ネットワークの基本

快適に使えるインターネット回線のスピードって?測定サイトで測ってみる

パソコンやスマートフォン

「インターネットの速度ってどのくらいあれば快適なの?」

「自分が使っている回線が速いのか遅いのかわからない」

こんな風に思ったことはありませんか?

インターネット回線は速い方がいいといわれますが、どのくらいの速度があれば快適なのかあいまいでわかりにくいですよね。

実際、今自分が使っている回線がどのくらいの速度がでているのか、知らない人も多いでしょう。

速度についての感じ方は人それぞれで、同じ速度でも「不満」な人も「満足」な人もいるので一概にはいえないのですが、おおよその目安はあります。

その目安がわかれば、「この用途には、このくらいの速度があれば快適に使える」というイメージがしやすくなるので、知っていて損はないんじゃないかなと。

ということで、今回は「快適に使えるインターネット回線のスピード」について、わかりやすく解説していきます。

【すぐわかる結論】

快適にインターネットが使える速度の目安=10Mbps以上

この結論をふまえて読み進めてくださいね!

そもそもインターネットの通信速度って?

インターネットの通信速度とは、データを送受信できる速さのこと。

速度を高速道路に例えると、「10メガ=片道1車線、1ギガ=片道10車線」というイメージ。当然10車線の方が同時に多くの車が走れる=多くのデータを運べますよね。

つまり、少しでも速度が速い方がインターネットを快適に使えるというわけです。

「Mbps」や「Gbps」は通信速度を示す単位

インターネットで良く耳にする「Mbps」や「Gbps」について、説明しますね!

bpsは1秒あたりに送受信できるデータ量のこと

「bps(ビーピーエス)」は「bit per second (ビットパーセカンド)」の略で、「ビット(bit)」というのはデータの最小単位。意味は「1秒当たりのビット数」です。

つまり、「1Gbps」は「1秒当たり1ギガビットのデータを転送できる速度」ということ。bitが多ければ多いほど、より速い回線ということですね!

1GBってどのくらい使えるの?

最近では、5GBや10GBなどの超高速回線も出てきていますが、実際のところ、NTTのフレッツほか、多くの光回線では「1GB」が主流となっています。

でも、1GBってどんな用途でどのくらい使えるのか、という目安ってわかりにくいですよね?

【1GBの目安】

  • webサイト閲覧:yahooトップページで約2,300回
  • メール:300文字程度のテキストのみで約10万通
  • youtube(標準画質:360p):4分40秒の動画で約35回
  • グーグルマップ:現在位置表示を約1,333回

上記は、パソコンでインターネットを利用する際の目安です。

もちろん、webサイトのデータ量やメールの画像添付の有無によっても異なりますので、標準的なものと考えてくださいね!

用途別の快適なインターネットの速度

インターネットで何をするかは人それぞれ。

用途別に、このくらいの速度があると快適という目安を以下の表にまとめました。もちろん、どの程度で快適と感じるかは個人差があるので、標準的な目安と考えてくださいね!

速度利用用途
1Mbps~webページ閲覧
メール
LINE
5Mbps ~youtube動画(720p)
10Mbps~youtube動画(1080p)
オンラインゲーム(スマホ)
25Mpbs ~4K動画視聴
オンラインゲーム(パソコン)

回線速度5Gbpsは速いか遅いか
ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるかネットを快適に使うときに、気になるのが回線速度です。「動画を見たり、ゲームをする場合は少しでも速い方がいい」とは分かっていても、実際どれくらいの速度が必要なのか分からないものですよね。この記事では、どれぐらいの回線速度が出ると、快適に使うことができるのかを紹介します。...

速度測定サイトで実際にスピードを計ってみた

ところで、今、自分が使っているインターネット回線が、どのくらいのスピードなのか知っていますか?

測ったこともないし、そもそも測定の仕方もわからない、という人も多いのではないでしょうか。

そこで、手軽に速度をチェックできる測定サイトを紹介しながら、実際に測ってみたいと思います。

1.正確さなら「SPPEDTEST.NET」

スピードテストネットは、使っているネット環境において、最も速度がでるサーバーにつながるため、正確な測定結果がでると評判のサイトです。

測定方法は簡単。実際にやってみます。

①サイトに接続し、「GO」と書いてあるボタンをクリックする

②そのまま少し待つだけ。結果がこのように表示されます。

結果、上りも下りもかなり速いのですが、その日によって全然遅い日もありますし、測定サイトによっても差があるので、あくまでも参考という感じで。

2.お手軽さなら「Fast.com」

Fast.comは、動画配信サービスのNetFlixが提供するスピードテストのサイトです。

サイトを開くだけで勝手にスピード測定が始まるというお手軽さなので、初めて利用する人はびっくりするかも。

スピードテスト 速度測定

最初に開いた画面に、「詳細を表示」というボタンがあり、それをクリックすると上記のような「レイテンシ」「アップロード」などの数値も表示されます。

このほかにも速度測定サイトはたくさんあります。無料の場合、ほぼ広告が入っているのですが、ちょっとしたチェックだけなので、個人的にはあまり気にならないです。

速度が遅い場合はどうしたらいい?

スピードサイトで速度を測った結果、思ったよりも速度が出ていなかった・・・というケースは多いと思います。

それまで特に遅いと感じていなくても、実際に数字で見てしまうと、気になる人もいるかもしれません。

そこで、速度が遅い場合にできる対処法を4つご紹介します。

  1. 機器の再起動
  2. 機器を入れ替える
  3. IPv6に切り替える
  4. インターネット回線そのものを変える

それでは対処法を一つずつ、解説しますね。

1.機器の再起動

ルーターなどの通信機器は、24時間ずっと電源が入りっぱなしのため、内部に熱がこもって「熱暴走」と呼ばれる一時的な不具合を起こすことがあります。

速度が遅いなと感じたら、全ての機器の電源を切って、少し時間をおいてから、再度電源を入れなおすことで、速度が改善するケースもあるので試してみましょう。

2.機器を入れ替える

ルーター等の通信機器の劣化や、高速の通信に機器のスペックが合わない、などが原因で速度低下がおこる可能性があります。

また、有線で接続している場合、LANケーブルの規格が古い・合わないことで速度低下を引き起こしているケースも考えられるので要チェック。

購入品であれば買い替えを、レンタル品であれば、交換や別の機器に変更をお願いしてみるのも、有効な手段の1つです。

3.IPv6に切り替える

接続方式の問題で速度が遅い可能性も考えられます。

従来のIPv4が慢性的に渋滞している状態のため、IPv6接続方式に変更することで、混雑をさけスムーズに通信ができるようになるため、結果として速度の改善に役立ちます。

4.インターネット回線そのものを変える

NURO光やauひかりなど、5GB・10GBの超高速回線を提供している光回線に乗り換えるというのも、人によっては有効です。

ただし、事業者によって提供地域が限られているため、万人向けの改善策とはいえません。

よければ、こちらの記事も参考にしてくださいね。

日本地図_スマホ
最も速い光回線はどれ?回線速度の比較とおすすめ多くのインターネットユーザーが利用している光回線。提供している回線事業者も増加し、選択の幅も広がっています。その中から光回線を選ぶ上で、...

まとめ

今回はインターネット回線のスピードについて解説しました。

速度についての満足度は個人差があるので、必ずこれだけの速度が必要というわけではありませんし、利用する時間帯や条件によって1日の中でも差があります。

ただ、快適な目安や測定サイトを知っていると、速度がどれだけ出ていて、それは「速いのか遅いのか」という一般的な比較が可能になります。

その上で、不満があれば速度向上の対処や回線の見直しなどで、満足度をあげる工夫ができるので、上手に活用して快適なインターネット生活を楽しんでくださいね!

 

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください