ポケットWi-Fi

格安SIMで速度制限になったらレンタルWi-Fiがオススメの理由

スマホ_操作

格安SIMはドコモ・au・ソフトバンクの大手3社よりも料金が安く、サービス内容も年々良くなっていることから需要が高まり、利用者が増えています。

特に、格安SIMはデータ通信が割安なのでデュアルSIMのSIMフリースマホを使い、通話用の大手のカケホーダイ、データ通信は格安SIM、と賢く併用している人も少なくありません。

そんな便利な格安SIMですが、ネックになるのが速度制限です。

格安SIMの無制限使い放題プランでは、他の利用者に比べて極端に利用量が多い場合に通信速度が一時的に遅くなるケースが多々あります。

制限後の速度や解除までの時間については格安SIMによって異なりますが、無制限プランを契約したのに、速度制限を気にしながら利用するのは本末転倒ですよね。

そこでオススメなのが、格安SIMとレンタルWiFiと併用する方法なのです。

今回の記事では、なぜ格安SIMとレンタルWiFiの2つを使うのが良いのか、分かりやすく解説しますので、格安SIMの速度制限でお悩みの方の参考になれば幸いです!

格安SIMのデータ制限には落とし穴がある

上述したように、格安SIMの無制限使い放題プランは、本当の「無制限プラン」ではなく、一定の条件を超えてしまうと速度が制限されるという落とし穴があります。

1.「10GBプラン」など容量が残っていても、速度制限がかかる

無制限プランだけでなく、10GBプランなど容量別のプランで契約していて、使い切っていない場合でも3日間で大量のデータを送受信すると速度制限がかかるケースがあります。

なぜ速度制限がかかるかというと、格安SIMはドコモなどの大手回線業者から回線を借りているのですが、通信網の混雑を避けるため、それぞれの格安SIMで通信量が制限されているからです。

2.そもそもの通信速度が遅い

格安SIMの場合、極端にいうと大手回線業者の余っている容量を分配して使わせてもらっているため、通信環境が不安定になる可能性があり、速度の保証は正直なところありません

速度制限がかかったらレンタルWiFiを併用するのが良い理由

格安SIMで速度制限がかかった場合、レンタルWiFiを併用するのが良い理由は2つあります。

  1. 追加すると割高になることが多い
  2. 大容量の通信を行うならポケットWi-Fiと併用がベスト

それぞれについて解説します。

追加すると割高になることが多い

格安SIMに限らずドコモなどの大手通信会社でも同様ですが、速度制限によって不具合が出る場合、1GBなどの単位でデータ容量を追加できます。

容量追加後は、すぐに速度制限が解除されるのは良いのですが、データ容量の追加をするとほぼ全てのケースで料金が割高となってしまうのが大きなデメリットです。

大容量の通信を行うならポケットWi-Fiとの併用がベスト

格安SIMの無制限プランは安くて魅力的ですが、多くの動画を観たり、大量のデータの送受信が必要な場合には、どうしても速度制限がネックになります。

そこで、契約期間の自由性が高いレンタルWiFiとの組み合わせがオススメといえるのです。

通信制限のかかった数日間だけ補充したり、予め利用が多いとわかっているなら月単位で借りておくなど、レンタルWiFiならではの特性を活かして併用するのが良いでしょう。

短期間で借りれるレンタルWiFiどっとこむがオススメ

レンタルWiFiを提供する業者の中でも、オススメの1つがレンタルWiFiどっとこむです。

その理由については以下のように大きく2つあります。

  1. 無制限プランも1日単位で借りられる
  2. ソフトバンク回線を使うタイプは通信エリアが広い

1つずつ詳しく解説しますね。

無制限プランも1日単位で借りられる

レンタルWiFiサービスは月単位での契約の多い中、レンタルWiFiどっとこむでは、1日単位で好きな日数を選んで契約できます。

短期向けプランは他社と比較しても料金が安いので、速度制限になった場合の、一時的な補強などには最適といえるでしょう。

ソフトバンク回線を使うタイプは通信エリアが広い

レンタルWiFiどっとこむでは、WiMAXとソフトバンク回線を使うタイプの2種類のポケットWiFiが選べます。

WiMAXは最新の端末も選択できる、高速通信が可能などのメリットもあるのですが、料金が割高になるので、格安SIMとの併用の場合には、あまりオススメできません。

ソフトバンク回線を使うタイプは、格安SIMでのデータ通信と同様の仕組みなので、通信エリアや回線速度も、ほぼ同程度と考えてよいでしょう。

レンタルWiFiどっとこむの申込み~返却方法を解説

レンタルWiFiどっとこむの申込みから受け取りまでの流れをみていきましょう。

1.申込み方法

WiFi どっとこむ

申し込みの際は、以下の手順を踏んでください。

  1. レンタルWiFiどっとこむのトップページ内に複数ある「申込み」ボタンから進みます。
  2. 希望の端末を選びます。
  3. お客様情報を入力して完了します。

支払い方法はクレジットカードのみです。デビットカードも利用できません。

2.受け取り方法

空港カウンターまたは宅配便での受け取りとなります。

平日の13時までに申込みを行うと、原則として当日出荷されるので地域によっては翌日に受け取れるのが嬉しいですね。

例外として、新宿営業所に来店可能な場合、在庫があれば当日の受け取りも可能です。ただし営業時間は平日10時~18時までとなっていますので、注意しましょう。

3.返却方法

返却方法は、以下の3通りです。お好きな方法を選びましょう。

  1. 空港カウンターで直接返却します。
  2. ポスト投函での返却・・手数料470円(税抜)。原則として専用伝票・封筒を利用します。
  3. 宅配での返却・・返却料:お客様負担。同梱の伝票を利用するか任意の宅配便など発送記録がわかる送付方法で返却します。

どの発送方法で返却した場合も、伝票上の発送日が解約日となります。

まとめ

今回の記事では、格安SIMで速度制限がかかったらレンタルWiFiを利用するのが良い理由について解説しました。

上述したように、大容量の通信が必要な場合など、予定外の速度制限で困ってしまう場面があると思います。

そんなときに、利用期間の自由度が高いレンタルWiFiを利用すると便利です。

例えば、レンタルWiFiどっとこむのように、1日からレンタルができて短期間の利用料金が安いものや、逆に長期利用に適したものなど、レンタルWiFiの各業者にはそれぞれの強みがあります。

それぞれのレンタルWiFiの特性を比較検討した上で、格安SIMの速度制限をリカバリーできるように賢く利用してみてはいかがでしょうか。

WiFiレンタルどっとこむの公式サイトはこちら

 

 

 

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください