光回線の基本

一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーターは?生活パターンごとに紹介!

選ぶポイントを詳しく解説

「これから一人暮らしを始めるのにWi-Fi環境が欲しいけど、どんなWi-Fiルーターがあればいいんだろう?」とお悩みではないでしょうか。

一人暮らしと言っても、職業やライフスタイルによって必要なWi-Fi環境は異なります。また「Wi-Fiと言えば光回線」と思っていると、必要以上にお金がかかってしまう可能性もあるのです。

そこでこの記事では、一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーターについてご紹介します。

生活パターン別一人暮らしにおすすめのWi-Fi環境

動画とネット中心の人には:最安値保証WiFi
テレワーク中の人には:GMOとくとくBBのホームルーター
オンラインゲームをがんがんやる人には:NURO 光 10Gs

※記事内の料金は全て税抜です。

大前提:ルーターだけを買ってもWi-Fi接続はできない

一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーターについてお伝えする前に、意外と多くの人が抱いている誤解を解く必要があります。

その誤解とは「Wi-FiルーターだけあればWi-Fiが使える」ということです。

そもそもWi-Fiとは、無線で通信するための規格のこと。そしてそのWi-Fiを利用するには、回線契約が必要なのです。

つまり、Wi-Fiルーターだけを用意しても、回線契約が無いとWi-Fiは使えません。

また回線にも光回線・モバイルWi-Fiルーター・ホームルーター(置くだけWi-Fi)など、種類があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Wi-FiルーターだけあればWi-Fi接続は可能?わかりやすく解説しますスマホで動画やゲームをするときにWi-Fiがあると安心です。ところで、Wi-FiルーターがあればWi-Fiを使えると思っていませんか?実は、Wi-Fiを使うためにはWi-Fiルーターだけでなくネット環境も必要です。...

部屋によってはWi-Fi環境がすでにあるところも

しかし、場合によってはWi-Fiルーターだけ用意すればWi-Fiが使えるようになる人もいます。

それは、インターネットがあらかじめ完備されているマンションやアパートに住んでいる人です。

そのような部屋に住んでいる人は、壁から出ているケーブルをWi-Fiルーターに接続すればWi-Fiを使えるようになります。

また契約で「インターネット無料」とされていれば、毎月無料でWi-Fiが使えます。

しかし、ほとんどの場合、備え付けのインターネットは通信速度が遅いです。

ねとみ
ねとみ
もし通信が遅いのに我慢できない人は、自分で別途回線契約をする必要があります。

一人暮らしの人がWi-Fiを導入するときの検討ポイント

前章でお伝えしたように、Wi-Fi環境には光回線やモバイルWi-Fiルーター、ホームルーターがあります。

Wi-Fi環境にはそれぞれ特徴があり、何を重視するかで適したWi-Fi環境が異なるのです。

ここで、Wi-Fi導入の検討ポイントと、Wi-Fi環境ごとの特徴を表にまとめてみました。

Wi-Fi環境光回線モバイルWi-Fiルーターホームルーター
料金
通信速度・安定性
データ通信容量
持ち運び××
契約期間ありあり/なしあり
工事の有無ありなしなし


表のように、Wi-Fi環境として最も優れているのは光回線です。しかし、その分料金が高く、工事が必要というデメリットがあります。

またモバイルWi-Fiルーターは、その名のとおり持ち運びができます。そのため、外出先でもWi-Fiを使いたい人にはモバイルWi-Fiルーターがおすすめです。

一方で、自宅でのみWi-Fiを使い、引越しする可能性がある人はホームルーターがおすすめです。

表では記号で表してみましたが、それぞれの項目について詳しく解説していきます。

料金

Wi-Fi環境を導入するうえで、やはり一番気になるのは料金でしょう。

光回線はWi-Fi環境として優れている分、最も料金が高いです。戸建てに引く場合は平均して5,000円程度、マンションだと4,000円ほどかかります。

光回線はWi-Fi環境としては料金が高く、工事費用もかかるため、一人暮らしの学生には光回線を引くには難しいかもしれません。

ねとみ
ねとみ
また光回線はマンションタイプが安いものの、マンションごとに対応している光回線が異なり、希望する光回線が引けない可能性が高いです。

一方、最も安くWi-Fi環境を整えるならモバイルWi-Fiルーターがおすすめ。特に「最安値保証WiFi」は、全てのモバイルWi-Fiルーターの中で最も料金が安く、毎月3,280円で利用できます。

ホームルーターはモバイルWi-Fiルーターと比べると少し高めで、平均して毎月4,000円ほどかかります。

最安値保証Wi-Fi、本当に最安値?縛りはあるの?評判どうなの?
最安値保証WiFiは大丈夫?メリット・デメリット、口コミや申し込み方法まで紹介!Wi-Fiを選ぶときのポイントで、見逃せないのがやはり価格です。なるべく安いWi-Fiを契約したいという方は多いのではないでしょうか。 ...

通信速度・安定性

Wi-Fiの通信速度や安定性に優れているほど、快適にインターネットを利用できます。特にオンライン対戦のゲームをする人は、通信速度と安定性が必要です。

通信速度・安定性に優れたWi-Fi環境が欲しい人は、光回線の導入をおすすめします。

また、光回線の次に優れているのはホームルーターです。ホームルーターはモバイルWi-Fiルーターと比べて、遠くに電波を飛ばせます。

データ通信容量

データ通信容量とは、一定期間中にデータ通信できる容量のことです。データ通信容量を超えると、一時的に通信速度制限がかかり通信が低速化します。

モバイルWi-Fiルーターの場合、「3日で7GBまで」「月に100GB」までと、データ通信容量が決まっているものがほとんど。

データ通信無制限を謳うモバイルWi-Fiルーターもありますが、そのほとんどが通信トラブルが起き、新規受付停止になっています。

またホームルーターは、WiMAXの場合データ通信容量がモバイルWi-Fiルーターと同じです。他社の場合は明確な基準はありませんが、大量にデータ通信すると速度制限がかかります。

最もデータ通信容量の縛りが緩いのは光回線です。光回線の場合、回線業者によって基準値は異なりますが、1日で30GB以上アップロードすると通信制限がかかるとされています。

持ち運び

特にビジネスマンの場合、家の中だけでなく、外でWi-Fiを使うこともあるでしょう。

そのような外出先で使えるWi-Fi環境が欲しい人は、モバイルWi-Fiルーターが最もおすすめです。モバイルWi-Fiルーターは、通信できるエリアなら場所を問わずWi-Fi接続できます。

一方、光回線は自宅に工事をして光ファイバーを引き込むので、持ち運びはできません。またホームルーターもコンセントがないと使用できないので、外では使えないのです。

契約期間

Wi-Fi環境を作る場合、そのほとんどに契約期間が設けられています。携帯電話と同じように、契約期間中に解約すると違約金が発生してしまうのです。

光回線とホームルーターは、2年や3年の契約期間が設けられています。しかし、モバイルWi-Fiルーターの中には「最安値保証WiFi」や「縛りなしWiFi」など、契約期間の縛りがないものがあります。

ねとみ
ねとみ
ライフスタイルの変化も多い現代では、2年や3年などの縛りがあるより、縛りがないWi-Fi環境がおすすめです。

工事の有無

モバイルWi-Fiルーターは機器に充電することで使用でき、ホームルーターは電源に接続すれば使用できます。

一方で、光回線は前述の通り、工事をして光ファイバーを引き込む必要があります。

もし引越しする機会があり、次の家でも光回線を利用する場合、引越し先でも光回線を引くための工事が必要なのです。また基本的に工事をすると工事代金を請求されます。

ねとみ
ねとみ
そのため、一人暮らしの学生や、転勤が多いサラリーマンには光回線はおすすめできません。

一人暮らしの生活パターンごとにおすすめのWi-Fi環境

前の章では、一人暮らしの人向けにWi-Fi環境を選ぶポイントについてお伝えしました。

最後に、この章では一人暮らしの生活パターンごとに、おすすめのWi-Fi環境や商品をご紹介します。

今回想定した生活パターンは次の3つです。

動画とネットを中心に使う人におすすめのWi-Fi環境は「最安値保証WiFi」

オンラインゲームよりも、動画やネットサーフィンができればいいという人におすすめのWi-Fi環境は「最安値保証WiFi」です。

この商品は月額料金が3,280円で、その名の通りモバイルWi-Fiルーターの中で最も料金が安く設定されています。

また、最安値保証WiFiは「クラウドSIM」を搭載しています。クラウドSIMとはSoftbank、au、docomoのうち最も回線が安定しているものを自動で選択するもので、通信の安定が期待できます。

さらに、通信制限や契約期間の縛りが非常に緩いため、学生から社会人まで幅広くおすすめできるWi-Fi環境です。

最安値保証Wi-Fi、本当に最安値?縛りはあるの?評判どうなの?
最安値保証WiFiは大丈夫?メリット・デメリット、口コミや申し込み方法まで紹介!Wi-Fiを選ぶときのポイントで、見逃せないのがやはり価格です。なるべく安いWi-Fiを契約したいという方は多いのではないでしょうか。 ...

テレワーク中の人におすすめのWi-Fi環境は「GMOとくとくBB」のホームルーター

リモートワークやテレワークなど、オフィス外で仕事をする機会が多い人におすすめなのが「GMOとくとくBB」のホームルーターです。

ホームルーターは、基本的に「WiMAX」か「SoftbankAir」のどちらかを選択します。この二つのうち、通信の安定性に定評があるのはWiMAXです。

特にテレワーク・リモートワークは、ビデオ通話をする人も多いと思います。そのような人は、安定した通信環境が必要でしょう。

WiMAXのホームルーターは、「プロバイダ」というインターネットに接続するための業者を選択する必要があります。

プロバイダ各社の中でも「GMOとくとくBB」はキャッシュバック額が多く、3万円のキャッシュバックがもらえるのです。

テレワーク向きのおすすめWi-Fi環境
テレワーク・リモートワークに!すぐ導入できるおすすめのWi-Fi環境を紹介リモートワークやテレワークの普及に伴い、Wi-Fiの需要も高まっています。【やさしくねっと】では、すぐに導入できるおすすめのWi-Fi環境やその選び方をご紹介します。...
ねとみ
ねとみ
引越しが多い社会人には特にホームルーターがおすすめです!

オンラインゲームをガンガンやる人におすすめのWi-Fi環境は「NURO光 10Gs」

前述の通り、オンラインゲームをする人にとってWi-Fiの通信速度や安定性はとても重要です。特にオンライン対戦をする人は、通信環境への投資もためらわないでしょう。

オンラインゲームをする人におすすめのWi-Fi環境は、「NURO光 10Gs」です。NURO光とは光回線サービスの商品名で、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供しています。

数ある光回線の中でも、NURO光 10Gsの強みはその通信速度です。このプランは、有線接続すると下り・上り共に10Gbpsの超高速通信ができます。

月額料金は5,743円。設置可能な住宅タイプや、提供エリアなど縛りはありますが、とにかく通信速度重視という人にはおすすめのWi-Fi環境です。

選び方とおすすめ業者を解説 10Gbpsのネット回線
10Gbpsでインターネットができる光回線の選び方とおすすめの回線を解説!IoTの普及や5Gへの移行など、テクノロジーは日々進歩しています。そのような時代の変化に合わせて、光回線も10Gbpsという超高速通信サービスが登場しました。そこで【やさしくねっと】では、10Gbpsでインターネットができる光回線や、その選び方についてお伝えします。...
ねとみ
ねとみ
光回線にはWi-Fiルーターが必要ですが、NURO光でレンタルできるルーターは高性能なので一緒にレンタルしましょう!

まとめ

この記事では、一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーターについてご紹介しました。

最後に、生活パターンごとのおすすめをまとめてみます。

生活パターン別一人暮らしにおすすめのWi-Fi環境

動画とネット中心の人には:最安値保証WiFi
テレワーク中の人には:GMOとくとくBBのホームルーター
オンラインゲームをがんがんやる人には:NURO 光 10Gs

人によってそれぞれ重視するものは異なりますが、この記事の内容を参考にすれば適切なWi-Fi環境が選べるでしょう。

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください