光コラボレーションのメリットとデメリット

やさしくねっと.

光コラボレーション乗り換えで得するケースと損するケース

 

7478778984_fcca60f4eb_z

今年(2015年)に入り本格的にスタートしたフレッツ光の卸サービス、光コラボレーション。

NTTドコモが提供するドコモ光を始めソフトバンク光、OCN光など様々なサービスが開始されました。

それに合わせて各キャリアから乗り換えの営業電話が鳴り響いてはいませんか?

ドコモの人やソフトバンクの人は安くなるとか得するって言うけどホントはどうなの?

っていうのが本音だと思います。

で実際得するのかどうかというのはかなりケースバイケースです。現在使っている光回線はもちろん携帯電話もそうですしそれによって乗り換えて得するサービス、損するサービスも変わってます。

というわけでこのページでは現在フレッツ光を利用中で光コラボレーションに乗り換えて得するケースと損するケースを大まかに紹介します。

スポンサーリンク

乗り換えで得するケース

光コラボレーション(以下光コラボ)には携帯電話キャリアのドコモやソフトバンクだけでなくプロバイダのOCNやぷらら、BIGLOOBE、SO-NET等もあります。

しかし光コラボの月額料金やサービス内容はどれも似かよっていて、月額がファミリーで5,000円前後、マンションで4,000円前後。それにプラスモバイルとセットで割引になるのがどの光コラボにも共通しています。

携帯と合わせて値引きすると得

例えば家族がみんなドコモを使っていたりソフトバンクを使っていれば、それに合わせて現在使っているフレッツ光をドコモ光やソフトバンク光に乗り換えると割引が適用されます。

各種値引きに関する詳細はこちら。

ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説

ソフトバンク光ってどうよ!?月額料金や話題のスマ割を考察

ソフトバンクは携帯1契約ごとに驚異の最大2,000円引きになっています。1契約ですから家族3人ソフトバンク携帯なら最大6,000円引きです。

値引きをするために加入しないといけないオプションもありますが家族2人以上ソフトバンクを使用していてフレッツ光ユーザーなら勧誘話に乗ってソフトバンク光に乗り換えるのは悪い話じゃありません

ドコモやau、ソフトバンクでスマホと光回線の値引きが適用されると話題の格安スマホに引けを取らないくらい通信コストを削減することが可能です。

こちらの記事で試算をしていますのご参考ください。

格安スマホは本当に安いのか?試算してキャリアのプランと比較する

試算結果:月額料金

・格安スマホ+フレッツ光=9,290円

・ドコモスマホ+ドコモ光=10,650円

・auスマホ+auひかり=10,790円

・ソフトバンクスマホ+ソフトバンク光=10,790円

格安スマホ利用者、検討者もセットでお得

大手3大キャリアからの乗り換え、または2台持ち等で格安スマホを利用している人、または利用を検討している人はフレッツコラボとセットで揃えるとお得です。

今年5月からSIMロック解除が義務付けられるということもあり、多くの通信業者が格安スマホ(格安SIM)に参入してきました。そしてその中にはOCNやU-NEXT、ぷらら等光コラボも提供している業者も多数あります。

格安スマホは元々の基本料金が安いので値引き額はそれほど大きくありませんが毎月掛かる料金は少しでも抑えたいものですよね。

つまりは使っているスマホ、携帯がMNO(大手3大キャリア)、MVNO(格安スマホ提供業者9に限らず固定回線と合わせて利用することで確実に月額料金は安くなります。

逆に光コラボはモバイル回線と合わせての値引きを検討しないとほとんどお得じゃありません

乗り換えで損するケース

二度目になりますが光コラボの月額料金は別段安いわけじゃないのでモバイルと合わせて値引きをしないとほとんどお得感は得られません。手間がかかるだけです。

それ以外にも乗り換えることで損してしまうケースを紹介します。

工事費が発生するケース

フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えで違約金が発生することはありませんが工事費が発生してしまうケースがあります

工事費が発生する場合としない場合は基本的に現在利用しているフレッツ光のタイプによって変わってきます。

フレッツ光の中でも「フレッツ光ネクスト」、「ネクストハイスピード」等新しいタイプのフレッツ光を利用している場合は現地工事が不要で工事費が発生することはありません。

しかし「光プレミアム」や「Bフレッツ」等少し古いタイプのフレッツ光を利用している場合数千円~数万円の工事費が発生する場合があります。

※工事費はそれぞれ利用状況や申し込む会社によって変わってきます。

光プレミアム(100Mbps)から光コラボレーション(概ね1Gbps)に乗り換えると通信速度が速くなるというメリットはあるのでただ単に損するというわけではありませんが注意が必要です。

プロバイダの違約金、サービス等に注意

もう一つ注意したいことはプロバイダを移行する場合です。

例えば現在OCN光withフレッツ(プロバイダがOCN)からスマホとセットでお得という理由でソフトバンク光に転用するとします。

この際現在使っているOCNを解約することになるので解約月以外で転用してしまうとOCNに違約金を払う必要があります。

OCNに限らずほとんどのプロバイダは2年ごとの解約月以外で解約してしまうと違約金が発生してしまいます。

さらにプロバイダを解約するということは利用中のプロバイダのサービス、例えばメールアドレス等も利用できなくなるので注意してください。

OCNの場合「@ocn.co.jp」、yahooBBの場合「ybb.co.jp」等のメールアドレスは利用できなくなります。

しかし同プロバイダへの転用なら違約金も掛からずメールアドレスも利用出来る場合がほとんどです。

例えば「OCN光withフレッツ」から「OCN光」へ、「yahooBB光withフレッツ」から「ソフトバンク光」へ、

等の場合何一つ問題なく転用出来ます。

乗り換え特典を貰いたい人

光コラボレーションも徐々にキャンペーンを行ってきてはいますがフレッツ光からの転用の場合高額のキャッシュバックを得ることはほとんどありません。あってもせいぜい一万円くらいです。

フレッツ光からauひかりに乗り換えると違約金を還元してくれる乗り換えサポートがあってさらに数万円のキャッシュバックまでもあるのでソフトバンクのスマート値引き(月額最大2,000円引き)等を利用しない限り光コラボレーションに転用するよりauひかりに新規で申し込みした方が特になる可能性が高いです。

auひかりの新規申し込みキャンペーンを比較

まとめ

7478778984_fcca60f4eb_z
credit: kalleboo via FindCC

光コラボは今のところ乗り換えによる特典もあまりなく、単独で契約してもそれほど安くならないのでスマホとセット値引きが適用されない限りあまりオススメできるものではないです。

現在家族みんなでソフトバンクを使っている、ドコモを使っているならそれに合わせると得かなと思います。

が、通信の世界は変化が激しいので次またいつフレッツ光が値下げしてくるかわからないしauひかりも黙ってはないでしょう。なので今のところ新規申し込みのキャッシュバックが大きいauひかりがオススメかなと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。