光回線

【9月版】月額料金が安い自宅のおすすめインターネット回線!工事不要OK

ネット回線の選び方

選び方を間違えると、お金だけでなく仕事にも支障の出るインターネット。

かんたんに乗り換えられないため慎重に選びたいですが、「Wi-Fiや光回線など種類が多すぎてわからない!」という方も多いです。

ここでは自宅のインターネット選びをシンプルに解説します。

結論

自宅のインターネットの種類の選び方と月額料金相場

自宅のインターネットの種類とおすすめな用途は下記の通り。

※それぞれの違いがわからない方にはこの章の最後で解説しています。

月額料金の相場は、ポケット型Wi-Fiやホームルーターの月額は4,000円前後、光回線は戸建てタイプで5,500円前後、マンションタイプで4,500円前後です。

基本的に自宅で快適にインターネットを使いたい場合は光回線)を選ぶべきです。

ポケット型WiFiやホームルーターは月額料金がやや安いものの速度面では光回線に及ばないため、工事できない理由がない限りは光回線がおすすめです。

最も安い光回線の記事はこちらで紹介しています。

2022年9月最新|最も安い光回線と選び方のポイントを徹底解説光回線を安く契約したい方は、使っているスマホキャリアと合わせることがベストです。今回は、なぜスマホキャリアと合わせるべきなのか、各光回線の詳細とともに紹介します。...

光回線|自宅でネットを使うなら基本はこれ

自宅でネットを使うなら基本的には光回線一択。

裏を返すと、ポケット型Wi-Fiやホームルーターは「通信が安定しないこともあり、速度制限にかかることもある」ということ。

特に自宅でPCやゲーム・動画を見る人や、2人以上でネットを使う場合は光回線以外では不便な場面が発生します。

おすすめの光回線は記事の後半で紹介しています。

1.月額料金が一定で使い放題

光回線の最大のメリットといえば、月額料金が一定であるのに加え、データ通信が使い放題という点です。

データ使い放題のプランについては、光回線に限らずスマホやポケット型WiFiにもあります。

しかし光回線に比べると速度が遅いため、料金と速度のバランスを考えると圧倒的に光回線の方がおすすめです。

毎日長時間動画を視聴しても、大容量のデータの送受信を行っても、一定の料金で利用できます。

さらに高速で通信できるため、心ゆくまでインターネットを楽しめるのです。

2.回線速度が速く、通信の安定性も高い

光回線はポケット型WiFiなどに比べて回線速度が速いだけでなく、通信の安定性も高いです。

ほとんどの光回線は下り最大1Gbps以上となっているため、その他の接続方法と比べると、圧倒的に通信速度が速いです。

最近はポケット型WiFiやホームルーターでも、1Gbpsに近い通信速度が実現できている端末も確かにあります。

しかし光回線の場合、自宅内のルーターまでは有線でつながっているため、他の接続方法に比べると通信の安定性も高いです。

高速通信だけでなく安定してインターネットを利用できるのが、光回線のメリットと言えます。

3.複数のデバイスや家族みんなで使える

光回線ではWi-Fiルーターを用いれば、パソコンやゲーム、タブレットなど、複数のデバイスでの同時接続が可能です。

2階など離れた部屋でも接続可能なので、家族みんなで楽しめます。

ポケット型WiFiやホームルーターでも、複数のデバイスを同時に接続することは可能です。

しかしポケット型WiFiなどは多くても10台程度に対して、光回線はWi-Fiルーターによっては20台以上の接続も可能です。

光回線はWi-Fiルーターの選び方次第では、より多くのデバイスと同時に接続できるようになるのです。

光回線の本当におすすめできる業者をわかりやすく紹介
光回線のおすすめ2022年最新版!今契約すべき6社と後悔しない選び方を解説「引っ越しを機に光回線を契約したい」「毎月のインターネット料金が高すぎる」と考えている方は多いのではないでしょうか。 ...

光回線のデメリットはある?

「使い放題で安定した高速通信ができる」ことが光回線のメリットですが、デメリットが無いのか、気になるところではないでしょうか。

これらのデメリットが気になる場合のみ、ホームルーターやポケット型Wi-Fiを検討するのがおすすめです。

それぞれ一つずつ解説します。

回線の引き込み工事が必要

光回線は有線で接続するインターネットであるため、基本的に回線工事が必要です。

回線工事は外の電柱(マンションタイプの場合は集合盤)から宅内までの引き込みをする作業になります。

なお工事日に立ち会いをするケースが多いため、当日は予定を空けておく必要があります。

光回線を使うための電柱の引き込み図解

工事までの流れは以下の通り。

工事までの流れ

  1. 光回線などの有線インターネットを申し込み
  2. 工事日を決定する
  3. 工事に立ち会う

また、解約することになった場合、敷設した回線の撤去工事が必要になります。

撤去工事でも立会いが必要となりますので、注意が必要です。

開通工事までに時間がかかる場合がある

この回線の開通工事には、一定の期間を要します。

混みあう時期でなければおよそ2週間~1ヶ月程度で開通しますが、4月などの引越し時期には、最大2ヶ月程度待たされることも。

開通までに時間が掛かることを逆算して、日程に余裕を持って申込むようにしましょう。

引っ越しに伴う契約であれば、引っ越しのスケジュールが決まった段階で、その翌日あたりに工事日を設定しておくのがおすすめです。

小林
小林
工事までの期間、ポケット型WiFiをレンタルしてくれる光回線もあるよ!
ねとみ
ねとみ
工事までインターネットが使えないと困るから助かりますね。

無線ルーターやWi-Fiの設定が必要

光回線で無線接続を行うためには、Wi-Fiルーターが必要なケースがあります。

「Wi-Fiの接続設定とかよくわからない」

「すぐにWi-Fiが使えないと困る」

という方にはこの設定は不安要素にもなります。

しかし、NURO光やauひかり、ドコモ光であればすぐにWi-Fiが利用出来るのでご安心ください。

ねとみ
ねとみ
設定済みのWi-Fiルーターをレンタルできるサービスがあるのです。

Wi-Fi接続について詳細は下記ページで解説しています。

この記事でWi-Fiの設定ができるようになります
5分で設定!パソコンを自宅のWi-Fiに接続する方法【やさしくねっと.】では「Wi-Fiとかよくわからない」「調べてみたけどルーターとか全然わからない」という人向けに、簡単にパソコンをWi-Fi接続する方法を解説します。...

ホームルーター|工事ができない人におすすめ

「自宅にネットは欲しいけど工事できない事情がある」「家でPCを使ったりゲームや動画を見ることは少ない」そんな人は光回線ではなく、ホームルーターがおすすめです。

光回線に比べて工事不要で利用できるだけでなく、月額料金も安く済みます。

またポケット型WiFiと比べて回線速度が安定しているため、ホームルーターは「家でライトに使いたい」人向けのサービスといえます。

家にいることが多く、ネットの利用料が少ない人に、ホームルーターはおすすめです。

ホームルーターのおすすめサービスも後で詳しく解説しています。

ポケット型WiFi|外でも使えるルーターが欲しい人におすすめ

外でもインターネットを使いたいのであれば、光回線ではなくポケット型WiFiがおすすめです。

ポケット型WiFiは光回線と違って持ち運びができるため、外出先でもスマホやタブレットをWi-Fiに接続することができます。

外でインターネットを利用されている方の多くは、スマホの通信容量を消費している方が多いのではないでしょうか。

ポケット型WiFiも通信容量の制限が決められていますが、スマホ以上に大容量での通信が可能です。

そのため外出先で動画などを見る機会が多いようなヘビーユーザーは、ポケット型WiFiがおすすめです。

おすすめのポケット型WiFiのサービスは後述で詳しく解説しています。

もくじに戻る

自宅のインターネットの種類は3種類

自宅で使うインターネット回線を選ぶにあたり、接続の方式をおさらいしましょう。

インターネットは大きく以下の2つに分けられます。

  • 電柱から自宅まで直接配線をする有線インターネット
  • 配線工事が不要な無線(WiFi)タイプのもの
ポケット型WiFiと固定回線の違いは、工事が必要かどうかと持ち運べるか。

無線・有線それぞれ、以下のようなサービスがあり、インターネットの利用時間や場所、求める速度、料金など、あらゆるニーズを総合して選びます。

無線タイプはWiMAX、SoftbankAir、ポケット型WiFiがある。有線タイプはドコモ光、auひかり、ソフトバンク光などがある。
タイプによってさまざまなサービスがありますが、近年のインターネットを接続する主要な方式は以下の3つです。

それぞれ一つずつ解説します。

光回線

光回線は最寄りの電柱から光ファイバーを自宅に引き込んで接続する、有線タイプのインターネットです。

3つのタイプのうちで最も通信速度が速く、安定している回線です。

その一方で利用するためには工事が必要だったり、利用料がやや高額だったりするため、気軽に利用しづらいというデメリットもあります。

ポケット型WiFi

ポケット型WiFiは端末の電源をONにするだけでインターネットに接続できる、無線タイプのインターネットサービスです。

ポケット型WiFiの特徴は以下の3つ。

  • 工事不要
  • 端末が届いたら即日で利用できる
  • 月額料金は光回線よりも若干安い

手軽にインターネットに接続したい方におすすめのサービスです。

ホームルーター

ホームルーターはポケット型WiFi同様に無線タイプのインターネットサービスですが、こちらは電源に接続するだけで利用できます。

ポケット型WiFi同様に工事不要で利用できるため、手軽にインターネットを利用できます。

ただし端末をコンセントに接続しないと利用できないため、外への持ち運びが難しいのがデメリットになります。

もくじに戻る

自宅におすすめの光回線

自宅に光回線を敷設しようと思っても、サービスの選び方が分からない方は多いのではないでしょうか。

実際に光回線は様々な業者が提供しているため、選ぶだけで迷ってしまうものです。

そんなときは、以下の「4つのポイント」で選びましょう。

上記に沿ってサービスを選べば、高速のインターネットを快適に利用できるだけでなく、負担もかなり軽くなります。。

ねとみ
ねとみ
これは光回線選びの基本なので覚えておくといいですよ。

この「4つのポイント」に合わせたおすすめの光回線を紹介します。

回線速度で選ぶならNURO光

NURO光

料金(税込)ホーム:5,200円
マンション:2,090円
速度下り速度459Mbps
上り速度436Mbps
契約手数料3,300円
契約期間3年
違約金10,450円

NURO光は国内最速の光回線で、ソフトバンクスマホとのセット割が使えます。

本家のソフトバンク光に比べて月額料金が安いので、ソフトバンクスマホの利用者であればNURO光を先に検討すべきといえるでしょう。

公式サイトから申し込みをすればオプション不要で4万円を超えるキャッシュバックもらえるので非常にお得です。

NURO光では独自の回線を利用しており、他の光回線利用者と混在することがありません。

仕事や動画視聴はもちろん、オンラインゲームも問題なく楽しめる光回線なので、通信速度に悩んでいる方におすすめです。

公式ページ

NURO光キャンペーン情報
  • 45,000円現金キャッシュバック
  • 乗り換えなら違約金を上限20,000円まで負担
  • ソニー製WiFi6対応ルーター貸し出し
NURO光キャンペーン比較
代理店名キャッシュバック金額2年料金総額(実質)
NURO光公式45,000円79,800円
価格.com38,100円87,171円
Life Bank12,000円116,508円
ライフサポート36,000円92,508円
アウンカンパニー35,000円93,508円
ブロードバンド
サービス
25,000円103,508円

2022/09/14更新

通信速度は最大2Gbps

下り最大1Gbpsの光回線が多い中で、NURO光の通信速度はなんと2Gbps。

月額料金も他サービスと変わらない価格帯で利用できる光回線です。

通信速度の速さに加えてNURO光には3つの特徴があります。

  • Wi-Fiルーター標準装備
  • 設定不要
  • ソフトバンクとセットで割引がされる

そのような理由から、関東地区を中心に絶大な人気を誇っています。

NURO光のデメリット

通信速度が速く、他サービスと同水準の価格帯で提供しているNURO光ですが、デメリットが2つあります。

  • 開通工事までに2カ月くらい掛かる
  • 対象エリアが狭いこと

対象エリアが限られてしまうため、誰でも利用できるわけではないのです。

ちなみにNURO光の対応エリアは以下の通りです。

【NURO光対応エリア】

北海道札幌市、小樽市、千歳市、恵庭市、石狩市
関東東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海愛知、静岡、岐阜、三重
関西大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
中国広島、岡山
九州福岡、佐賀

ねとみ
ねとみ
NURO光はソニー系の会社で安さとスピードがすごいのでおすすめです。
小林
小林
利用可能エリアも拡大したし、自宅がエリア内なら超ラッキーだね!

詳細ページ公式ページ

申込み画面ではボタンが2つ出ますが、こだわり無ければG2Tプラン(3年)で大丈夫です。

申込み方法・プランの詳細

NURO光の申込み方法

  1. トップページでプランを選択して申込みを押します(基本はG2Tプラン(3年)でOK)
  2. 住所を入れてお住まいがNUROに対応してるか確認します
  3. 個人情報とクレジットカード情報を入力します
  4. 申込み完了

G2Tプラン(3年契約)とG2Dプラン(3年契約)の違い

各プランの違いは、月額料金と契約年数の2点です。期間途中での解約は10,450円(税込)の違約金がかかります。

プラン名月額料金契約期間/自動更新
G2N6,100円(税込)なし/なし
G2D5,700円(税込)2年間/2年間
G2T5,200円(税込)3年間/2年間

スマホのセット割で選ぶ光回線

自分が使っているスマホとのセット割で選ぶパターンもあります。

今使っているスマホに合わせるという選び方
光回線のスマホとセット割引の組み合わせを解説

にするとセット割引がされる可能性があります。

セット割が適用されない格安SIMは単体で安いenひかりがおすすめです。

ドコモを利用しているならドコモ光

料金(税込)ホーム:5,720円
マンション:4,400円
速度下り速度217Mbps
上り速度182Mbps
契約手数料3,300円
契約期間2年
違約金14,300円

ドコモ光のプロバイダは20社以上ありますが、中でもGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBから申し込むことで、35,500円のキャッシュバックが簡単に受け取れることに加え、2,000ptのdポイントも受け取れます。

さらに、GMOとくとくBBから申し込むことで、他のプロバイダを利用するよりも月額料金を抑えることが可能。

キャッシュバックなどを受け取りつつ、安く利用したい方におすすめです

公式ページ

au利用の方はキャッシュバックも強いauひかり

auひかり GMO

料金(税込)ホーム:5,610円
マンション:3,800円
速度下り速度369Mbps
上り速度315Mbps
契約手数料3,300円
契約期間2年
違約金16,500円

auひかりは独自回線なので、回線が混雑しやすい時間でも速度が落ちることがないという特徴があります。

auひかりにするなら優良代理店であるGMOとくとくBBからの申し込みがおすすめです。

また最大77,000円もの高額なキャッシュバックを行なっているため、お得にauひかりを利用できます。

公式ページ

ソフトバンクご利用の方はソフトバンク光

ソフトバンク光

料金(税込)ホーム:5,720円
マンション:4,180円
速度下り速度242Mbps
上り速度170Mbps
契約手数料3,300円
契約期間2年
違約金10,450円

「ソフトバンク光」は、ドコモ光と同様にフレッツ回線を利用する「光コラボ」の内の1つです。

新規契約をする人に向けてキャッシュバックやキャンペーンが充実しています。

ソフトバンク光のプロバイダは多くありますが、中でもSTORYがおすすめです。

STORYから申し込むことで、最大63,400円の高額キャッシュバックに加え、無料レンタルWi-Fiの貸し出しなども行っています。

さらに、振り込み時期も最短2ヶ月と早く、現金振り込み対応も可能。

キャッシュバックではなくNintendo Switchへ変更することも可能です。

キャッシュバックを受け取りたい方だけでなく、Nintendo Switchの購入を検討している人にもおすすめです。

公式ページ

キャンペーンで選ぶ光回線

キャンペーンを活用して契約すれば、通常よりもお得に光回線を利用できます。

キャンペーンで選ぶならこの2つがおすすめです。

総額で3万円以上変わってくるため、安く済ませて快適なインターネットを利用しましょう。

月額料金の割引に強いSo-net光プラス

so-net光プラス

料金(税込)ホーム:6,138円
マンション:4,928円
速度上り:1Gbps
下り:1Gbps
契約手数料3,300円
契約年数2年
違約金20,000円

 

So-net光プラスは光コラボの1つで、So-netがプロバイダとして提供している光回線サービスです。

他の光コラボサービス同様、フレッツ光(NTT)の回線を利用しているので、最大1Gbpsの高速通信が可能です。

So-net光プラスは、数ある光コラボの中でも特に月額料金が安いのが特徴です。

工事費実質無料や24ヶ月間に渡って月額2,000円以上も割引される「月額大幅割引キャンペーン」などキャンペーンも多く用意されています。

費用を抑えつつ、高速通信ができる光回線を探している方におすすめです。

公式ページ

高額キャッシュバックがあるビッグローブ光

ビッグローブ光

料金(税込)ホーム:5,478
マンション:4,378
速度下り速度230Mbps
上り速度182Mbps
契約手数料3,300円
契約期間3年
違約金ホーム:4,230
マンション:3,360

ビッグローブ光はフレッツ光と同じ回線を利用する光コラボレーションの光回線です。

利用する回線が同じなので、ドコモ光やフレッツ光などと通信速度は変わらず、安定しています。

auだけでなく、UQモバイルやBIGLOBEモバイルもセット割を適用できる点も特徴です。

最大44,000円のキャッシュバックや工事費無料キャンペーンなども行っています。

キャッシュバックなども受け取りながらお得な光回線を探している方におすすめです。

公式ページ

縛りなしの光回線なら「So-net光minico」が最もおすすめ!

so-net光minico アイキャッチ

料金(税込)ホーム:4,500円
マンション:3,400円
速度上り:1Gbps
下り:1Gbps
契約手数料3,500円
契約期間縛りなし
違約金なし

 

minicoは月額料金が他の光回線よりも安いという特徴がある光回線です。

ホームが月額4,500円(税込)、マンションタイプが月額3,400円(税込)であることに加え、キャンペーンが充実しています。

通常26,400円かかる工事費が実質無料、v6プラス対応ルーターが永年無料で利用可能です。

さらに、minicoには最低利用期間がありません。

一般的な光回線では2~3年間の契約期間が設けられており、契約期間内に解約すると違約金が発生します。

minicoでは違約金がかかる恐れがないため、費用を抑えて利用できる光回線です。

公式ページ

 

誇大広告に騙されないように注意!

キャッシュバック10万円

フレッツ光、auひかり、光コラボレーション等、インターネットの新規申し込みでキャッシュバック等のキャンペーンを行っているものは多いです。

その中には、

「キャッシュバック10万円!」のようなものや、

「13万円以上もお得に使える!」のような広告を目にすることがあります。

これら高額過ぎる特典を売りにしている販売店、販売サイトはそのキャッシュバックを得る条件が非常に厳しかったりします。

例えば、

「新規契約1万円+オプション加入3万円+即時申込限定3万円+友達紹介3万円~」

のような内訳で、普通に契約すると1万円分の特典しか受けられなかったりということがよくあります。

さらにキャッシュバックを受け取る期間が10カ月後で定められた期間(1週間程度)も短く取り逃してしまうケースもあります。

特に10万円を超えるような高額キャッシュバックを謳っている販売サイトには注意してください。

auひかりのキャンペーンに関しては安全な販売サイトをまとめているので検討される方はご覧ください。

auひかりの新規申し込みキャンペーンの比較と注意点

小林
小林
10万円を超えるようなキャッシュバックは信じちゃだめだよ!
ねとみ
ねとみ
auひかりの45,000円キャッシュバックは高額なのにオプション無しで受けられるというのは本当です。
もくじに戻る

マンションにおすすめの光回線

マンションで光回線を利用する場合、建物の状況によって敷設できるかどうか異なります。

マンションによっては個人で契約すれば開通できたり、すでに建物内に敷設されていたりすることも。

マンションタイプに対応している建物の場合は、戸建てタイプよりも月額料金が安く済むため、お得に利用できます。

個人でマンションに光回線を契約する際は、以下のポイントを基に選ぶようにしましょう。

  1. 回線速度で選ぶ
  2. スマホのキャリア割引で選ぶ
  3. キャッシュバック額で選ぶ
  4. 契約期間の縛りなしで選ぶ

マンションで光回線の利用を検討されている方向けに、以下の記事で詳しく解説しているため、こちらも参考にどうぞ。

簡単に光回線をマンションで利用したい!手順とおすすめ光回線をまとめる光回線をマンションで使いたいけれど、設定や契約などがめんどくさい…と思っていませんか? 確かに光回線をマンションで使用したい場合は...
もくじに戻る

ポケット型WiFi・ホームルーターのメリット

光回線は高速で安定している一方で、工事が必要な上に月額料金もやや高めであるというデメリットがあります。

光回線の利用に抵抗がある方におすすめしたいのが、ポケット型WiFiやホームルーターといった無線インターネットです。

そこでここからは、ポケット型WiFiおよびホームルーターのメリット2つをご紹介。

  1. 端末が自宅に届いてからすぐに利用できる
  2. 月額料金が光回線よりも安い

それぞれ一つずつ解説します。

端末が自宅に届いてからすぐに利用できる

ポケット型WiFi・ホームルーターとも、端末が自宅に届いたら即日で利用が可能です。

光回線は工事が必要であるため、利用できるまでに最低でも1ヶ月は待たないといけません。

しかしポケット型WiFiやホームルーターは、電源を入れて設定をすれば、すぐにインターネットが利用できます。

端末が自宅に届いてからすぐに利用できるため、手軽に済むのです。

月額料金が光回線よりも安い

月額料金が光回線よりも安いことも、ポケット型WiFiやホームルーターのメリットの一つと言えます。

光回線の中で業界最安値と言われているenひかりの月額料金が4,620円に対し、ポケット型WiFiやホームルーターは3,000円台での利用が可能です。

 月額利用料 (税込)備考
enひかり4,730円戸建てタイプの場合
Mugen WiFi3,718円格安プランの場合
WiMAX2+3,678円ギガ放題プランの場合

「速度にはそこまでこだわらないから安い金額で利用したい」という方は、ポケット型WiFiやホームルーターがおすすめです。

もくじに戻る

ポケット型WiFi・ホームルーターのデメリット

先述の通りポケット型WiFiやホームルーターは月額料金が安く、開通工事も機器設定も不要で、すぐにインターネットを使えます。

いい事づくしに思える一方でデメリットが2つあります。

  • 通信規制がある
  • 通信速度が光回線ほど安定しない

上記の特徴を把握した上で、利用するようにしましょう。

通信規制がある

ポケット型WiFiやホームルーターの大半のサービスでは、通信規制が設けられています。

例えばWiMAXでは3日間で10GB以上、Mugen WiFiでは1ヶ月間で100GBを超えると、低速での通信に切り替わってしまいます。

光回線では通信規制が無いことを考えると、ポケット型WiFiやホームルーターのデメリットと言えます。

ポケット型WiFiやホームルーターでのインターネットは通信規制があることは理解しておきましょう。

通信速度が光回線ほど安定しない

通信速度についても、ポケット型WiFiやホームルーターは光回線ほど安定しないことが多いです。

無線タイプのインターネットの電波は壁などの障害物に弱く、場所によっては通信環境が不安定になることがあります。

小林
小林
雨の日にも遅くなったりするよ。

光回線よりも安いとはいえ、せっかくお金を払っているのですから、ストレスなくネットを利用したいですよね。

ポケット型WiFiやホームルーターは通信速度が安定しないことがあるため、時によってはストレスを感じることもあるのです。

このような理由から、以下に当てはまるような人は多少金額が高くても、光回線がおすすめです。

  • 自宅で動画をよくみたりオンラインゲームをする
  • 回線の引き込み工事が出来ない場合
  • 外出先でインターネットを使う機械が少ない
ねとみ
ねとみ
ガッツリインターネットを使いたい!という場合には光回線を選ぶようにしましょう!
社宅や寮など、光回線の工事が出来ない時に役立つオススメのネット回線を解説する 寮や社宅にネットがない!工事もできない! 寮にあるネットは回線速度がやたら遅い! そんな方に、寮や社宅でおす...
もくじに戻る

おすすめのポケット型WiFi

無線で利用出来るインターネット回線は様々ですが、その多くは通信制限が厳しいものばかりです。

おすすめのポケット型WiFiは以下の3つ。

他サービスに比べて通信規制が緩めなので、ストレスなく利用できます。

1. コスパ重視ならMugen WiFi

Mugen Wi-Fiキャンペーンページ

料金(税込)3,328円~
速度上り:50.0mbps
下り:150.0mbps
契約手数料3,300円
契約年数2年間(オプションで縛りなし)
違約金なし(端末返却日を過ぎたら9,900円)

 

Mugen WiFiの最大の魅力は月額3,328円という安さです。

端末料金は無料で、オプション加入していれば契約期間の縛りや違約金もなくなります。

100GBの大容量通信であることに加え、30日間の返金保証付きお試し利用が可能。

30日間のお試しが終わってから契約ができるので、興味のある方はまずお試し期間での利用をおすすめします。

公式ページ

2. 速度にこだわるならWiMAX

WiMAX

料金(税込)1~2ヵ月2,079円
3~36ヶ月目4,389円
37ヶ月目~4,444円 (初月:日割り)
速度上り:112.5Mbps
下り:758Mbps
契約手数料3,300円
契約手数料3年間 (36ヵ月)
違約金1~12ヵ月目:20,900円
13~24ヵ月目:15,400円
25ヵ月目以降:10,450円

 

WiMAXは、大容量プランでも安く利用でき、20GB以上使う方におすすめのモバイルWi-Fiです。

WiMAXは専用回線を持っているので通信の安定性が高く、モバイル回線よりも高速での通信が可能となっているので、速度も高速で安定しています。

料金が安いだけでなく、端末料金も一切かからないのでお財布に優しいモバイルWi-Fiです。

WiMAXは申し込み窓口でキャッシュバックなど特典内容が変わるので、申し込みの際には注意が必要です。

公式ページ

3.契約期間の縛りなく使いたいならAiRWiFi

Wi-Fi Air-wifi

料金(税込)3,278円〜
速度上り:50.0mbps
下り:150.0mbps
契約手数料0円
契約年数1年間(契約期間なしオプションあり)
違約金なし

 

AiR-WiFiは、業界最安クラスで人気のポケットWiFiです。

月額3,278円〜(税込)と業界最安級で、U3端末でも月額3,377円〜(税込)と価格面で他のポケットWiFiを圧倒しています。

1年間の契約縛りがありますが、月額330円の縛りなしオプションに加入すれば契約期間の縛りを気にせずに利用できます。

クラウドSIM系のポケットWiFiを選ぶなら、最安級のサービスです。

公式ページ

もくじに戻る

ホームルーターを選ぶならドコモ home 5G一択

ドコモ home 5G

料金(税込)4,950円
速度上り:218Mbps
下り:4.2Gbps
契約手数料3,300円(オンラインなら無料)
契約年数なし
違約金なし

 

ドコモが提供するhome 5Gは、無線タイプのインターネットでありながら5G通信にも対応した最新のホームルーターです。

ドコモ home 5Gの月額料金は、光回線のホームタイプと同じくらいで4,950円(税込)です。

契約期間の縛りや解約金がなく、光回線とは異なり工事が不要なので、本体が届いたらコンセントに指すだけですぐに利用可能。

引っ越しの際には、設置場所の住所変更手続きを行うだけで続けて使うこともできます。

そのため、工事ができない物件に住んでいる人や引っ越しが多い方などにおすすめです。

公式ページ

通信量の制限はないものの、公式サイトの但し書きに「規制する場合もある」と記載されています。

そのため使い過ぎると、通信速度を規制されることがあるかもしれません。

小林
小林
外出先で使うという目的がないならこのタイプもありだね。
ねとみ
ねとみ
工事不要なので家族みんなで使う専用インターネットをすぐに導入したいときにはおすすめですね!
もくじに戻る

まとめ

インターネット回線の種類は現在多岐に渡るため、ここまで読んでも結局どれを選んで良いのかいまいちわからないという人も多いかもしれません。

自宅で使うインターネット回線の選び方のポイントは以下の4つです。

  1. 回線速度で選ぶ
  2. スマホのキャリア割引で選ぶ
  3. キャッシュバック額で選ぶ
  4. 契約期間の縛りなしで選ぶ

具体的な選択方法としては、

  • 光回線ならNURO光が品質、コストともに良好なので関東エリアなら圧倒的にお勧め
  • それ以外は重視するポイントに合わせて光回線を選ぶ
  • 無線タイプが良いならMugen WiFiやWiMAX

という感じで絞っていくと、より自分のニーズに合ったインターネット回線が選べると思います。

当サイトおすすめの光回線

今なら2万円分のキャッシュバックつき。さらに、ドコモユーザーは割引があり、dポイントも溜まるので、ドコモヘビーユーザーに非常にお得な光回線!

auユーザーは割引が適用され、キャッシュバック金額も多く、スマートバリュー適応の方にはおすすめな光回線!

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がおすすめ!キャッシュバック金額も多く、すぐ受け取りができる数少ない光回線!

格安SIMユーザーはenひかり!業界最安値で、縛りもないからいつ解約してもOK!魅力度の高い光回線!

インターネット案内人
ねとみ
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください