ネットワークの基本

テレワーク・リモートワークに!すぐ導入できるおすすめのWi-Fi環境を紹介

テレワーク向きのおすすめWi-Fi環境

「リモートワーク」「テレワーク」という働き方において必須なのはWi-Fi環境です。

今では多くの仕事がインターネットを介して行われており、リモートワークやテレワークにおいて通信環境の整備は必須であると言えます。

多様な働き方が増えるなか、急に職場外で仕事をする必要が出ることも。そのようなときに備え、すぐに導入できるWi-Fiについて知っておいて損はありません。

この記事では、テレワークやリモートワークにおすすめの「すぐ導入できるWi-Fi環境」について紹介します。

すぐ分かる結論
  • テレワークやリモートワークには「導入までが早い」「解約金がかからない」「データ通信容量が多い」ものがおすすめ
  • モバイルWi-Fiなら「それがだいじWiFi」がおすすめ
  • ホームルーターなら「GMOとくとくBBのWiMAX」がおすすめ

※記事内の価格は全て税抜です。

テレワーク・リモートワークでWi-Fi環境を構築するときのチェックポイント3つ

まず、テレワーク・リモートワークでWi-Fi環境を構築するときに必要なチェックポイント4つについて解説します。具体的には次の3つを踏まえて導入検討しましょう。

①すぐ導入できる

冒頭でもお伝えしたように、リモートワークやテレワークをするのにWi-Fi環境は必須です。Wi-Fi環境がないと仕事が進まないため、すぐに導入できるかどうかが大きなポイントとなります。

特に光回線は導入時に工事が必要で、長いものだと1ヶ月以上かかるものも。1ヶ月もWi-Fiがないのは仕事の進捗が大幅に遅れてしまうので、導入までのスピードは非常に重要なのです。

②解約金がかからない

多くのWi-Fi環境は契約期間が定められており、契約期間内の解約は違約金が発生します。Wi-Fiを導入したものの、自分に合わなかったり、会社から貸与されるようになるなど不要になってしまうことも。

なるべくなら余計なお金は払いたくないもの。そのため、解約金がかからないか、少額で済むWi-Fiを選択しましょう。

ねとみ
ねとみ
また最近では、短期でWi-Fiルーターをレンタルすることで解約金がかからないものもあります。キャッシュバックで解約金が相殺できるものもありますよ。

③必要なデータ通信容量を満たしている

Wi-Fi環境の種類によっては、データ通信容量にも気を配らないといけません。

特にモバイルWi-Fiルーターには、例えば「3日で10Gまで」とデータ通信容量が決まっているものが多くあります。3日で10Gはインターネットをするくらいなら問題ありませんが、動画の視聴やビデオ通話が多いと10Gの上限を超える可能性があります。

データ通信容量の上限を超えると、多くの場合は通信速度が低速化してしまうのです。低速化すると通信に時間がかかってしまうため、業務に支障をきたします。そのため、データ通信容量も確認すべきポイントなのです。

ねとみ
ねとみ
プライベートで動画を見る人は、仕事用のWi-Fiを使って上限を超えないよう注意しましょう。

テレワーク・リモートワークにおすすめのWi-Fi環境

上記のポイントを踏まえたうえで、どのようなWi-Fi環境を導入するべきかをお伝えします。Wi-Fi環境にはいくつかの種類があるのですが、特におすすめなのはこの2つです。

  • モバイルWi-Fiルーター
  • ホームルーター

モバイルWi-Fiルーターとは持ち運びができるものです。

モバイルルーター

持ち運びができるため、自宅でなくても外出先で仕事もできます。しかし前述の通り、データ通信容量の上限があるものが多いです。

一方、ホームルーターとは据え置き型のものです。

ホームルーター

持ち運びはできませんが、モバイルWi-Fiルーターよりも安定した通信が期待できます。

モバイルWi-Fiルーターとホームルーター、どちらがおすすめ?

モバイルWi-Fiルーターとホームルーターはそれぞれに特徴があるため、どのような人におすすめなのかが異なります。

モバイルWi-Fiルーターがおすすめな人

出先で仕事をすることが多い人

モバイルWi-Fiルーターの魅力は、前述の通り持ち運びができることです。そのため場所を問わず出先で仕事をすることが多い人にはおすすめです。

ホームルーターがおすすめな人
  • 自宅で仕事することが多い人
  • ビデオ会議が多い人

一方、ホームルーターは持ち運びができないため、自宅で作業することが多い人に向いています。また通信の安定性もあるため、ビデオ会議が多い人にはホームルーターがおすすめです。

光回線やテザリングをおすすめしない理由

Wi-Fi環境には、他にも「光回線」や「テザリング」というものがあります。しかし、これらをリモートワークで使うのはおすすめしません。

まず、光回線は通信の安定性が高く、データ通信容量の上限もないため、Wi-Fi環境としては最も理想的です。

しかし、前述の通り光回線の導入には工事が必要であり、工事までに時間が空きます。そのためWi-Fiなしで仕事する期間ができてしまうため、リモートワークにはおすすめできないのです。

もうひとつのテザリングとは、スマホをWi-Fiルーター代わりにして通信を行う方法です。テザリングはスマホで通信ができれば、ほとんどの機種で使えるため、手軽さはピカイチです。

しかし、テザリングは安定性に欠けるほか、スマホのデータ通信容量を消費します。テザリングはスマホの電波をWi-Fiに変換して使うため、通信の安定性は乏しいです。またスマホのデータ通信容量を気にしながらWi-Fiを使うのはストレスを感じるため、テザリングもテレワークにはおすすめしません。

おすすめのモバイルWi-Fiは「それがだいじWiFi」

テレワークやリモートワークにおすすめのモバイルWi-Fiは「それがだいじWiFi」です。以下に情報をまとめました。

項目内容
料金3,250円
容量100GB
速度制限あり
契約期間2年
解約違約金更新月以外:4,500円(税抜)+端末残債(1,000円 x 24回払いの残り)
更新月(25ヶ月目/2年ごと):0円

それがだいじWiFiは月3,250円でデータ通信容量が月150GBです。

多くのモバイルWiFiルーターは3日で10Gまでなので、データ残量の心配をしなくていいのは大きなメリットです。しかし、膨大な量のデータ通信をすると、一時的に通信制限をかけられる可能性があります。

またそれがだいじWiFiは「クラウドSIM」を採用しています。クラウドSIMとは、SoftBank・au・docomoの3回線の中から最も通信状況がいい回線に接続してくれる仕組みのことです。これにより、エリア圏外になりにくいというメリットがあります。

Wi-Fiルーターの契約で気になる契約期間については、クラウドSIMでは最低1ヶ月契約すれば解約金はかかりません。

その分、故障や紛失したときには30,000円がかかります。しかし月400円の「それがだいじ安心パック」に加入していれば2,000円で済みます。

ねとみ
ねとみ
なんにせよ、紛失・故障させないようにしましょう!
月間利用料が100GBまでの人なら、それがだいじWi-Fiおすすめできます
それがだいじWiFiはおすすめできる?サービス内容・メリット・デメリットから検証してみた2019年からサービスを開始した「それがだいじWiFi」。業界でも珍しい、100GB保証プランのみというシンプルな料金プランが注目を集めています。モバイルWiFiサービスが乱立する中で、それがだいじWiFiは本当におすすめなのか、紹介していきます。...

おすすめのホームルーターは「GMOとくとくBB」のWiMAX

次に、テレワークやリモートワークにおすすめのホームルーターは「GMOとくとくBB」でプロバイダ契約したWiMAXです。

WiMAXのホームルーターは機種を選択できるのですが、機種は「Speed Wi-Fi HOME L02」がおすすめです。まずは各情報を見てみましょう。

項目ギガ放題ライトプラン
月額料金1~2カ月目:3609円
3〜24カ月目:4,263円
25カ月目以降:4,263円
1カ月目以降:3,609円
キャッシュバック最大31,000円
(毎月変更します)
受け取り方法11カ月後に振り込み
他キャンペーンクレードル無料
選べる機種WX06, W06, HOME02, L02
支払方法クレジットカードのみ
解約方法マイページ


※1:1〜2ヶ月目の料金。3ヶ月目以降4,263円
※2:1ヶ月目〜12ヶ月目解約の場合。13ヶ月目〜24ヶ月の解約は14,000円、25ヶ月目以降契約更新月以外の解約は9,500円
※3:2020年8月時点

このように、GMOとくとくBBには「ギガ放題プラン」があり、無制限でデータ通信が可能です。ホームルーターは電源に接続されているため、電波の安定性も期待できます。

ホームルーターは解約金なしのものがなく、レンタルだと月額料金が割高になります。しかしGMOとくとくBBで契約すれば、3万円以上のキャッシュバックがあるため、解約金のデメリットを相殺できるのです。

WiMAXの最安級?!GMOとくとくBBはおすすめか?プランや評判をまとめる無線のインターネット、モバイルWi-Fiルーターとして定評のあるWiMAX。 WiMAXは現在so-netやビッグローブ、ニフティ...

まとめ:テレワーク・リモートワークにおすすめのWi-Fi

この記事では、テレワークやリモートワークにおすすめのWi-Fi環境について紹介しました。

記事のまとめ
  • テレワークやリモートワークには「導入までが早い」「解約金がかからない」「データ通信容量が多い」ものがおすすめ
  • モバイルWi-Fiルーターなら「それがだいじWiFi」がおすすめ
  • ホームルーターなら「GMOとくとくBB」でプロバイダ契約したWiMAXがおすすめ

今後さらにリモートワークやテレワークの需要が拡大していくことも考えられるため、早めにWi-Fi環境を整えることをおすすめします。

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください