ネットワークの基本

【一覧表】回線速度はどれくらいが普通?利用シーン別で快適な速度を解説

回線速度5Gbpsは速いか遅いか

インターネットを使うときに重要なのが回線速度ですよね。

回線速度が遅いとブラウザや動画視聴が快適にできず、不便に感じるものです。

小林
小林
でも、どれぐらいの回線速度があれば快適に使えるの?

「動画を見たりゲームをしたりする場合は少しでも速い方がいい」とはわかっていても、具体的にどれくらいの速度が必要なのかわからないものですよね。

本記事では、回線速度はどれくらいが普通なのか、利用シーン別で快適な速度はどのくらいかについて紹介します。

ねとみ
ねとみ
結論から言うと、基本的に10Mbps以上の速度が出ると快適にインターネットを使用でき、シーン別に見ると以下の表の通りです!
速度利用用途
1Mbps~Webページ閲覧
メール
LINE
5Mbps ~YouTube動画(720p)
10Mbps~YouTube動画(1080p)
オンラインゲーム(スマホ)
30Mpbs ~4K動画視聴
オンライン会議
オンラインゲーム(パソコン)

回線速度の速い光回線とWi-Fiを知りたい方はこちらからチェック!

回線速度はどれくらいが普通?

冒頭でお伝えしたように、10Mbps以上の速度が出ていれば快適にインターネットを使用できます。

ねとみ
ねとみ
速度ごとの使用状況の目安は以下のとおりです。 
速度詳細
30Mbps以上とても快適に使える
10~30Mbps快適に使える
5~10Mbpsまあまあ快適だが、使い方によっては満足できないかも
1~5MbpsPCだと動画が止まる時が出てくる速度
1Mbps以下動画の視聴が困難+高画質画像の表示が遅い

※上記の表は1台のみの利用を想定しています
※複数同時利用すると回線速度が遅くなる可能性もあるので注意してください

表の通り、回線速度が10Mbps以下だと使い方によっては速度が遅いと感じてしまうことがあります。

特に、大容量データのダウンロードなどは遅く感じることがあるかもしれません。

小林
小林
5Mbps以下だと動画の視聴がスムーズにできないんだね。
ねとみ
ねとみ
動画を頻繁に視聴する場合は、10Mbpsはあったほうが良いでしょう。

プロバイダのベストエフォートと実測値(参考)

「フレッツ光」や「auひかり」といった光回線やWiMAX、スマートフォンなどではよくCMで、

「下り最大1Gbps!」「業界最速の440Mbps!」

のように表記されていることが多いですが、これらはいずれもベストエフォート(理論上の最大値)となっています。

実際、契約して自宅で使うと様々な要因によってベストエフォートの10分の1以下、悪い時は100分の1以下というのが一般的です。

ねとみ
ねとみ
例えば、下り最大1Gbpsと表記されているフレッツ光などの光回線であれば、実際には数十Mbps~、速くても100Mbps程度ということですね。

ベストエフォート:1Gbps(1,000Mbps)

実測値:30Mbps前後

上記のような速度は非常に一般的で、むしろベストエフォートに近い速度が出る方が「理論上おかしい」と言われるくらいです。

小林
小林
実際出ないのに、ベストエフォート1Gbpsっておかしくない?

というのはもっともな話で、トラブルの多い格安SIMに関しては実測値の開示を求めるように総務省から促されています。

※参考記事:日本経済新聞オンライン版
※格安SIM、格安スマホは表記されているベストエフォートよりも著しく劣るためクレームが多いので総務省から要請が出ています

快適に使える回線速度をユーザーの口コミからチェック!

ここでは、ユーザーの口コミから回線速度と使いやすさについてチェックしてみましょう。

ねとみ
ねとみ
まずは、30Mbps以上速度が出ていて快適に使えている口コミです。

前述した表の通り、30Mbpsも出ていれば基本的にインターネットを問題なく使えます。

以下の口コミも同じような感じですね。

ねとみ
ねとみ
一方、速度は出ているのに画質が安定しないという口コミも見つかりました。

このような場合、速度は関係なくサービス提供側に問題が発生している可能性が高いですね。

ユーザー側で対処するのはできない問題になるので、回線速度が出ていても快適に使えないケースというのも存在します。

小林
小林
やっぱり10Mbps以上、30Mbpsもあれば問題なさそうなんだね!

BNRテストで回線速度を計測しよう

パソコン画面を見つめる女性の写真

BNRテストとは回線速度を計測できるツールです。

スピードテストができるページにアクセスし、測定開始ボタンをクリックするだけで簡単に速度を計測できます。

速度は「下り(ダウンロード)」と「上り(アップロード)」の両方を計測可能で、推定転送速度も表示されます。

ねとみ
ねとみ
自分の使っている回線がどのくらいの速度なのかチェックしてみましょう!

※上り速度は「詳細」をクリックすると確認できます

下り5Mbps以下の場合はネット利用に支障が出る可能性も

ねとみ
ねとみ
測定した結果、どのくらいの速度が出ましたか?

前述したように、10Mbps以上あれば快適にインターネットを使えます。

10Mbps以下でも、5Mbpsくらいまでなら比較的快適に使用できるでしょう。

しかし、5Mbps以下となると大容量データのダウンロードを頻繁に行ったり、オンラインゲームなどを利用したりする場合は、かなり遅いと感じるでしょう。

5Mbpsを大きく下回る場合は、動画の視聴時に止まることがありますし、データのダウンロードが遅くてイライラしてしまうことも多くなります。

上記のことから、測定結果が5Mbps未満だった場合はインターネット環境を改善する必要があると言えます。

ねとみ
ねとみ
ちなみに私も測ってみましたが、17Mbpsでした。
WiMAXで回線速度の測定

利用しているのは「WiMAX」という無線タイプのインターネットです。

17Mbpsなので、パソコンでYouTubeやプライムビデオの動画は問題なく視聴できます。

快適に使えるライン(10Gbps)を上回っているので、一人で使う分には全くストレスを感じません。

利用シーン別で快適な速度を解説します

ここまで、回線速度はどれくらいが普通なのか、回線速度の測り方などについて紹介しました。

基本的に、10Mbps以上の速度が出ていれば、インターネットを快適に使えることが多いです。

しかし、全てのサービス(LINEのやりとりや動画視聴、ゲームなど)で10Mbps以上必要かと言われると、そういうわけでもありません。

ねとみ
ねとみ
利用シーンによって、最低限必要な回線速度は異なります。

そこで本章では、以下の利用シーン別で快適な速度について紹介します。

先に結論を表にまとめると以下の通りです!

速度利用用途
1Mbps~Webページ閲覧
メール
LINE
5Mbps ~YouTube動画(720p)
10Mbps~YouTube動画(1080p)
オンラインゲーム(スマホ)
30Mpbs ~4K動画視聴
オンライン会議
オンラインゲーム(パソコン)

それぞれについてさらに詳しく解説します。

スマホでSNSやLINEを使う場合

まずよくあるシーンが、スマホでSNSやLINEを使う場合です。

日々の中でも利用する機会の多いシーンではないでしょうか?

SNSやLINEを使う場合に必要な回線速度は、1Mbpsです。

ねとみ
ねとみ
今回ご紹介するシーンの中では、一番回線速度を必要としないサービスとなっています。

基本的に、メッセージ(文字情報)を送受信する程度であれば、回線速度はそこまで必要としません。

ただし、高画質な写真や動画を送ったり、ダウンロードしたりする場合はさらに回線速度が必要になります。

より具体的なシーン別で分けると、目安の回線速度は以下の通りです。

速度利用用途
1Mbps〜SNSやLINEでメッセージ(文字情報)を送受信する
3Mbps〜SNSやLINEで写真を投稿・閲覧する
10Mbps〜SNSやLINEで動画を投稿・閲覧する

スマホでYouTubeやNetflixをみる場合

YouTubeやNetflix、プライムビデオといった動画視聴サービスを利用する人も多いでしょう。

スマホでYouTubeやNetflixをみる場合に必要な回線速度は、5Mbpsです。

可能であれば10Mbps以上あると、高画質で快適に動画をみられるでしょう。

ねとみ
ねとみ
また、「4K」といった高画質の動画を視聴するのであれば30Mbpsはほしいですね。

Zoomなどでオンライン会議をする場合

テレワークの機会が増えて、自宅でZoomやGoogle Meetなどでオンライン会議をするシーンも想定できますよね。

Zoomなどでオンライン会議をする場合に必要な回線速度は、30Mbpsです。

オンライン会議のように、映像や音声を伴うやりとりを行う場合は、やはり回線速度が重要になってきます。

ねとみ
ねとみ
10Mbpsだと回線速度が足りずに音声や映像が途切れたり、途中で離脱してしまったりといったリスクが考えられます。

ストレスなくオンライン会議をするのであれば、30Mbps以上の回線速度が出るインターネット環境を用意するのがオススメです!

オンラインゲームをする場合

スマホでオンラインゲームをする場合に必要な回線速度は、10Mbpsです。

ゲームにもよりますが極端に高画質でなかったり、リアルタイムでのやりとりが必要なゲームでなければ、10Mbpsあれば快適にプレイできるでしょう。

一方、パソコンでオンラインゲームをする場合に必要な回線速度は、30Mbpsです。

30Mpbsは最低限必要な回線速度とは言え、FPSなどの動きの激しいゲームや高画質なゲームの場合は100Mbpsを目安にすると快適にプレイできます。

ねとみ
ねとみ
ゲームをプレイするのに必要な回線速度は、ゲーム側が推奨している回線速度を参考にするといいですね!

中には「100Mbps出ていてもゲームがカクつく」という声もありますので、実際にプレイしているユーザーの声を参考にしてもいいでしょう。

回線速度を速くするなら乗り換えがオススメ

小林
小林
スピードチェックして回線速度が遅かった場合にはどうしたらいいの?

結論から言えば、回線速度を速くしたいなら回線の乗り換えをオススメします。

LANの種類を変えたりルーターを交換したりといった方法もありますが、これらの方法では対象機器が問題となっている場合を除いて、根本的に回線速度を改善することにはなりません。

小林
小林
でも、どこの回線に乗り換えればいいのかわからない……
ねとみ
ねとみ
そんな場合はぜひ、以下の3つの中から乗り換えを検討してみてください!

それぞれどんな特徴があるのか、オススメポイントを説明しますね!

enひかり

enひかり月額料金ホーム4,2000円、マンション3,200円enひかりは、株式会社縁人が提供している光回線です。

ねとみ
ねとみ
簡単にenひかりの特徴をまとめてみました!
  • 回線速度が速い
  • 月額料金が安い
  • 契約期間の縛りがない

enひかりの回線速度に関しては申し分なく、「みんなのネット回線速度」を確認すると平均ダウンロード速度は330.87Mbpsです。

enひかりの回線速度
ねとみ
ねとみ
オンライン会議やゲームといった、回線速度が必要な場合でも安心できますね!

また、enひかりは月額料金が安いこと、契約期間の縛りがないことも特徴です。

ホームタイプで4,620円(税込)、マンションタイプで3,520円(税込)と、他社と比較してもかなり安い料金で光回線を利用できます。

さらに、契約期間の縛りがないのでいつでも解約できるという安心感も魅力的です!

回線速度を求めつつ、月額料金を安く抑えたいという方にオススメの光回線となっています。

お得に利用できる光回線「enひかり」

縛り期間なし!違約金なし!

・縛り期間がなくいつでも解約可
・違約金なし

・UQモバイル、ahamo割り
・全国エリア対応
・月額料金が最安水準

などメリットが多い「enひかり」
現在最も契約者数を伸ばしている光回線です。

詳細ページ公式ページ

NURO光

回線速度が速いと言われている回線の中でも、特にオススメなのがNURO光です。

関東、東海、関西、九州、北海道の一部の地区限定の光回線なので、エリアが限られてしまうのが欠点ですが、対象エリアであれば安定性が抜群なので検討したい光回線と言えます。

NURO光は最大2Gbpsの速度を出すことができ、他光回線のほとんどが最大1Gbpsなので2倍の速度です。

みんなのネット回線速度」を確認すると、平均ダウンロード速度は330.87Mbpsです。

NURO光の回線速度
ねとみ
ねとみ
画像を見てもわかる通り、NURO光は光回線速度ランキングで50番中1位の速度です!

月額料金も他社の光回線と比べて低価格に設定されており、ホームタイプで5,200円(税込)です(3年契約の場合)。

また、NURO光ではキャッシュバックキャンペーンも行われており、最大で45,000円のキャッシュバックが受けられます。

「NURO光」月々5,200円(税込)

速くて安い!高品質な光回線

・回線速度が2Gbpsで高速通信
・月額料金が安い
・Wi-Fiルーター無料
・ソフトバンクとセットで安い
・キャッシュバック4.5万円!

などのメリットが多いNURO光は現在最も人気のある光回線の1つです。

利用できるエリアが関東地方に限定されていましたが、2018年より関西・東海、九州、北海道の一部エリアも対応しました。

エリアさえ対応していれば最もオススメできる回線と言えるでしょう。

詳細ページ公式ページ

小林
小林
とにかく爆速で利用可能エリアならラッキー!今爆発的に伸びてる回線だね!

Mugen WiFi

Mugen Wi-Fiキャンペーンページ

Mugen WiFiとは、Wi-Fi端末の電源を入れるだけ+工事不要ですぐ繋がるインターネットサービスのことです。

ポケットWi-Fiなので、自宅以外の場所でもWi-Fiを使える特徴があります。

ねとみ
ねとみ
さらに、Mugen WiFiには以下のようなメリットがあります!
  • 月額料金が3,718円(税込)と安い
  • 1年以上利用すれば解約時に違約金がかからない
  • 開通工事・撤去工事が不要

このように、料金が安い上に手軽に使えるといったメリットの多いWi-Fiサービスとなっています。

みんなのネット回線速度」を確認すると、平均ダウンロード速度は9.91Mbpsです。

Mugen WiFiの回線速度

光回線と比べると速度は劣りますが、約10Mbpsが平均して出ているので基本的なインターネットサービスは快適に使えます。

ねとみ
ねとみ
オンライン会議やゲームをするのには向いていないですね

速度はそこまで求めていなく、快適かつ気軽にWi-Fiを使いたい人にオススメです!

また、Mugen WiFiでは現在、キャッシュバック13,500円キャンペーンを実施しています。

ただでさえ、月額料金3,718円(税込)と低価格で利用できるMugen WiFiですが、このキャンペーン中に申し込むと、実質3,293円(税込)になります(2年利用時で計算)。

Mugen WiFiを見てみる

Mugen WiFiは信用できる?特徴や注意点を評判もまじえて徹底紹介!【やさしくねっと.】では、Mugen WiFiについて特徴や評判、おすすめできる理由などを紹介しました。Mugen WiFiは低価格&大容量、国内外で利用可能で提供エリアも広範囲と、ポケットWi-Fiのデメリットをほとんどカバーできています。 ...

ネットの回線速度に関するQ&A

最後に、回線速度についての質問とその回答をまとめました。

  • 動画の視聴に必要なスピードはどのくらいですか?

    10Mbpsあれば快適ですが、5Mbps以下だと動画視聴難しくなります。

  • オンラインゲーム(ネトゲ)を快適にできるスピードはどのくらいですか?

    100Mbpsあればスムーズに遊べますが、30Mbpsあればそれほどストレスなくプレイできると言われています。

  • Web会議で音や映像が途切れるのは回線速度のせい?

    回線速度が遅い場合や、Web会議で使用するデータ容量が大きくなった場合に音声や映像の途切れ、遅延が発生する場合があります。
    回線速度を改善する、映像の設定値を落とす、全体のデータ量を少なくするといった解決策で対処してみてください。

  • 通信スピードで出てくるMbpsってなんですか?

    Mega bit per socondの略で「メガ・ビーピーエス」と読みます。
    1秒間に何メガのデータをやり取りできるか」という単位です。

  • 光回線とポケットWi-Fiだとスピードは違うの?

    光回線もポケットWi-Fiも理論上の最高スピードは1Gbpsに達しています。
    しかし、光回線が光ケーブルを有線で自宅まで引いてくるのに対して、ポケットWi-Fiは基地局から自宅まで無線で電波を飛ばすという違いがあります。
    そのため、ポケットWi-Fiは環境によってスピードが大きく変わるのです。
    より高速に使いたいなら光回線を選ぶほうがいいでしょう。

  • スマホの月間容量を上限まで使うとどのくらいのスピードに落ちるの?

    送受信最大128Kbpsまで落ちます。メガではなくキロです。
    動画はもちろん普通のサイトでさえまともに見れなくなりますが、メールやLINEでのやり取り程度なら問題ありません。

  • 通信スピードはどうやって測ればいいの?

    スピードテスト」と検索すれば無料で図ってくれるサイトが表示されます。
    ※以下は動画視聴サービスNetflixが提供している計測サイトです
    https://fast.com/ja/

  • スマホのスペックによって通信速度は変わりますか?

    変わります。スマホによって対応している通信規格が違うためです。
    スペック表では「最大通信速度」という項目で「下り最大○Mbps, 上り最大○Mbps」と書いてあります。
    「下り100Mbps / 上り10Mbps」くらいあれば、利用上の問題はありません。

  • インターネットの「上りスピード」「下りスピード」って何?

    上りスピードは、スマホやPCなどの端末からインターネットに送信するスピードです。
    下りスピードは、ネットからデータを受信するスピードを表しています。

  • IP電話に必要な通信スピードはどれくらい?

    推奨されているのは200Kbpsです。メガではなくキロになります。
    意外と低速でもIP電話は使えます。

まとめ

ご紹介したように、回線速度は10Mbps未満だと満足に使用できないことがあります。

ねとみ
ねとみ
利用シーンごとに必要になる回線速度は以下の通りでした。
速度利用用途
1Mbps~Webページ閲覧
メール
LINE
5Mbps ~YouTube動画(720p)
10Mbps~YouTube動画(1080p)
オンラインゲーム(スマホ)
30Mpbs ~4K動画視聴
オンライン会議
オンラインゲーム(パソコン)

ぜひ上記の表を参考に、必要な回線速度を確認してください。

また、現在の回線速度に満足していないのであれば、回線を乗り換えることをオススメします。

今回、オススメとしてご紹介した回線サービスは以下の3つです。

特に、enひかりは回線速度、月額料金などを総合的に見てもオススメできる光回線です。

もし、乗り換え先に悩んでいるのであれば、ぜひ一度利用を検討してみてください!

ねとみ
ねとみ
他にも、キャッシュバックなどお得に加入できるキャンペーンを実施している会社も多くあります。
乗り換えることで得をするケースも多いので、ぜひこの機会に検討してみてください!
お得に利用できる光回線「enひかり」

縛り期間なし!違約金なし!

・縛り期間がなくいつでも解約可
・違約金なし

・UQモバイル、ahamo割り
・全国エリア対応
・月額料金が最安水準

などメリットが多い「enひかり」
現在最も契約者数を伸ばしている光回線です。

詳細ページ公式ページ

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください