ポケットWi-Fi

「辛口で評価!」ソフトバンクのポケットWi-Fiは買いか?料金プラン解説

ソフトバンクのポケットWi-Fi

スマホや携帯のイメージが強いソフトバンクですが、実はポケットWi-Fi(モバイルデータ端末)も扱っています。

ポケットWi-Fiがあればパケットを気にせずにスマホやパソコンが使えるので、

小林
小林
ソフトバンクのポケットWi-Fiって実際どうなの?

と関心を持っている人も多いのではないしょうか。

結論から言うとソフトバンクのポケットWi-Fiは買いではありません。他にもっと良いポケットWi-Fiが多数あるからです。

しかし現在ソフトバンクでは特別キャンペーンを行っており、お得に使用することができます。
※特別キャンペーンは2019年9月12日に終了しました。

今回はソフトバンクポケットWi-Fiのキャンペーン詳細・料金について「辛口で」解説します。

WiMAXとの比較はこちらから先に読めます

SoftbankのポケットWi-Fiのプラン

2019年9月12日までは月額料金が500円割引されるキャンペーンが実施されていましたが、特別キャンペーンは現在行われていません。

特別キャンペーンのソフトバンク公式サイト

当時は「4G/LTEデータし放題フラット」というプランがあり、他のポケットWi-Fiと似たような料金体系となっていましたがそのプランもなくなりました。

そのためソフトバンクのポケットWi-Fiは非常に割高となっています。

➡もっと良いポケットWi-Fiをチェック

現在ソフトバンクのポケットWi-Fiでは以下の3つのプランを選べます。

  • データシェアプラン
  • ウルトラギガモンスター+ forデータ
  • ミニモンスター forデータ

名前は耳障りが良いのですが、プラン内容はどれも

小林
小林
利用者にとって何のメリットがあるんだろう?

と首をかしげたくなります…。

プラン1:データシェアプラン

簡単に言うとこういうプランです。

毎月980円+端末分割払い代金を払ってテザリング代替機を手に入れるプラン

小林
小林
ん?どういうこと?

今どきのスマホやタブレットにはたいていテザリング機能がついています。

ソフトバンクWi-Fiのデータシェアプランでは親機のパケットをスマホとポケットWi-Fiでシェアできるのですが、スマホにテザリング機能があるのでパケットをシェアすることは完全に無意味なのです。

ポケットWi-Fiを持つことでパケットが増えるならともかく、このプランではまったく増えないので「スマホにテザリング機能があることを知らない人」をねらった悪質なプランと言えなくもないです。

プラン2:ウルトラギガモンスター+ forデータ

プランのイメージ図

このプランも驚くべきプランです。

なんと

使い放題でもないWi-Fiに月額7,480円+端末分割代金を支払うプラン

なのです。

一般的なポケットWi-Fiであれば月額3,000円代が相場です。

ところがソフトバンクのポケットWi-Fiは一般的な料金の2倍以上なのです。

2倍以上の料金を払ってたったの50GBしか使えないポケットWi-Fiを使う人がいるのだろうか?と思うのですが、ポケットWi-Fiについて何も知らない人は契約してしまうのかもしれません。

プラン3:ミニモンスター forデータ

プラン2のウルトラギガモンスター+ forデータは50GBに6,500円を支払う定額プランでしたが、この「ミニモンスター forデータ」は使った量に応じて変わるプランです。

データ利用量料金
〜1GB3,000円/月
〜2GB5,000円/月
〜5GB6,500円/月
〜50GB7,500円/月

WiMAXどんなときもWi-Fiといった他社のポケットWi-Fiを知っている人が見たらひっくり返ってしまうような料金です。

ポケットWi-Fiの端末料金

ソフトバンクのポケットWi-Fiは現在以下の2つから選べます。

601HW。下り速度最大612Mbps。分割払い170円/月。
最新機種。802ZT。下り速度最大988Mbps。分割払い750円/月。

どちらも36回分割払いですが、最近機種の802ZTのほうが毎月の支払いが高くなります。

基本料金980円とは別に端末代金がかかるのでデータシェアプランでも下記の料金がかかります。

601HWをデータシェアプランで使う場合の料金

対応エリアについて

ソフトバンクのポケットWi-Fiの対応エリアは3つあります。

  • Hybrid4G LTE(4GLTEと4G両方を自動選択)
  • 4GLTE
  • 4G

対応エリアはHybrid4G LTE > 4GLTE >4Gの順に広くなっています。

Hybrid4G LTEの対応エリア。一番広い。
4GLTEの対応エリア
4Gの対応エリア。非常に狭いですがポケットWi-Fiには関係ありません。

ソフトバンクの回線を使っているので流石に対応エリアは広いです。

WiMAXと比較

比較というのはある程度レベルの近いものを対象とするものですが、今回はレベルの違うとわかっていますがあえて比較します。

まずは7GBの月間利用制限のあるWiMAXツープラスとの比較。

 ソフトバンクWi-Fi
(ミニモンスター)
WiMAX
(ツープラス)
料金7,480円
(基本料980 + 6500)
※端末代は別途かかる
3,696円
制限月間5GB月間7GB

使える容量はWiMAXより小さいのに料金は2倍以上となっています。

 

つづいて使い放題プランWiMAXギガ放題との比較。

 ソフトバンクWi-Fi
(ウルトラギガモンスター)
WiMAX
(ギガ放題)
料金7,480円
(基本料980 + 6500)
※端末代は別途かかる
4,380円
制限月間50GBまで月間制限なし
3日間10GBで規制

7,480円はミニモンスター5GBの時と同額です。

だからといって

「10倍の容量が同じ値段で使えるなんてお得じゃん!」

とはここまで読んだ人は思いませんね。

 

WiMAXに1点だけ勝てる部分があるとしたらプランの名前。

「ウルトラギガモンスター」vs「ギガ放題」。

どちらかといえばウルトラギガモンスターのほうが強そうですw

WiMAXのエリアはどうか?

下の画像はWiMAXの対応エリアとなっています。

人口カバー率は90%を超え、よほどの過疎地域でなければ使えます。

しかし携帯電話ネットワークではないので、ソフトバンクのポケットWi-Fiよりは利用可能エリアが狭くなっています。

とはいえわざわざ2倍以上のお金を払ってソフトバンクWi-Fiを使う必要はありません。

ソフトバンクスマホを持っているのであればテザリング機能を使えばいいのです。

WiMAXのエリアはこちらで確認出来ます。

ソフトバンクのWi-Fiのエリアはこちらで確認出来ます。

ソフトバンク回線のNEXTmobileと比較

テザリングをつかえばスマホがWi-Fi端末化できますが、

  • スマホではなく携帯を使っている
  • WiMAX対応エリアではないけど、インターネットをたっぷり楽しみたい!

こういった場合はどうすればいいのでしょうか?

小林
小林
どうしたらいいの?

光回線を引いてしまうというのがスタンダードな方法ですが、光回線の場合

  • 回線工事があるためすぐには使えない
  • ルーター設定が必要
  • 家の中に配線が増えて邪魔
  • 外出時に使えない
  • 引越し時には手続きが必要

などの問題もあります。

上記の問題を避けたい場合には同じソフトバンク回線を使ったポケットWi-FiであるNEXTmobileを検討してみましょう。

端末は違うものを使いますが、利用している回線はソフトバンクなのでエリアはかなり広いです。

NEXTmobileの料金プランは以下の通り。

 20GBプラン30GBプラン50GBプラン
月額料金2,760円3,490円4,880円
月間データ容量20GB30GB50GB
1GBあたりの
月額利用料
約138円約116円約97円

Wi-Fi本体の最大速度が150Mbpsなので性能はやや劣りますが、月額料金は半分近くとなっています。

 20GBプラン30GBプラン50GBプラン
NEXTmobile2,760円3,490円4,880円
ソフトバンクWi-Fi7,480円7,480円7,480円

回線速度の評判も悪くない様子。

ソフトバンクWi-Fiを使うくらいならこちらの方がおすすめですね。

NEXTmobileの公式ページはこちら

どんなときもWi-Fiと比較

どんなときもWi-Fiは一言でいえばWiMAXの対抗馬として登場した今注目のポケットWi-Fiです。

WiMAXとの違いを比較すると下記のようになります。

【どんなときもWi-Fiの特徴】

  • ルーター端末はレンタル(無料)
  • データ容量無制限
  • 海外でもそのまま使える
  • エリアが広い

【WiMAXの特徴】

  • 通信速度が速い
  • キャンペーンや割引が多い
  • 提供している会社や選べるルーター端末が多い

WiMAXは専用回線を引いていますが、どんなときもWi-Fiは携帯キャリア3社の回線を使っています。

そのため対応エリアが広いのが特徴。

海外でも使えることやWiMAXにあるような3日で10GBという利用制限もありません。

WiMAXとの比較は下記記事でくわしく書いていますので、気になる場合はご一読ください。

モバイルWi-Fiの定番、WiMAXと話題のどんなときもWiFiを比較してみたどんなときもWi-Fiの契約をお考えですか? どんなときもWi-Fiは通信無制限で評判も良く、とても魅力的ですよね。 ...

まとめ

今回はソフトバンクのポケットWi-Fiについて紹介しましたが、残念ながら辛口で書くしかありませんでした。

事実をぼやかして間違ってソフトバンクのポケットWi-Fiを契約してしまったら申し訳ないからです。

今後何らかの変化があるかもしれませんが、現状ではソフトバンクWi-Fiは使うべきものではないと言えるでしょう。

WiMAX・NEXTmobile・どんなときもWi-Fiの3つを紹介しましたが、多くの人にとってメリットが多いのはどんなときもWi-Fiです。

さきほど紹介したWiMAXの比較記事をしっかりと確認して、自分の利用方法に合っていると感じたら検討してみましょう。

どんなときもWi-Fi

対応エリア最大級

・月額料金も安い
・対応エリア最大級
・通信制限なし

などのメリットがあるどんなときもWi-Fiは現在人気沸騰中のポケットWi-Fiとなっています。

ドコモ、au、ソフトバンクのマルチキャリア対応のため、エリアが広くまた回線速度も安定していておすすめできます。

詳細を見てみる

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください