ワイモバイル

ワイモバイルのガラケーはどう?お得な使い方/購入方法を紹介

スマホが主流になった現在も、ネットはタブレットを使い、通話はガラケーの2台持ち派の人や、子供にガラケーを持たせたいと考えている人もたくさんいます。

ガラケーは大手キャリアでも低価格で契約できますが、格安SIMならさらにお得に運用することができます。

格安SIMの中でも人気が高いワイモバイルにはガラケーのラインナップも豊富です。

今回はワイモバイルのガラケーについて価格やプランを詳しくご紹介します。

お得な使い方や購入方法についてもご紹介していきますので、格安SIMでガラケーを使いたいと考えている方はチェックしてみてくださいね。

ワイモバイルでガラケーを持つならこのプラン

ワイモバイルのガラケーでは以下の2つのプランがオススメです。

  • ケータイプランSS
  • スマホプランS

それぞれのプランの料金と概要は以下のとおりです。

プラン料金備考
ケータイプランSS934円・1時~21時までワイモバイル/ソフトバンク宛の通話が無料
・データ通信は0円~4,500円の従量課金(2.5GB以降低速化)
スマホプランS1,980円
(2,980円)
・1回10分以内で何度でも通話無料
・2年間3GB/月(以降1GB/月)

ケータイプランSSは使った分だけお金のかかる従量課金制なので、ネットを多く使う人には不向きなプランになります。

逆に言えばあまりネットを使わない人であればお得に利用できておすすめです。

それぞれのプランの特徴を以下で詳しく解説していきます。

ケータイプランSS+スーパーだれとでも定額話し放題に

ケータイプランSSは1時~21時までは電話無料になります。しかし無料になるのはソフトバンクまたはワイモバイル宛になるので注意が必要です。

また、「スーパーだれとでも定額」という月額1,000円のプランを組み合わせるといつでも誰に掛けても通話が無料になります。

このオプションを付けても月額1934円です。

大手キャリアでガラケーをかけ放題で契約すると大体3,000円程度にはなるので、比較すると約1,000円ほどお得に使えます。

ただし従量課金制でネットを使いすぎると料金が膨らんでしまうので要注意。

ネットはあまりせず、電話オンリーでかけ放題にしたい方向けのプランです。

タブレットやスマホなどとの2台持ちの方にもオススメです。

他サービスと組み合わせるならスマホプランS

ワイモバイルにはおうち割・家族割などのお得な割引サービスがあります。

このサービスはスマホプランSには適応されますがケータイプランSSには適応されません。

例えば家族でワイモバイルに揃えて家族割を適応させたい場合、スマホプランSにしていれ月500円の割引が適応されるので1年間月々1,480円で運用できます。

ネットを全く使わないという場合は割引が適応されなくてもケータイプランSSの方がお得かもしれません。

ですがネットをある程度使用するのなら、かけ放題オプションをつけてもスマホプランSで月額2,480円となります。

+500円程度でネットが3GB使えることになるので、場合によってはスマホプランSの方がお得になるケースもあります。

このように、他のサービスと組み合わせてお得に使えるのなら、割引が適応されるスマホプランSがオススメです。

2年目からはワンキュッパ割の適応が終わり、1,000円上がってしまうため注意しましょう。

「家族割でガラケー無料」は不可

家族割ではガラケー向けプランの「ケータイプラン」だと基本料金が無料になります。

しかしこのケータイプランは2018年3月末日で新規申込みを終了しているので、これから申し込むのは不可能。

ガラケーを最安プランで持ちたい場合はケータイプランSSで934円で持つことになりますが、それでも十分お得です。

他のキャリアガラケーなどと比べても圧倒的に安いので、コスパの高いガラケーを探しているかたにはオススメです。

おすすめのガラケー機種

ワイモバイルで購入できるガラケー機種は6種類あります。

中でもおすすめなのはSimply

Simplyは名前通りシンプルな見た目と機能が特徴です。

通話の音質が抜群で、電話に特化したシンプルな機種となっています。

電話以外の無駄な機能は要らない、とにかく電話機であればOKという方にオススメ。

電話以外のカメラやメール機能などが欲しいという場合は他の機種でもいいのですが、他の機能にこだわるのであればガラケーではなくスマホにするという選択肢もあります。

ワイモバイルではお得なスマホ機種も沢山用意されていますので、安くスマホデビューすることも可能です!

まとめ

ワイモバイルはガラケーもお得に使えるプランが用意されているので、2台持ちの方やガラケー派の方にもとてもオススメです。

格安SIMは通話品質が低いものもありますが、ワイモバイルは比較的評価も高く通話品質が良い部類に入ります。

ガラケーの携帯料金を出来る限り安く抑えたいと考えているなら、ワイモバイルを検討してみましょう。

>>ワイモバイル公式サイトはこちら

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください