ポケットWi-Fi

モバイルルーター(ポケットWi-Fi)の種類を解説!オススメはどれ?

「モバイルルーターにはどんな種類がある?」

「モバイルルーターで購入するならどれがおすすめ?」

これからモバイルルーターの購入を検討しており、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

モバイルルーターといっても様々な種類があって、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、今回の記事ではモバイルルーターの種類やどれがおすすめなのかを解説していきます。

これからモバイルルーターの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

モバイルルーターとは?

モバイルルーターとは、簡単に説明すると「持ち運びができる無線タイプのインターネット」のことです。

パソコンやタブレット、スマホを使って、外出先でも仕事や動画視聴などを行いたい人向けのサービスとして一般的なものになっています。

モバイルルーターという呼び名以外にも、ポケットWi-Fiと呼ばれることもあります。

しかしポケットWi-Fiは、もともとワイモバイル(Y!mobile)が取り扱っているモバイルルーターの商標です。

モバイルルーターとポケットWi-Fiの違いや名前の由来については、関連記事で詳しく解説しています。

ポケットWi-Fiとは
ねこでもわかるポケットWi-Fiとは?失敗しない選び方とおすすめまで解説ポケットWi-Fiという便利な商品をご存知でしょうか? きっと多くの人が、 「なんとなくわかるけど具体的に何かよくわからない...

モバイルルーターの回線と機種は別のことを指す

モバイルルーターを利用するためには、回線と機種が必要です。回線と機種は混合しやすいのですが、それぞれ別のことを指します。

モバイルルーターの回線や機種、料金などを表にまとめました。

回線料金速度制限利用回線機種
BroadWiMAX1~2ヶ月 :2,726円
3~24ヶ月 :3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
無制限WiMAX2+
au
W06
WX05
どんなときもWiFi1~24ヶ月: 3,480円
25ヶ月目以降: 3,980円
月間容量は無制限
3日で10GB以上の
利用で制限あり
ソフトバンク
ドコモ
au
D1
ソフトバンクの
ポケットWi-Fi
1~12ヶ月:6,480円
13ヶ月目以降:6,480円
月間50GBソフトバンク802ZT
601HW
ワイモバイルの
ポケットWi-Fi
3,696円月間7GB603HW
504HW
502HW
など

携帯キャリアで例えると、

  • 回線:ソフトバンク、au、ドコモ
  • 機種:iPhone、Xperia、Google Pixcelなど

といったように、モバイルルーターでも回線と機種が分かれます。

回線によって提供しているサービス内容や機種も異なるので、使い方に応じて選ぶのがおすすめです。

それぞれの回線について解説していきます。

WiMAXとは

WiMAXは、モバイルルーターの中でも知名度が高いサービスです。

実際のサービスはどうなっているのでしょうか。今回は、WiMAXの中でもコスパが良くてオススメのBroadWiMAXを例に詳しく解説していきます。

WiMAXの特徴

WiMAXの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • モバイル回線としては非常に通信速度が速い
  • 通信制限がない(実質はあるが条件が緩い)
  • auスマホとセットで割引が可能

現在WiMAXの最新規格であるWiMAX2+の下りの最大速度は、1.2Gpbsです。光回線の一般的な最大速度が1Gbpsであるため、非常に通信速度が速いです。

また、WiMAXの通信制限がかかる条件は、3日間で10GBを超えて使用した場合になります。1GBの使用容量の目安は、HD動画で約1時間程度。

毎日4時間以上動画を視聴した場合、3日間で10GBを超えて規制が掛かってしまう計算に。

ヘビーにネットを利用しない限り通信制限の条件は緩いと言えます。

さらに、auスマホとセットで割引されるスマートバリューの適用が可能となるため、auユーザーはお得に利用できます。

WiMAXについては、関連記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読を。

WiMAXとは
WiMAXとは何か?メリットとデメリットを分かりやすく解説WiMAXをご存じでしょうか? WiMAXは正式には携帯電話の3GやLTE等と同じ移動体通信方式の(世界基準の)規格の一種で、日本...

WiMAXのルーターの種類

UQ WiMAXを始め、様々なプロバイダがWiMAXを提供しています。

当サイトでオススメしているBroadWiMAXのルーターは、下記の2種類があります。

  • W06
  • WX05

通信速度を求める方にオススメなのは、下り最大1.2Gbpsが可能なW06です。モバイルルーターの中でも、最高級といえる回線速度で利用できます。

電池の持ちを求める方は、最大13時間連続通信が可能なWX05がオススメです。

どんなときもWiFiとは

どんなときもWiFiは2019年3月に始まった新しいサービスです。

どんなときもWiFiは、クラウドWiFiという新しい仕組みを使っており、注目されています。

さらに、

  • 通信制限がない
  • エリアが広くて繋がりやすい
  • 毎月の料金もお得

という非常に人気のあるWiFiサービスです。

どんなときもWiFiの仕組みや特徴、機種について詳しく解説していきます。

どんなときもWiFiの特徴

どんなときもWiFiの回線の特徴をまとめました。

  • データ通信が使い放題・速度制限もなしで定額料金
  • マルチキャリア対応。常に強い電波を掴むのでほぼ圏外にならない
  • 海外でも面倒な設定なしでそのまま使える

どんなときもWiFiの料金はデータ放題プランのみで、月額3,480円、通信制限なしと非常にわかりやすいプランです。

また、クラウドWiFiという新たな仕組みを使っています。クラウドWiFiは、複数の通信会社の電波を使うことができる仕組みです。

どんなときもWiFiでは、大手3社(docomo・au・ソフトバンク)のLTE回線が利用できます。そのため、どんなときもWiFiの回線のエリアは幅広く、非常に安定しています。

さらに、どんなときもWiFiは海外へそのまま持って行って、現地のWiFiを利用することが可能です。わざわざ現地でモバイルルーターをレンタルする必要もないため、手間を省けます。

どんなときもWiFiのメリットやデメリットについては、関連記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読を。

どんなときもWiFiの評判やメリット・デメリットを解説!これはかなり良いかも!どんなときもWiFiをご存知ですか? どんなときもWiFiは2019年3月から始まった新しいサービスにも関わらず、 「どれだ...

どんなときもWiFiのルーターの種類

どんなときもWiFiで利用できるルーターは、「D1」というルーターです。

主な特徴
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
連続通信時間12時間(3,500mAh)
同時接続台数5台
サイズW127 x H65.7 x W14.2 mm
重量151g
SIMスロット標準 SIM×1、Micro SIM×1

D1はシンプルなデザインで、画面割れの心配がありません。

また、バッテリーが大容量で最大12時間の長時間使用が可能です。もし外出先で電源スポットが見つからない場合でも、長時間利用できます。

ソフトバンクのポケットWi-Fiとは

大手通信キャリアのソフトバンクもポケットWi-Fiのサービスを提供しています。

ソフトバンクのポケットWi-Fiのプランは、「ウルトラギガモンスター+forデータ」を利用します。

料金プランやルーターの種類について詳しく解説していきます。

SoftBank ポケットWi-Fiの特徴

SoftBankのポケットWi-Fiのサービスで基本的に利用する「ウルトラギガモンスター+ forデータ」は、50GBまで使えるプランです。

容量としては大きく見えますが、通信無制限のサービスもあるので、なんとも言えないのが正直なところ。

さらに、ポケットWi-Fiで利用する場合、スマホの「ウルトラギガモンスター」プランとは違って、動画・SNS放題の対象外となるため注意が必要です。

また、料金も他のポケットWi-Fiサービスと比較すると、非常に高額。

  • 基本プラン(データ) 980円
  • データプラン50GB+ 6,500円
  • 機種代(750円 or 140円)

動画・SNS放題の対象外で料金も他社と比較して高額なため、ソフトバンクのポケットWi-Fiはあまりオススメできるサービスではありません。

SoftBank ポケットWi-Fiのルーターの種類

SoftBankが提供しているポケットWi-Fiのルーターは、以下の2種類です。

  • Pocket WiFi 802ZT:機種代金750円×36ヶ月
  • Pocket WiFi 601HW:機種代金140円×36ヶ月

性能を求める方は「802ZT」、機種代金を抑えたい方は「601HW」といった選び方になります。

ワイモバイルのポケットWi-Fiとは

ワイモバイルでも、ポケットWi-Fiのサービスが出ています。

ワイモバイルは、通常のプランであれば月間の通信料が7GBか5GBのどちらかを選ぶ形になりますが、追加オプションで通信容量無制限にすることが可能です。

また、タブレットやパソコンとセットで割引されるプランもあります。

ワイモバイルの詳細について解説していきます。

ワイモバイル ポケットWi-Fiの特徴

ワイモバイルの契約プランは、

  • ポケットWi-Fiプラン2(7GB)
  • ポケットWi-Fiプラン2ライト(5GB)

の2種類です。

それぞれの概要を表にしました。

月額料金3,696円
契約期間3年
初期費用事務手数料3,000円のみ
通信速度下り最大612Mbps
(※一部地域のみ)
通信制限月間7GB
対応エリアソフトバンクエリア
対応機種603HW、504HW、502HW
オプションアドバンスプション
快適モード

月額料金2,480円
契約期間3年
初期費用事務手数料3,000円のみ
通信速度下り最大612Mbps
(※一部地域のみ)
通信制限月間7GB
対応エリアソフトバンクエリア
対応機種601ZT、506HW
オプション快適モード

どちらのプランも使用容量を超えると通信制限がかかり、低速通信となるため気をつけましょう。

通信制限がかかった場合、500MBごとに500円の追加料金を支払うことで、通常の速度に戻ることもできます。ポケットWi-Fiプラン2(7GB)のプランだけですが、アドバンスオプション(月額684円)追加で通信制限がかからず高速通信が利用可能です。

また、どちらのプランも契約期間は3年で、途中解約する場合は解約金がかかるので、注意しておきましょう。

ワイモバイルでは他にも、タブレットやパソコンとセットで割引される「バリューセット」もありますので、詳細を知りたい方は関連記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読を。

ワイモバイルのポケットWi-Fiはおすすめ出来る?メリットとデメリットをまとめる外出先でもインターネットを楽しむことができるポケットWi-Fiいいですよね。 各社からポケットWi-Fiはさまざまなものが販売され...

ワイモバイル ポケットWi-Fiのルーターの種類

ワイモバイルのポケットWi-Fiのルーターは、下記の種類があります。

  • Pocket WiFi 803ZT
  • Pocket WiFi 801HW
  • Pocket WiFi 701UC
  • Pocket WiFi 601ZT
  • Pocket WiFi 603HW
  • Pocket WiFi 502HW
  • Pocket WiFi 506HW

その中でも「Pocket WiFi 803ZT」は、最速下998Mbpsと高速通信が可能で、最大12時間も充電が持つ大容量バッテリーです。

「どれを選べばいいかわからない」と悩まれている方は、公式サイトで特徴から選ぶことができるので、自分にあった機種を見つけてください。

ワイモバイルのポケットWi-Fiの公式サイトはこちら

まとめ:モバイルルーターはWiMAXとどんなときもWi-Fiの二強

今回の記事をまとめます。

  • ポケットWi-Fiはもともとワイモバイルの商品の名前
  • モバイルルーターは回線と機種が分かれている
  • モバイルルーターの中でも、おすすめはどんなときもWiFi
  • 回線速度を求める方は、WiMAXも選択肢に

現状モバイルルーターの二強は、「どんなときもWiFi」と「WiMAX」です。

基本的には「どんなときもWi-Fi」が最もおすすめですが、ゲームを頻繁にするヘビーユーザーの場合は、回線速度の速い「WiMAX」がおすすめです。

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください