光回線

「後悔しないように!」インターネット回線引っ越しの際は回線の乗り換えが断然おすすめ

ネット回線の引っ越しは乗り換えがお得

フレッツ光やドコモ光、auひかりなどのインターネット回線を契約していると、引っ越しをする際にインターネットの引越し手続きが必要になります。

引越し手続きは基本的に、

  1. プロバイダ、回線業者に連絡して引っ越し手続き
  2. 今使っている回線の撤去工事
  3. 引越し後の新居で開通工事

という流れです。

工事は原則立ち合いが必要なので手間ですよね。

しかし引っ越し時のインターネット乗り換えは数万円のキャッシュバックを受けることが出来るチャンスでもあります。

ネット回線の乗り換えは手続きや工事の立ち会いが面倒ですが、今の回線をそのまま継続しても手続きや工事は必要なので実は手間はそれほど変わりません。

どうせ同じ手間をかけるなら乗り換えをして3~5万円以上の特典が得たほうが間違いなくお得ですよね。

本ページでは引っ越し時に乗り換えるべき理由だけでなく、乗り換え時の注意点についても解説します。

引っ越し時に乗り換えるべき理由

引っ越しはネット回線の乗り換えをするベストタイミングです。

なぜなら今の回線を継続して使う場合でも手続き・開通工事が必要なため、乗り換える場合と手間がそれほど変わらないからです。

引っ越し先で継続する場合と乗り換える場合のフロー比較の図実はほとんど変わらない

「引越し時の手間はそんなに変わらない」と分かっても、乗り換えがお得な理由が分からないとモヤモヤしますよね。

小林
小林
そうだよ。キャッシュバックの他にどんなメリットがあるの?

下記のケースに該当する場合、乗り換えのメリットを享受できる可能性があります。

乗り換えにメリットがあるケース
  1. 携帯大手3社の提供しているスマホセット割を利用していない
  2. 光回線に毎月5,000円以上支払っている
  3. 古いルーターを使っているために通信スピードが遅い
  4. 引越し先がNURO光のサービスエリア内である
ねとみ
ねとみ
順番に見ていきましょう。

 1.大手3社のスマホセット割は強力

光回線を選ぶ際、

「いろいろありすぎて、どれを選べばいいかわからない!」

というのはよくある話です。

しかし回線選びの基本は意外とシンプル。

自分や家族の使っているスマホや携帯に合わせること

これが基本なのです。

なぜならドコモ・au・ソフトバンクの出しているスマホセット割が強力だから。

プランによって割引額は上下しますが、平均的に毎月のスマホ代が1,000円ほど安くなります。

※例:ソフトバンクのおうち割

プラン割引額
通話基本プランデータ定額50GBプラス
ミニモンスター
1,000円
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額ミニ 1GB
(スマ放題の場合:1GB,2GB)
500円
データ定額 5GB1,000円
データ定額 20GB1,000円
データ定額 50GB1,000円
スマ放題データ定額
(3G ケータイ)
500円
( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G500円
4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+(ポケットWi-Fi)1,000円

家族でスマホや携帯を統一している場合などはさらにお得。

au・ソフトバンクなら家族全員のスマホ代が割引されますし、ドコモでシェアパックというプランに入っていると最大3,500円の割引となります。

利用プラン(スマホ)割引額
データSパック(小容量)
500円
データMパック(標準)
800円
ウルトラデータLパック
900円
ウルトラデータLLパック
1,100円
シェアパック5(小容量)
800円
シェアパック10(小容量)
1,200円
シェアパック15(標準)
1,800円
ウルトラシェアパック30
2,500円
ウルトラシェアパック50
2,900円
ウルトラシェアパック100
3,500円

なので、家族4人で同じ会社のスマホを使っていて4,000円の割引が受けられる場合、毎月の光回線料金が4,500円なら実質500円で光回線が使えてしまうというわけです。

表にするとこうなります。

ドコモやソフトバンクのスマホを使っているなら
ドコモ光ソフトバンク光を使うのがお得。

auを使っているなら
So-net光プラスビッグローブ光

大手3社のスマホユーザーでないなら
en光がお得です。

大手3社ではなく格安SIMのスマホを使っている場合にはen光という最近注目されている回線にするといいでしょう。

通常光回線を契約する際は2年契約が結ばれますが、en光にはそういった縛りがありません。

そのくせ月額料金が非常に安いため、「縛りなしでとにかく安く使いたい!」という場合にはうってつけです。

ねとみ
ねとみ
ただしen光は工事費無料などのキャンペーンはなく、15,000円の一括払いなので最初だけ費用がかかります。

2.光回線に5,000円以上の支払いは今どき高い

これはNTTのフレッツ光をずっと使い続けている場合によく該当するケースです。

フレッツ光は実はひと昔前の古い光回線サービスで、

  • NTTとプロバイダ別々で契約
  • 請求も別々にされる

というわかりづらさゆえにNTTも新しいサービスに今は切り替えています。そのためフレッツ光の販売には力を入れていません。

料金も回線利用料だけで5,000円前後、プロバイダ料が別途500〜1,000円かかるので場合によっては6,000円を超えてしまいます。

現在NTTがメインで展開しているサービスはフレッツ光より割安で、スマホ割を考慮すると戸建てタイプでも月額3,000円台で使える優良回線もたくさんあります。

フレッツ光からの移行に関しては下記の記事をご参照ください。

光コラボレーションとは?転用とは?メリットとデメリットまで解説2015年にスタートした光コラボレーション、今では多くの事業者が参入し、フレッツ光から回線を転用するユーザーも増えています。 「そ...

3.古いルーターは新しい高速通信方式に対応していない

光回線は今では平均的に100Mbps以上のスピードが出るようになってきました。

ねとみ
ねとみ
重い動画もサクサク動きます。

理論上の限界スピードは1Gbpsが多いですが、NURO光などは2Gbpsとなっていて世界最速の光回線となっています。

しかしそういった高速通信方式もルーターが規格に対応していないと意味がありません。

最近ではIPv6プラスという通信方式が注目されていて、今はほとんどのサービスが対応しています。

V6プラスを図解したイラスト。V6プラスのイメージ。通信の混雑を回避できる。

回線を乗り換えると、キャンペーンでこれらの規格に対応した最新ルーターが無料でレンタルできたりします。

ねとみ
ねとみ
あとで紹介する光回線サービスはどれもルーター無料レンタルキャンペーンがあるのでチェックしてくださいね。

4.NURO光のサービスエリア内に引っ越すならラッキー

利用可能エリアが限定的なのですが、ソニーの子会社So-netが展開している光回線サービスでNURO光というものがあります。

この回線は世界最速であるだけでなく安いことでも知られている人気の光回線です。

エリアが関東・関西・東海・九州北部と限定的なのがデメリットなのですが、それ以外は文句のつけようがないサービスでキャンペーン内容も非常に充実しています。

引越し先がエリア内なら使わないのはもったいないので、検討したほうがいいでしょう。

NURO光の圧倒的な満足度は本当?
NURO光のプランや評判を解説!満足度が圧倒的に高いというのは嘘か本当か世界最速の光回線NURO光。その通信速度はなんと下り2Gbps。 フレッツ光やauひかりなど一般的な光回線の2倍のスピードです。 ...

乗り換え工事費が実質無料になるものも多い

引越し先でも継続利用する場合、引越し先の工事費が免除されることが多いですが、乗り換えの場合はどうなのでしょうか?

すべての回線で行われているわけではありませんが、引っ越し時の乗り換え促進キャンペーンを光回線各社は行っています。

それが

  • 工事費無料
  • 乗り換えにともなう違約金を負担
  • 高額キャッシュバック

といったキャンペーンなので、せっかくの引っ越しでこの特典を利用しないのはもったいないとも言えるのです。

お得に乗り換えができる光回線

今使っている回線によってオススメは変わってくるので順位は付けられませんがいくつか上げておきます。

回線によって月額料金が多少変わってきますが料金自体に大差はないのでキャンペーンやスマホ割引で選んで問題ありません。

auを利用している方はビッグローブ光がお得

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金4,980円3,980円
キャッシュバック25,000円
回線速度下り最大1Gbps
V6プラス
(次世代通信)
標準装備
対応エリア全国対応
他キャンペーン初期工事費実質無料
月額料金割引
(上記料金適用済)
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ
スマホ割引auスマートバリュー
Wi-Fi月額500円でルーターレンタル可能
(1年間無料)
総合評価キャッシュバックが魅力的。
月額料金やサービス面でSo-net光プラスに劣る。
プロバイダ自体の評判は良い。
提供会社ビッグローブ
https://www.biglobe.ne.jp/

もし今使っているスマホや携帯がauであればビッグローブ光が断然オススメです。

ビッグローブ光は以下のメリットがあります。

  • IPv6プラスで高速通信
  • キャッシュバック25,000円
  • 更に月額料金割引
  • 初期工事費実質無料
  • auスマホ、携帯が割引される

初期工事費も実質無料となっているので現在最も新規申込特典が大きい光回線であると言えます。

ビッグローブ光は提供エリアも広いので引越し時におすすめ。

詳細ページ公式ページ

関東・関西・東海・九州北部エリアならNURO光

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金4,743円1,900円~
※導入数少ない
※未導入の場合ホームタイプと同契約
キャッシュバック45,000円35,000円
(マンションタイプの場合なし)
回線速度下り最大2Gbps
IPv6
(次世代高速通信)
標準装備
対応エリア関東、東海、関西、九州地方
他キャンペーン初期工事費実質無料
初期設定サポート無料
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ、Wi-Fiルーターなど
スマホ割引ソフトバンクおうち割
Wi-FiWi-Fiルーター標準装備
設定不要ですぐ使える
総合評価回線速度、月額料金の安さなど文句なしに良い。
Wi-Fiが標準搭載になっている。
デメリットはエリアが狭いこと。
提供会社So-net
https://www.so-net.ne.jp/

NURO光の対応エリア(関東・関西・東海・九州北部)に引越しをする場合はNURO光もお勧めです。

NURO光は現在、

  • 初期工事費実質無料
  • キャッシュバック4.5万円
  • 下り最大2Gbpsの高速通信
  • ソフトバンクとセットで割引

という他社にない3つメリットがあります。

下り最大2Gbpsと国内最速なのでエリアが対象の場合は真っ先に検討すべき光回線です。

詳細ページ公式ページ

ドコモはドコモ光を使うと安くなる

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金5,200円4,000円
キャッシュバック最大15,000円
回線速度下り最大1Gbps
v6プラス
(次世代高速通信)
現在標準装備
対応エリア全国対応
他キャンペーンWi-Fiルーターレンタル無料
dポイントなど
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ、Wi-Fiルーターなど
スマホ割引ドコモセット割引
Wi-FiGMOとくとくBBなら無料でレンタル可能
総合評価ドコモとセット割引される唯一の光回線。
v6プラスが標準搭載されているので回線速度も評判も良い。
ただし月額料金は単体で安くないのでドコモ以外の人には向かない。
提供会社NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/
プロバイダ各社

ドコモを利用している方はドコモ光が圧倒的におすすめです。

ドコモとセットで割引される唯一の光回線で、利用者数は500万人以上にのぼっています。

現在最も契約者数を伸ばしている光回線。

ドコモ光のメリットは以下の通り。

  • 初期工事費実質無料
  • キャッシュバック15,000円
  • IPv6プラスで高速通信
  • ドコモとセットで割引

更にこちらのドコモ光は標準でWi-Fiルーターがレンタル無料となっているので合わせて利用するとすぐにWi-Fiが使えます。

詳細ページ公式ページ

ソフトバンクを利用しているならソフトバンク光

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金5,200円3,800円
キャッシュバック最大33,000円
回線速度下り最大1Gbps
IPv6
(次世代高速通信)
対応
ただしオプション機器レンタルが必要
対応エリア全国対応
他キャンペーン転居時、乗り換え時初期工事費実質無料
乗り換え時の違約金還元
オプション光電話、TVサービス
スマホ割引ソフトバンクおうち割
Wi-Fi有料オプションで対応
総合評価ソフトバンクのおうち割が良いのでソフトバンク利用の方におすすめ。
それ以外の人にはあまりおすすめできない。
提供会社ソフトバンク
https://www.softbank.jp/

ソフトバンクを利用している方はソフトバンク光を契約することでスマホ代を大きく下げることが出来ます。

こちらも特にソフトバンク利用者に人気があり、契約者数を大きく伸ばしている光回線です。

更に新規申込みで高額キャッシュバックも得ることが出来ます。

  • 初期工事費実質無料(引っ越し、乗り換えのみ)
  • キャッシュバック最大33,000円
  • IPv6高速ハイブリッドで高速通信
  • スマホとセットで割引

詳細ページ公式ページ

2年縛りなしでシンプルに使いたいならen光

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金4,300円3,300円
キャッシュバックなし
回線速度下り最大1Gbps
V6プラス
(次世代通信)
月額180円
対応エリア全国対応
他キャンペーン国内用モバイルWi-Fiがいつでも3泊4日無料
オプション光電話、ひかりTV
スマホ割引なし
Wi-Fiルーターを自分で用意
総合評価安い月額料金といつでも違約金なしで解約できるのが魅力。
キャッシュバックや工事費無料、ルーターレンタルなどはないがシンプルに使いたい人向け。
提供会社株式会社縁人
https://xn--gmq856i.jp/

キャッシュバックなどの派手なキャンペーンはないものの、破格の月額料金といつでも解約できる自由さで今注目の光回線です。

ルーターは自分で用意する必要があり、v6プラスの高速通信はオプションになるなどの点はありますが、シンプルに使いたいならイチオシ!

  • 2年縛りなしでいつでも解約できる
  • 破格の月額料金

詳細ページ公式ページ

 

en光以外はいずれもスマホとのセット割引が可能なので利用していない場合は検討しましょう。

人気の光コラボを紹介&比較
結局どれがお得なんだ?!人気光コラボレーション10社比較フレッツ光の卸売りによる光コラボレーションが本格的にスタートし1年余り経ちました。 現在私が把握するだけでも20社以上光コラボレー...

ネット回線乗り換えの注意点

ネット回線の乗り換えはキャッシュバックがもらえてお得ですが注意したい点が4つほどあります。

それは、

  • 今使っている回線の解約時の違約金
  • 新しく利用する回線のエリアの確認
  • プロバイダのメールアドレスが変わる
  • スマホセット割引がある場合は乗換よりも継続すべき

です。

乗り換え時は違約金に注意!

自宅のインターネット回線でも携帯電話でも乗り換えの際は違約金、解約金に注意が必要です。

一昔前(4年以上前くらい)のプランだと2年以内の早期解約以外で違約金が掛かることはほとんどありませんでしたが、最近は自動更新プランが多いので解約月(自動更新する前の月)以外で解約しようとすると違約金が発生してしまう場合が多いです。

よくある違約金と解約月の考え方よくある2年縛りの違約金と解約月のパターン

解約する前にプロバイダ等に電話して解約金がいくら掛かるのかを確認しましょう。

多くの場合2年以上使ってれば解約月以外の時に解約をしても違約金は1~2万円以内に収まるので乗り換えた方がずっと得になることが多いですが、フレッツ光西日本のもっと割などはタイミングが悪いと3万円以上違約金が発生するので注意が必要です。

ねとみ
ねとみ
今使っている光回線が引っ越し先でエリア外の場合、例外的に違約金が発生しない場合もあります。

また、光回線は一般的に24ヵ月~30ヵ月で工事費を分割払いしているケースが多いです。

よくある工事費の分割払いの図工事費の残額が発生するときの考え方

それ以内に解約すると工事費の残額を支払う必要が出てくる可能性もあるので注意しましょう。

事前に利用出来るか確認しよう

ネット回線は種類によってエリアが変わってきます。

フレッツ光はエリア対象だけどauひかりだと対象外だったり、その逆だったりする場合もあります。

スッキリわかる光回線のエリアの調べ方。対応していなかった場合対策も紹介自宅にインターネットを繋げてくれる光回線。今では広く普及し、ネット環境がない家庭の方が珍しくなってきました。 これから新居に住まう...

特にマンション、集合住宅は地理的に対象エリアでも入居する物件が対応していないと利用できないので注意が必要です。

ちなみにエリア対象外の場合は申し込みができないため、「使えない回線を契約してしまった・・・」ということにはなりませんのでご安心を。

マンションの回線状況をカンタンに確認する方法
マンションに光回線は通ってる?確認方法を詳しく解説します 引っ越し先のマンションでインターネットを使いたい! と思ったら、まずはマンションに光回線が引かれているのかどうかをチェック...

プロバイダのメールアドレスが変わる

乗り換えをするとプロバイダのメールアドレス(@ocn.ne.jpなど)が利用できなくなります。携帯電話と同じようなイメージです。

プロバイダのメールアドレスが変わると困るという方は同一プロバイダで乗り換えをしましょう。
※例:So-netのフレッツ光→So-net光プラス

ねとみ
ねとみ
ただしフレッツ光の利用者に多いOCNやyahooBBはauひかりなど他社回線を扱っていないこともあります。

重要:スマホセット割引がある場合は乗換よりも継続すべき

現在大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)はそれぞれ光回線とセットで割引されるキャンペーンを行っています。

ドコモならドコモ光、auならauひかり、ソフトバンクならソフトバンク光を利用した方が総合的に安くなります。

なのでそれらが適用されている場合は回線を乗り換えるよりも引っ越し手続きをして継続して使った方が結果的にお得になります。

多くのケースでは乗り換えをしたほうがお得ではありますが、すでにしっかりと自分に合った回線を使っている場合はその限りではありません。

光電話の引っ越し、電話番号について

ひかり電話の電話番号は以下のケースで引き継ぐことが可能です。

  • 引っ越し先でNTTのひかり回線が開通可能であること。
  • 移転先が、移転元と同じNTT収容局であること。
  • 最初にその電話番号を取得したのが、NTTの一般加入電話番号であること
    ※ひかり電話の番号は不可

となっています。

電話番号の下4桁以外はNTTの収容局で決まってくるので収容局が変われば電話番号を引き継ぐことはできません。

ねとみ
ねとみ
市外局番が変わったら電話番号は変わらざるを得ないですからね。

「最初にその電話番号を取得したのが、NTTの一般加入電話番号であること」というのは、NTTの加入電話(従来のアナログ電話)→ひかり電話に移行なら番号引き継ぎが可能ということで、

ひかり電話で番号を取得したものは引っ越しで電話番号を引き継ぐことが出来ないことを意味しています。

電話番号を引き継ぎできるケースとできないケースの図。NTTで取得した番号は、回線乗り換えしても引き続き使うことができる。

乗り換えの手続き方法と注意点

最後に引越し時に乗り換える場合の流れと注意点をについて説明します。

申し込みたい光回線が決まったら、早速手続きを始めましょう。

手続きの手順は以下の通りです。

  1. 回線会社とプロバイダに解約の電話をする
  2. 乗り換え先に申し込みをする
  3. 工事日の決定

まず、引っ越しが決まったら解約の連絡を現在の契約先光回線に伝えましょう。

解約処理のタイミングは会社によって対応が変わってきます。

解約連絡は早めにしないと損するケースも

即日で解約できる会社もあれば、締め日に解約処理される会社もあり、引っ越し直前の連絡だと必要のない月まで料金を払うことになることもあります。

ねとみ
ねとみ
解約連絡は1ヶ月前を目安に早めにしておきましょう。

注意:フレッツ光はプロバイダの解約連絡が別で必要

また、フレッツ光の場合は解約連絡をNTTとプロバイダの両社にする必要があります。

光コラボやauひかりの場合は一斉に解約手続きをしてくれることもありますが、回線業者に解約の連絡をした時にプロバイダの解約をする必要があるか確認をしておくのが確実です。

乗り換え先の申込みは住所が決まってから

乗り換え先の申し込みは、引っ越し先の住所が確定してからとなります。

申し込みから2週間ほどでインターネットが使えることもありますが、

引っ越しシーズンの3~4月などは大変混み合い工事の日程がかなり先になることもあるので、住所が決まったらなるべく早めにお申し込みしておくと良いでしょう。

工事は立ち会いが必要だが、特にやることはありません

工事には立会いが必要です。

立会いは言葉通り立ち会うだけですので、特に何かをする必要はありません。

この立会い工事が終わり次第ネットが開通します。

光回線乗り換え
「厳選!」乗り換えに圧倒的におすすめ出来る光回線キャンペーン6社と乗り換える際の注意点現在光回線やADSL、モバイルWi-Fiなどのネット回線を使用していて、 「今使っている回線速度が遅い」 「月額料金をもっと...
インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /
関連記事

POSTED COMMENT

  1. むっさん より:

    この記事を参考に乗り換えを行います!引越しにあたってソネット光からソフトバンク光へ乗り換えを行うこととしました。そこで質問ですが、プロバイダ(ソネット)は解約するとして、フレッツ光は「引越しによる移転」or「解約」どちらの手続きを行うべきでしょうか?

    • itaru より:

      現在フレッツ光を利用している場合は一旦プロバイダ(So-net)、回線(NTTのフレッツ光)共に解約しましょう。
      その後ソフトバンクのソフトバンク光のみ契約してOKです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください