so-net光

So-net光プラスのルーターはどれを選べばいい?選び方とおすすめを紹介!

so-net光プラス Wi-Fiルーターの選び方。おすすめ機種も紹介

So-net光プラスは、リーズナブルな価格設定でインターネットを利用できるとあって、高い人気をほこっています。

より便利に使うために、ルーターにこだわることも重要です。

小林
小林
ルーターはレンタルと自分で購入する場合があるんだね…!
ねとみ
ねとみ
そうなんです!レンタルと購入で、それぞれメリットとデメリットがあることも覚えておきましょうね。

実際にSo-net光プラスを使用する場合、レンタルと購入どちらがお得なのでしょうか?

また、購入する場合にどのルーターがおすすめなのでしょうか?

そこで本記事では、So-net光プラスで使用するルーターについて、ルーターの選び方やおすすめのルーターを紹介します。

すぐ分かる結論
  • 多くのデバイスを接続したのであれば購入がおすすめ
  • 使用するシーンを想定して、最適な性能のルーターを選ぶことが重要
  • So-net光プラスに適したルーターがある
So-net光プラスのメリットとデメリットと評判
【安さに注意】So-net光プラスの評判・口コミはどう?料金とメリット・デメリットを解説フレッツ光のプロバイダシェアでOCN・Yahoo!・ビッグローブに次いで、第4位に位置するSo-net光プラス。 v6プラスの導入...

So-net光プラスのWiFiルーターはレンタルと購入品のどちらがいい?

So-net光プラスでは、ルーターをレンタルする方法と購入する方法があります。

それぞれにメリットもデメリットもあるので、内容をしっかり理解した上で、どちらを選択するか決定する必要があります。

レンタルと購入品の違いやそれぞれの特徴について、詳しく解説します。

レンタルのメリットとデメリット

レンタルでは、Wi-Fiルーターを月440円(税込)で借りれます。

しかも、次世代通信である、「v6プラス」対応のWi-Fiルーターをレンタルできます。

v6プラスとは平たく書くと、下記の通信方式を提供しているものを示します。

  • IPv6 IPoE
  • IPv4 over IPv6

IP(インターネットプロトコル)には、古い方式の「IPv4」と新しい方式の「IPv6」があります。

インターネットが普及したことで、IPv4のIPアドレス枯渇化による回線の混雑が生じています。

そういった背景もあり、実質無制限に近い数のIPアドレスで混線を回避できるIPv6への移行が進んでいます。

「IPv4 over IPv6」は、IPv4とIPv6の両方に対応できる技術のことです。

通常、新しい方式のIPv6でIPv4のサイトは見られませんが、IPv4 over IPv6に対応していることで、どんなサイトでも見られるようになります。

つまり、v6プラスを利用すれば、どんなサイトも問題なく閲覧できて、速度の改善も期待できます。

so-net光プラス、IPv6プラス利用方法を申込からバッチリ解説。
So-net光プラスはIPv6(v6プラス)に対応してる? 設定・確認方法をあわせて紹介!【やさしくねっと.】では、So-net光プラスのIPv6(v6プラス)の特徴や設定方法などを解説します。リアルな口コミも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。...

レンタルで使えるルーターは、NECプラットフォームズの「Aterm WG1200HS4(NE)」です。

Aterm WG1200HS4(NE)
引用:aterm

v6プラス対応ルーターではあるものの、最新テクノロジーを搭載しているわけではなく、良くも悪くもふつうのルーターです。

月額利用料金は1ヶ月無料で利用可能ですが、もし解約する場合は返却が必要となります。

返送できない場合は未返却違約金が6,200円(不課税)、故障した場合は有償交換手数料6,820円(税込)がかかります。

とはいえ、中継器としても使用できるなど、その用途の広さも魅力であり、初心者でもかんたんに設定できる点も評価できます。

ただ、長期間使用し続ける場合、購入したほうがお得になるのが難点です。

購入品のメリットとデメリット

自身でWi-Fiルーターを購入して使用する場合、最新スペックの機種を選べる点がメリットです。

Wi-Fiは常に進化し、通称「Wi-Fi6」と呼ばれるIEEE802.11ax規格が登場しました。

Wi-fi6では、より高速で同時接続しても安定してインターネットを楽しめるようになりました。

レンタルで提供されているAterm WG1200HS4(NE)は、残念ながらこのWi-Fi6に対応していません。

自分でルーターを調達すれば、Wi-Fi6対応ルーターも当然選べるわけで、より高速にインターネットを楽しむことができます。

また、レンタルは毎月のランニングコストがかかりますが、購入品だと初期投資だけでそれ以外の費用は発生しません。

ただし、Wi-Fiルーターによっては、複雑な設定が必要になり、初期設定だけでも時間がかかるという場合も想定されます。

高価な機種を購入する場合は、レンタルで毎月費用を支払った方がお得になるケースもあります。

たくさんの機器を接続する人には購入品がおすすめ

IoT

レンタルするか購入するかで決めかねる場合、接続する機器数によって判断するのもおすすめです。

レンタルルーターのAterm WG1200HS4(NE)は、Wi-Fi接続台数が15台、利用人数は5人までとなります。

これはあくまでも目安であり、実際はもう少し少ない台数を接続しても、処理が追いつかずに回線遅延が発生する可能性があります。

また、6人以上の家族で利用する場合、レンタルでは物足りなさを感じてしまいます。

したがって、より多くの機器を接続したい場合、必然的に購入して利用することを選択する必要があります。

So-net光プラスにおすすめのWi-Fiルーターの選び方

ここでは具体的に、So-net光プラスにおすすめのWi-Fiルーターの選び方について解説します。

v6プラス対応であること

IPv6

ルーター選びの大前提として、v6プラスに対応しているかどうかで選ぶことが重要です。

従来のIPv4の場合、IPアドレスがすでに枯渇し始めていることもあり、インターネット速度の遅延が見られる場合があります。

一方、v6プラスを利用することで、安定したインターネット接続が可能となります。

So-net光プラスでは、v6プラスの設定費用や月額費用も無料で利用できるので、ぜひ利用したいサービスです。

ただし、Wi-Fiルーター側でもv6プラスに対応していなければなりません。

とはいえ、v6プラスに対応しているWi-Fiルーターは決して珍しいものではなく、最新機種であればエントリーモデルでも対応しているものが多いです。

利用できるWi-Fi電波帯が豊富であること

Wi-Fi

現行のWi-Fiルーターでは、以下の電波帯を使用しています。

  • 2.4GHz:11n/g/b
  • 5GHz帯:11ac/n/a

2.4GHzは、安定して障害物にも強い反面、高速性では物足りないのが事実です。

一方、5GHzは高速通信が可能なものの、障害物に弱く、遠くまで電波を飛ばしにくい弱点があります。

最新のWi-Fiルーターは基本的に、2.4GHzと5GHzに対応しているデュアルバンドモデルが大半です。

また、2021年時点で最新規格となる11axが利用できる機種であると、より高速通信が可能です。

11axは前述のとおり「Wi-Fi6」とも呼ばれている規格で、以下の特徴があります。

  • 通信環境の効率化が実現できる
  • 複数台利用の品質が向上する
  • 混み合った環境での品質が向上する
  • 接続する機器のバッテリー残量を節約できる

Wi-Fi6対応ルーターは高価ですが、それだけの性能は有し、充分検討する価値があります。

複数同時接続に強いこと

最近では、IoTの普及によって家電でもWi-Fi接続できる機器が増えてきました。

接続する機種が多いと、その分だけWi-Fiルーターに負担がかかります。

Wi-FiルーターにはそれぞれCPUを搭載し、安価なモデルだとCPUのクロック数も低くなり、一度に処理できる台数がかなりしぼられます。

したがって、多くの機器を接続したい場合は、高スペックのWi-Fiルーターを選びましょう。

なお、各機種で同時接続台数の表記があるので、内容をしっかりと確認して自分に合ったモデルを選んでください。

また、Wi-Fi6は同時接続に強いので、選ぶ際に11ax対応であるかもチェックしましょう。

So-net光プラスにおすすめのWi-Fiルーター

先に紹介した、Wi-Fiルーターを選ぶポイントを加味して、So-net光プラスにおすすめの機種を5つ紹介します。

Wi-Fiルーターを選ぶ際に、ぜひ参考にしてくださいね。

レンタル機種の最新版!Aterm WG1800HP4

Aterm WG1800HP4

引用:aterm

Aterm WG1800HP4は、So-net光プラスが提供しているレンタル機器の最新バージョンとなります。

したがって、So-net光プラスにも適したルーターといえます。

3ストリームスタンダードモデルであり、独自技術で電波強度がアップしたハイパワーシステム搭載によって、遠くの部屋でも安定した接続が実現可能です。

最大1300Mbps(5GHz帯)+450Mbps(2.4GHz帯)の超高速通信で、動画もサクサクと再生できます。

デュアルコアCPU搭載によって、処理速度も速い点も評価できます。

機器名Aterm WG1800HP4
使用電波帯2.4GHz(11n/g/b)
5GHz(11ac/n/a)
同時接続機器台数18台
実効スループット842Mbps


11ax対応のルーター!エレコム WRC-X3200GST3-B

WRC-X3200GST3-B

引用:エレコム

WRC-X3200GST3-Bは、Wi-Fi6対応によって安定した高速通信が可能です。

複数台同時接続に強いために、テレワークやオンライン学習にも最適です。

独自機能である「らくらくQoS」によって、Web会議やオンライン学習の通信を自動で最適化してくれます。

ハンドステアリング機能によって、電波状況を把握して最適な帯域に誘導する機能も有能です。

サポート体制も充実しており、初心者にも安心して導入できます。

機器名WRC-X3200GST3-B
使用電波帯2.4GHz(11n/g/b/ax)
5GHz(11ac/n/a/ax)
同時接続機器台数36台
実効スループット783Mbps


DXアンテナ搭載で安定感あり!エレコム WRC-2533GSTA

WRC-2533GSTA

引用:エレコム

エレコム WRC-2533GSTAは、DXアンテナの技術力を生かしたアンテナで、従来モデルから81%も実測速度がアップしています。

また、単に高速なだけでなく、トレンドマイクロのセキュリティ技術を使用して、安全性も確保しています。

5GHz帯と2.4GHz帯の同時通信時に発生する処理待ち時間を解消できる、デュアルコアCPUを搭載している点も魅力的です。

価格もリーズナブルであり、Wi-Fiルーター入門機としてもおすすめです。

機器名WRC-2533GSTA
使用電波帯2.4GHz(11n/g/b)
5GHz(11ac/n/a)
同時接続機器台数18台
実効スループット398Mbps


圧倒的なコスパが魅力的!BUFFALO WSR-1166DHPL2/N

WSR-1166DHPL2

引用:BUFFALO

BUFFALO WSR-1166DHPL2は、日本の主要なIPv6サービスに対応しているWi-Fiルーターです。

大容量データを高速で取り込める「Giga」ポートによって、光インターネットのスピードを存分に活用できます。

複数端末の同時通信を可能にするMU-MIMOに対応し、最大2つの機器で快適に通信できます。

無線引っ越し機能によって、BUFFALO製のルーターから乗り換える際に、複雑な設定は不要です。

機器名WSR-1166DHPL2
使用電波帯2.4GHz(11n/g/b)
5GHz(11ac/n/a)
同時接続機器台数14台
実効スループット不明


不正アクセス対策も万全!BUFFALO WSR-3200AX4S

WSR-3200AX4S-BK

引用:BUFFALO

WSR-3200AX4Sは、Wi-Fi6に対応したスタンダードモデルです。

動画再生に強い5GHz帯がさらに高速化できるために、高画質な動画配信サービスなど大きなデータを扱うコンテンツもサクサクと再生できます。

無線スループットが約2.0倍に向上している点にも注目です。

ネット脅威ブロッカー ベーシック機能1年間無料ライセンスが付いており、家庭にあるスマート家電をサイバー攻撃から保護してくれます。

その他、サイトフィルタリング機能もあって、セキュリティ面は万全です。

インテリアにもなじみやすい筐体デザインも魅力的ですね。

機器名WSR-3200AX4S
使用電波帯2.4GHz(11n/g/b/ax)
5GHz(11ac/n/a/ax)
同時接続機器台数21台
実効スループット836Mbps


So-net光プラスに最適なWi-Fiルーターを選ぼう!

So-net光プラスでは、レンタルでv6プラスを利用するのもいいですが、自分でWi-Fiルーターを選択して購入するのがおすすめです。

今後、新しいWi-Fi規格の登場も予定されていますが、現行の最新規格であるWi-Fi6対応機種を選ぶのがベターです。

対応機種の価格も徐々に落ち着いてきており、また接続できる機器も増加中です。

今回紹介したポイントを押さえ、So-net光プラスでインターネット接続を楽しみましょう。

\ 月額料金最安級 /

So-net光プラス公式サイトはこちら→https://www.so-net.ne.jp/

関連コンテンツ記事
回線速度so-net光プラスの回線速度はどう?リアルな口コミ、評判まとめ
So-netとは?So-netはどんなプロバイダ?プランや評判まとめ
違約金違約金が掛かる?so-net光プラスを解約する際の注意点について解説
遅い場合の対策so-net光プラスが遅い場合の原因とその対策について解説
電話勧誘ソネット光プラスの勧誘があったけど契約すべきなの?乗り換えるメリットはあるか
So-net光withフレッツとSo-net光プラスの比較So-net光 with フレッツとSo-net光プラスはどちらがお得?料金やセット割を比較
工事So-net光プラスの工事内容・費用を解説!実質無料も注意点あり…!
So-net光プラスとSo-net光の違いSo-net光プラスとSo-net光の違いはなに?結局どれがおすすめなのかも紹介!
v6プラスSo-net光プラスはIPv6(v6プラス)に対応してる? 設定・確認方法をあわせて紹介!

当サイトおすすめの光回線

ドコモユーザーは割引があり、dポイントも溜まるので、ドコモヘビーユーザーに非常にお得な光回線!

auユーザーは割引が適用され、キャッシュバック金額も多く、スマートバリュー適応の方にはおすすめな光回線!

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がおすすめ!キャッシュバック金額も多く、すぐ受け取りができる数少ない光回線!

格安SIMユーザーはenひかり!業界最安値で、縛りもないからいつ解約してもOK!魅力度の高い光回線!

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください