ネットワークの基本

WiFiを安く使う方法4つ!テザリング、モバイルルーター、ホームルーター、光回線のおすすめ

Wi-Fiを安く使う方法

とにかく安くWi-Fi環境を整えたい!」そう思っているあなたは、この記事を読めばその悩みが解決できます!

Wi-Fi環境があれば、パソコンやタブレット、ゲーム機などでも通信ができます。Wi-Fi環境には4種類あり、それぞれで特徴・料金が異なるのです。

Wi-Fiを使う方法を安い順番に並べるとこのようになります。

  1. 格安SIMのテザリング
  2. モバイルルーター
  3. ホームルーター
  4. 光回線

そこでこの記事では、4つのWi-Fiを使う方法についてメリットやデメリットをお伝えしたうえで、どの会社が安くWi-Fiを使えるのかをご紹介します。

【目的別のおすすめ】

  • テザリング:とにかく安くWi-Fiを使いたい人
  • モバイルルーター:出先でたくさん通信したい人
  • ホームルーター:光回線よりも安く家でたくさん通信したい人、数年以内に引越し予定がある人
  • 光回線:とにかく安定した通信環境が欲しい人、しばらく引越し予定がない人

格安SIMのテザリングでWi-Fiを使う

テザリングとは、契約しているスマホをWi-Fiルーターの代わりにして、パソコンやタブレットなどで通信できるようにするもの。

テザリングにはスマホのデータ通信容量を使います。

通常であれば、Wi-Fiで通信するには後述のモバイルルーターや光回線など、スマホ以外に別途契約が必要です。

しかし、テザリングは通信契約しているスマホを持っていれば、別の契約は必要ありません。会社によってテザリングを使うためのオプション契約が必要な場合はありますが、ほとんどの場合はスマホ購入から2年以内は無料で使えることがほとんどです。

Softbankやau、docomoなど大手の携帯電話回線は毎月の料金が高めですが、格安SIMなら料金は安め。Wi-Fiを安く使う手段としては最も安価な方法が、格安SIMを使ったテザリングです。

テザリングのメリット

テザリングのメリットは次の2つです。

  • スマホを契約していれば手軽にWi-Fiが使える
  • 出先でもWi-Fiが使える

上で解説したように、スマホの契約さえしていればテザリングでWi-Fiを使えます。テザリング以外の方法でWi-Fiを使うには、別の契約が必要で、その契約には料金がかかります。

ねとみ
ねとみ
そのため、テザリングは価格面で大きなメリットがあり、手軽にWi-Fi環境を作れるのです。

また後述のホームルーターや光回線と違い、テザリングはスマホが通信できる場所ならどこでもWi-Fiを使えます。そのため家の外でもテザリングできるため、場所を問わずWi-Fiが使えるのです。

テザリングのデメリット

一方、テザリングには4つのデメリットがあります。

  • 機種や契約によってはテザリングできない
  • スマホの通信データ容量や充電を食う
  • 電波状況が悪いと通信が遅くなる
  • 通話中は利用できない場合がある

テザリングは、全ての機種・契約で使えるとは限りません。ほとんどはスマホの通信契約をすればテザリングできることが多いですが、契約内容によっては使えないことも。

またテザリングが使える契約でも、機種がテザリング非対応ならテザリングできません。とはいえ、2012年以降に発売されたスマホであればほとんどの場合はテザリングが使えます。

ねとみ
ねとみ
機種ごとのテザリング使用可否を調べるには、各携帯会社にWebサイトにある「動作確認済み端末」を確認しましょう。

またテザリングはスマホのデータ通信容量を使うため、テザリングを使いすぎるとスマホで使えるデータ通信容量が少なくなります。またテザリング中はずっとスマホで通信をしているので、スマホのバッテリー消費もするというデメリットがあるのです。

同様に、テザリングはスマホの通信をWi-Fiに変えるのですが、当然ながらスマホの電波状況が悪いとテザリングの通信も遅くなります。

さらに、契約している携帯会社によっては通話と同時にテザリングが使えません。各格安SIMのWebサイトには記載はありませんが、auのWebサイトにはVoLTE非対応機種は通話中のテザリングは中断されるとあります。

テザリングを使えて安い格安SIMは「DTI SIM」か「OCN モバイル ONE」

テザリングを使えて料金も安い格安SIMは、データ通信のみの契約なら「DTI SIM」、音声通話付きであれば「OCN モバイル ONE」です。

上で書いたように、テザリングはデータ通信容量を使います。そのため、少なくとも毎月5GB以上使える契約をおすすめします。

「DTI SIM」の「データプラン 5GB」は、毎月5GBの通信ができて料金は1,220円(税抜)とかなり安いです。

光とのセットもある!DTISIMのプランや料金の解説格安SIMの中でも格安と言われていて「半年無料キャンペーン」が注目されているDTISIM。光やADSLなど様々なインターネットサービスを...

また、音声通話も使えて毎月5GBのデータ通信容量も付く格安SIMなら「OCN モバイル ONE」がよいでしょう。「音声対応SIMカード」と「6GB月コース」の組み合わせであれば、毎月1,980円(税抜)です。

格安SIMを選ぶならOCNモバイルONEが圧倒的人気でおすすめ格安スマホ、格安SIMがまだ一般的になる前から最も早くサービスを開始していたのがこのOCNモバイルONEを提供するNTTコミュニケージョ...

安いモバイルルーターでWi-Fiを使う

続いて、モバイルルーターでWi-Fiを使う場合について見ていきましょう。モバイルルーターとは、持ち運び可能なWi-Fiルーターのこと。

モバイルルーターもスマホのテザリングと同様、電波をWi-Fiに変換します。モバイルルーターでWi-Fiを使うには、通信契約と端末の購入が必要です。しかし大抵の場合は端末代が無料になることが多いです。

モバイルルーターのメリット

モバイルルーターのメリットは次の2点です。

  • 出先でもWi-Fiが使える
  • データ通信容量の無制限プランがある

モバイルルーターはスマホと同様、小さい端末を持ち運べます。そのため、電波環境のある場所であれば屋外でもWi-Fiが使えるのです。

またテザリングはスマホのデータ通信容量を使うため、残りのデータ量を気にする必要があります。しかしモバイルルーターはデータ通信容量が無制限のプランがあるため、それを契約すれば残りのデータ量を気にする必要はありません。

ねとみ
ねとみ
ただし「無制限」と書いておきながら、データ通信が3日で10GBまでの制限がある「実質無制限」であることが多いです。

モバイルルーターのデメリット

一方で、モバイルルーターには3つのデメリットがあります。

  • 利用できないエリアがある
  • 電波状況が悪いと通信が遅くなる
  • 充電切れする可能性がある

モバイルルーターは利用可能なエリアとそうでないエリアが分かれており、エリア外に行ってしまうと通信できなくなります。都市部はほとんど使えますが、山間部だと使えないことが多いです。

モバイルルーターで有名な「WiMAX」では、「ピンポイントエリア判定」でお住まいのエリアで通信できるかチェックできます。

ねとみ
ねとみ
また本契約の前に通信できるかお試し契約できることが多いので、すぐに契約せずにチェックしましょう。

またモバイルルーターはスマホと同様、使用するには端末の充電が必要です。そのためスマホ以外にモバイルルーターの充電切れに注意しなければなりません。

安いモバイルルーターは「NEXTmobile」か「GMOとくとくBB」

安いモバイルルーターをお探しの人は、月のデータ使用量制限ありなら「NEXTmobile」、か無制限なら「GMOとくとくBB」がおすすめです!

NEXTmobileの「フラット20GBプラン」は、毎月20GBのデータ通信容量で2,400円(税抜)と業界最安値。20GBあればそう簡単に使い切ることはありません。

NEXTmobileはおすすめ出来る?評判や実際に使ってみた感想などをまとめる「安くてたっぷり使えるモバイルルーター」という売り文句で宣伝しているNEXTmobile。 モバイルルーターを探している人で検討し...

また仕事やゲームなど、とにかくデータ通信容量を使う人は無制限のほうがよいでしょう。
しかし、2020年4月現在、本当の意味で無制限のモバイルルーターは全て受付を停止しています。

3日で10GBまでのデータ通信制限はありますが、2020年4月現在では「GMOとくとくBB」の「ギガ放題プラン」が月額割引キャンペーン中で、毎月3,344円(税抜)、1・2カ月目は2,590円(税抜)と最も安いです。

WiMAXの最安級?!GMOとくとくBBはおすすめか?プランや評判をまとめる無線のインターネット、モバイルWi-Fiルーターとして定評のあるWiMAX。 WiMAXは現在so-netやビッグローブ、ニフティ...

安いホームルーターでWi-Fiを使う

ホームルーターとは、コンセントから電源を供給することでWi-Fiが使える機器のこと。

ホームルーターもモバイルルーターと同様、契約が必要です。

使用にはコンセントが必要なため、モバイルルーターと違い持ち運びができません。その反面、バッテリー切れすることもないのです。

ホームルーターのメリット

ホームルーターのメリットは次の3点です。

  • 充電切れの心配がない
  • モバイルルーターより電波の安定性があり、送信距離が長い
  • モバイルルーターより接続可能台数が多い

繰り返しになりますが、ホームルーターはコンセントから電源を供給して使うため充電切れすることがありません。

また安定的に電気が供給されるため、ホームルーターはモバイルルーターよりも電波の安定性があり、送信距離が長いです。

ねとみ
ねとみ
特に広い家で使うならホームルーターの方がカバーできる範囲が広いですよ。

さらに接続可能台数の面でも違いがあります。モバイルルーターは10台程度の接続でWi-Fiの速度が低下しますが、ホームルーターは最大40台程度も接続できるのです。

ホームルーターのデメリット

一方、ホームルーターは2つのデメリットがあります。

  • 持ち運びができない
  • 近隣の使用状況で遅くなることもある

まず、コンセント接続が必要なホームルーターはその特性上、持ち運びができません。

またモバイルルーターよりも電波は安定していますが、近隣で同じ回線の使用が多い時間帯はWi-Fiが遅くなることもあります。

安いホームルーターは「モバレコAir」

安いホームルーターをお探しの方は「モバレコAir」がおすすめです!

ホームルーターは、月のデータ通信容量に制限があるものや、3日で10GBまでの制限があるものもあります。しかしこのモバレコAirは、完全に無制限でWi-Fiが使えるのです。

また価格も安く月額3,344円(税込)。さらに1・2ヶ月目は1,970円(税込)となっています。

モバレコAirはおすすめできる?料金プランやメリット・デメリットを解説インターネットの広告でモバレコAirというサービスをよく見かけます。 調べてみたところモバレコAirは、ソフトバンクと株式会社グッ...

安い光回線でWi-Fiを使う

光回線とは、光ファイバーを自宅に設置することでWi-Fiが使えるものです。

光ファイバーを使った通信は世界で最も速く、また安定性があります。そのため、これまで紹介した中では最高のWi-Fi環境です。光回線を使うには契約とルーターが必要です。

光回線のメリット

光回線のメリットは次の2つです。

  • 通信が速く安定している
  • 通信制限がない

まず、上でもお伝えしたように光回線は通信の速さと安定性がピカイチ。これまで紹介したWi-Fiを使う方法の中では速度・安定性ともに光回線が最も優れています。

また光回線はデータ通信容量が完全に無制限。契約してしまえば何の心配もなくWi-Fiを使えるのです。

光回線のデメリット

一方で、光回線には3つのデメリットがあります。

  • モバイルルーターやホームルーターよりも料金が高い
  • 工事が必要
  • 引越しすると再度工事費用が発生する可能性がある

まず、光回線は優れたWi-Fi環境である分、モバイルルーターやホームルーターよりも料金が高いです。

また光回線を設置するのには工事が必要なため、その工事費もかかります。さらに、光回線は移動できるものではありません。

そのため、引越しをするとその先でまた工事が必要になる可能性も。当然ながら工事すると費用がかかります。

ねとみ
ねとみ
引越しが多い人には光回線はおすすめできません。

安い光回線はエキサイト光

安い光回線をお探しの方は、「エキサイト光」がおすすめです!

エキサイト光はマンションと戸建で料金が異なります。マンションの場合は月額3,360円(税抜)、戸建は4,360円(税抜)です。

光回線は、基本的に乗り換えをせず継続して使うことをおすすめします。なぜなら他社の光回線に変える場合、旧回線の撤去工事と新回線の設置工事が必要になるからです。

また光回線の中には2年間の料金が安くても、3年目からの料金が高くなるものもあります。その面、エキサイト光は契約したらずっと料金は一定なので、安く光回線を使いたい人におすすめです。

BBエキサイト光の料金プランや評判等を解説フレッツ光のプロバイダとしても知名度が高いBBエキサイトもプロバイダ一体型の光コラボレーション、BBエキサイト光を提供しています。 ...

まとめ

この記事では、Wi-Fiを安く使う方法4つを紹介しました。最後に、それぞれの方法がどんな人におすすめなのかをまとめました。

【目的別のおすすめ】

  • テザリング:とにかく安くWi-Fiを使いたい人
  • モバイルルーター:出先でたくさん通信したい人
  • ホームルーター:光回線よりも安く家でたくさん通信したい人、数年以内に引越し予定がある人
  • 光回線:とにかく安定した通信環境が欲しい人、しばらく引越し予定がない人

このように、どの方法がおすすめなのかは人によって異なります。あなたがどんな環境を求めているのかに合わせてWi-Fi環境を作ってくださいね。

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください