光コラボレーション、OCN光の料金プラン等解説

やさしくねっと.

光コラボレーション本命のOCN光の料金やプランまとめ

 

sumaho

フレッツ光のプロバイダとして最も有名なOCN。

そのシェアの大きさは圧倒的でフレッツ光の数あるプロバイダのうち、実に3人に1人がOCNを選んでいるほど。

ということもあって、本ページで解説するOCNの新しい光回線、OCN光をご存じの方も多いのではないでしょうか。営業電話とかもやっているようなので。

というわけで本ページではOCN光の料金やプランに合わせて従来の『OCN光with フレッツ』と『OCN光』の違い等も合わせて解説します。

OCN光の月額料金

OCN光の月額料金は下記の通り、最初の1年目とそれ以降で料金が変わってきます。

価格はプロバイダ料込、消費税は別です。

    • ファミリータイプ : 5,100円
    • マンションタイプ : 3,600円

プロバイダ料は込みなのでこれ以上月額料金が掛かることはありません。

 

初期費用は現在フレッツを利用している人なら3,000円なので変更する価値ありですね。

ただ西日本にお住まいの方で、現在「どーんと割」が適用されていれば現状の方が安い可能性が高いです。

フレッツ光の料金についての詳細はこちら。

フレッツ光の月額料金表

他社の光コラボレーションと比較すると、ソフトバンク光、ドコモ光、ビッグローブ光、@nifty光等多くの光コラボレーションの月額料金がファミリータイプで5,200円、マンションタイプが3,800円~4,000円程度なのでOCN光は比較的安い部類に入ります。

下記ページで光コラボレーションを比較しています。

結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較

フレッツ光からの転用について

OCN光を含め多くの光コラボレーションはフレッツ光から簡単に乗り換えることが可能です(転用と言います)。

転用の方法は下記ページに詳しく書いていますが基本的に、

1.フレッツ光から転用承認番号を受け取る

2.新たに契約したい光コラボに申し込む

3.コンサル(打ち合わせ)を行う

4.転用手続き完了後、利用開始

という流れとなります。

フレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説

OCN光ではありませんが実際にフレッツ光から光コラボレーションに転用した時のことをまとめましたので合わせて下記ページもご覧ください。

フレッツ光からIIJmioひかりに実際に転用してみたのでやり方とか解説

フレッツ光から転用する場合フレッツ光を解約することになりますがその際本来発生するフレッツ光の違約金等は発生しないのでご安心ください。

ただ、転用の場合基本的に工事が不要で初期費用も事務手数料の3,000円程で済みますが、今使っているフレッツ光の回線が古いタイプ(光プレミアムやBフレッツ等)の場合工事費が発生することもあります。フレッツ光ネクスト以上であればほぼ間違いなく工事は不要です。

新規申し込みについて

これから光回線を使いたい人やauひかり等他社の回線を使っていて乗り換えたい時は新しく回線工事が必要なので初期費用が掛かります。

工事費は現在半額キャンペーンを行っていて、ファミリータイプで9,000円、マンションタイプで7,500円となっています。分割支払いも可能です。

※分割の場合ファミリータイプで初回1,500円+250円×30回、マンションタイプで初回1,500円+200円×30回分割となります

違約金、解除料金について

OCN光は通常2年の自動更新となっています。自動更新ではないプランもありますが月額料金がかなり高額なので自動更新でない契約をするメリットはほとんどありません。

そのため2年ごとに訪れる解約月以外で解約すると11,000円の違約金が発生してしまいます。

OCNの解約月の考え方は割引開始月を1ヶ月目として25カ月目が解約月となる。

ということなので基本的に契約した翌月が解約月となります。なので2016年4月に契約が完了し、翌月から割引が開始された場合、最初の解約月は2018年の5月となります。

工事費が残っている状態で解約月以外に解約してしまうと工事費の残りと合わせて違約金が請求されるのでかなり高額な解除料金が掛かってしまいます。

ご注意ください。

格安SIMと同時に利用でさらにお得に(参考)

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-10-PAK85_blackberrysimkoukan20141025171850500-thumb-1000xauto-5546 (1)

OCNは固定回線だけでなくモバイル回線も提供しています。

「OCN モバイル ONE」は数ある格安SIMの中でも安定性が良いと好評です。特に70MB/日コースは月額900円と破格に安く人気もあります。

格安SIMはただでさえ安いので音声対応SIMを2,000円以下で利用することができます。

詳細は下記ページをご覧ください。

MVNOを選ぶならOCNモバイルONEが鉄板

OCN光withフレッツとの違い

光コラボレーションが開始される前はフレッツ光とプロバイダは別契約となっていました。

それはプロバイダをOCNにした時も例外ではなく、契約上光回線をNTT(東西)と契約しプロバイダ契約をOCN(NTTコミュニケーションズ)と交わすような形となっています。

なのでフレッツ光を利用している人は例外なく契約する時も、解約する時も2社の手続きを行う必要があります。

※契約する際は煩わしいので一本化していることも多い。

OCN光はオールインワンでわかりやすい

新しく始まったOCN光はフレッツ光と同じ回線を利用しているものの、サービス自体はOCN(NTTコミュニケーションズ)のサービスなので契約は1社で済みます。

請求もわかりやすいしトラブルや解約時にも対応がしやすいです。

従来のフレッツ光は回線とプロバイダが別れているため請求書も別々でした。

※OCNに限っては同じNTTグループなので請求書を一つにまとめることが出来ましたがそれ以外のプロバイダを使うと回線使用料とプロバイダ料が別々に請求されます。

更に従来の『OCN光with フレッツ』の場合、例えばインターネットが繋がらなくなった時、回線を提供しているフレッツ側が悪いのか、間の機器を提供しているプロバイダが悪いのか判り兼ねるので両方に問い合わせしなければいけませんでした。

一本化されたOCN光であればインターネットが繋がらなくなれば(家の機器の問題でない場合)OCNに連絡すればいいわけですからやりやすいですね。

さらに解約時や違約金も一か所の問題なので把握しやすいです。従来のフレッツはただでさえややこしいシステムなのに2社分あったわけですからもうわけわからなくなりますよね。

月額料金、違約金もわかりやすい

従来のフレッツ光は西日本、東日本でプランが全然違っていて、更にマンションプランの中にも、「タイプ1」とか「タイプ2」とか、「VDSL」とか「LAN方式」とかで料金が別れていて非常に複雑なことになっていました。

しかし今回のOCN光では上述した通り、月額料金はファミリータイプとマンションタイプの2種類のみとなっているため分かりやすいです。

そしてフレッツと違い、回線とプロバイダが分かれていないため違約金、解除料金に関する注意も分かりやすい。

フレッツの場合これも西日本と東日本の違いやプランによっての違いがあったりでもう本当に分かりにくかったです。

まとめ

通信コストは年々どんどん下がっていますが固定回線、モバイル回線ともにいまだ高い料金のまま使っている人は多いです。

フレッツ光からの転用(乗り換え)の場合、今使っているフレッツの違約金は掛かりません。※プロバイダの違約金は掛かる場合があります。

しかしプロバイダの違約金は高い場合でも5,000円程度なのですぐに取り返せます。特にフレッツ光西日本で「どーんと割」が適用されていない人はトータルで5,000円以上払っている家庭も多いのでその場合必ず安くなります。

是非検討してみてください。



 

タグ :

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。