softbankair

社宅や寮で光回線の工事が出来ない時に役立つ工事不要のネット回線

インターネットが一般家庭に普及して10数年余り。今や電気、ガス、水道と並んで必要不可欠となりましたね。

なのに・・・

「寮や社宅にインターネットがない!」

「あるけどよくわからない制約があって使いづらい!」

「寮にあるネットは回線速度がやたら遅くて使いづらい!」

ということがよくあったりします。

お金払ってでも自分で回線引きたいくらいなのに社宅や寮だと許可が下りない。仕方なく始めから設置されたインターネットを我慢して使ったり・・・

 

寮や社宅に限らず大手住宅会社が管理する○○ネットみたいなやつは回線速度が遅くてどうしようもないことが多々あります。

そんな時に便利なのがLTEやWiMAX等の無線ルーター(モバイルWi-Fiルーター)やスマートフォンのテザリング。無線なので工事が不要で住宅の管理者の許可等も必要なくとても便利ですよね。

ですが回線速度が遅かったり通信量に制限があったりしてどれがいいのかよくわからないって思う方は多いんじゃないかと思います。

本ページでは自宅に固定回線を引きたいけど回線工事が出来なくて困ってる方や、転勤が多くて回線工事が煩わしい方に最適な無線インターネットの種類、月額料金等をまとめます。

 

先に結論から言うと、

・スピードにこだわるならWiMAX

・持ち運びするならMugen WiFi

が最適です。

鉄板のポケットWi-Fiがおすすめ

工事ができないのなら工事不要のWi-Fiを使えばいいのですが、はっきり言ってWiMAXかMugen WiFiの2択で選んでいいでしょう。

のちほどsoftbank Airと大手キャリアから出ているモバイルルーターを紹介しますが、コスバや利便性が圧倒的に違うためです。

ポケットWi-Fiの通信速度は光回線と比べると劣りますが、

  • 動画も視聴できるほど十分なスピードが出る
  • 外出先でも利用できる
  • 月額3千円ちょっとで使える
  • 実質無制限

とメリットが多いです。

もしも「どれを選んだらいいのかわからない!」と迷ったら、この2つから選ぶといいでしょう。

WiMAXとMugen WiFiの違い

WiMAXとMugen WiFiのそれぞれの違いについてご説明します。

 WiMAX
(BroadWiMAX)
Mugen Wifi
月額料金
※2年利用時の平均
3,353円3,280円
最大速度下り:867Mbps
上り:75Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
使っている回線独自回線
(WiMAX2+)
ソフトバンクのLTE
利用可能エリア人口カバー率90%だが
Mugen WiFiより狭い
ソフトバンクのLTEなので広い
利用制限3日で10GB
※超えると翌日の夜遅くなる
なし
※極度に多く使った場合は128kbpsに
契約期間3年の自動更新
※更新月以外で解約:違約金9,500円〜2万円
2年契約
※1年以内の解約:9,000円
※2年以内の解約:5,000円

月額料金はそれほど違いがありませんが、通信速度・利用可能エリア・通信制限・契約期間に違いがあります。

スピードはWiMAXのほうが速いですが、WiMAXは障害物によって電波が弱くなりやすいため使えるエリアがMugen WiFiより狭くなります。

またWiMAXの場合3日で10GB以上使うと翌日の夜制限がかかり、1Mbpsほどのスピードに落ちます。ふつうのサイトを見る分には問題ないですが、動画の視聴などは難しくなります。

契約期間の縛りはMugen WiFiは業界でもトップクラスにゆるいです。2年契約と短いだけでなく、2年契約終了後はいつ解約しても違約金がかかりません。対してWiMAXは2年以内の解約時は高額の違約金がかかり、2年以上経過しても更新月以外での解約は9,500円かかります。

どちらを選ぶかは上記の違いから自分に合ったほうを選ぶといいでしょう。

ねとみ
ねとみ
スピードにこだわりたいならWiMAX、お得にどこでも使えるようにしたいならMugen WiFiがいいですね。
小林
小林
WiMAXは結局自宅の電波状態が良くないと意味ないから、契約して遅かった場合には初期契約解除制度を使ってキャンセルするといいよ!
WiMAXの契約はクーリングオフでキャンセル可能?プロバイダごとにまとめるクーリングオフとは、契約後、一定期間内であれば契約を解除できる制度です。 「WiMAXを契約したけどやっぱり契約をキャンセルしたい...

固定回線専用の無線回線 softbank Air

はっきり言って上記のポケットWi-Fiがおすすめなのですが、参考までにその他の選択肢を紹介します。

ねとみ
ねとみ
softbank Airは「コンセントつなぐだけ」でつかえるWi-FiとしてCMでも有名ですね。

ソフトバンクが提供しているsoftbank AirはWiMAXと違い、固定回線専用の無線インターネットとなっています。

下の画像の機器を自宅に設置するだけで使用出来ます。

softbank air4

月額料金と通信速度

softbank Airの月額料金は4,880円通信速度は下り最大962Mbps(一部地域のみ)、通常エリアでも481Mbpsです。

気になる通信速度制限ですが、softbank Airは現段階で明確な速度制限の記載はなく、「制限なし」と告知されています。

が、利用環境に応じて当然速度は変わってきますし公式ウェブサイトでも「将来的に制限を設ける可能性はある」というような言いまわしで注意書きがあります。

softbank Airの対象エリアは下記サイトから確認出来ます。

WIRELESS CITY PLANNING提供エリアマップ

下画像は関東地方のsoftbankair対象エリアマップです(画像は110Mbps対象エリアです)。

softbank airエリア

softbankAirのさらに詳しい説明は下の記事からご覧いただけます。

ソフトバンクエアーを設置して快適にWi-Fiを使っている男性のイラスト
工事不要の固定回線 softbank Airは買いなのか?料金比較、評判等をまとめる最近はヤマダ電機やヨドバシカメラなどの家電量販店等でもおすすめされているsoftbank Air(ソフトバンクエアー)。 無線タイ...

softbank Air総評

価格はWiMAXやキャリアのデータ通信よりやや安く通信速度も現段階では無制限。最も優れた無線回線と言えますがデメリットが一つだけあります。

それは持ち運べないことです(正確には持ち運んではダメ)。

しかし完全に固定回線として使うなら専用機ということもあって最も安定して利用出来る回線です。

softbankのスマートフォンを利用している人は「おうち割」があるため月額最大1,000円引きで利用できます。

また、下記代理店を経由して契約すると、内容や料金は同じで35,000円のキャッシュバックが受け取れます。

参考:ソフトバンクエアー公式代理店サイト

携帯キャリアのモバイルルーター

最後にドコモやソフトバンクから出ているモバイルルーターを紹介しますが、先に言っておくとコスパが非常に悪いです。

ねとみ
ねとみ
WiMAXやMugen WiFiが出現してしまったので、過去の遺物のようになっています。

無線で出来るインターネットといえばモバイルルーターを真っ先に思い浮かべる人は多いんじゃないかと思います。※下の画像のようなやつです。一昔前にE-MOBILEが先行して販売していたポケットwi-fiが有名ですね。

ポケットワイファイ

ちなみに未だにモバイルルーターのことを総称してPoketWiFi(ポケットワイファイ)と呼ぶ人は多いですが正確にはPoketWiFiはE-MOBILEの商標なのでドコモやソフトバンク等他社が販売している同様製品はPoketWiFiではありません。持ち運びできるブロードバンドルーター、通称モバイルルーターと呼びます。

各携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)はそれぞれ形は違いますがモバイルルーターを販売しています。

それぞれざっくり説明すると下記の通り。

ドコモのデータ通信

スマートフォンと同じクロッシィ(LTE)を利用したデータ通信プランです。ドコモのデータ通信プランは基本的にドコモユーザーがスマホにプラスして利用するイメージです。

そのため月額料金は、利用しているドコモの月額料金にプラス1,400円/月が加算されるイメージ。※内訳:基本料金1200円+moperaUシングルプラン200円=1400円。

データ通信プランで加算される1400円はあくまで基本料金のため通信容量はスマートフォンの契約内容に準じます。

つまり現在ドコモスマホの契約がデータMパック(5GBのプラン)ならスマホと合わせて5GBしか使えません。

たっぷり使いたい人がウルトラデータLパック(20GB)を選んだとしても、ウルトラデータLパック(6,000円)+1,400円=7,400円とやや高額になってしまいます。

よって、現在ドコモのスマホを利用していて家ではあまりインターネットを利用しない人なら検討してもいいかと思いますが、それ以外の人には全くオススメ出来ないと言えます。

ドコモのポケットWi-Fiってお得なんですか?
ドコモのポケットWi-Fiの料金プラン、メリットとデメリットを分かりやすく解説する大手キャリアのドコモは携帯電話の他、ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)も取り扱っています。 料金プランが分かりにくく...

ソフトバンクの4G/LTEデータし放題フラット

ソフトバンクにはソフトバンクのLTE回線を利用したデータ通信専用プランがあります。

価格は機種代込みで3,696円

かつては3年目以降は4196円になっていましたが、今は月額使用料500円が永年割引となっており、ずっと3696円で使えます。

データし放題という誤解を招く言いまわしがされていますが毎月のデータ量が7GBを超えると速度制限がなされます。

月額4,000円程度で7GB利用出来るのでまあ悪くはないかもしれませんが、やはり家でガシガシインターネットを使いたいという人には通信速度制限のあるプランはオススメ出来ません。後述するWiMAXやsoftbank airと月額料金もあんまり変わらないので。

ソフトバンクのポケットWi-Fi
「辛口で評価!」ソフトバンクのポケットWi-Fiは買いか?料金プラン解説スマホや携帯のイメージが強いソフトバンクですが、実はポケットWi-Fi(モバイルデータ端末)も扱っています。 ポケットWi-Fiが...

auのモバイルルーターはWiMAX

auは現在独自でモバイルデータ通信のみの販売を行っておらずUQコミュニケーションズが提供するWiMAXを共販しています。

ちなみに国内のWiMAXを提供しているUQコミュニケーションズはKDDIのグループ会社です。

auのスマホ(または携帯電話)を利用している方はWiMAXとセットでスマートバリューが適用され、月額最大934円の割引があるのでなおお得です。

WiMAXとは
WiMAXとは何か?メリットとデメリットを分かりやすく解説WiMAXをご存じでしょうか? WiMAXは正式には携帯電話の3GやLTE等と同じ移動体通信方式の(世界基準の)規格の一種で、日本...

モバイルルーター総評

モバイルルーターはWiMAXを除いて、ドコモ、ソフトバンクともに通信制限があるため家でパソコンで動画をたくさん観たい人やネットゲームがしたい人には向いていません。

というのも7GBくらいあればスマホならそこそこ満足に使えるのですが、パソコンだと画面が大きい分データ量も大きくなるため通信制限があっという間にかかっちゃいます。

近年のキャリアが提供するモバイル回線、LTEは非常に安定した高速通信を実現していて固定回線としても十分利用することは可能ですが、通信制限があるため自宅メインで使うインターネットとしてはあまりオススメ出来ません

同様の理由でテザリングも自宅のネット回線として使うのはあまりオススメ出来ません。

ネットそのものをあまり使わないという場合でも後述するWiMAX等と月額料金があまり変わらないのでやはり微妙です・・・

まとめ

以上のことをまとめると、社宅や寮で光回線の工事が出来ない時に役立つ工事不要のネット回線は

・スピードにこだわるならWiMAX

・持ち運びするならMugen WiFi

が最適といえます。

是非検討してみてください。

Mugen Wifiの公式サイトはこちら

工事不要で持ち運びも可能なWiMAXをチェックする

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください