光コラボレーション

OCN光って本当に良いの?料金や評判まとめ

フレッツ光のプロバイダとして最も有名なOCN。

そのシェアの大きさは圧倒的でフレッツ光の数あるプロバイダのうち、実に3人に1人がOCNを選んでいるほど。

ということもあって、本ページで解説するOCNの新しい光回線、OCN光をご存じの方も多いのではないでしょうか。営業電話とかもやっているようなので。

というわけで本ページではOCN光の料金やプランに合わせて従来の『OCN光with フレッツ』と『OCN光』の違い等も合わせて解説します。

OCN光の月額料金

OCN光の月額料金は下記の通り、最初の1年目とそれ以降で料金が変わってきます。

価格はプロバイダ料込、消費税は別です。

  • ファミリータイプ : 5,100円(プロバイダ料込)
  • マンションタイプ : 3,600円(プロバイダ料込)

※2年自動更新型割引適用後の料金です。

プロバイダ料は込みなのでこれ以上月額料金が掛かることはありません。

他社と比較するとやや安い

他社光コラボレーションと比較してみてもOCN光は安いです。

大手光コラボレーションのドコモ光とソフトバンク光と料金を比較した表が以下になります。

  ファミリータイプ マンションタイプ
OCN光 5,100円 3,600円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円

ドコモ光とソフトバンク光ではホームタイプは5,200円、マンションタイプは4,000円弱料金がかかりますが、OCN光はどちらも2~400円/月ほどお得です。

ドコモ光もソフトバンク光も携帯とセットで利用すると割引がつきますが、格安SIMを利用しているケースなどでは割引はつきません。

大手キャリア以外の携帯を使っている場合はOCN光との相性が良いといえます。

その他の光コラボレーションとの比較は下記ページで紹介しているので、参考にしてください。

関連記事:結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較

OCN光の初期費用

OCN光は光回線なので新規で申し込みをする場合、初期工事費が発生します。

ただしフレッツ光からの移行(転用と言います)については回線をそのまま使うので初期工事は不要です。

OCN光の新規工事費

OCN光の初期工事費は以下の通りです。

タイプ 一括払い 分割支払い時
一戸建て
(屋内配線あり)
18,000円 初回3,000円
+500円×30回
一戸建て
(屋内配線なし)
7,600円 初回1,600円
+200円×30回
マンション
(屋内配線あり)
15,000円 初回3,000円
+400円×30回
マンション
(屋内配線なし)
7,600円 初回1,600円
+200円×30回

※過去にフレッツ系の光回線が無派遣工事の場合は一戸建て、マンションタイプともに工事費は2,000円となります。

新規工事は新しく光回線を契約する時以外にも、他社回線(auひかりやJCOM、ADSL等)からの乗り換えの際にも必要です。

屋内配線の有無について

上記表の通り屋内配線の有無によって工事費が変わってきます。

屋内配線とは回線の引き込み口(主に固定電話の配管)から終端装置(回線業者の機器)を設置する場所までの配線のことです。

フレッツ光からの転用について

OCN光を含め多くの光コラボレーションはフレッツ光から簡単に乗り換えることが可能です(転用と言います)。

転用の場合は初期工事あ不要なので工事費も発生しません。

転用の方法は下記ページに詳しく書いていますが基本的に、

1.フレッツ光から転用承認番号を受け取る

2.新たに契約したい光コラボに申し込む

3.コンサル(打ち合わせ)を行う

4.転用手続き完了後、利用開始

という流れとなります。

フレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説

OCN光ではありませんが実際にフレッツ光から光コラボレーションに転用した時のことをまとめましたので合わせて下記ページもご覧ください。

フレッツ光からIIJmioひかりに実際に転用してみたのでやり方とか解説

フレッツ光から転用する場合フレッツ光を解約することになりますがその際本来発生するフレッツ光の違約金等は発生しないのでご安心ください。

ただ、転用の場合基本的に工事が不要で初期費用も事務手数料の3,000円程で済みますが、今使っているフレッツ光の回線が古いタイプ(光プレミアムやBフレッツ等)の場合工事費が発生することもあります。フレッツ光ネクスト以上であればほぼ間違いなく工事は不要です。

契約期間と違約金について

OCN光は通常2年の自動更新となっています。自動更新ではないプランもありますが月額料金がかなり高額(1,000円以上高い)なので自動更新でない契約をするメリットはほとんどありません。

自動更新プランを契約した場合、2年ごとに訪れる解約月以外で解約すると11,000円の違約金が発生してしまいます。

OCNの解約月の考え方は割引開始月を1ヶ月目として25カ月目が解約月となる。

ということなので基本的に契約した翌月が解約月となります。なので2016年4月に契約が完了し、翌月から割引が開始された場合、最初の解約月は2018年の5月となります。

工事費が残っている状態で解約月以外に解約してしまうと工事費の残りと合わせて違約金が請求されるのでかなり高額な解除料金が掛かってしまいます。

ご注意ください。

OCN光の割引とキャンペーン

OCN光は現在、

  • 10,000円キャッシュバック
  • 5,000円キャッシュバック+BUFFALO高速ルータープレゼント

の2つのキャンペーンを行っています。

キャッシュバック額はあまり大きくありませんが、光コラボレーションではキャッシュバック自体がないところも多く、十分な額と言えます。

また、まだルーターを持っていないこれから新居で生活する人などにとってはルータープレゼントはかなりお得ですね。

OCN光のキャンペーンをみてみる

格安SIMと同時に利用でさらにお得に

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-10-PAK85_blackberrysimkoukan20141025171850500-thumb-1000xauto-5546 (1)

OCNは固定回線だけでなくモバイル回線も提供しています。

「OCN モバイル ONE」は数ある格安SIMの中でも安定性が良いと好評です。特に70MB/日コースは月額900円と破格に安く人気もあります。

格安SIMはただでさえ安いので音声対応SIMを2,000円以下で利用することができます。

詳細は下記ページをご覧ください。

MVNOを選ぶならOCNモバイルONEが鉄板

OCN光の評判はどうか

サービス開始から3年以上となるOCN光ですが、評判はどうでしょうか。

ネット上の口コミを見てみましょう。

回線速度に関しては速いという意見と遅いという意見が半々くらいな印象。利用過多気味のフレッツ系の回線にしてはかなり速い印象を受けました。

ちなみに実測値に関しては下記ページで詳しくまとめていますが、下りで10Mbps程度あればかなり快適に使えます。

関連記事:ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるか

VDSLとは

VDSLとはマンションタイプに導入されている設備の一つで、下り最大200Mbsとなっている回線です。

VDSLはNTTの基地局から建物(マンション、アパート等)までの配線は光配線(光ファイバーケーブル)となっていますが、集合住宅内の配線はすでに敷設してある電話ケーブルを利用しています。

そのため集合住宅内の住民がたくさん利用すると回線速度が遅くなるケースがあります。

現在新しく導入される場合は建物内も光ケーブルを利用した光配線方式となっており、またVDSLから光配線方式へのバージョンアップも随時行っているようです。

ちなみにVDSL方式か光配線方式かどうかは、住民はマンションに導入されている物を選択するしかないので自分で選ぶことは出来ません。

OCN光withフレッツとの違い(参考)

光コラボレーションが開始される前はフレッツ光とプロバイダは別契約となっていました。

それはプロバイダをOCNにした時も例外ではなく、契約上光回線をNTT(東西)と契約しプロバイダ契約をOCN(NTTコミュニケーションズ)と交わすような形となっています。

なのでフレッツ光を利用している人は例外なく契約する時も、解約する時も2社の手続きを行う必要があります。

※契約する際は煩わしいので一本化していることも多い。

OCN光はオールインワンでわかりやすい

新しく始まったOCN光はフレッツ光と同じ回線を利用しているものの、サービス自体はOCN(NTTコミュニケーションズ)のサービスなので契約は1社で済みます。

請求もわかりやすいしトラブルや解約時にも対応がしやすいです。

従来のフレッツ光は回線とプロバイダが別れているため請求書も別々でした。

※OCNに限っては同じNTTグループなので請求書を一つにまとめることが出来ましたが、それ以外のプロバイダを使うと回線使用料とプロバイダ料が別々に請求されます

更に従来の『OCN光with フレッツ』の場合、例えばインターネットが繋がらなくなった時、回線を提供しているフレッツ側が悪いのか、間の機器を提供しているプロバイダが悪いのか判り兼ねるので両方に問い合わせしなければいけませんでした。

一本化されたOCN光であればインターネットが繋がらなくなれば(家の機器の問題でない場合)OCNに連絡すればいいわけですからやりやすいですね。

さらに解約時や違約金も一か所の問題なので把握しやすいです。

従来のフレッツはただでさえややこしいシステムなのに2社分あったわけですからもうわけわからなくなりますよね。

月額料金、違約金もわかりやすい

従来のフレッツ光は西日本、東日本でプランが全然違っていて、更にマンションプランの中にも、「タイプ1」とか「タイプ2」とか、「VDSL」とか「LAN方式」とかで料金が別れていて非常に複雑なことになっていました。

しかし今回のOCN光では上述した通り、月額料金はファミリータイプとマンションタイプの2種類のみとなっているため分かりやすいです。

そしてフレッツと違い、回線とプロバイダが分かれていないため違約金、解除料金に関する注意も分かりやすい。

フレッツの場合これも西日本と東日本の違いやプランによっての違いがあったりでもう本当に分かりにくかったです。

まとめ

通信コストは年々どんどん下がっていますが固定回線、モバイル回線ともにいまだ高い料金のまま使っている人は多いです。

フレッツ光からの転用(乗り換え)の場合、今使っているフレッツの違約金は掛かりません。※プロバイダの違約金は掛かる場合があります。

しかしプロバイダの違約金は高い場合でも5,000円程度なのですぐに取り返せます。

是非検討してみてください。

OCN光のキャンペーンを確認する

光回線はスマホに合わせた方がお得です!

ここまでOCN光について解説してきましたが、本当におすすめ出来る光回線はスマホ、携帯電話とセットで割引が出来る光回線です。

現在ドコモならドコモ光、auならauひかり、ソフトバンクならソフトバンク光など、それぞれセットで割引がされる光回線があります。

ドコモのスマホを利用している人はOCN光を契約するよりもドコモ光を利用した方が総合的にお得になる可能性が高いです。

詳細は下記ページをご確認ください。

ドコモを利用している方はこちら

auを利用している方はこちら

ソフトバンクを利用している方はこちら

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。