LINEモバイル

LINEモバイルの端末はどれがいい?おすすめセット購入機種を紹介

LINEモバイルでは、スマホをセット購入できます。自分でスマホを用意するのも可能ですが、スマホの購入とSIMの契約が別々だと面倒。という方もいらっしゃいますよね。

LINEモバイルでセット購入をすれば、一回の手続きでスマホもSIMも手に入りますし、支払いもまとめられて便利です。

しかし、LINEモバイルの対応機種は多いのでどれを選べば良いかわからないと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、LINEモバイルでセット購入をする際におすすめの機種を紹介していきます。

これからLINEモバイルを契約する、という人は是非参考にしてみてください。

LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルの取り扱い機種は10機種

LINEモバイルでは下記の10機種を取り扱っています。

メーカー機種名
OPPOReno 10x Zoom
OPPOR17 Pro
OPPOR15 Neo
SHARPAQUOS sense2 SH-M08
ASUSZenFone Max Pro(M2)
ASUSZenFone Max(M2)
ASUSZenFone Live(L1)
ASUSZenFone 5
HUAWEIHUAWEI P30
HUAWEIHUAWEI P30 lite
HUAWEIHUAWEI nova lite 3
HUAWEIHUAWEI MediaPad M5 lite 8
HUAWEIHUAWEI MediaPad T5
AppleiPhone 6s
motorolamoto g7 plus
motorolamoto g7
motorolamoto e5
富士通arrows M04
NECAterm MP01LN

当然ですがそれぞれの機種で良いところがあります。「全ての面でこの機種が良い」とはなかなか言い難いので、スペック・多機能・低価格・カメラの4つに分けておすすめの機種を紹介していきます。

スペック重視でおすすめな2機種

まずはスペック重視でおすすめな2機種を紹介します。

HUAWEI P30

格安スマホの雄、HUAWEIが販売するP30です。Pシリーズは前作からも人気があり評判もかなり良いです。

P30の特徴は文句なしの高スペックであることです。

記憶容量にあたるROMは128GB。短期の記憶容量であるRAMはなんと6GBにあたります。他の機種を見るとわかりますが、ほとんどの機種が2GBや3GBなのに対し、P30はRAM6ギガを実現しています。

RAMは作業机に例えられ、広ければ広いほど多くの作業を同時にできるので、重たくなったりアプリが途中で落ちる現象などが起こりにくくなります。

また、スマートフォンでの撮影の常識を新しく変えたLeicaトリプルカメラを搭載。3つ搭載することで被写体の距離を性格に把握でき、ポートレート写真のような背景がボケた写真も綺麗に撮ることができるだけでなく、薄暗い場所での動画撮影も明るく明瞭に撮影できます。さらに、AIアシストで簡単に写真を撮影してくれる優れもの。

また、指紋認証だけでなく顔認証も加わり便利度が増しました。他の機種と比べ値段ははりますが、高スペックでカメラが充実した機種がほしい人にとにかくおすすめです。

項目仕様
販売会社HUAWEI
販売価格77,880円(税別)
ROM128GB
RAM6GB
カメラ画素数メイン:広角 4,000万+超広角 1,600万画素 +望遠 800万画素
インカメラ:3,200万画素
バッテリ容量3,650mAh
本体重量165g

ZenFone5

ASUSの人気シリーズZenFoneの最新機種ZenFone5です。

AIテクノロジーが搭載されたことで、カメラや充電、着信音などの使い勝手が大幅に向上しました。

まず、カメラでは「AIシーン分析機能」の16シーンの撮影モードにより、誰でも理想的な写真を簡単に撮影することが可能となりました。また、デュアルレンズカメラによって一般的なスマホカメラの約5倍の光を取り込み、ワイドアングルで撮影できたりと、写真の幅が広がります。

次に「充電」。AI充電をONにすることで超過充電を防止してくれるため、バッテリーの劣化を防いでくれます。32分で約50%まで一気に急速充電が可能となりました。

そして、「AI着信音」。周囲の騒音レベルに合わせて着信の大きさを自動で調整してくれます。家族が寝静まっているときや友人との食事中など、ストレスなく着信を受け取れることが可能です。

指紋認証と顔認証はHUAWEI P30だけではありません。ZenFone5も指紋認証と顔認証に対応しています。

また、ZenFone5の通信速度は400MbpsでLINEモバイルの機種で最大速度。ROM・RAMも64GB・6GBと文句なしのスペックです。

項目仕様
販売会社ASUS
販売価格52,800円(税別)
通信速度下り400Mbps
上り75Mbps
ROM64GB
RAM6GB
カメラ画素数メイン:1,200万画素+800万画素
インカメラ:800万+500万画素
バッテリ容量3,300mAh
本体重量165g

多機能でおすすめな2機種

多機能でおすすめな2機種を紹介します。処理速度などのスペックは劣りますが、お財布ケータイや防水など機能面で優れているものを選びました。

AQUOS sense2 SH-M08

SHARPの大人気AQUOSシリーズです。AQUOS sense2 SH-M08は進化したIGZOパネルが特徴です。

バッテリー容量は特筆大きくありませんが、IGZOパネルは電力消費をうまく抑え、綺麗にディスプレイを表示してくれます。また画面が濡れた状態でも誤作動しないので、お風呂や台所での利用も可能です。

その他にも、Jアラート対応や、おサイフケータイ、指紋認証&顔認証、のぞき見ブロックなど、日本の携帯で人気の機能がついている点が特徴です。

スペックはそこそこでも良いから、とにかく便利に使いたいという人におすすめな機種です。

項目仕様
販売会社SHARP
販売価格一括払い:34,800円(税別)
分割払い:1,540円×24回(税別)
通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
ROM32GB
RAM3GB
カメラ画素数メイン:1,200万画素
インカメラ:800万画素
バッテリ容量2,700mAh
本体重量155g

iphone6s

2015年9月に販売されて、4年が経とうとしているにもかかわらず未だに売れているiPhone6s。

新しいスマートフォンが店頭に並びだすと消えていくことが多いにもかかわらず、iPhone6sを求めている消費者は多い。求められている理由は安さ。必要十分な機能があればOKという人にはオススメです。

iPhone8 PlusやiPhone Xなどの高スペックモデルは10万を超えますが、iPhone6sは32GBが33,800円、128GBが43,800円と安い。

SIMロックフリーでiPhoneが欲しい方から有力な選択肢として挙がる端末。カラーバリエーションが4種類、スペースグレイとゴールド、シルバーにローズゴールドが加わり女性に人気のスマホの1つです。

項目仕様
販売会社Apple
販売価格<一括払い>
32GB:33,800円(税別)
128GB:43,800円(税別)
<分割払い>
32GB:1,490円×24回(税別)
128GB:1,920円×24回(税別)
通信速度下り187.5Mbps
本体重量143g

低価格でおすすめ3機種

次に価格が安くておすすめな機種を紹介します。とにかく安く端末を手に入れたい!という人は要チェックです。

Moto E5

4,000mAhと大容量バッテリーのMoto E5はこまめな充電が面倒な方におすすめ。また、10W充電器が同梱されているため、急速充電が可能です。

5.7インチという大画面でエンターテイメントをより見やすい環境で楽しめます。

LINEモバイルの中で最もお買い得な価格にもかかわらず、必要な機能は搭載されている優れもの。

項目仕様
販売会社モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社
販売価格18,800円(税別)
通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
ROM16GB
RAM2GB
カメラ画素数メイン:1,300万画素
インカメラ:500万画素
本体重量173g

HUAWEI P30 lite

HUAWEI P30よりも価格が安く手が届きやすいHUAWEI P30 lite。

違いは、CPUやROM、背面・全面カメラの画素数、バッテリー容量などです。

といっても、HUAWEIのスマートフォンの強みの1つであるカメラ機能は決して劣ることはありません。トリプルカメラで生み出す美しいボケ味や2,400万画素のインカメラで自然に盛れるなど安価で高スペックな端末。

HUAWEI P30 liteの方が薄型で軽量になっています。

大画面ながらに約72.7mmのスリムな横幅、そして重さはなんと約159gと軽いため、女性でも簡単に操作することができます。

項目仕様
販売会社HUAWEI
販売価格一括払い:32,880円(税別)
分割払い:1,470円×24回(税別)
ROM64GB
RAM4GB
カメラ画素数メイン:2,400万画素+800万画素+200万画素
インカメラ:2,400万画素
バッテリー容量3,340mAh
本体重量159g

ZenFone Live(L1)

ASUSの人気シリーズ、ZenFoneシリーズのZenFone Live(L1)もコスパが高くて人気の端末です。

大画面なのにサイズは147.2mm(高さ)×71.7(幅)mmとコンパクト。何よりも価格が17,800円と、かなりコスパは高いです。

また、顔認証や高機能カメラと美人エフェクトが搭載されたインカメラなど機能的にも充実しています。

安い端末が欲しいけど、安すぎて使いにくいものは嫌だ。という人にオススメの機種です。

項目仕様
販売会社ASUS
販売価格一括払い:17,800円(税別)
分割払い:810円×24回(税別)
通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
ROM32GB
RAM2GB
カメラ画素数メイン:1,300万画素
インカメラ:500万画素
バッテリ容量3,000mAh
本体重量140g

LINEモバイル公式サイトへ

 

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください