ネットワークの基本

Wi-FiルーターだけあればWi-Fi接続は可能?わかりやすく解説します

スマホで動画を見たり、ゲームをするときにはWi-Fiがあると安心です。なぜなら、動画やゲームなどではデータ通信を使ってインターネットに接続するのですが、契約しているスマホのプランでは上限のデータ通信量を超えてしまうことがあるからです。

上限のデータ通信量を超えてしまうと、1ヶ月間は通信が遅くなってしまい、動画やゲームの通信がしづらくなってしまいます。

しかしWi-Fiに接続すればデータ通信量を使わずに通信ができるため、通信が遅くなる心配をせずにゲームや動画を楽しめるのです。

そこでよくある疑問が、「Wi-FiルーターだけあればWi-Fi接続はできるの?」というもの。Wi-Fiルーターとは次の画像のようなものです。

Wi-Fiルーター

この記事では、Wi-FiルーターだけでWi-Fi接続ができるのかを分かりやすくお伝えします。

おすすめのインターネット回線を先に知りたい方はこちらからお読みください。

ねとみ
ねとみ
この記事を読めば、Wi-Fiを使うために何をするべきなのかが分かりますよ。

結論:Wi-FiルーターだけではWi-Fi接続はできない

結論から言うと、Wi-FiルーターだけではWi-Fi接続はできません。

Wi-Fiルーターとは別名で「無線LANルーター」のことで「インターネットに無線で繋ぐための装置」です。

有線でインターネットを使う場合、LANケーブルとパソコンを接続します。

しかし有線だと、LANケーブルと繋がっていないとインターネットが使えません。

ねとみ
ねとみ
そこでWi-Fiルーターを使うことで、「無線でインターネット接続できる=Wi-Fi接続ができる」ってことなんですね。

インターネット接続するにはインターネットの契約が必要

インターネットに接続するにはインターネットの契約をしなくてはなりません。Wi-Fiルーターだけあるという状態は、例えるなら自宅で電気の契約をしていないのに電灯を点けようとしているのと同じです。

つまりWi-Fiに接続してインターネットを使うには、Wi-Fiルーターとインターネット契約の二つが必要なのです。

この記事でWi-Fiの設定ができるようになります
初めてでも簡単!自宅のパソコンをWi-Fi接続する方法【やさしくねっと.】では「Wi-Fiとかよくわからない」「調べてみたけどルーターとか全然わからない」という人向けに、簡単にパソコンをWi-Fi接続する方法を解説します。...

Wi-Fiを受信する機器が必要

もちろん、Wi-Fiを使ってインターネット接続するためにはWi-Fiを受信できる機器が必要です。

スマホやパソコンにはWi-Fiを受信できる機器が内蔵されています。例えばガラケーや古いデスクトップパソコンなどはWi-Fiを受信できる機器が内蔵されていないため、Wi-Fi接続はできません。

Wi-Fiを使うために契約するべきもの

前の章では、Wi-FiルーターだけではWi-Fiは使えず、インターネットの契約が必要であることをお伝えしました。

インターネットを契約すると言ってもさまざまな種類があります。そこでどんな人が何を契約するべきなのかをまとめました。

自宅でネット接続するなら:光回線
工事が難しい住居なら:ホームルーター
外出先で使いたいなら:モバイルWi-Fiルーター

詳しく見ていきましょう。

自宅でネット接続するなら光回線

光回線は「光ファイバー」を自宅に引き込んで使います。光回線を契約する場合、Wi-Fiルーターが必要です。

光回線のメリットは次の通りです。

  • 通信が安定していて早い
  • 通信制限がない

光ファイバーは世界で最も通信速度が早い回線です。また光ファイバーを自宅まで引き込むため、非常に安定しています。

さらに、光回線はどれだけ通信をしても通信制限がありません。そのため、自宅で家族みながインターネットを使う場合は光回線がおすすめです。

一方で、光回線にはデメリットもあります。

  • 料金が割高
  • 工事が必要
  • 引越しのたびに工事費用がかかる可能性がある

まず、光回線は他のインターネット契約に比べると料金が割高です。マンションと戸建てで料金が異なる場合が多いですが、平均すると毎月約5,000円ほどかかります。

また光ファイバーを引き込むために工事が必要です。そのための工事必要がかかるほか、引越しをしたら再度工事費用がかかる可能性があります。

ねとみ
ねとみ
そのため、引越しが多い人には光回線はおすすめできません。
無線LAN構築の図
これでわかる!光回線でWi-Fiを使う方法「Wi-Fiを使えるようにしたいんだけど、何から始めたらいいんだろう?」 「Wi-Fiの設定って一人でも大丈夫?」 「ネットの接続っ...

工事が難しい住居ならホームルーター

Wi-Fiを使うのに工事が難しい場合は、「ホームルーター」の契約をおすすめします。ホームルーターとは次の画像のようなものです。

ホームルーター

ホームルーターのメリットは次の通りです。

  • 工事なしで使用できる
  • モバイルルーターより通信が安定している

ホームルーターは光回線と違い、工事の必要はありません。その分、安定性や速度は光回線に劣ります。しかし、コンセントに接続して使うので電気が安定して供給され、後述のモバイルWi-Fiルーターよりも通信が安定しています。

一方、ホームルーターのデメリットは次の通りです。

  • 持ち運びができない
  • 近隣の使用状況で通信が遅くなる場合がある
  • プランによってはデータ通信制限がある

まず、ホームルーターはコンセントに接続して使うため、持ち運びができません。

また、ホームルーターは近隣でも同じ回線を使っている場合、時間帯によっては通信が遅くなることがあります。

さらに、光回線とは違いプランによってはデータ通信制限があります。データ通信量が多い家族にはホームルーターはあまりおすすめできません。

置くだけWi-Fiルーターのメリット&デメリットを解説
置くだけWi-Fiルーターとは?メリットとデメリットを解説置くだけWi-Fiという言葉は聞いたことがあるけど、どんなサービスかは良くわからない、という方も多いのではないでしょうか。 置くだ...

外出先で使えるモバイルWi-Fiルーター(ポケットWiFi)

モバイルWi-Fiルーターとは、次の画像のようなものです。

モバイルルーター

モバイルWi-Fiルーターのメリットは次の通りです。

  • 外出先でもWi-Fiが使える

モバイルWi-Fiルーターは、その名の通り持ち運びできるWi-Fiルーターです。光回線やホームルーターのように線で接続する必要がないため、外出先でもWi-Fiが使えます。

一方、モバイルWi-Fiルーターのデメリットは次の通りです。

  • 充電が必要
  • 電波状況によって通信が不安定になる
  • プランによってはデータ通信制限がある

モバイルWi-Fiルーターは充電式のルーターです。充電が切れてしまうとWi-Fi接続できなくなってしまいます。

また山間部や通信が混雑している場所など、通信速度が電波状況に左右されることも。さらにホームルーターと同様に、プランによってはデータ通信制限があります。

ねとみ
ねとみ
出先でもWi-Fiを使いたい人にはモバイルWi-Fiルーターがおすすめです。
ポケットWi-Fiとは
ねこでもわかるポケットWi-Fiとは?失敗しない選び方とおすすめまで解説ポケットWi-Fiという便利な商品をご存知でしょうか? きっと多くの人が、 「なんとなくわかるけど具体的に何かよくわからない...

スマホの契約をしていればWi-Fiを使える

基本的には、ここまで紹介した3つの方法でインターネット契約することでWi-Fiが使えます。

しかし、実はスマホを契約していればWi-Fiを使えることをご存知でしょうか。スマホのオプション契約で「テザリング」という機能を使えれば、スマホをWi-Fiルーター代わりにしてWi-Fiが使えるのです。

しかし、テザリングはスマホのデータ通信量を使います。そのため、テザリングを使いすぎるとスマホの通信が低速化してしまうことがあります。

賃貸マンションの場合、ネット契約なしでWi-Fiが使える可能性も

賃貸マンションの場合、Wi-Fiが完備していることがあります。その場合はWi-Fiを別途契約しなくても、部屋の中でWi-Fiが使えます。

またマンションによっては、Wi-Fiルーターが設置されている場合もあれば、Wi-Fiルーターだけご自身で用意しないといけない場合もあります。

しかし、このような常設されているWi-Fiは通信が遅いケースが多いです。使ってみて遅いと感じた場合は、ご自身でネット契約したほうがよいでしょう。

おすすめの光回線

前章で、インターネットの契約種類には「光回線」「ホームルーター」「モバイルWi-Fiルーター」の3種類があることをお話ししました。

自宅で快適にインターネットを使うのであれば、やはり光回線がおすすめです。

ここでは、おすすめのインターネット回線を紹介しますので、これから契約を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

【光回線の場合】

chat face=”4202e070a709d2b2336b44baec36060d.jpg” name=”ねとみ” align=”left” border=”none” bg=”red”]それぞれのおすすめポイントや詳細を説明しますね![/chat]

enひかり

契約期間の縛りがない光回線が良い人には、enひかりをオススメします。

・解約手数料なし
・業界最安水準
・料金体制がシンプル

などのメリットが多いenひかりは知名度は低いですが、おすすめできる光回線の1つで特に「解約手数料なし」というのがポイントで、他社にない魅力となっています。

月額料金も安く業界最安水準で、しかもその料金が途中で上がったりすることもありません。

キャッシュバックこそありませんが、月額料金がずっと安いので安心して利用したい方におすすめです。

enひかりは契約縛り、一切ナシ。シンプルで安くて、高速。
怪しい?enひかりの評判と契約前に知りたいデメリットとメリットを徹底解説【2021年9月更新】【2021年4月更新】enひかりは契約期間の縛りがなく、一言でいうとムダなコストを削ぎ落とした光回線です。そのためキャッシュバックなどお得なキャンペーンがないのですが、業界最安値水準の月額料金で縛りがないのは驚愕ですね。本記事ではenひかりの評判や契約前に知りたい注意点を解説しています。...

ドコモ光

ドコモ光工事費キャンペーン画像

ドコモ光は、ドコモが提供している光回線です。

そのため、ドコモ光とドコモ携帯・スマホとの「セット割引」が適用されるので、ドコモ利用者であればお得に使えます!

ねとみ
ねとみ
さらに、dカードGOLDを合わせて使うとポイント還元されるなど、とにかくドコモを利用すればするほどお得に…!

その他、ドコモ光の料金プランや口コミは下記の記事で解説しています。

ドコモ光の料金プラン、評判、知っておくべきメリットとは
ドコモ光の評判は本当に悪い?実際の料金や速度からおすすめの人を紹介します。「ドコモ光の評判は本当に悪いの」と思っている人に向けて、本記事ではドコモ光の料金や速度からおすすめの人を紹介します。ドコモのスマホを利用しているのであれば、月額料金がお得になるケースが多いので、ぜひ検討してみてくださいね。...

auひかり

auひかりNNコミュニケーションズキャンペーン

auひかりは、KDDIが提供している光回線です。

速度の評判も良く、数少ない高額キャッシュバックを受けられる光回線とも言えます。

中でも、NNコミュニケーションズであれば、他社からの乗り換えで最大55,000円もキャッシュバック!

ねとみ
ねとみ
auスマホとのセット割引もあるので、au利用者はお得に使えること間違いなし!

auひかりについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

auひかり徹底解説
【ステマに注意】auひかりの最新の評判、特徴や料金を見たらすごかった…!「いろんな光回線があるけど、auひかりってどうなの?口コミや評判はいいの?」と思ってはいませんか?昨今、多くの光回線があるためどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回はauひかりのリアルな口コミと評判、契約前の注意点を紹介します!...

ソフトバンク光

当社SoftBank光キャンペーン 特典B

ソフトバンク光は、ソフトバンク利用者に最もおすすめできる光回線です。

セット割引がついたり、オプションが豊富であったりと、ソフトバンクを利用していれば割引価格でお得に使えます!

さらに、正規代理店である「エヌズカンパニー」で申し込めば、高額キャッシュバックやWi-Fiルーターがもらえるメリットも。

ねとみ
ねとみ
ネットの開通からルーターの用意まであるんですね!

ソフトバンク光の料金詳細や評判を知りたい場合は、下記を参考にしてみてくださいね。

ソフトバンク光がおすすめできるかわかりやすく解説します
ソフトバンク光の料金は高い?料金詳細や安くできる方法を紹介します!光回線に関するお悩みでよくあるのが、「なんでこんなに料金が高いのかよく分からない」というものです。 光回線の中でも、ソフトバンクユ...
ねとみ
ねとみ
以降では、モバイルWi-Fiルーターのおすすめを紹介しますね!

 

おすすめのホームルーター

光回線を導入したいけど、工事ができない、もしくは面倒という方にはコンセントを挿すだけのホームルーターがおすすめです。

ホームルーターはドコモhome5G一択

特に2021年8月から提供開始したドコモhome5Gは通信速度も従来のホームルーターより速く、エリアによっては光回線並みの通信速度で利用が可能です。

さらに、申し込みは代理店の「アイ・ティー・エックス」ですると、現金15,000円がキャッシュバックされるため非常にお得になります!

キャッシュバック 15,000円
お申し込みはこちら

 

おすすめのモバイルWiFi

外出先で利用したりと、持ち運んで利用することが多い場合はモバイルWiFiがおすすめです。通信速度や安定性は光回線に劣りますが、仕事や動画視聴程度であれば問題なく利用可能です。

【モバイルWiFiルーターの場合】

[

GMOとくとくBB

GMO WiMAXキャッシュバックキャンペーン画像 8月29,500円

GMOとくとくBBキャッシュバック金額が最大30,000円と、WiMAX業者の中では高額です。

月額料金だけで比較すると安いプロバイダは他にありますが、高額キャッシュバックを加味して3年間の費用を計算すると、GMOとくとくBBが最も安いWiMAXとなります。

また高額キャッシュバックだけでなく、最新機種のWX06を申し込めることも魅力です。

月額料金も割引されているので、総合的なコストを考慮した場合に最もお得なWiMAXといえます。

GMOとくとくBBのおすすめポイント

GMOとくとくBBはとにかく総合的にお得です。

  • キャッシュバックが高額
  • 初月無料
  • 20日以内であればキャンセル可能

これらの理由から現在最も選ばれています。

また、使ってみて不満があれば利用料金、違約金なしでキャンセルできるので、気軽に申込が出来るところも魅力ですね。

ただし、近年普及しているクラウドWiFi(それがだいじWiFiなど)に比べると、WiMAXは対応エリアが狭く、3日で7GBまでのデータ通信制限があるなどのデメリットもあります。

詳細ページ公式ページ

Mugen WiFi

Mugen WiFiは、月額3,718円(税込)とお手頃な月額料金で利用することができます。

現在10,000円のキャッシュバックがもらえるので、それも含めて計算すると月額実質3,293円(税込)、業界でもトップクラスの安さになります。(※2年利用した場合の1ヶ月あたりの料金)

契約期間の縛りはありますが、+660円(税込)で縛りなしの契約もできるのも魅力で、使用用途によってプランを使い分けることができるのも嬉しいですよね!

また、30日間お試しキャンペーンも行っているため、安心して契約することができます。そのため、現在最もおすすめ出来るWiFiの一つとなっています。

Mugen WiFiのデメリット

当たり前といえば当たり前ですが、Mugen WiFiはプランをつけすぎると高くなります。

縛りなし(税込660円)、紛失対応オプション(税込660円)をつけると5,038円(税込)になります。

とはいえ、2年以上の使用予定がある方、持ち運びせず紛失のリスクがあまりない方は保証に入らず3,718円(税込)の業界最安値で利用できるので、より多くの方におすすめです。

詳細ページ公式ページ

 

まとめ

この記事では、Wi-FiルーターだけではWi-Fi接続はできず、インターネットの契約が必要であることをお伝えしました。

最後に、どんな人がどのインターネット契約がおすすめなのかをおさらいしましょう。

自宅でネット接続するなら:光回線
工事が難しい住居なら:ホームルーター
外出先で使いたいなら:モバイルWi-Fiルーター

もしWi-Fiルーターだけを買ってしまったという人は、光回線を契約すればWi-Fiルーターがムダにならずに済みますよ。

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください