova lite 2
エキサイトモバイル
3GB 2,946円 arrows M04

スマホ本体もサービスによって選べますがここでは一番コストパフォーマンスの高いモノを選んでいます。すべてAndroidですが、最近のAndroid端末はiPhoneに劣らずサクサク動くのでお勧めです。ちなみに私が使っているスマホはP10 liteです。

格安SIMで評価の高いIIJmioを契約してSIMフリー端末を使ってみた

多くの格安SIMで採用されているP20 liteという機種はHuawei(ファーウェイ)というメーカーの機種でCPUが8コアというハイエンドモデルなみの高スペック。なのに価格も非常に安く人気がある機種です。

今私が使っているP10 liteの後継機なので安心して使うことが出来ると思いますよ。

ちなみに月額料はスマホ端末分割代×2年間を足したモノとなっています。なので払い終われば当然さらに安くなります(1,000円~1,500円程度)。

どれが一番オススメ出来る?

上の表で上げた7種の格安SIMは正直どれを使っても快適に使えると思います。格安SIMは他にもまだまだありますが上記7種は私と家族、知人が使っているモノを含め、某家電評価雑誌でも評価の高かったモノのみ記載しています。

なので本当にどれを使うかはお好みで決めて頂いたらいいと思います。

が、いろいろあり過ぎて迷うという方のために右端のスマホの評価を付けました。

やはりHUAWEI P20 liteはコスパが高くおすすめです。価格ドットコムのSIMフリースマートフォン部門でも常にランキング上位となっているほど人気があります。

楽天モバイルやIIJmioでセット販売している富士通の新機種、arrows M04も人気があります。国内メーカーということもあり、防水機能やワンセグ、おサイフケータイにも対応してる優れものです。

以下、SIMを含めてのお勧め格安SIMを紹介します。

LINEの年齢認証問題を解決するLINEモバイル

格安SIM、格安スマホはもはや必須アプリともいえるメッセージアプリ、LINEの年齢認証が出来ないことが最大のデメリットであると言えます。

LINEの年齢認証はキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の年齢確認によって行うので、それ以外の格安SIMは未だ年齢確認が出来ません。

しかしLINEモバイルはその欠点をカバーする唯一の格安SIMで、LINEの年齢認証をしたいのであればLINEモバイル以外の選択肢がありません。

また、LINEは他社とは違う「コミュニケーションフリープラン」を展開しており、LINEはもちろんTwitter、Facebook、インスタグラムのデータ通信がフリー(無料)となっています。

その分同じ3GBでも他の格安SIMに比べて高めの料金設定ですが、それらSNSアプリを多様する場合は通信容量を気にせず使えるのでおすすめです。

詳細ページ公式ページ

最も高品質のIIJmio

現在私が利用している格安SIMはIIJmioのライトスタートプラン(6GB)です。

IIJmioは格安SIMが注目され始めた2014年下期から人気があり、評判も圧倒的に良いです。私も実際自分が使うものなので相当調べましたが当時はずば抜けて評価が高かったです。

現在契約して3年程経ちますが、かなりヘビーに使う私でも速度が安定していて十分満足出来るレベルだったのでもうこれは格安SIMに変えないと本当に損だと思いました。

私が契約した時はまだスマホセットのプランがなく(7月7日から申し込みスタート)、端末はアマゾンで一括購入しましたが、いまなら分割でP20 liteか国内メーカー(富士通)のarrows M04がお勧めです。

どちらも格安SIMの普及を支えた人気シリーズで売れ筋機種でもあります。

詳細ページ公式ページ

キャッシュバックが魅力のUQモバイル

UQモバイルは現在格安SIMとしては数少ないキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック金額はスマホとセットが条件でそれぞれ、

  • プランS(2GB):11,000円
  • プランM(6GB):12,000円
  • プランL(14GB):13,000円

となっています。

UQモバイルはセット端末の種類も豊富で、現在最も選ばれている格安SIMの一つです。

またキャッシュバックだけでなく、回線速度の評判も高いのがおすすめできるポイントの一つです。

詳細ページ公式ページ

エンタメフリーオプションが嬉しいビッグローブモバイル

ビッグローブモバイルでオススメしたいのがエンタメフリー・オプションです。

月額料金480円でYouTube、GooglePlayMusic、AppleMusic、AbemaTV、Spotifyなど通信制限を気にせずに使うことができます。

動画の視聴って容量を食いますよね。ビッグローブモバイルのエンタメフリー・オプションならどれだけ動画を視聴しても容量が一切減りません。

動画も音楽も思い切り楽しみたいけど、容量が気になる・・・という人にはイチオシのプランです。

詳細ページ公式ページ

付加価値の強い楽天モバイル

格安SIMの月額料金がキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と比べて破格に安いのは、無料通話や高額スマホ(iPhone6の端末価格は8万以上)等の過剰サービスを撤廃し、必要最低限の機能に絞ってあるためです。

そのため格安SIM提供業者(MVNO)同士では価格やセットの端末くらいしか大きな差はありませんでした。

しかしその中で楽天モバイルは、月額料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まるという他社にない付加価値サービスがあります。

楽天スーパーポイントは楽天市場や提携コンビニ等で幅広く利用出来るため、キャリアのポイントサービス以上に使いやすく価値のあるサービスです。

通信速度等、携帯電話としての品質も多方面から評価されており、安心して使えるサービスであると言えます。

詳細ページ公式ページ

DMMmobile

dmm%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

DMMmobileは業界最安値を謳っており、本ページで取り上げた格安SIMの中でも最も安いサービスとなっています(スマホ端末代金を除いた場合)。

そしてDMMmobileはただ単に安いだけでなく、通信システムの構築を行っているのは最も高品質とされているIIJmioであるため、通信速度も速いです。

こちらに詳細を載せていますが地方でも安定して接続出来るとの声もあり、最も安心して利用出来る格安SIMの一つであると言えます。ちなみに彼(ハマヲ店長)は見渡す限り山と田んぼな相当田舎に住んでいます。

詳細ページ公式ページ

使った分だけ課金される最適料金プランのエキサイトモバイル

エキサイトモバイルはデータ通信利用量に応じて課金される最適料金プランが特徴的です。

通常例えば5GBプランを契約していれば、1GBしか使わなかった月も5GB分の月額料金となってしまいますが、エキサイトモバイルは1GB単位(1GB以下は100MB、500MB)での課金制となっているため、無駄な月額料金を支払う必要はありません。

また、本体価格が非常に安いスマホ本体「GRAND X LTE」がセット販売されているのでとにかく月額料金を下げたいという人にとてもお勧めです。

GRAND X LTEを選べば10GBでも3,500円程度に抑えることが出来ます。

⇒エキサイトモバイルの公式サイトはこちら

格安SIMはこんな人にオススメ

それでもやっぱりいきなり格安SIMに乗り換えるのは・・・ なんだか躊躇っちゃいますよね。

私も先に実験台として試しに奥さんの携帯を格安SIMに変えました。それでも2カ月くらい迷っていました。本当に大丈夫かなあってね。

ですが実際乗り換えてみると月額料金が8,000円から2,500円程度と3分の1以下に下がった上に不都合な面もほとんどなく、余程のことがない限り二度とキャリアの携帯は使わないだろうと思っています。

もっと早く乗り換えるべきでしたね本当に。

それでも迷う方、これに当てはまる人は絶対乗り換えた方が良いって思うことをいくつか上げておきますので参考にしてください。

・通話をほとんどしない。使ってもLINEの無料電話が多い。

通常の電話を利用することが少なく、月に数えるほどしか電話をしない人は結構多いです。こういう方がキャリアの無料通話とかカケホーダイを利用するのはもったいないです。

・2年に一度新しいスマホに変える必要はない。むしろもったいない。

キャリアのプランは基本的に機種変をしてもしなくても月額料金が変わらない料金システムになっています。これはつまり実質基本月額料に端末代が組み込まれているということです。

・別にiPhoneに拘りはない。

格安SIMで最新のiPhoneを使いたければアップルストアで販売しているSIMフリーiPhoneを購入する必要があります。SIMフリーiPhoneは一台8万以上と大変高額なため、キャリアで買う方がまだお得です。

・今の月額料金が4,000円以上

割引サービス等を駆使して上手く使うとソフトバンクでも月額3,000円台で利用出来ることもあります。そこまで安ければ格安SIMと大差ないですし、特別解約月でもなければ違約金を払ってまで乗り換える必要はないかと思いますが通常は月額料金が半額以下とかになると思います。

以上、どれも当てはまる人は乗り換えないと損していると思いますよ。

こんな人は失敗するかも・・・

よくわからず格安SIMに乗り換えて失敗した!後悔した!と言う人が少なからずいます。

その理由は大きく二つあって、一つは通話料金が高くなりあんまり安くならなかったこと、もう一つは店頭対応が出来ないことです。

ドコモやau、ソフトバンクは現在どこで契約しても基本的に通話料無料のカケホーダイプランに入ることになります。そのためたくさん電話する人にとってはとてもお得なプランです。

しかし格安SIMはカケホーダイどころか無料通話パックもないので(一部対応しているものもあります)基本的に30秒ごとに20円の通話料が掛かります。

そのため電話を頻繁に利用する人は逆に高くなってしまう恐れがあります。

二つ目はショップがほとんどないため店頭サービスが受けられなくなってしまうという点です。

スマホの操作方法や故障した時に店舗で対応してもらうことが出来ないため、トラブルがあった時に困ります。

私はauを使っていた時から店舗で相談するようなことは一度たりともなかったので何も問題ありませんでしたが特に中高年世代はこれが非常に困るようです。

ご注意ください。

本当にそんなに安くなるのか?

これまで安い人でも5,000円、6,000円以上掛かっていたスマホ代が約半額の3,000円以下になるのか?

他に費用が発生してしまうのではないか?

という疑問が生まれるのは当然だと思います。

なので実際に格安SIMに乗り換えた我が家(自分と奥さん)の明細はどんな感じか公開します。契約しているのはso-netとIIJmioの2台です。

下の画像は11月のクレジットカードの明細の一部です。上の方の空白は関係ないので消しています。

クレジット

IIJサービス料金6,900円って全然安くないじゃん!

って思うかもしれませんが実はこれには固定のインターネット回線(IIJmio光月5,000円くらい)が含まれています。

つまりIIJmioのスマホ代は月額税込2,000円以下です。こちらは端末(スマホ自体)を分割購入していないのでこの価格で収まっています。

So-netは項目がたくさんありますがそれぞれ、

  • 音声通話料(SMS含む)(22円)
  • 基本料金(1,340円)
  • モバイルコース(216円)
  • ユニバーサル利用料(2円)
  • スマホ端末分割代金(1,122円)

合計2,702円

となっています。

音声通話料は電話するごとに加算されてくわけですが(30秒で20円)、通話する時はLINEを使うことが多いので通話料金がほとんど掛かっていません。

格安SIMは音声通話をしなければ月額料金を大幅に下げることが可能ですが逆にたくさん音声通話をする人はドコモやソフトんバンクのカケホーダイプランより逆に高くなってしまう可能性があります。

通話料の他に「@docomo.ne.jp」等のキャリアメールが利用出来ない等いくつか注意した方が良いポイントもあるので検討されている方は下記ページもご参考ください。

格安SIMにMNPする際に絶対確認するべき項目と注意点

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。