ソフトバンク光

驚がく!ソフトバンク光でIPv6通信にしたい場合はオプション加入が必要

ソフトバンク光 IPv6通信する方法, 申込から接続まで詳しく解説

光回線の中でも、より高速の「IPv6」でストレスなく快適にインターネットを使いたい。

せっかく光回線にしたのに、回線速度が出ないので「IPv6」に変更したい。

と考えている方へ「IPv6」を利用するための申込み方法や設定方法、費用や接続するまでの流れを解説します。

「IPv6」を利用するための申込の流れと設定方法

ソフトバンク光で「IPv6」の「高速ハイブリット通信」を使う場合、現在すでに契約をしている人と、新規申込みの人では流れが異なりますので、ひとつひとつ順を追って説明します。

「IPv6」の申込方法

現在ソフトバンク光を契約中の方は以下の手順で行いましょう。

  1. 現在の接続を確認
  2. 電話またはWebから申し込み

申込みをする前に、現在の接続が「IPv4」であることを確認してみましょう。(すでに「IPv6」で接続になっていれば、速度が遅い原因が別にあると切り分けできます)

※ソフトバンク公式サイトの「IPv6接続確認ページ」で、現在の接続方式がわかります。

現在の接続が「IPv6」ではないことが確認できたら、電話(0800-111-2009)もしくはmy softbankから「光BBユニットレンタル」と「Ipv6通信オプション」の2つのオプションを申込みます。

※「Ipv6通信オプション」とは、現在の「IPv4」から接続方式を変更する手続きです。希望日の当日~翌日に自動で接続機器の切り替えを行うので、事前に「光BBユニット」の接続をしておきましょう。

もし「光BBユニット」の到着が遅れ、自動切り替えのタイミングに間に合わなくても、手動でも切り替えできるので、安心してくださいね。

これで基本の申込みは完了なのですが、ひとつ注意点があります。それは、この2つのオプション契約だけでは「有線」での接続しかできないということです。

「無線(Wi-Fi)」を使ってPCやスマホなどを接続したい場合は、別途「Wi-Fiマルチパック」のオプション契約が必要となります。

光BBユニット」自体には「無線」機能が内臓されているので「Wi-Fiマルチパック」を申込み後は、面倒な設定をすることなく「無線」で接続できます。

ここまでが「有線」または「無線」で「IPv6」接続するためのオプション追加の方法となります。

ソフトバンク光のBBユニットとは?メリットや市販ルーターとの違いを紹介ソフトバンク光ではレンタルできるルーターとして「BBユニット」というものを提供しています。 ソフトバンク光で光回線を契約しようと考...

【新規契約の場合】

申込みの段階で、自分の接続方法に合わせて「光BBユニットレンタル」「Ipv6通信オプション」「Wi-Fiマルチパック」のオプションをつけるだけでOKです。契約後に追加する手間を考えると、最初から一緒に申込みをしておくことをオススメします。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

「IPv6」接続の設定方法

IPv6」の接続設定は、実はとってもカンタンです。「光BBユニット」はソフトバンク側で設定が完了している状態で届くので、すでに設置済のVDSLやONUと、パソコンの間にLANケーブルでつなぐだけ。

配線がわからない場合は、こちらからソフトバンクの公式HP内で、現在の契約内容に合った配線図を確認できます。

以下は、ホームタイプの配線図の一例です。こんな感じで図になっていると、わかりやすいですよね。

ONUをご利用の場合の配線

自宅の機器に合わせた配線を終えたら、「IPv6」で接続ができているはずです。PCの電源を入れてインターネットに接続できるか試してみましょう。

無事に接続ができたら、本当に「IPv6」で接続できているか、以下の方法で確認します。

  1. my softbank」にログインし「お客様情報」をクリック。「お申込みサービス」の欄に「IPv6 IPoE+IPv4」と表記されていれば、接続方式の変更は完了しています。
  2. ソフトバンク光公式サイトの「IPv6接続確認ページ」で接続を確認。「IPv6インターネットで接続されています」と表示されていればOK。

この2つで確認ができれば、もう安心。「IPv6」方式でインターネットの接続ができているので、「高速ハイブリッド接続」を思う存分楽しみましょう。

もしいずれかの確認方法で「IPv6」に切り替わっていない場合は、ソフトバンク側の設定が完了してないか、NTTのひかり電話ルーター(ホームゲートウェイ)の設定変更が必要か、「光BBユニット」本体の初期不良など、いくつかの原因が考えられます。

まずはソフトバンク光のサポートセンター(0800-111-2009)に問い合わせをして、原因を切り分けていきます。

問い合わせの結果、NTTのひかり電話ルーター(ホームゲートウェイ)が原因とわかった場合、手動で「IPv6パケットフィルタ設定」の変更が必要です。

こちらからソフトバンク光の公式サイトでも、設定変更が必要な機器かをルーターの型番で確認することができます。

【「IPv6パケットフィルタ設定」の変更方法】

  1. 型番で設定変更が必要な機種か確認する(型番はルーターの側面か底面に記載)
  2. 図のようにルーターとパソコンをLANケーブルでつなぐ機器とパソコンをLANケーブルで接続
  3. ブラウザのアドレス欄に「http://ntt.setup/」か「192.168.1.1」と入力して、ルーターの設定画面を開きます。
    ルーターの設定画面をはじめて開く場合は、「機器設定用の初期設定」の画面が出るので任意の半角英数字(および記号)32文字以内でパスワードを入力し、設定します。パスワードを設定した後は、「ユーザー名」と「パスワード」を入力する画面が出るようになるので、「ユーザー名:user」「パスワード:設定した任意のパスワード」を入力してルーターの管理画面にログインします。
  4. ログインができたら、左側のメニューから「詳細設定」→「IPv6パケットフィルタ設定」を選択。「IPv6ファイアーウォール機能」が「有効」になっていたら「無効」に変更し「設定」をクリックします。この設定をすることで、「IPv6パケット」を通過させ、「IPv6」を利用できるようになります。※ルーター管理画面のイメージ           (参照:ソフトバンク光公式サイト)

    [無効]を選択し、[設定]をクリックしてください

  5. 「IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)」にチェックが入っている場合は、「有効/無効」のチェックボックスをはずして、「設定」をクリックします。

    ※ルーター管理画面のイメージ(参照:ソフトバンク光公式サイト)

    [設定]をクリックしてエントリを無効にしてください

  6. BB光ユニットを加えた状態の配線に戻して、NTTのひかり電話ルーター側の設定変更は完了です。念のため「IPv6」に切り替わっているかも確認しておきましょう。

    以上が、ソフトバンク光で「IPv6」方式で接続するための設定となります。

    「IPv6」の追加オプション申込みから、実際に接続できるまでの期間は「BBユニット」が届くまでの日数によります。最短で3、4日として1週間程度みておくと良いでしょう。

ソフトバンク光で「IPv6」を使うときの月額料金

ソフトバンク光で「IPv6」接続するためにかかる費用についてみていきましょう。

通常の月額料金に加えて光BBユニットレンタル料がかかる

ソフトバンク光の基本となる月額料金は、ホームタイプで4,700円~6,300円、マンションタイプで3,800円~4,900円です。(更新年数によって異なる)「IPv6」で接続する場合、この月額料金にプラスして、以下の追加オプション料金がかかります。

Ipv6通信オプション光BBユニットレンタルWi-Fiマルチパック
無料467円/月(税抜)990円/月(税抜)

無線(Wi-Fi)で使う場合、上記のオプション全てが必須なので、月額1,457円(税抜)が通常の月額料金に上乗せになります。

なので、金額的な負担が大きくなってしまうのですが、「ソフトバンク」か「ワイモバイル」でスマホやタブレットを契約している人なら、「おうち割 光セット」が適用となり、3つのオプションを月額500円(税抜)で利用できるのです。かなりお得になりますね!

そもそも「IPv6」にした方がいいの? しなくてもいい?

追加料金や切り替えの手間をかけてまで、「IPv6」を使った方が良いのか迷ってしまう方もいると思います。そこで、検討する材料としてもう一度「IPv6」で接続するメリットを考えてみましょう。

ソフトバンクの「光BBユニット」を使った「IPv6高速ハイブリッド通信」には、混雑している「ISP事業者網」を迂回して、空いている「ISP事業者網」を選んで通信を行う特性があります。

簡単にいうと、混雑をさけて接続してくれるということですね。そのため、どの時間帯でも安定してストレスを感じることなく、高速でのインターネット接続を楽しめるのが「IPv6」を使う最大のメリットなのです。

現状インターネットを使っていて、回線速度に不満がなければ、無理に変更する必要はありません。ただ時間帯によって速度が落ちる、全体的に遅い、など少しでも不満を感じているのであれば、「IPv6」への切り替えも選択肢のひとつとして考えてみましょう。

まとめ

ソフトバンク光で「IPv6」を利用する場合の申込みの流れから設定方法までを詳しくみてきました。

ソフトバンク光の「IPv6高速ハイブリット通信」は、回線が混雑する時間帯の影響を受けることなく、常に高速で通信を行う魅力のある接続方式です。

「IPv6」を利用するためには追加の料金はかかりますが、おうち割 光セット」の対象者であれば追加オプションが安くなるなど、コストダウンする方法もあります。通信速度の向上や回線品質の改善に興味のある人は、一度体験してみてはいかがでしょうか。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください