インターネットを新規で申し込む時の選び方等

やさしくねっと.

自宅のインターネット回線の選び方と選ぶ際の注意点

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-Green21_hyuhyu20141123121153-thumb-1000xauto-17850

新春、引っ越しや入学、単身赴任等で自宅に新しくネット回線を契約したいと思う人は多いと思います。

私が初めてインターネットを利用するようになった頃はADSLが主流でそれ以外の選択肢はほとんどありませんでした。

しかし現代はそのADSLに変わる光回線が主流で、その光回線にもフレッツ光、auひかり、電力系の光回線等があり、さらに近年光コラボレーションというサービスまで生まれました。

そして現代は固定回線だけでなく無線が発達し、WiMAXやsoftbank air等無線タイプのインターネットも増えてきました。

そうなるともう何を選べばいいのか分からなくなりますよね。

本ページではこれから新規でインターネットを契約しようと思っている人、契約する予定の人のために自宅で使うインターネットの選び方と選ぶ際の注意点について解説します。

有線タイプか無線タイプかを選択する

インターネットは大きく分けて電柱から自宅まで直接配線をする有線インターネットと、配線工事が不要な無線タイプのものがあります

ちなみに室内の有線接続、無線(wi-fi)接続とは全く関係ありません。

ここでいう有線無線は屋外(下画像の赤い線)のお話です。wi-fiと呼ばれる無線接続は下画像の緑の部分の無線化を意味します。

有線インターネットの種類と特徴

一般家庭で利用されている有線タイプのインターネットは現在ADSLと光回線の2種類が主流です。それ以外を利用している家庭は1%以下ほどしかありません。

2016年現在光回線の契約件数は約2700万件となっており、大半の人が自宅の回線は光回線を選んでいます。

有線なので原則自宅まで配線工事を行う必要があります(下画像参照)。

工事

工事が必要なので工事日を工事業者と打ち合わせをして(申し込みの際にいつ工事をするかを決めます)立ち会わなければいけません。

現在ほとんどの家庭で通信速度が安定する光回線が利用されていますが、有線ケーブルを用いた通信なので地方の山奥等光回線が利用出来ないエリアも存在します。

その際は主に電話回線を利用したインターネット、ADSLが利用されます。

ADSL参考記事:ADSLのメリットとデメリット

有線インターネットの特徴

箇条書きすると、


    • 光回線は通信速度が速く品質も安定する
    • 回線の引き込み工事が必要
    • 光回線はエリア対象外の場合がある
    • 月額料金は5,000円前後
    • 最も利用者の多い自宅のインターネットは光回線


といったところです。

光回線は現在最も通信が安定していて多くの人に選ばれています。私の自宅でももちろん利用しています。

参考記事:光回線の種類と比較とお勧め

ちなみに関東地方であれば回線速度が非常に速く、月額料金もリーズナブル、さらにキャッシュバックまであるニューロ光が圧倒的にオススメです。

光回線のデメリット

通信速度が安定していて多くの方に選ばれている光回線ですが、デメリットが3つあります。

まず月額料金がそれなりに掛かること。

光回線にも種類がありますが、だいたい一戸建てのタイプで5,000円前後、マンションで3,000円前後の月額費用が毎月発生します。

二つ目は移動が出来ないことです。

スマートフォン等であれば外出していてもインターネットに接続することが出来ますが、光回線は自宅にいる時にしか使えません。

そのため自宅にほとんどいない人はあまり使わないけど毎月の料金は掛かってしまうわけです。

3つ目は回線の引き込み工事、解約する時は撤去工事に立ち合う必要があるところです。回線工事は1日数十分で済むものですが、単身で忙しいとこれが結構面倒です。

特に女性の単身だとちょっと不安だったりして、これが理由で後述する工事不要の無線のインターネットを選ぶ人も多いです。

一人暮らし、単身赴任等でネット契約を検討されている場合は下記ページもご参考ください。

1人暮らしにオススメなコスパの良いインターネット環境の提案

無線インターネットの種類と特徴

無線タイプのインターネットは現在たくさんの種類のものがあります。

自宅で利用することが目的の代表的なものにはポケットWi-Fi等と呼ばれるUQコミュニケーションズが提供するWiMAXやドコモやソフトバンクが提供するデータ通信用モバイルルーター、そしてソフトバンクが提供する純粋に自宅のインターネット用として使われるsoftbank air(ソフトバンクエアー)があります。

下画像がWiMAXを利用する際に使われるモバイルルーターと呼ばれる機器です。

この機器でインターネットを受信して、自分が持っているスマホやパソコン等を無線でインターネットに繋ぐようになります。

スマホ、携帯のように電池が内蔵され充電して使うため屋外に持ち出して使うことが出来ます。

wimax2

下の画像はsoftbankairのエアーターミナルと呼ばれる機器です。こちらも無線でインターネットを受信して手持ちのスマホやパソコンを無線で繋ぎます。こちらは自宅専用なので電源ケーブルを指す必要があります。

softbankair-300x300 (1)

 

無線インターネットの特徴

箇条書きすると、


    • 持ち運びが出来る(自宅専用のsoftbank air以外)
    • 通信規制があるものが多い(3日間で3GBまで等)
    • 対象エリアが広い
    • 無線なので工事が不要
    • 月額料金は3,000円~5,000円程度
    • 通信速度が安定しないことがある


といった特徴があります。

無線タイプのインターネットは光回線と比べると安価に利用できて持ち運びも出来ますが、通信規制があったり速度が不安定だったりします。

そのため自宅でガッツリインターネットを利用する人よりも、基本的に自宅でネットはあまりしない人に選ばれています。

無線インターネットのデメリット

最大のデメリットはやはり通信規制があることと通信速度が安定しないことです。無線のインターネットとして最も人気のあるWiMAXは3日間で3GBの通信規制があります。

さらに電波なので壁などの障害物に弱く、場所によっては通信環境が非常に安定しないことがあります。

なので自宅で動画をよくみたりオンラインゲームをするという人には向いていません。

光回線と比較してやや安いことが多いですが、大きな差はないので回線の引き込み工事が出来ない場合や持ち運びをしたいという人以外には光回線がお勧めです。

無線のインターネットについてはこちらをご参照ください。

社宅や寮で光回線の工事が出来ない時に使うべきネット回線

自宅専用で使う場合は光回線を選ぼう

無線と有線どちらを選ぶべきか?

をまず始めに決めるわけですが、基本的に自宅で快適にインターネットを使いたいという場合は有線のインターネット(光回線)を選ぶべきです。

というのもWiMAXを始め無線インターネットは月額料金がやや安いイメージがありますが、実際はそれほど変わりません。

例えばWiMAXの月額は4,380円ですが、光回線は現在一戸建てタイプでも5,000円前後、マンションタイプで4,000円前後のものが多いです。

金額が大きく変わらないので自宅でしか使わないなら速度制限がなく、安定的な光回線を選びましょう。

自宅でライトに、外でも使いたいなら無線タイプ

外出時にノートパソコンやタブレット等でガシガシネットを使いたい場合は持ち運びが出来る無線タイプのインターネットを使いましょう。

その中でも現在特におすすめなのがWiMAXです。

WiMAXは価格も安く、通信速度も速く安定的です。私も利用しています。

参考記事:評判が良かったso-netのWiMAXを契約してみたので申込方法等解説

ただ、WiMAXを始めとする無線タイプのインターネットは通信制限があったり、電波環境によって回線速度が遅くなったりしやすいです。

自宅でヘビーにネットを使いたい場合はやはり光回線を選ぶべきです。

 

光回線はどれを選ぶべきか?

では光回線を契約したい場合どれを選ぶべきか?

という話になりますが、基本的に通信速度や月額料はどれもそれほど変わらないのでどれを選んでも問題ありません。

ただ以下の2点に注意して選ぶとお得にインターネットを利用することが出来ます。

今使っているスマホに合わせよう

今使っているスマホ、携帯がau、ソフトバンクの場合自宅のインターネット、光回線をそれぞれauひかりソフトバンク光、ドコモ光にするとセット割引がされる可能性があります。

詳細はそれぞれリンクをクリックして確認して頂けたらと思いますが、簡単に説明するとau、またはソフトバンクのスマホを5GBプランで利用していると月額料金が1,500円程度値引きされるというイメージです。

ソフトバンク光ってどう!?月額料金や話題のスマート値引きを考察

auひかりって結局どうなのよ!?特徴と評判をまとめる

ドコモ光はシェアパックからの割引もあり単体契約での割引は少し小さいです。

ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説

毎月1500円も割引があるということは年間18,000円分お得に利用出来るということですからむしろこの割引きを利用しないと損しちゃいます。

新規特典、キャッシュバックを貰おう

インターネットを新規で申し込みをする場合、特典としてパソコンが貰えたりキャッシュバックを得ることが出来たりします。

家電量販店等でも最近は縮小傾向にありますがまだまだキャッシュバックキャンペーンを行っていますよね。

特にインターネットから申し込みをすると家電量販店よりも大きな特典を得られることがあります。

キャッシュバック狙いならauひかりが断然オススメ

一昔前はフレッツ光を契約すると5万円以上の商品だったりキャッシュバックがよくあったんですが、最近のフレッツ光はせいぜい2万円程度の特典となっています。

フレッツ光の新規申し込みキャンペーンおすすめランキング 2016

これはNTTがフレッツ光の直接販売を縮小して光コラボレーションを強化していきたいという狙いなんですが、その光コラボレーションもまだまだ大きなキャンペーンを行っていません。

光コラボレーションとは?

光コラボレーションとはこれまでNTTが提供していたフレッツ光を他の通信事業者に卸売りし各通信事業者(ドコモ、ソフトバンク、OCN、so-net等)が再販し提供している光回線サービスのことです。

代表的なモノにドコモ光、ソフトバンク光、OCN光、so-net光、ビッグローブ光等があります。

結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較

しかしauひかりはオプションなしで3万円以上のキャッシュバックが得られるキャンペーンがあったりと、新規申し込み特典は別格に大きいです。

さらにauひかりはauのスマホとセットで値引きされるスマートバリューもあるので現在auを利用しているには特にオススメです。

誇大広告に騙されないように注意!

フレッツ光、auひかり、光コラボレーション等、インターネットの新規申し込みでキャッシュバック等のキャンペーンを行っているものは多いです。

その中には、

「キャッシュバック10万円!」のようなものや、

「13万円以上もお得に使える!」のような広告を目にすることがあります。

これら高額過ぎる特典を売りにしている販売店、販売サイトはそのキャッシュバックを得る条件が非常に厳しかったりします。

例えば、

「新規契約1万円+オプション加入3万円+即時申込限定3万円+友達紹介3万円~」

のような内訳で、普通に契約すると1万円分の特典しか受けられなかったりということがよくあります。

さらにキャッシュバックを受け取る期間が10カ月後で定められた期間(1週間程度)も短く取り逃してしまうケースもあります。

特に10万円を超えるような高額キャッシュバックを謳っている販売サイトには注意してください。

auひかりのキャンペーンに関しては安全な販売サイトをまとめているので検討される方はご覧ください。

auひかりの新規申し込みキャンペーンの比較と注意点

回線速度を求めるならニューロ光がおすすめ(関東限定)

関東地方(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)に限られますが現在大手プロバイダ業者であるso-netが通信速度下り2Gbpsの光回線を提供しています。

フレッツ光やauひかりが1Gbpsなので単純に2倍程度の速度が期待できます。

また、ニューロ光は速度が速いだけでなく、月額料金も4,743円とフレッツ光やauひかりよりやや安価な価格設定となっています。

更に新規申し込みキャンペーンでキャッシュバックも行っているので、通信速度関係なく実はお得だったりします。

対象エリアが関東地方に限られているのが残念ですが、非常におすすめです。

⇒オプション不要でキャッシュバックが得られるニューロ光の販売店はこちら

 

インターネットの基本 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。