絶対出来るwi-fi構築

光回線導入に必須のWi-Fi工事。内容、費用、所要時間を詳しく解説します!

自宅のwi-fi工事わかりやすく解説

「自宅でWi-Fi環境を整えたいけど、工事って必要なのかな?」
「出来れば家に人をあげたくないんだけど…」
「工事ってどんなことをするの?」

Wi-Fi環境を自宅で構築するにあたって、気になる点は色々とありますよね。

本ページではそんなWi-Fiを設置する際の疑問、工事内容やその手順について詳しく解説していきます。

もし「工事ができません」と言われてしまったときの対処法についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

自宅でWi-Fiをつかうためには工事が必要?

自宅でWi-Fiを利用するためには、まずインターネット回線が必要になります。

ねとみ
ねとみ
念のためにおさらいですが、Wi-Fiとは無線でインターネットに接続することです。

インターネット回線には様々な種類がありますが、現在は次の2つが主流です。

光回線の場合は工事が必要

一方、光回線は光ファイバーを経由して通信するものです。家やオフィスなどに光ファイバーを引き込む必要があるため、光回線の利用は工事が必要です。

また光回線を引いただけではWi-Fiはまだ使えません。光回線を引いたときに設置される「ONU」に「Wi-Fiルーター」を接続することで、無線でインターネットができるようになります。

小林
小林
ONUだけの状態ではLANケーブルを使った有線接続しかインターネットが使えないんだね。

なお、戸建てを新築した場合はインターネット環境がないので、光回線を使うには工事が必要です。

一方でマンションやアパートで前に住んでいた人が光回線を使っていた場合、工事が不要になる可能性もあります。

工事は一般的に自宅での立ち会いが必要で、1日(おおよそ1時間~2時間程度)かかり、日程は申込後数日中に電話にて打ち合わせを行います。

LTEの場合は工事が不要

LTEとは、携帯電話やポケットWi-Fiなどで使われる無線技術のこと。LTEでの通信は工事不要です。LTEは「4G」とも呼ばれます。

LTEのWi-Fi環境には置き型の「ホームルーター」や、持ち運びできる「ポケットWiFi」があります。

これらは携帯電話と同じように端末で電波を受信しWi-Fiに変換するため、工事の必要はありません。

ホームルーターは「ドコモ home 5G」、ポケットWiFiは「MugenWiFi」がおすすめです。

光回線の工事の流れ

自宅に光回線を引き込む図解自宅に光回線を引きこむイメージ

 

自宅でインターネットを快適に利用したい場合は光回線の利用をおすすめします。

特に、

  • 日常的に動画を視聴する
  • オンラインゲームをする
  • 家で家族でネット接続を行う

などの場合は光回線の契約をしてWi-Fi接続することを強くおすすめします。なぜなら、光回線は現在の通信環境で最も通信速度が速いためです。

光回線のおすすめは下記ページで紹介しています。

光回線の本当におすすめできる業者をわかりやすく紹介
「ステマに注意」光回線のおすすめ12社を分かりやすく比較光回線の業者は数多くあり、どこで契約すればいいのか分からないという人も多いでしょう。 キャンペーンなどもよく行われていますが、ステ...

オンラインゲームはプレイ中はそれほど通信速度を必要としませんが、アップデート時には大量の通信が行われます。このとき、通信速度が遅いとアップデート完了に時間がかかってしまうのです。

光回線は導入する際に工事が必要ですが、戸建てとマンションとで工事の流れは異なります。

この章では戸建てとマンションでの工事の流れについてそれぞれお伝えします。

戸建てで光回線の工事をする流れ

戸建てでの工事の流れは以下の通りです。

光ファイバーケーブルの引き込み

まず最初に、光回線のもとになる光ファイバーケーブルを自宅に引き込むところから始まります。

電柱から室内に光回線を取り込んでいる図解イラスト

上の図のように光ファイバーケーブルは自宅近くの電柱から引き込まれ、電話用の配管かエアコンダクトを利用して自宅の屋内まで引っ張ってきます。

ねとみ
ねとみ
電話用の配管やエアコンダクトが利用できない場合は、家の壁に穴を開けて引き込むこともあります。

光コンセントの設置

次に、屋内に「光コンセント」というものを設置し、引き込んだ光ファイバーケーブルを接続します。

多くの場合、光コンセントは壁に設置する「一体型」です。住宅状況によっては光コンセントが壁から独立した「分離型」になり場合もあります。

光コンセントについては、次の記事で詳しく解説しています。

光コンセントの工事はどんなときに必要?無派遣でネットを使う方法光回線を設置するために必要なのが光コンセントです。引越し先にこの光コンセントがあると、光回線がすでに設置されており、工事なしで利用できる場合があるのです。この記事では、光コンセントとは何なのか、設置に工事が必要な場合やその注意点などをお伝えしていきます。...

ONUの設置

最後に、設置した光コンセントとONU(回線終端装置)をケーブルで接続します。

ONUとは光信号とデジタル信号を変換する機械で、光回線でインターネットを使うのに必要なものです。

ONUの設置が完了したら、光回線の工事は完了です。

マンションで光回線の工事をする流れ

マンションの場合は、すでにマンション内の共有スペースに引かれているケーブルを部屋の中に引き込む工事を行います。

専用のコンセントを設置し、回線終端装置とつなぐ工程は一戸建てと同じです。

そもそもマンション自体に光回線のケーブルが引かれていない場合は、管理会社や大家さんが工事をするかどうかを決めます

自分の部屋まで回線を引き込むにはマンション自体に回線がきている状態にしなければならないため、現時点で光回線がないマンションの場合は、部屋の工事までに時間がかかります。

自分で勝手にマンションに光回線を導入できないケースも多いので注意しておきましょう。

工事後は光回線にWi-Fiルーターを接続して自宅をWi-Fi化

光回線の工事が完了すればインターネットに接続できます。ここまでは工事業者がやってくれます。

しかし前述の通り、LANケーブルを使ってインターネットに接続できますが、Wi-Fiルーターを接続しなければWi-Fiは利用できません。

回線終端装置(モデム)とWi-Fiルーターを繋ぐことで、家庭内でWi-Fiが利用できるようになります。

wi-fi図解(光回線)

一般的なWi-Fiルーターはアマゾンや家電量販店で5,000円前後で購入出来ます。
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター ¥3,580

プロバイダによってはレンタルも可能です。

Wi-Fiルーターの接続方法については下記ページをご参考ください。

スマホのみでネットの設定
スマホのみでインターネットの初期設定、Wi-Fi設定を実機で解説本サイトではインターネットの初期設定についても解説していて、設定方法を調べるために訪問する方も結構多いです。 その中でもパソコンを...

光回線の工事費用

光回線の工事は業者によりますが一戸建ての場合10,000円~20,000円程度かかります。

回線によっては実質無料になるケースも多く、分割で支払うことが多いので実際の初期費用はそこまで掛かりません。

また、キャッシュバックなどで工事費の負担を軽減できるキャンペーンを実施している光回線もあります。

光回線の工事費用については、次の記事で詳しく解説しています。

光回線の工事費用っていくらかかるの?
光回線の工事費は結局いくら?工事費無料の落とし穴も解説します!既に光回線が引き込まれている場合や転用などを除き、基本的には光回線の導入には工事費がかかります。 しかし、光回線事業者によっては工事費を無料にしているところもあります。 無料にも「無料」と「実質無料」の2種類があり、お得なのは「無料」の方です。実質無料の場合は途中解約や、契約期間とのずれに注意が必要です。...

光回線の工事期間

光回線の工事は申込みしてから完了するまで、早い場合で2週間程度、遅い場合で半年以上かかる場合があります。

主要プロバイダごとの目安はこちらです。

フレッツ系:2週間~2か月
NURO光:2か月~半年
auひかり:1か月前後~3ヶ月
あくまで目安ですが、NURO光は他のプロバイダと異なり工事が2回必要となります。その関係で他より工事期間もかかることになります。
工事の期間に含みを持たせているのは、繁忙期、閑散期の違いです。一般的には引っ越しシーズンの2~5月、10月,11月頃は申込が増え、工事の予約が取りにくくなり結果的に工事終了まで期間が多くかかるという傾向があります。

光回線工事の注意点

光回線の工事には、3つの注意点があります。

エリア外の場合は工事ができない

光回線にはそれぞれ提供エリアが決まっています。もしお住まいのエリアが光回線の提供エリア外の場合、その光回線を導入できないため、工事もできません

光回線のエリアは、それぞれの公式ページに記載があるため必ず事前に確認しましょう。

住宅内に入る工事には立ち合いが必要

前述の通り、光回線の工事は屋内に設置する工程があります。

このように工事で屋内に入る場合、誰か1人が立ち会わなければなりません。

しかし、次の内容に当てはまる場合は工事が不要になる可能性もあります。

  • マンションやアパートで既に光コンセントの設置まで済んでいる
  • フレッツ光やフレッツ光から移行した回線を乗り換えする
ねとみ
ねとみ
工事が不要かどうかは申し込み時点で分かることが多いです。

土日祝の工事を希望すると別途料金が発生する場合がある

光回線の工事は基本的に平日に行われます。

もし平日に誰も立ち合いができない場合、土日祝で工事を依頼することも可能です。しかしその場合、別途料金が発生する可能性があります。

多くの光回線では土日祝の工事にすると3,300円(税込)が工事費用に上乗せされるため、なるべく平日に立ち合いするようにしましょう。

工事不要のLTE回線で自宅をWi-Fi化

以前は光回線が主流でしたが、最近は無線のインターネットの進化に伴って、工事不要ですぐにWi-Fiが接続できるLTE回線回線のインターネットが増えてきています。

こちらは無線タイプなので商品が届けば電源を入れてすぐにWi-Fi接続することが可能です。

LTE回線を使ったWi-Fi環境には次の2種類があります。

ここではそれぞれのメリット・デメリットをご説明します。

ホームルーターのメリット・デメリット

ホームルーターのメリットは次の通りです。

  • コンセントに差すだけでWi-Fi環境が構築できる
  • 光回線よりも安価

まずホームルーターは、コンセントに差すだけでWi-Fi環境が作れます。工事をしてWi-Fiルーターと接続する必要のある光回線とは異なり、その手軽さがメリットです。工事が不要なので、引っ越し先でも利用できます。

さらにホームルーターは光回線よりも安価に使えます。光回線の料金は月額平均5,500円程度で、この料金に工事費用が上乗せされます。しかしホームルーターは月額平均4,400円程度で利用できます。

一方で、ホームルーターには次のようなデメリットもあります。

  • 光回線より通信速度や安定性に乏しい
  • 大容量の通信をすると速度制限がかかる可能性がある

ホームルーターは外部からの電波を受信する必要があるため、電線から光ファイバーケーブルを直接引き込んでいる光回線よりも通信速度が遅く、通信が不安定になりがちです。

またホームルーターは大容量の通信をした場合、通信速度が制限される可能性があります。光回線は通信速度の制限はないため、容量を気にせず使えます。

ポケットWiFiのメリット・デメリット

ポケットWiFiのメリットは次の通りです。

  • Wi-Fi環境の中では最安
  • 持ち運び可能で外出先でも通信できる

ポケットWiFiは最安クラスだと3,718円で利用でき、Wi-Fi環境の中では最も安く使えます。

また工事やコンセントを必要とせず、端末自体も小さいため外へ持ち出して外出先でもWi-Fi環境を構築できるのがポケットWiFi最大の特徴です。

一方で、ポケットWiFiには次のようなデメリットもあります。

  • 光回線やホームルーターより通信の安定性に乏しい
  • 大容量の通信をすると速度制限される

ポケットWiFiは機動性が高いがゆえに、他のWi-Fi環境と比べると通信が安定しづらいという特徴もあります。

またホームルーターと同様に大容量の通信をすると速度制限がかかります。「3日で10GBまで」「月に100GBまで」など商品によって異なりますが、2021年5月現在では無制限で通信できるポケットWiFiはありません。

LTE回線のおすすめWi-Fi

LTE回線のWi-Fiでおすすめなのは次の2つです。

 「ドコモ home 5G」は工事不要で利用可能

ドコモ home 5G

引用:ドコモ公式サイト

ドコモ home 5Gは、スマホでおなじみのソフトバンクが提供するホームルーターです。

  • 4,950円(税込)で利用可能
  • 「5G/4G」「Wi-Fi 6」対応
  • ドコモスマホとセットにするとスマホ代が割引される

ドコモ home 5Gはコンセントに差すだけで利用でき、工事は必要ありません。家の工事は面倒だししたくないという人にはぴったりです。

またドコモ home 5Gは月額4,950円(税込)で、光回線と料金的に大きな差はありません。しかし工事不要で利用できるため、工事費用が不要なのも大きなメリットです。

さらにドコモのスマホとセットにすると、「home 5G セット割」が適用されプランに応じてスマホ代が毎月割引されます。プランごとの割引額は次の通りです。

料金プラン「home 5G セット割」割引額(税込)
5Gギガホ プレミア永年 -1,100円
ギガホ プレミア永年 -1,100円
5Gギガライト/ギガライト<ステップ4:~7GB>永年 -1,100円
<ステップ3:~5GB>永年 -1,100円
<ステップ2:~3GB>永年 -550円
<ステップ1:~1GB>

さらに、今なら15,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、お得にホームルーターを使いたい人にもおすすめしています。

ねとみ
ねとみ
ドコモユーザーには特におすすめです!

詳細ページを見る公式ページを見る

「MugenWiFi」は持ち運び可能かつ30日の無料お試し期間あり

持ち運びができる無制限のポケットWiFiも、自宅用のインターネットとして利用できます。

特に最近人気なのはMugen WiFiです。

  • 月額3,718円(税込)で最大100GBまで利用可能
  • 30日間のお試し期間あり
  • 海外134ヶ国で利用可能(手続きや設定なしでそのまま使える)

Mugen WiFiはポケットWiFiの一種なので、持ち運びが可能です。最大100GBまで通信速度制限なしで利用できるため、毎日何時間も動画を見ない限りは問題なく使えます。

また30日間のお試し期間があるため、期間内なら通信速度や安定性に不満があれば解約できます。そのため、とにかく工事なしですぐにWi-Fi環境が欲しい人には特におすすめです。

また海外でも簡単に利用できるのも人気ポイントのひとつです。

詳細ページを見る公式ページを見る

まとめ

Wi-Fi環境には光回線とLTE回線とがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。

安定して速く快適に使えるのは光回線、光回線より速度と安定性が劣るものの工事なしで手軽に導入できるのはドコモ home 5GやMugen WiFiです。

光回線の工事の内容は現在の回線の状況や一戸建てかマンションかによっても異なります。

業者によっては工事費無料キャンペーンなど実施しています。できるだけ費用をかけずにWi-Fiを利用したい方はキャンペーンを利用してお得に契約しましょう。

工事費込みの光回線の最安を詳しく解説
ステマに注意!工事費を入れて月額料金が最安の光回線はどれかはっきりさせる引っ越しやネット回線の乗り換え等でこれから新しく光回線を契約したいと考える人は多いと思います。 現在光回線の通信速度、回線の品質は...
自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください