絶対出来るwi-fi構築

Wi-Fiの月額料金と相場はいくら?通信料の比較と節約のコツも紹介

Wi-Fiの月額料金っていくらくらい?

この記事では、Wi-Fiの月額料金の相場と、毎月の通信量を節約するコツを紹介します。

結論

自宅でWi-Fiを利用する場合、月額料金は無線タイプで税込3,800円~4,800円程度、光回線の場合は税込4,200円~5,500円程度が相場です。

調べてもわからない人に
↓種類別1番安いWiFi↓
光回線|とくとくBB光:3,530円
ホームWiFi|ドコモHOME5G:4,500円

Wi-Fiの料金相場はどのくらい?

WiFi月額料金相場

WiFiの月額料金は3,800円〜5,500円程度。種類によって料金も変わります。

ここでは種類別に主要各社の料金を比較していきます。

光回線の料金相場

光回線の月額料金相場は、4,200円〜5,500円。条件次第で大幅割引されるため選び方も大切です。

なお、工事不要のホームWiFiの料金はこちらで解説しています。

商品名戸建て月額(税込)マンション月額
ドコモ光5,720円4,400円
ソフトバンク光5,720円4,180円
auひかり5,610円3,800円
とくとくBB4,818円3,773円
NURO5,200円5,200円
フレッツ光6,270円+プロバイダ1,000円程度3,685円+プロバイダ1,000円程度

ここからは主要回線の内容を詳しく解説します。

ドコモ光(GMOとくとくBB)

料金(税込)ホーム:5,720円
マンション:4,400円
速度下り速度217Mbps
上り速度182Mbps
契約手数料3,300円
契約期間2年
違約金14,300円

ドコモ光のプロバイダは20社以上ありますが、中でもGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBから申し込むことで、35,500円のキャッシュバックが簡単に受け取れることに加え、2,000ptのdポイントも受け取れます。

さらに、GMOとくとくBBから申し込むことで、他のプロバイダを利用するよりも月額料金を抑えることが可能。

キャッシュバックなどを受け取りつつ、安く利用したい方におすすめです

公式ページ

ソフトバンク(STORY)

ソフトバンク光

料金(税込)ホーム:5,720円
マンション:4,180円
速度下り速度242Mbps
上り速度170Mbps
契約手数料3,300円
契約期間2年
違約金10,450円

「ソフトバンク光」は、ドコモ光と同様にフレッツ回線を利用する「光コラボ」の内の1つです。

新規契約をする人に向けてキャッシュバックやキャンペーンが充実しています。

ソフトバンク光のプロバイダは多くありますが、中でもSTORYがおすすめです。

STORYから申し込むことで、最大63,400円の高額キャッシュバックに加え、無料レンタルWi-Fiの貸し出しなども行っています。

さらに、振り込み時期も最短2ヶ月と早く、現金振り込み対応も可能。

キャッシュバックではなくNintendo Switchへ変更することも可能です。

キャッシュバックを受け取りたい方だけでなく、Nintendo Switchの購入を検討している人にもおすすめです。

公式ページ

auひかり(GMOとくとくBB)

auひかり GMO

料金(税込)ホーム:5,610円
マンション:3,800円
速度下り速度369Mbps
上り速度315Mbps
契約手数料3,300円
契約期間2年
違約金16,500円

auひかりは独自回線なので、回線が混雑しやすい時間でも速度が落ちることがないという特徴があります。

auひかりにするなら優良代理店であるGMOとくとくBBからの申し込みがおすすめです。

また最大77,000円もの高額なキャッシュバックを行なっているため、お得にauひかりを利用できます。

公式ページ

GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光 申し込み

料金(税込)ホーム:4,818円
マンション:3,773円
速度下り速度346Mbps
上り速度300Mbps
契約手数料3,300円
契約期間2年
違約金なし

高スペックなWi-Fiルーター無料レンタル、違約金無料といったキャンペーンや特典はあるものの、他の光回線のようなキャッシュバックは用意されていないので注意が必要です。

とにかく月額料金を抑えて、光回線を利用したい方におすすめです。

公式ページ

NURO光

NURO光

料金(税込)ホーム:5,200円
マンション:2,090円
速度下り速度459Mbps
上り速度436Mbps
契約手数料3,300円
契約期間3年
違約金10,450円

 

NURO光は国内最速の光回線で、ソフトバンクスマホとのセット割が使えます。

本家のソフトバンク光に比べて月額料金が安いので、ソフトバンクスマホの利用者であればNURO光を先に検討すべきといえるでしょう。

公式サイトから申し込みをすればオプション不要で4万円を超えるキャッシュバックもらえるので非常にお得です。

NURO光では独自の回線を利用しており、他の光回線利用者と混在することがありません。

仕事や動画視聴はもちろん、オンラインゲームも問題なく楽しめる光回線なので、通信速度に悩んでいる方におすすめです。

公式ページ

NURO光キャンペーン情報
  • 45,000円現金キャッシュバック
  • 乗り換えなら違約金を上限20,000円まで負担
  • ソニー製WiFi6対応ルーター貸し出し
NURO光キャンペーン比較
代理店名キャッシュバック金額2年料金総額(実質)
NURO光公式45,000円79,800円
価格.com38,100円87,171円
Life Bank12,000円116,508円
ライフサポート36,000円92,508円
アウンカンパニー35,000円93,508円
ブロードバンド
サービス
25,000円103,508円

2022/09/14更新

フレッツ光

フレッツ光

料金(税込)東日本
ホーム:5,940円
マンション:3,250円
西日本
ホーム:5,740円
マンション:3,685円
(プロバイダ利用料550~2,200円)
速度上り:1Gbps
下り:1Gbps
契約手数料880円
契約年数2年
違約金無料

 

フレッツ光はNTT東日本・西日本が運営している国内最大級の光回線サービスです。

日本全国どこでも利用できることに加え、プロバイダを自由に選べるという特徴があります。

利用予定の地域によって運営会社が変わり、月額料金が少し変わるので、契約する際は注意が必要です。

プロバイダによって受けられる特典が異なるので、プロバイダにこだわりたい方におすすめです。

公式ページ

ポケットWi-Fi(モバイルWiFi)の相場は?

ポケットWi-Fiの月額料金の相場は、3,800円~4,800円程度(税込)となっています。

ポケットWi-Fiは複数の会社が取り扱いをしていて、いずれも月間の通信制限はありません。

しかし、3日間10GBなど短期間での通信制限があるので注意が必要です。

下の表は代表的な人気のあるポケットWi-Fiの月額料金と速度など特徴をまとめたものです。

商品名
(回線速度)
月額
(税込)
キャンペーン制限等
GMOとくとくBB WiMAX2+
(最大440Mbps)
1~2ヵ月2,079円
3~36ヶ月目4,389円
37ヶ月目~4,444円
キャッシュバック最大30,000円3日間で1GB以上で制限
ビッグローブWiMAX
(最大440Mbps)
初月:無料
1~24ヶ月目以降:
4,191円
25ヵ月目以降:4,928円
※端末購入の場合別途 880円/月(24ヶ月)
キャッシュバック1.9万円
BroadWiMAX
(最大440Mbps)
1~2ヶ月目以降:
2,090円
3〜36ヶ月目:
3,894円
37ヶ月目:
4,708円
月額割引キャンペーン:最大35,530円割引
初期費用割引キャンペーン:最大20,743円割引
so-net WiMAX
(最大440Mbps)
初月:無料
1~12ヶ月目:3,700円(税込)
13ヶ月目以降:4,817円(税込)
月額大幅割
(左料金適用済)
ワイモバイル 305ZT
(最大187.5Mbps)
3年間:
4,065円(税込)
月額大幅割
(左料金適用済)
Mugen Wi-Fi格安プラン
3,718円(税込)
アドバンスプラン
4,268円(税込)
キャッシュバック10,000円
30日間お試し利用あり
無制限
※制限の明記なし
AiR-WiFiサクッとプラン
3,278円(税込)
まるっとプラン
3,608円(税込)
らくらくプラン
3,377円(税込)
30日間お試し利用あり
5G CONNECT4,950円(税込)30日間お試しモニターあり

この中でも月額料金が安いポケットWi-Fiである「GMOとくとくBB WiMAX2+」「Air WiFi」「5G CONNECT」の3つをそれぞれ紹介します。

WiMAX

WiMAX

料金(税込)1~2ヵ月2,079円
3~36ヶ月目4,389円
37ヶ月目~4,444円 (初月:日割り)
速度上り:112.5Mbps
下り:758Mbps
契約手数料3,300円
契約手数料3年間 (36ヵ月)
違約金1~12ヵ月目:20,900円
13~24ヵ月目:15,400円
25ヵ月目以降:10,450円

 

WiMAXは、大容量プランでも安く利用でき、20GB以上使う方におすすめのモバイルWi-Fiです。

WiMAXは専用回線を持っているので通信の安定性が高く、モバイル回線よりも高速での通信が可能となっているので、速度も高速で安定しています。

料金が安いだけでなく、端末料金も一切かからないのでお財布に優しいモバイルWi-Fiです。

WiMAXは申し込み窓口でキャッシュバックなど特典内容が変わるので、申し込みの際には注意が必要です。

公式ページ

Air WiFi

Wi-Fi Air-wifi

料金(税込)3,278円〜
速度上り:50.0mbps
下り:150.0mbps
契約手数料0円
契約年数1年間(契約期間なしオプションあり)
違約金なし

 

AiR-WiFiは、業界最安クラスで人気のポケットWiFiです。

月額3,278円〜(税込)と業界最安級で、U3端末でも月額3,377円〜(税込)と価格面で他のポケットWiFiを圧倒しています。

1年間の契約縛りがありますが、月額330円の縛りなしオプションに加入すれば契約期間の縛りを気にせずに利用できます。

クラウドSIM系のポケットWiFiを選ぶなら、最安級のサービスです。

公式ページ

5G CONNECT

5GCONNECT

料金(税込)4,950円〜
速度下り最大2.7Gbps
上り最大46.4Mbps
契約手数料3,300円
契約年数なし
違約金なし(3ヵ月以内に解約時のみ残月数×月額費用)

 

5G WiMAXとは、現在主流になっている4G WiMAXと比べると通信速度が数十倍速い点が特徴になっています。

月額4,950円(税込)で、契約期間、速度の縛りもありません。

また、端末本体代金もかからず、初期費用を抑えて利用できます。

30日間の無料お試し期間が用意されているので、実際に速度を確認した上で契約することも可能です。

速度などが不安な方は、まず30日間の無料お試し期間を申し込んでみてください。

公式ページ

WiFi革命セット

WiFi革命セット アイキャッチ

料金(税込)2,167円〜
速度ホームルーター:下り最大2,1Gbps
ポケットWiFi:下り最大150Mbps
契約手数料3,300円
契約年数なし
違約金なし

WiFi革命セットとは、2021年4月にリリースされたホームルーターとポケットWi-Fiの2台を組み合わせた新しいサービスです。

通常、ホームルーターとポケットWi-Fiの両方を契約すると、毎月10,000円程度の月額料金を支払うことになります。

しかし、WiFi革命セットならホームルーターとポケットWi-Fiの2台を月額2,167円~利用できます。

ホームルーターは5G対応でデータ無制限、ポケットWi-Fiは月間100GBのデータ容量と通信制限におびえる必要もありません。

費用を抑えて家でも外でもWi-Fiを使いたい方におすすめのサービスです。

公式ページ

ホームルーターの相場は?

ホームルーターの相場は、4,000円〜5,000円程度です。主要各社の月額料金は下記のとおり。

ソフトバンクAir5,368円
UQ WiMAX4,950円
au HOME5,170円
ドコモHOME5G4,950円

最安はUQ WiMAXとドコモHOME5G。通信速度の速さや、通信制限ないことを考えると、ドコモHOME5G一択になります。(2022年6月現在)。

使ってる携帯とセットで割引されることもホームルーターではないため、auやソフトバンクの方にもドコモHOME5Gがおすすめ。

工事なしで、申し込み翌日にはコンセントに刺すだけで利用開始できるのもメリットです。
据え置き1

ドコモHOME5G

ドコモ home 5G

料金(税込)4,950円
速度上り:218Mbps
下り:4.2Gbps
契約手数料3,300円(オンラインなら無料)
契約年数なし
違約金なし

 

ドコモが提供するhome 5Gは、無線タイプのインターネットでありながら5G通信にも対応した最新のホームルーターです。

ドコモ home 5Gの月額料金は、光回線のホームタイプと同じくらいで4,950円(税込)です。

契約期間の縛りや解約金がなく、光回線とは異なり工事が不要なので、本体が届いたらコンセントに指すだけですぐに利用可能。

引っ越しの際には、設置場所の住所変更手続きを行うだけで続けて使うこともできます。

そのため、工事ができない物件に住んでいる人や引っ越しが多い方などにおすすめです。

公式ページ

WiFiの種類はどれを選べばいい?

Wi-Fi 家族光回線・ポケットWiFi・ホームルーターのWiFi3種類のなかでどれを選ぶべきかは、用途や家族の人数に分けて異なります。

  • 家族でWi-Fiを使うなら光回線がおすすめ
  • 一人暮らしなら用途に応じて選ぶ

家族でWi-Fiを使うなら光回線がおすすめ

自宅を中心に家族でWi-Fiを使うなら、光回線の利用がおすすめです。

光回線は他のWiFiに比べて速度が速く安定しています。

家族でWiFiを使う場合、仕事やゲーム、動画など様々な用途で同時に接続することが考えられるため、光回線がおすすめです。

ただし、光回線を利用する際には開通工事を行う必要があり、工事ができない場合は利用できないので、注意が必要。

短期間で引っ越しをする可能性が高い方や社宅などの工事ができない場所に住んでいる方は、工事なしで利用できるホームルーターのドコモHome5Gをおすすめします。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合でも、基本的には光回線の利用がおすすめ。

光回線なら、スマホやパソコン、ゲーム機器などの複数機器を接続したり、仕事や動画視聴、オンラインゲームなどをストレスなく利用できます

月額料金も3,800円〜のものもあるため、ポケットWiFiなどと比較しても高くありません。

デメリットは工事が必須なこと。社宅や量など工事ができない住まいや、短期間で引っ越す予定がある転勤の多い方などは、光回線をおすすめできません。

その場合は、工事なしで利用できるHome5Gをおすすめします。

もくじに戻る

月額料金を安くする方法を種類別に紹介

Wi-Fi 安くする方法

Wi-Fiの契約を考えている方の中には、なるべく月額料金を安くしたいという方も多いのではないでしょうか。

そのような方に向け、以下の3種類に分けて月額料金を安くする方法を紹介します。

  • ポケットWi-Fi(モバイルWiFi)を安く利用する方法
  • 光回線を安く利用する場合
  • Home5Gを安く利用する場合

ポケットWi-Fi(モバイルWiFi)を安く利用する方法

ポケットWi-Fiを安く利用する方法には、以下の3つがあります。

  • 月額料金
  • キャッシュバック
  • 通信制限の有無

ポケットWi-Fiの月額料金相場は、3,000円~4,000円となっています。

そのため、相場よりも安いポケットWi-Fiを契約するだけで、他のポケットWi-Fiよりも安く利用可能です。

また、ポケットWi-Fiによっては、キャッシュバックを行っていることがあります。

例えば、Broad WiMAXは最大30,000円のキャッシュバックを行っており、実質月額料金を抑えて利用できます。

お得に利用したい人は、キャッシュバックの有無も確認すると良いでしょう。

ポケットWi-Fiには、3日で10GBなどの通信制限が設けられていることもあります。

通信制限が設けられている場合、月額料金が安くても満足に利用できない可能性が高いので注意が必要です。

光回線を安く利用する場合

光回線を安く利用したい場合は、以下の3点を確認・比較することをおすすめします。

  • 月額料金
  • キャッシュバックやキャンペーン
  • スマホのキャリア

光回線の料金相場は、以下のようになっています。

  • 戸建てタイプ 5,500円
  • マンションタイプ 4,000円

この相場と比べて、安いかどうかを確認すると、月額料金を抑えられます。

また、光回線によって、キャッシュバックやキャンペーンが異なり、適用の有無でお得度が変わります。

さらに、スマホのキャリアと合わせることで、セット割が適用され、月額料金の割引を受けることも可能。

具体的なキャッシュバックやキャンペーン、セット割などは以下になります。

実質月額料金:戸建て(税込)契約年数キャンペーン月額料金:戸建て(税込)工事費セット割対象キャリア
ドコモ光5,574円2年20,000円キャッシュバック5,270円0円ドコモ
NURO光4,592円3年45,000円キャッシュバック5,200円0円ソフトバンク
ソフトバンク光5,966円2年37,000円キャッシュバック5,720円26,400円ソフトバンク
auひかり3,903円3年75,000円キャッシュバック5,610円0円au
So-net光4,943円3年60,000円キャッシュバック5,610円0円au
楽天ひかり5,586円3年スマホとセット購入で
1年間月額料金無料
5,280円19,800円楽天
OCN光4,758円2年最大6ヵ月間月額料金無料6,820円0円OCNモバイルONE
BIGLOBE光5,203円3年33,000円
キャッシュバック
5,478円0円
DMM光5,302円2年5,302円0円
@nifty光5,339円3年30,000円キャッシュバック5,720円0円
実質月額料金:マンション(税込)契約年数キャンペーン月額料金:マンション(税込)工事費セット割対象キャリア
ドコモ光4,254円2年20,000円キャッシュバック4,400円0円ドコモ
NURO光2,037円3年45,000円キャッシュバック2,090円0円ソフトバンク
ソフトバンク光4,426円2年37,000円キャッシュバック4,180円26,400円ソフトバンク
auひかり2,422円3年75,000円キャッシュバック4,180円0円au
So-net光3,766円3年60,000円キャッシュバック4,070円0円au
楽天ひかり4,272円3年スマホとセット購入で
1年間月額料金無料
4,180円19,800円楽天
OCN光3,520円2年最大6ヵ月間月額料金無料5,170円0円OCNモバイルONE
BIGLOBE光4,103円3年33,000円
キャッシュバック
4,378円0円
DMM光4,158円2年4,158円0円
@nifty光4,034円3年30,000円キャッシュバック4,378円0円

このように、月額料金や契約期間、キャンペーンを比べた上で、自身が利用しているスマホキャリアに合わせて契約することをおすすめします。

Home5Gを安く利用する場合

Home5Gを利用する場合も、以下の3点を比べることで安く利用可能です。

  • 月額料金
  • キャッシュバックやキャンペーン
  • 契約期間

Home5Gを利用する際も、まずは月額料金を比較すると、月額料金を抑えて利用可能です。

また、キャリアによって、キャッシュバック金額や月額料金割引キャンペーンなどもあります。

具体的な月額料金やキャンペーンなどは、以下になります。

月額料金契約期間端末代キャッシュバック・キャンペーン
ドコモ home 5G4,950円なし実質無料18,000円キャッシュバック
SoftBank Air1~2年目:4,180円
3年目以降:5,368円
2年実質無料30,000円キャッシュバック
25歳以下限定 2年間:3,168円
60歳以上限定 2年間:3,168円
WiMAX1~2ヵ月目:2,079円
3ヵ月目以降:4,389円
3年実質無料14,000円キャッシュバック

このように、契約期間が長くなると月額料金が安くなるので、長期間利用すると月額料金を抑えられます。

ただし、契約期間中に解約をすると、解約違約金が発生することもあります。

月額料金やキャンペーンだけでなく、契約期間も比較すると総額費用を抑えられるのでおすすめです。

もくじに戻る

請求書の見るべきポイント

Wi-Fi 請求書

現在Wi-Fiを利用している方の中には、今のWi-Fiルーターの料金が高いのかわからず、乗り換えるべきか悩んでいる方もいるでしょう。

そのような方は、現在使っているWi-Fiの請求書を確認することをおすすめします。

確認すべき点は、以下の2点です。

  • 現在の料金
  • 解約金や残債

この2点は必ず確認しましょう。

現在の月額料金

まずは、現在の月額料金を確認しましょう。

現在支払っている月額料金は、キャンペーンなどを適用した金額です。

そのため、他のWi-Fiの月額料金と比べるのではなく、キャンペーンなどを考慮した実質月額料金と比較することをおすすめします。

実質月額料金が今よりも安くなる場合、通信速度などが安定するのであれば、他のWi-Fiに乗り換えてもよいでしょう。

解約金や残債を確認する

契約途中で解約をする際、解約金が発生したり、工事費の残債を支払う必要があります。

これらは請求書やオンラインのマイページなどで確認できるので、忘れずに確認しましょう。

乗り換え時に発生する解約金や残債を負担してくれるキャンペーンを行っていることがあります。

解約金や残債がある状態で乗り換えたい場合は、キャンペーンの有無を確認し、負担してくれるWi-Fiをおすすめします。

もくじに戻る

料金かからないWiFiはあるの?

Wi-Fi 料金かからない

料金のかからないWi-Fiはスマホのテザリングや施設・公共料金のWi-Fiが挙げられます。

  • スマホのテザリング
  • 施設や公共のWi-Fi

それぞれの料金がかからないWi-Fiについて詳しく紹介します。

スマホのテザリング

利用しているスマホのテザリングを利用すると、新しく契約せずにWi-Fiを利用可能です。

テザリングとは、スマホのデータ通信機能を利用する方法であり、USBやBluetoothなどを用いて接続できます。

テザリングの接続は簡単であり、スマホさえあればどこでも利用できますが、スマホの充電がなくなると利用できなくなります。

また、テザリングを利用しすぎるとスマホが通信制限になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

仕事で使うパソコンに繋ぐ程度であれば、ストレスなく利用できますが、オンラインゲームなどでは不安定になる可能性もあります。

通信制限にならないよう、使用用途に注意して利用することをおすすめします。

施設や公共のWi-Fi

電車やバスなどの公共施設やチェーン店のカフェなどでは、フリーWi-Fiが用意されていることがあります。

Wi-Fiであれば、一切の料金を支払わずにWi-Fiを利用可能です。

無料で使えるものの、登録やログインなどが必要となる場合が多くなっています。
区や市が運営しているフリーWi-Fiも多くありますが、あくまでもフリーWi-Fiであり、誰でも簡単に接続できるWi-Fiです。

そのため、セキュリティ面に不安があるWi-Fiなので、利用時には注意が必要です。

もくじに戻る

Wi-Fiについてよくある質問と回答

Wi-Fiを契約する際によくある質問とその回答をまとめました。

  • 月額料金のかからないWi-Fiを教えて下さい。

    お金を掛けずにWi-Fiを利用したい場合はカフェなどの飲食店や公共施設のfreeWi-Fiを利用するしかありません。月額課金は嫌だけどスポットで使いたいという場合はレンタルWi-Fiもあります。

  • ポケットWi-Fiと光回線どちらがおすすめですか?

    手軽に出来るのはポケットWi-Fiですが、光回線の方が回線速度は安定しています。自宅でしか使わず、利用頻度が多い場合は光回線を選ぶことをおすすめします。

  • Wi-Fiは一度契約したら契約縛りがありますか?

    縛りがあるものが多いですが、最近は縛りのないWi-Fiや光回線もあります。ただし光回線は初期工事費(1万円程度)が発生するのである程度慎重に選んだ方が良いと思います。

  • おすすめのポケットWi-Fiを教えて下さい。

    本ページでも解説しておりますが、GMOとくとくBBのWiMAXがお得です。WiMAXは品質がよく満足度も高いです。

  • Wi-Fiは注文してからどれくらいで使えますか?

    ポケットWi-Fiの場合は申込してから2~3日で届きます。届いたらすぐに利用が出来ます。光回線は工事が必要なので申込からおおよそ2週間~1カ月程度掛かることがあります。

もくじに戻る

まとめ

今回は、Wi-Fiの月額料金や相場、節約方法などを紹介してきました。

紹介した種類別のWi-Fi相場は以下のようになります。

  • ポケットWi-Fi:3,800円~4,800円程度
  • 自宅(家)用Wi-Fiルーター:3,800円~4,800円程度
  • 光回線:税込4,200円~5,500円程度

安いWi-Fiを利用したい方は、月額料金が相場よりも安いWi-Fiを選ぶことをおすすめします。

それぞれ種類別におすすめのWi-Fiを月額料金、キャンペーンなども含めて紹介しました。

これからWi-Fiの契約を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

インターネット案内人
ねとみ
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください