光回線

オンラインゲームに必要な通信速度って?目安をわかりやすく解説!

ラグをなくして快適にプレイしよう。オンラインゲームに必要な回線速度と対策

「オンラインゲームに必要な速度ってどのくらいなのかな?」

「ゲーム中にラグがでて困る」

こんな疑問や悩みをお持ちではありませんか。

オンラインゲームの世界では「速度が命」といわれていますが、実際どのくらいの速度があれば良いか、という点はあまり知られていません。

また、通信速度が遅くて、ゲーム中に遅延や停止など不具合が出るため、プレイをあきらめたという人もいるかもしれません。

今回はそんな人向けの記事です。

【一目でわかる結論】

オンラインゲームに必要な通信速度:約30Gbps

通信速度の遅延の原因や解消法なども解説しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

はじめに:ラグ・通信速度・ping値ってなんのこと?

オンラインゲームをしていて、当たり前に使っている「ラグ」。

なんとなく分かっているけど、実はちょっと違った意味だったり。

よく使う用語についておさらいしてみましょう。

ラグとは

オンラインゲームにおけるラグとは「タイムラグ(時間的な遅延)」のこと。

インターネット回線の混雑やサーバーの負荷などが原因となり、データの転送に遅れたり不安定になる状態を指します。

一刻を争うような競技性の高いオンラインゲームの場合、ラグの有無が勝敗を分けるといっても過言ではないため、もっとも重要な要素となります。

通信速度とは

通信速度とは、どれだけ速くデータを送受信できるか示す数値のこと。

通常は、1秒間に何ビットのデータを送受信できるか示す「bps(= bits per second)」という単位が使われます。

オンラインゲームに必要な通信速度の目安って?

冒頭に結論付けたように、速度がそこまで重要視されないゲームの場合、最低限必要とされる通信速度の目安は約30Mpbs

もちろんゲームの特性によって、要求される最低限の速度は異なります。

どのくらいの速度があれば満足なのか、速度ごとの使用状況の目安を作成しました。

速度詳細
30Mbps以上とても快適に使える。
10~30Mbps快適に使える。
5~10Mbpsまあまあ快適だが、使い方によっては満足できないかも
1~5MbpsPCだと動画が止まる時が出てくる速度。
1Mbps以下動画の視聴が困難。高画質画像の表示が遅い。

ラグの原因は、通信速度だけではなくping値が影響

ラグが発生する要因には、データの通信速度以外に、Ping値(ピン値/ピング値)も大きく影響します。

Ping値とは、サーバーからの応答反応(レスポンス)のこと。こちらからの呼びかけに対してどのくらいの時間で応答があるか、パケットの往復する時間を数値化したものです。

単位は「ms」で、一般的に数値が小さいほどレスポンスが速く、タイムラグが少ないということですね。

  1. FPS、TPS、格闘ゲーム・・・15ms以下
  2. MOBAなど速度が重要視されない対戦ゲーム・・・30ms以下
  3. MMORPG、CPUと戦うゲーム・・・50ms以下
  4. TCG、囲碁、将棋・・・100ms以下

 

通信速度が遅くなる原因と対処法

通信速度が遅くなる原因にはどんなものがあるでしょうか。

また、対処方法についても解説します。

1.回線やプロバイダの問題

ひとつめに考えられるのは回線の問題

光回線・ポケットWiFiなど、インターネットを接続する回線側の障害等で、速度遅延が発生する場合があります。

また、インターネット接続の窓口となるプロバイダのサーバーが脆弱だったり、混雑していることで、速度低下が起こる可能性も。

【対処法】

◆回線側の要因

→IPv6接続のオプションをつけて改善できるか試す。または、高速通信に対応している回線に変える。

◆プロバイダ側の要因

→プロバイダにサーバー側でなんらかの遅延が発生していないか確認する。別のプロバイダの変更する

 

2.接続方法の問題

WiFiで接続している場合、ルーターとの距離や障害物、電波干渉、ファイアーウォールの設定によるものなど、さまざまな要因から速度低下がおこる場合があります。

【対処法】

◆ルーターとのパソコンの距離が離れている

→できるだけ距離を近づけるのが理想。難しい場合は、Wi-Fi中継機を入れて、速度が保てるよう試してみる

◆電波干渉が起きている

→通常、Wi-Fiで使う周波数帯は2.4GHz帯なので、5GHz帯に変更して改善するか確認する

3.周辺機器の問題

接続しているルーターやONUの問題も考えられます。機器本体の経年劣化などにより、速度が落ちたという事例もしくなくありません。

また、LANケーブルが原因となっている可能性もゼロとはいえません。古いLANケーブルを使っていた場合、上限100MBしか対応していないものがあります。

その場合、どんなに高速通信の回線を契約したとして、LANケーブルが高速対応していないため、上限は100MBしか出ないのです。

【対処法】

◆ルーターが原因の場合

→有線に切り替えて、速度に違いがあるか確認する。極端に違う場合は、ゲームの時のみ有線で接続するのも1つの方法。

→5年以上前のルーターの場合、規格そのものが高速に対応していない場合があるので、新しいルーターへの入れ替えを検討しよう。

◆LANケーブルの問題

→一定年数経過しているLANケーブルであれば、積極的に新しく入れ替えよう。

 

4.ゲーム側のサーバーの問題

ゲーム側のサーバーが不安定になっていることで、タイムラグが起こってしまうケースも考えられます。

その場合、自分の力ではどうしようもないので、ゲームサーバー側が安定するまで待ちましょう。

【対処法】

◆ゲーム提供元に問合せ可能であれば、サーバー上で何か不具合が出ていないか問い合わせをしてみよう。

特にサーバー側に問題がなければ、ほかの原因を疑い、対処法を試そう。

5.PCやゲーム機の問題

最後は、PCやゲーム機が問題となる可能性も考えられます。

PCのスペックが低いと、高速通信が必要とされる場面でも、能力が低いため処理しきれず遅延が発生します。

またゲーム機は、PCに比べると性能が元来低いので、ゲーム機の仕様上、ある程度のラグが発生しても仕方がない部分もあります。

【対処法】

◆PC側の要因

→視覚効果を削減、クリーンアップやデフラグを行い最適化を図る、セキュリティソフトの見直し、メモリ増設などでPCの処理能力をあげる

→オンラインゲームに特化したゲーミングPCへの入れ替えを検討する

まとめ:オンラインゲームに必要な最低限度の目安は約30Mbps

今回の記事ではオンラインゲームで必要な通信速度の目安を解説しました。

ラグの発生を解消する方法は1つとはいえませんし、そもそものパソコンのスペックによっても違ってきますので、今回紹介した方法で、劇的に改善するとはいえません。

ですが、試してみることで、現状よりは良くなる可能性はあるので、できることから試してみると良いでしょう。

少しでも状態を整えて、オンラインゲーム生活を楽しんでくださいね!

 

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください