格安SIM

初めてでも安心!トーンモバイルの料金プラン、評判を解説

最近はCD&DVDレンタルショップなどが発売するスマホやSIMがかなり増えていますよね。

中でも評価が高くなっているのが、TSUTAYAが販売している格安SIM、TONEモバイル。人気俳優を使ったCMも話題になっているこちらの格安SIMの料金やプラン内容についてご紹介します。

TONEモバイルの料金プラン

TONEの料金プランは2つあり、

  • TONEモバイルオリジナル機種で額1,000円(税抜) パケット使い放題
  • iPhoneで月額1,500円(税抜) パケット使い放題

というシンプルなプラン。このプランに自分の必要なオプションをプラスする形になります。最も特徴的なのは、データ使用容量が無制限という点。

しかし、短期間における大量通信や、長時間通信には速度制限がかかるようです。更にアプリダウンロードや動画視聴をするためにはWi-Fi接続か高速チケットの購入が必要となります。

無制限だからと言って動画が快適に視聴出来るわけではないのでご注意ください。

また、標準プランには090通話及びSMS機能が付いていないため、LINE等のメッセージアプリなども利用できません

通話について

通話は標準でIP電話の利用が出来るようになっています。TONE同士、一部の050同士(050plusなど)であれば通話は無料です。

050以外への発信の通話料は国内一般電話で13円/3分、国内の携帯電話・PHSで21円/1分。

標準では通常の「090/080/070」の電話機能はついておらず、必要であればオプション(月額950円)を契約する必要があります。オプションで「090/080/070」プランにすればMNP(番号移行)も可能です。

他の格安SIMと比べても通話料が安い(他社は30秒/20円)ので、通話料を節約したい方にはオススメです。

さらにTONE電話かけ放題オプションが準備されており、月額500円でTONE電話アプリから発信する050 IP電話の10分以内の国内通話が回数無制限となるサービスです。

090電話かけ放題オプションもあり、5分以内の国内通話であれば回数無制限で月額750円で利用することができます

ただかけ放題オプションは、通話時間が無制限ではなく通話回数が無制限となるので注意が必要です。

 

TONEモバイルのスマホセット

TONEモバイルではiPhoneのSIMカード単体と、TONEモバイルスマホとTONESIMのセット販売だけの取り扱いになります。そのためTONEモバイルでiPhoneを使いたい場合は、別にiPhoneを準備しなければならないので注意が必要です。

機種名端末価格特徴
TONE e1919,800円Androi8.1、5.93インチHD+、デュアルカメラ、ROM32G、RAM3G

e19は子供から大人のすべての人に使いやすいスマホとなっています。顔認証だけではなく指紋認証を搭載しており、TONEモバイル購入時の箱の上にスマホを置くだけで不具合が無いかを検知し自動的に修復までしてくれます。

もちろんこどもの帰宅時間が遅い時に位置情報が分かるTONEファミリーや日々の運動量が分かるライフログなどの、安心安全で使えるサービスを搭載しています。

分割にも対応しているのでe19を24回払いで購入すると月額使用料は約2,000円。オプションが不要ならこの低価格で運用できます。

こちらはe19の顔認証機能を試している動画です。

各種オプションの料金プラン

基本プランがシンプルな分、090通話や高速通信などを使いたい場合はオプションの利用が必要になります。必要なオプションを使って自分でプランをカスタムできるという特徴があります。

プラン名プラン内容月額料金
TONE電話かけ放題 オプション050 IP電話への10分以内の通話回数無制限500円
TONE留守番電話オプション留守番電話サービスが利用できる180円
090音声オプション090、080、070電話が使用できる950円
090電話かけ放題オプション090音声オプションを利用した5分以内の通話を回数無制限750円
安心オプション破損・盗難時の端末交換500円
つながる端末保証 for TONE SIMTONESIM for iPhoneを利用している場合の修理サービス500円
TONEファミリーオプション子供・シニア向けに利用状況や制限を管理する0円
あんしんインターネットオプション年齢に適切なサイトだけを閲覧できるようにするフィルタリング0円
ウイルスチェックオプションウィルスチェックアプリの利用300円
SMSオプション090、080,、070の電話番号同士でメッセージを送受信できる100円
TONEメールオプションtone.ne.jpドメインのメールアドレスが利用可能80円
高速チケットオプション高速通信に切り替えるTONE端末300円/1G
iPhone445円/1G

090音声オプションの通話料は18円/30秒。MNPもできるので番号そのままで乗り換えたい方にもオススメです。

冒頭で紹介しましたが、電話かけ放題オプションは5分以内の国内通話の電話回数が無制限となり、通話時間は無制限とならないので注意が必要です。

高速チケットオプションは1回1GBの高速データ通信を追加するというオプションです。追加できるのは最大月間10回まで。

トーンモバイルは標準のデータ通信速度が遅いためYoutubeやhuluなどの高画質の動画を堪能することはできません。

動画の視聴やゲームアプリを要する場合は高速チケットオプションで対応するといったプランとなっています。

また、標準でSMS機能が付いていないためLINE等のメッセージアプリを必要とする場合はSMSオプションが必要です。

独自のアプリが豊富!

TONEには独自のアプリが沢山あります。こちらのアプリに関しても人気があり、TONEが注目されている理由の1つになっています。特にオススメなのが「one」「TONEファミリー」というアプリです。

「one」は音楽・写真・ノート・ファイル管理を1つにまとめたアプリ。スマホ端末からの管理はもちろん、PCでブラウザからoneのサービスにログインすれば各コンテンツを共用することが出来ます。

TONEかんたん決済を使って音楽配信サービスも利用できますし、スマホで撮った写真をプリントできるフォトプリントサービスも利用できるようになっています。1枚6円で送料90円という格安でプリントサービスが使えるので、スマホでよく写真を撮ると言う方にはオススメ。

「TONEファミリー」は親子でTONEを使っている場合に、無料で利用できます。子供のみがTONEの場合は月額200円が必要です。

子供がどこにいるのか把握できる位置情報機能や学校に居る間はゲームを禁止する、といった利用時間制限など豊富な機能で細かく子供のスマホ利用を制限できます。

TSUTAYAだからこそできる充実したサービス

全国展開しているTSUTAYAだからできる充実のサポートやサービスも特徴的です。まず初心者向けのアフターケアサービス。解らないことや手続きについてのギモンはコールセンターやリモートサポート、講習会などで解決できるうえに、一部のTSUTAYA店舗で直接対面サポートが受けられます。もちろん料金は無料。

月額料金・端末料金にはTポイントが貯まりますし、TONEが購入できる店舗も増えています。TSUTAYAの音楽キャンペーンやレンタル割引といったサービスも充実していて、こういったお得なサービスはこれからも拡大予定です。

評判、口コミを見てみる

トーンモバイルはオプションを付けずに使うと月額1,000円というまさに格安で利用できるわけですが、実際利用者の満足度はどうなんでしょうか。

twitter等で評判を見てみました。

マイプラン設定というのは高速通信のオプションで利用するアプリの名称のことです。つまり高速通信時の通信速度というわけですが、10.5Mbpsという十分な通信が出来る場合もあれば1Mbps以下という場合もある様子。

もちろん電波環境、利用環境によっては変わってくると思います。

元々標準で高速通信が出来ないライトユーザー向けのプランなので速度に関する情報は少なかったです。

格安スマホの注意点

TONEモバイルに限らず格安スマホ、格安SIMを利用する際には、以下の3点に注意が必要です。

  • 通話し放題プランがない(通話回数無制限はある)
  • キャリアメール(@docomo~等)のメールアドレスが有料
  • 動画視聴やアプリダウンロードには追加料金を支払う必要がある

その他格安スマホについてあまり詳しく解らないという方は下記ページをご参照ください。

知らないと失敗する格安SIMの5つのデメリット「月額なんと3,000円以下!」 「スマホ代が今の半額に!」 このような広告をテレビやインターネット等で見ることが最近多いで...

TONEの場合3大キャリアのような窓口はありませんが、オンラインでの購入・電話での購入に加えて店舗での購入、サポートを受けることも可能です。

他の格安SIMには縛りがない場合や半年程度のことが多いですが、TONEモバイルは2年以内に解約した場合、違約金9,800円が必要です。

それとTONESIM for iPhoneを利用する場合は自分でSIMフリー版かdocomo版のiPhoneが必要となります。auやソフトバンクのiPhoneの場合はSIMロック解除をしなければ使うことができません。

SIMとは何か?格安SIMの基本となるSIMについて分かりやすく解説格安スマホ、格安SIMを使えばスマホ代を大きく下げることが可能です。 私はauのスマホから格安SIMに乗り換えて8,000円くらい...

まとめ

シンプルでオシャレな独自端末や、1,000円でデータ容量無制限という点は他にない特徴なので非常に注目されています。さらに月額1,500円でiPhoneを利用することもできます。

まとめるとTONEモバイルは、

  • 家族でスマホを使いたい
  • 子供向け・シニア向けスマホを購入したい
  • Tポイントを貯めている
  • シンプルなスマホが欲しい
  • TSUTAYAをよく利用する

という方にオススメです。TSUTAYAが手掛けているという安心感もあります。格安SIMはよくわからない…。という方でもサポートが充実している分、入りやすいと言えます。2台持ちの方にも最適。

しかし、子供やシニア、初心者をメインターゲットとして作られているので、逆にヘビーユーザーの方には向かないスマホです。

以前よりもキャンペーンやサービスも充実してきており、家族にスマホを持たせようと考えている方や、シンプルなスマホを探している方はぜひチェックしてみてください。

⇒月額1000円 無料で何でもサポート はじめてにやさしいスマホ【TONE】の公式サイトはこちら
インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください