softbankair

工事不要の固定回線 softbank Airは買いなのか?料金比較、評判等をまとめる

最近はヤマダ電機やヨドバシカメラなどの家電量販店等でもおすすめされているsoftbank Air(ソフトバンクエアー)。

無線タイプのインターネットであるソフトバンクエアーは、

  • 初期工事が不要(もちろん工事費も不要)
  • 開通工事なしですぐに使える
  • 更にソフトバンクスマホ割で安く使える!

等が売りで販売されています。

しかし実際のところどうなのか?

「回線速度は問題ないのか?」

「固定回線(ソフトバンク光やドコモ光)に比べてお得なのか?」

気になるところだと思います。

本ページではネットでも話題になっているソフトバンクエアーについて料金プランや回線速度の評判等についてわかりやすく解説します。


⇒Softbank Airの公式サイトはこちら

softbank Air概要

softbank Airは公式ホームページをご覧頂くと分かりますが、配線工事等全く必要がない置くだけで繋がるインターネットです。

下の画像の機器にACアダプタ(電源ケーブル)を繋いで電源を入れるだけでWi-Fi環境が構築出来ます。

ちなみに通信速度は下り最大261Mbps(一部地域のみ対応)です。初期のフレッツ光が50Mbpsだったことを考えるとかなり速いです。

利用環境によって変わってくると思いますが自宅回線用ということもありある程度快適なネット環境が期待できます。

※画像はソフトバンクより

ターミナル2

月額費用は下記の通り。

Airターミナル2の月額料金表

プラン名
基本月額料
機種代
1~24カ月目
(分割払い)
3,800円 実質0円
(月月割によって実質無料)
25カ月目以降
(分割払い)
4,880円
1~24カ月目
(レンタル)
4,290円 レンタル料月額490円
(左は含まれています)
25カ月目以降
(レンタル)
5,370円

※加入から約2年間は特典による割引があります。

⇒公式サイトで月額料金を見てみる

機器の分割払いとレンタルプランがある

softbank Airは機器を分割購入するか、レンタルするかを選択できます。

上の表の通り、レンタルの方が高いです。

というのも分割購入した場合はsoftbankの月月割が適用されるため、途中解約しなければ実質機器代の負担は0円になるからです。

月額1,620円の分割代金を36カ月間月月割で同額割引されて実質0円になるイメージです。

「分割代金1,620円-月月割1,620円=0円」

支払い期間は36カ月なのでその期間使い切るつもりで契約するなら断然分割購入で契約する方がお得ですね。

ただし分割購入した場合支払い途中で解約すると違約金とは別に分割払いの残金を支払う必要があるのでご注意ください。

違約金についての詳細は後述します。

レンタルの場合は毎月レンタル料金を支払う形になります。購入しているわけではないので解約時に機器代金が請求されることはありません。

工事不要で設定が簡単

softbank Airの最大の売りはなんといっても使いやすさです。

使い方は本体にACアダプタ(電源ケーブル)を接続して電源を入れるだけ。後はインターネットを接続したいパソコンやスマートフォン等でアクセスキーを入力するだけ。説明書を読めばきっと誰でも3分足らずで出来る作業です。

実際に契約して設定してみましたが、1分ほどで設定が出来ました。

光回線等の場合、工事が完了してもルータ等の設定をしないとインターネットが使えません。Wi-Fiを使いたければその設定も必要です。

なのでこのsoftbankAirは「インターネット、wi-fiの設定なんか分からない」という方にもかなりおすすめ出来ると感じました。

(※重要)違約金、解除料金について

Softbank Airはソフトバンクの携帯電話と同じように2年間の自動更新となっています。

例えば1月に機器が届き料金が発生するようになったらそれを起点に24カ月後の12月(丸2年の前月)が更新月となり、その月に解約しないと9,500円の解除料金が掛かってしまいます。

自動更新なので解約する際はこちら(契約者側)から申し出をする必要があります。

さらに「機器を分割で購入した場合」は契約している間は月月割(airターミナル2の場合1,620円×36カ月、標準ターミナルの場合1,404円×36カ月)で相殺され費用は発生しませんが、36ヵ月以内に解約すると分割支払いの残金を支払う必要があります。スマホと同じようなイメージです。

解約時の費用の具体例

【例1:分割プランで2年間(24カ月)の解約月に解約】

解約月の解約なので違約金は発生しませんが、airターミナルの分割代金残り12カ月分(約1.5万円~2万円)支払う必要があります

 

【例2:分割プランで3年間(36カ月)で解約】

36カ月の利用で分割代金は支払い終わっているので分割代金は残っていませんが、解約月以外の解約となるので違約金9,500円が発生します。

つまり違約金と分割代金の残額支払いどちらも発生しない解約タイミングは利用から4年(48カ月)経過した解約月となります。

分割プランで購入した場合、4年使わないと解約時にお金が掛かってしまいます。

ご注意ください。


 

「レンタルプラン」の場合月額490円のレンタル料が掛かってしまいますが解約時に費用が発生しないので解約月なら0円、解約月以外でも9,500円で解約出来ます。

長く使うか分からない、試しに・・・という場合の方が多いと思いますので多少高くてもレンタルをお勧めします。

レンタルから途中で買い取りへの変更は原則出来ませんが、キャンペーンでプラン変更が出来ることがあります。

softbankAirのオプションサービス

softbank Airには10種類以上のオプションサービスを付帯することが出来ますが、正直あまり必要性を感じないものが多かったりします…ソフトバンクは通信以外にも手広くやりたいらしく、食材宅配や野菜宅配、健康管理サポートなんてのもあります。

もし興味ある方はこちらをご参考ください。

それら生活サポート系のオプションはあまり必要性を感じませんが、以下の2つのオプションは必要に応じて検討すべきかと思います。

1.BBセキュリティ(月額570円)
その名の通りウイルス対策ソフト。1ライセンスに付き3台まで

2.BBサポートワイドプラス
電話やリモートサポートでインターネットのトラブル等を相談できる。また機器の故障(落下、水濡れ、落雷等)の際に修理交換料金が不要

最も重要なサービスは機器の補償ですね。softbank Airの端末価格は税込で約6万円なので万が一壊してしまったらその分を負担しなければなりません。

BBサポートワイドプラスを付帯しておけば水濡れ、落雷、盗難等の被害にあっても補償してくれます。

この中で気を付けなければいけないのは水濡れと落雷ですね。特に落雷によって電子機器が破損することはよくあります。サポートワイドに加入しない場合は雷サージ付タップ等を利用すると安心です。

 

対象エリアはやや狭いが、入らなければ解約が可能

softbank Airはソフトバンクの関連会社であるWireless City Planning 株式会社の通信網を利用しているようです。

なのでsoftbank Airの対象エリアは下記サイトから確認出来ます。

WIRELESS CITY PLANNING提供エリアマップ

画像は関東地方の対象エリアマップです(画像は110Mbps対象エリアです)。

softbank airエリア

エリアに関しては正直やや狭いです。

なので特に地方在住の場合はしっかりエリア確認することをお勧めします。

詳しくは後述しますが、契約後に実際使ってみて電波が入らないという場合はすぐに手続きを行えば違約金等掛けずキャンセルすることが出来ます。

その点はご安心ください。

光回線、WiMAXと価格を比較

ここで他のインターネットと価格を比較してみます。

softbank Airの最も安いプランはスタンダードプランの分割払いで3,800円です。

1.光回線と比較

光回線といっても様々あります。代表的な物を上げると下記の通りとなります。

・ドコモ光

(1)一戸建て 5,200円

(2)マンション(プラン1) 4,000円

これに工事費18,000円(分割払い可)の負担があります。

・ソフトバンク光

(1)一戸建て 5,200円

(2)マンション 3,800円

・auひかり

(1)一戸建て 5,100円

(2)マンション 3,800円

双方これに加え工事費の負担があります。

それぞれ表にすると下記の通りです。

回線名 月額料金 工事費
ドコモ光
(ホーム)
5,200円 18,000円
ドコモ光
(マンション)
4,000円 15,000円
ソフトバンク光
(ホーム)
5,200円 24,000円
ソフトバンク光
(マンション)
3,800円 24,000円
auひかり
(ホーム)
5,100円 37,500円
auひかり
(マンション)
3,800円 30,000円
ソフトバンクエアー
(分割支払い)
3,800円 工事不要
ソフトバンクエアー
(レンタル)
4,290円

どの光回線も似たり寄ったりですが、基本的に一戸建てならsoftbank Airが安く、マンションなら工事費が掛からない分やや安いか同じくらいという結果になりました。

2.WiMAXと比較

続いてWiMAXと比較してみます。月額費用は下記の通り。

(1)契約から最大3ヶ月間 3,696円

(2)2年契約で4,380円

 

本体分割払いの場合、softbankAirは2年間まで月額3,800円なので、WiMAXと比べてやや安いです。レンタルの場合はだいたい同じくらいですね。

※WiMAXの詳細を知りたい方はこちらのページをご一読ください。

softbank Airのメリットとデメリット

ここまでソフトバンクエアーの料金プランや対応エリア等概要について解説してきました。

ではこれを契約するメリットはあるのでしょうか?またデメリットは?

先にまとめると、softbank Airは光回線(ソフトバンク光等)と比較して下記のようなメリット、デメリットがあると実際利用してみて感じました。

メリット 工事が不要のため、
1.申込から3日程度で利用が可能。
2.工事の立ち合いが不要。
3.解約、引越しも手軽。
無線タイプのため、
1.場所が限定されない(電源は必要)。
2.利用開始と同時にWi-Fiが利用可能に。
デメリット 無線のため電波の悪い地域では回線速度が不安定になりやすい。
回線の安定性が光回線に劣る。
特に利用台数が多いと差が出るかも。

工事不要というメリットは大きい

softbank Airの特筆すべき利点は工事が必要ないということです。

これは多くの人にとって魅力的に感じるポイントで、softbank Airに人気がある大きな理由であると言えるでしょう。

工事が必要ないため申込をすれば機器が届き次第(2~3日程度)で利用することが可能です。工事が必要な光回線の場合早くても2週間程度は掛かります。

また、光回線は屋内工事を行うため、契約者の立ち合いが必要になりますがsoftbank Airはもちろんその必要はありません。

「転勤が多くて毎回回線工事が煩わしい」

「ネットをすぐに使えないと困る」

という人に最適ですね。

無線タイプなので設定不要で自宅がWi-Fiに

回線工事不要!電源を入れるだけで自宅でWi-Fiが使えるネット回線とは?で詳しく解説していますが、softbank Airのもう一つの大きなメリットの一つに無線タイプの回線であるというのが挙げられます。

無線タイプのインターネットには、

1.インターネットの初期設定が不要

2.Wi-Fiの設定が不要

という特に初心者の方には優しいメリットがあります。

ソフトバンク光等の光回線は通常契約して工事が完了してもすぐにネットに繋ぐことが出来ません。インターネットの初期設定が必要です。

また、自宅でWi-Fiが使いたくてもオプションで無線LANカードを契約するか、自分でWi-Fiルーターを用意する必要があります。

関連記事:自宅をWi-Fi対応する3つの方法

しかしsoftbank Airの場合、電源を入れるだけでWi-Fiを発信している状態になるので、後はスマホでパスワードを入力するだけでインターネットが利用できます。

インターネットの設定が分からない、Wi-Fiのやり方が分からないという人にってこの点は大きなメリットであると言えるでしょう。

ソフトバンクのおうち割でスマホ代が安くなる!

ソフトバンクユーザーはおうち割があるので月額最大1,000円引きで利用できます。

表はスマホのプラン、台数ごとの割引額となります。

モバイル契約の種類
1台利用
2台利用
3台利用
4台利用
50GB、20GB、5GB 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円
3Gケータイ 500円 1,000円 1,500円 2,000円

おうち割はソフトバンク光にも適用されます。

月額料金はsoftbankairの方が若干安くなりそうですが。

ソフトバンク光ってどうよ!?月額料金や話題のスマ割を考察

是非ご検討ください。

デメリットは回線の安定性か

softbank Airを始め、無線タイプのインターネットは光回線等の有線インターネットに比べて回線が安定しないというデメリットがあります。

特に電波環境が悪い場所では回線が不安定になることが多く、速度も遅くなってしまう可能性が高いです。

ただ、この点に関しては光回線だからと言って必ず安定しているわけではないので、必ずしも安定性が劣っている、とは言い切れません。

※申込をして使ってみて電波が悪い場合、一週間以内程度であればキャンセルすることが可能です。違約金なども掛かりません。

現に光回線でも「遅い」、「繋がらない」という意見はネット上でよく見られます。

ソフトバンク光の評判を見てみる

私は昨今の光回線の不安定さを懸念して、現在自宅では光回線を利用しておらず、softbank AirとWiMAX(いずれも無線タイプ)を利用しています。

ただ、回線速度のベストエフォート(理論上の最速値)は光回線の方が圧倒的に速いので、回線速度は光回線よりも劣っている、と考えるべきでしょう。

回線速度と評判

工事不要で設定も簡単、月額費用も比較的安く魅力的なsoftbank Airですが、気になるのはやっぱり回線の速度ですよね。

softbankの公式ホームページによると回線速度はエアーターミナル2は一部地域のみ下り最大261Mbps、基本的には110Mbpsとなっているようです。

ただ、今多くの人が使っているソフトバンクのLTEとは最大通信速度が違い、速度制限の明記もありません。

※速度制限を行う可能性はあるとの表記はあります。

評判はどんな感じ?

twitterから速いという意見、遅いという意見を抜粋してみました。

実際のところ「速い」という意見もあれば「遅い」という意見もあり、やはり光回線に比べて安定性は劣るようです。

無線タイプのインターネット(LTE)は周りの電波状況や天気にも左右されるので常時安定的なネット環境が求められる場合はめんどくさくても光回線にした方が良いでしょう。

ちなみにインターネットの通信速度は動画をよく観る人であれば10Mbps以上、ネット閲覧が主な使い方の人は5Mbps前後あれば快適に使うことができます。

関連記事:ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるか

実際にsoftbank airを1年以上使ってみた感想

サイト管理人である私は実際にソフトバンクエアーを契約して、1年以上経つ現在も利用しています。

通信速度に関してはやはり良い時もあれば遅い時もあるといった印象で、やはり利用者の多い時間帯は遅くなってしまうことが多いです。

※下の画像は契約して間もない頃(2016年3月)に測ったものです。

下り30Mbps以上出ているので非常に快適に使えています。

Screenshot_2016-03-11-18-41-34

 

※下の画像は2017年10月に測ったものです。

時間帯は22時前後、雨ということもあり最も悪い条件ということもあり2.4Mbps程度しか出ていません。しかしこれくらいの速度があればパソコンでのアニメ動画の視聴くらいは問題なく出来ます。

1年以上使ってみて、「遅い」と感じる時もありますが、現状では比較的安定的に通信が行えるので使い続けています。

しかし家族で利用したり、オンラインゲームやデイトレード等、シビアなネット環境が求められる環境には向かないと感じます。

 

詳細は下記ページにまとめています。ご参考ください。

softbank Airを契約してみたので設定方法の解説と速度等の感想を書く

家族で使うならやっぱり光回線がおすすめ

これまで解説してきた通り、ソフトバンクエアーは無線タイプのインターネットのため、光回線に比べて通信速度が劣ります。

それでも一人で使う分には問題ありませんが、家族で同時にインターネットを利用すると速度に不満を感じることが予想されます。

一人で使う場合、5Mbps程度あればほぼ問題なく快適にネットを楽しむことができますがパソコンやスマホ、タブレットを2~3台以上同時に接続して使うには厳しい速度です。

使用する頻度や用途にもよって変わってきますが、家族でネットを利用する場合はやはり光回線を選択することをお勧めします。

ソフトバンク利用者の方はソフトバンク光を契約するとおうち割が適用されて安く利用出来るのでお勧めです。

参考記事:自宅のインターネット回線の選び方と選ぶ際の注意点

契約して「遅い」場合は初期契約解除でキャンセルが可能

意外と知られていませんが、現在ネット回線の申し込みは初期契約解除制度に基づき8日間以内であれば契約の取り消し(キャンセル)を行うことが出来ます。

※下の画像はSoftbank Air公式サイトの重要事項詳細(PDF)からの一部。

契約して利用してみて、「遅くて使い物にならない」という可能性は電波環境などによって無きにしもあらずです。

その場合はすぐに解約手続き(電話)をすれば違約金等不要で解約することが出来るので安心です。

※ただし契約時の事務手数料(3,000円)は返ってきません。

悪質な勧誘に注意

ソフトバンクエアーは現在代理店販売を行っており訪問販売、電話勧誘が増えています。

その多くはソフトバンク社ではなく代理店、販売店で中には非常に悪質な勧誘をしているケースがあります。

ソフトバンクエアーはソフトバンク社の公式サイトから申し込みが可能なので、自分でよく考えてメリット、デメリットを把握した上で申し込みを行いましょう。

電話勧誘による、

「料金が安くなる」

「今だけ高額キャッシュバックが得られる」

等のうまい話には乗らないようにしましょう。

たくさんのオプションを契約させられて支払いが逆に高くなることもよくあります。

ソフトバンクエアーはこんな人にオススメ

softbank Airは工事不要、電源さえあればどこでもインターネットに繋ぐことが出来ますが、あくまで固定回線という扱いのため契約した住所でしか使用出来ないようになっています。

※機能制限があるわけではないようですが規約で決まっています。

よってsoftbank Airはモバイル回線ではなくADSLや光回線等の固定回線に置き換わる物なので、

1.立地や土地の問題で光回線工事が難しい場所に住んでいる人

2.引っ越しが多くて工事が煩わしい、女性の一人暮らしで工事業者に家に入られたくない等の理由で回線工事を避けたい人

3.光回線エリア外だけどソフトバンク回線は良好で高速インターネットが使いたい人

4.自宅をWi-Fiにしたいけどやり方がよくわからないという人

5.ソフトバンクのスマホを使っている人(おうち割があるため)

のような方におすすめです。

⇒Softbank Airの公式サイトはこちら

Softbank Air

【お問い合わせ】

SB光/Air

0120-981-072
受付時間:午前10時から午後9時

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。