ネットワーク設定

JCOMのWi-Fiルーターはどれがおすすめ?レンタルはお得?

「JCOMにおすすめのWiFiルーターはある?」

自宅のネット回線でJCOMを利用しており、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

WiFiルーターの性能によって、ネットの回線速度や安定性が変わるため適したものを設置したいですよね。

そこで、今回の記事では、JCOMのWi-Fiルーターについて解説します。

具体的には、

  • JCOMが対応しているルーターの条件
  • JCOMでレンタルできるサーバーの評判
  • おすすめなWiFiルーター

の順にご紹介。

JCOMで、どのWiFiルーターを選んだらいいか迷っている方の参考になれば幸いです。

JCOMが対応しているルーターの条件

JCOMで利用できるルーターの条件は、公式HPに以下のように記載されています。

 100Mbpsまでのサービス100Mbps以上のサービス
接続するための通信方法IPプロトコルに対応
ルータはDHCPプロトコル必須
接続するための
インタフェース
100BASE-TX1000BASE-T

専門用語で分かりにくいと感じる方もいるかと思います。

わかりやすく解説していきますね。

接続するための通信方法

まずは、接続するための通信方法を解説。

IPプロトコルやDHCPプロトコルは、通信方法の規格のことです。

専門用語なので難しく感じるかもしれませんが、WiFiルーターの製品情報から対応しているかを確認できます

一般的に、CATVに対応しているルーターであれば利用可能です。

接続するためのインタフェース

通信方法に続いて、接続するためのインターフェースについて解説していきます。

インターフェースとは、LANケーブルを指す部分の規格のことです。

JCOMでは、

  • 100Mbpsまでのサービスは「100BASE-TX」
  • 100Mbps以上のサービスは「1000BASE-TX」

のインターフェースのルーターを選ぶ必要があります。

それぞれのインターフェースの頭に対応速度がついていますね。

自宅のJCOMの契約サービスの速度に合わせたインターフェースを選びましょう。

改めて、JCOMが対応しているルーターの条件をまとめます。

 100Mbpsまでのサービス100Mbps以上のサービス
接続するための通信方法IPプロトコルに対応
ルータはDHCPプロトコル必須
接続するための
インタフェース
100BASE-TX1000BASE-T

利用するWi-Fiルーターが利用可能か確認して購入しましょう。

JCOMでレンタルできるルーター

Wi-Fiルーター用意する方法として、自分で購入する以外にもJCOMからレンタルする方法もあります。

JCOMでは、Wi-Fiルーターのレンタルサービスを提供しています。

Wi-Fiルーターのレンタルは、月額料金500円です。ただし、「スマートお得プラン」または「スマートお得セレクト」に加入すると月額料金が無料に。

Wi-Fiルーターのスペック自体は公表されていません。

ただ、長期で使うのであれば、レンタルよりも購入の方がお得です。

ハイエンドモデルのWi-Fiルーターでも10,000円程度ですので、2年使うと元が取れます。

レンタル(500円×24ヶ月=12,000円)> 購入(10,000円)

続いて、おすすめのWi-Fiルーターをご紹介していきます。

JCOMのおすすめWi-Fiルーター

おすすめなWi-Fiルーターと言っても、ネット回線の利用状況や予算によって変わります。

そこで、ここでは以下のケース別におすすめできるWi-Fiルーターを紹介します。

  • 一人暮らし向け
  • マンション向け
  • 一戸建て向け

詳しくみていきましょう。

安さ重視の安価モデル(一人暮らし向け)

まずは、一人暮らしの方向けのWi-Fiルーターをご紹介。

部屋数もそこまで多くない場合は、安価なモデルで十分利用できます。

下記製品は3,000円程度で購入でき、最も人気のある機種の一つです。

コスパ良好のベーシックタイプ(マンション向け)

続いて、家族4人暮らしでマンションに住んでいるといった方向けのWi-Fiルーターをご紹介。

マンションだと複数の部屋でネットを利用すると思いますので、パワーがあるWi-Fiルーターを選ぶのがおすすめ。

下記製品は、複数ドアでまたいでも電波を受信でき、最新規格「11ac」に対応しているハイパワーモデルです。

さらに、5,000円程度と非常にリーズナブルな製品です。

接続台数が多いならハイエンドモデル(一戸建て向け)

続いては、一戸建てに住んでいる方向けのWi-Fiルーターをご紹介。

戸建てに住んでいて階をまたいだり、同時接続数が3台を超える場合は1万円以上のハイエンドモデルがおすすめです。

下記製品は、4台までであれば通信速度を落とすことなく接続が可能です。さらに、光回線がさらに速くなる接続方式のv6プラスにも対応しています。

ハイエンドモデルの中ではリーズナブルなため、多くの人に選ばれている製品です。

旅行先で使えるコンセント差し込み型

旅行先で有線のインターネットは利用できても、無線は使えないというホテルはまだまだ多いです。

そんな時に便利なのが、コンセント差し込み型のWi-Fiルーターです。

ホテルのネット回線をこのルーターに繋いで、コンセントに差し込むだけで、部屋をWi-Fi環境にすることができます。

Wi-Fi環境にすることで、パソコンだけでなく、スマホやタブレットもネットに接続可能。

さらに、電波が届く範囲であれば、有線に縛られることなくネットが利用できます。

出張が多い方は、持っておくと便利な製品です。

より詳しいWi-Fiルーターの選び方は、関連記事で解説していますので、ぜひご一読を。

Wi-Fiルーターのおすすめと選び方
光回線向け!Wi-Fiルーターの選び方と目的別おすすめ機種5選スマホ、タブレットが普及し、通信量節約のために自宅にWi-Fi環境を作ろうと思っている方も多いと思います。 Wi-Fi環境を構築す...

まとめ:JCOMのWi-Fiルーターは購入がおすすめ

今回の記事をまとめます。

  • JCOMを利用するには、対応したルーターが必要
  • レンタルよりも購入した方がお得
  • 一人暮らし、マンション、戸建てなどの状況によっておすすめのルーターは変わる

JCOMに対応したルーターを購入する場合は、安さ重視のモデルかコスパ重視のモデルが基本的な選択肢になりますが、広い家屋や家族で同時利用する事前提の場合ハイエンドモデルが必要に。

ネットの回線状況や利用に合わせたルーターを選んで、快適なネット生活を実現しましょう。

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください