未分類

一人暮らしにおすすめの光回線は?選び方や注意点を解説!

一人暮らしにおすすめの光回線

一人暮らしをするにあたり、今やネット環境は必須です。一人暮らしには何かとお金がかかるため、なるべくお得な光回線を契約したいという方も多いでしょう。

単身用のネット回線は、借りるアパートやマンションによって契約できる回線や工事の有無、費用が異なります。

今回は一人暮らしにおすすめの光回線や選び方のポイントを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

【安くて速い】一人暮らしにおすすめの光回線一覧!特徴や料金まとめ

一人暮らしにおすすめの光回線

2022年1月現在、一人暮らしにおすすめな光回線は以下の5社です。

  • ソフトバンク光
  • NURO光
  • auひかり
  • フレッツ光
  • ドコモ光

上記5社はお得なキャンペーンや割引サービスを提供しているので、できるだけ通信費を抑えたい一人暮らしの方におすすめ。

大手なので初めての契約でも失敗せず、スムーズに契約できます。

それぞれどのようなサービスを提供しているのか、光回線の特徴を一覧でまとめてみました。

回線名月額料金対応エリア速度
ソフトバンク光マンション:4,180円(税込)

戸建て:5,720円(税込)

全国最大1Gbps
NURO光マンション:5,200円(税込)

戸建て:5,200円(税込)

北海道・関東・関西・東海・中国・九州最大2Gbps
auひかりマンション:4,180円(税込)

戸建て:5,610円(税込)

マンションは全国対応戸建ては関西・東海以外は最大1Gbps
フレッツ光マンション:約5,000円(税込)

戸建て:約6,500円(税込)

全国最大1Gbps
ドコモ光マンション:4,400円(税込)

戸建て:5,720円(税込)

全国最大1Gbps

光回線によって月額料金や対応エリアが異なります。自分に合った光回線を選択して、快適にネットを利用していきましょう。

もくじに戻る

一人暮らしには光回線がおすすめ

一人暮らしには光回線がおすすめ

インターネット回線の種類には、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 外出先でもネット利用できる「ポケット型WiFi」
  • 工事の必要がない「ホームルーター」
  • 安定した通信速度が実現されている「光回線」

中でも、一人暮らしの方には光回線がおすすめです。光回線は、通信品質や通信速度が良いなどの特徴があります。

具体的に、一人暮らしの方に光回線がおすすめの理由を解説していくので、参考にしてみてください。

回線設備が整っている賃貸なら工事の必要がない

マンションやアパートといった賃貸では、すでに光回線を導入するための設備が整っている物件があります。そういった物件の場合は、光回線を導入するための大掛かりな工事を行う必要がありません。

そのため初期費用を抑えて、お得に光回線の契約が可能です。事前に光回線設備が整っているのか、物件情報を確認しておけばネット環境の有無がチェックできます。

ただ賃貸物件に回線設備が整っていない場合は、光回線を通すための工事が必要になり、初期費用がかかる場合も。また賃貸物件によっては、大家さんが工事を認めないケースもあるので注意が必要です。

 

大家さんが工事を認めない場合は、光回線よりは通信が安定しませんがポケット型WiFiやホームルーターを契約するという選択肢もあります。

通信品質が高く快適にネットが使える

 

光回線の通信は安定しているため、動画が途中で止まったりゲームの回線が遅くなったりする確率が低いメリットがあります。

 

通信品質が高いほど安定した通信が実現されるので、動画やゲームがサクサク動きます。ストレスなく過ごせるため、一人暮らしで趣味に没頭したいという方には通信が安定した光回線がおすすめです。

 

特にテレワークなどでビジネス利用する方は、通信が安定しないと不便な思いをする可能性があります。安定した通信を希望するなら、光回線を利用しましょう。

 

ポケット型WiFiやホームルーターは、工事が必要ないため初期費用などはかかりません。しかし通信が安定しない傾向にあるので、快適にネットを利用できない可能性があります。

上がり速度が速いためビジネス利用も便利

光回線は上がり速度が速く、仕事で必要な情報を先方に送る際に重宝されます。上がり速度とは、自分が相手にデータを送る速度のことを指しており、速度が速いほど円滑なビジネス対応が可能です。

 

新型コロナウイルスの影響で、リモートワークを余儀なくされている方も増えています。そういった方々が円滑に業務を行うためにも、上がり速度が速い光回線は役立つでしょう。

 

また通信速度は光回線によっても異なるため、いくつか回線を比較して通信速度が速い業者を選ぶ必要があります。

 

通信速度が遅いと仕事の効率が下がり、円滑に業務が行えない可能性も。自宅で仕事をするなら、通信速度は安定したものを選びましょう。

もくじに戻る

一人暮らしの光回線を選ぶポイント4選

一人暮らしの光回線を選ぶポイント4選

一人暮らしの人が光回線を選ぶポイントとしては、以下の4つが挙げられます。

  • スマホのセット割がある光回線を選ぶ
  • 実質料金が安い光回線を選ぶ
  • 設定に自信がないならサポート付きを選ぶ
  • 通信速度が安定している光回線を選ぶ

 

光回線を選ぶポイントについて、詳しく解説していきましょう。

スマホのセット割がある光回線を選ぶ

光回線とスマホのセット割がある光回線を選ぶと、通信費の節約が可能です。セット割とは、光回線とスマホ契約を同時に行っている方を対象に行っている割引サービスのこと。

主にセット割が適用されている光回線と、スマホキャリアは下記の通りです。

回線名携帯キャリアセット割の金額(割引額)
ドコモ光ドコモ最大1,100円
auひかり

コミュファ光

ソネット光プラス

ビッグローブ光

au最大1,100円
ソフトバンク光

NURO光

ソフトバンク最大1,100円

 

自分が持っているスマホが、どの光回線と組み合わせればセット割を受けられるのか事前に確認しておきましょう。

実質料金が安い光回線を選ぶ

実質料金の計算方法は、「初期費用+月額料金-割引サービス」で算出できます。

光回線はそれぞれキャッシュバックのキャンペーンを実施しており、契約費用を抑えたい方にはおすすめです。

しかしキャッシュバック金額だけで選んでしまうと、損をしてしまう恐れも。実質料金を理解した上で、お得に契約できる光回線を選ぶのが重要です。

どの程度の費用がかかるのか、実質料金を計算してから契約するか判断していきましょう。

設定に自信がないならサポート付きを選ぶ

光回線を契約した後は、実際に利用するために通信機器の設定を行う必要があります。あまり通信機器に詳しくない方は、設定だけで時間を取られてしまう可能性があるでしょう。

通信機器の設定に時間がない方は、光回線を選ぶ時に訪問設定サポートがないか確認してから契約を進めてください。

訪問設定サポートは専門スタッフが自宅まで来て、通信機器の設定を行ってくれるサービスのこと。契約すれば無償で利用できるケースもありますが、有償となっている可能性もあります。

事前にサポート内容を確認した上で、利用するかどうか判断しましょう。

通信速度が安定している光回線を選ぶ

光回線によっては通信速度に違いがあります。通信速度は速いほうが快適にネット利用できるので、動画視聴やゲームを楽しむ時に便利です。

基本的に光回線は通信速度が速く、安定したサービスを提供している業者が多い傾向にあります。

 

その中でも特に通信速度が速い光回線は、「NURO光」です。最大2Gbpsの通信速度でネットを利用できます。

 

仕事でインターネット利用するなら、通信速度が安定している光回線のほうがトラブルは発生しないので安全です。

 

快適にネット利用したい方は、通信速度の速さで選んでみてください。

もくじに戻る

一人暮らしにおすすめの光回線5選

一人暮らしにおすすめの光回線5選

一人暮らしで光回線の契約を検討しているなら、下記の5社がおすすめです。

  • ソフトバンク光
  • NURO光
  • auひかり
  • フレッツ光
  • ドコモ光

いずれも大手の光回線であるため、サービス内容は安定しています。

 

光回線それぞれの特徴や魅力を紹介していくので、チェックしてみてください。

セット割がお得な「ソフトバンク光」

月額料金(マンション・戸建)マンション:4,180円(税込)

戸建て:5,720円(税込)

対応エリア全国
通信速度最大1Gbps

※データはSoftbank公式サイトから引用

ソフトバンク光は、ソフトバンクユーザーであればセット割が適用される光回線です。月に最大1,100円の割引サービスが受けられるので、毎月の通信料を抑えられます。

一人暮らしになれば様々な費用がかかるため、できるだけ通信料を抑えたい人も多いでしょう。セット割は契約が続く限り適用されるので、毎月の負担も軽減できます。

またソフトバンク光は最大2万4,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施しているので、お得に契約可能です。申込は電話応対のみで手続きできるので、ぜひ利用を検討してみてください。

全国対応であるため、日本全国どこでも利用できます。誰でも気軽に契約できるので、利用しやすい光回線です。

通信速度も1Gbpsなので他社と比べても平均的で使い勝手は良いでしょう。

最大2Gbpsで快適通信「NURO光」

月額料金(マンション・戸建)マンション:5,200円(税込)

戸建て:5,200円(税込)

対応エリア北海道・関東・関西・東海・中国・九州
通信速度最大2Gbps

※データはNURO光公式サイトから引用

通信速度が速い光回線を探している方におすすめしたいのが「NURO光」です。最大2Gbpsの回線スピードで利用できるため、動画やゲームもサクサク動きます。

申込と一緒に開通工事の日時も指定可能。素早く開通工事を行ってもらえるので、直近ですぐ一人暮らしの予定がある方にもおすすめです。引っ越しをしてすぐにインターネットを利用したい方は、事前に日時を指定しておき、開通工事の日程を決めておきましょう。

NURO光はセット割にも対応しています。ソフトバンクユーザーであれば、月に最大1,100円の割引が受けられるのでお得です。

ただし、対応エリアが限定されているため、契約する際には提供エリア内なのか事前に確認しておく必要があります。引っ越し先が提供エリア外の場合は、解約して別の光回線に契約しないといけないので注意しましょう。

\ 高額キャッシュバックをゲット! /

NURO光公式サイトはこちら→https://www.nuro.jp/

高額キャッシュバックが魅力「auひかり」

月額料金(マンション・戸建)マンション:4,180円(税込)

戸建て:5,610円(税込)

対応エリアマンションは全国対応

戸建ては関西・東海以外は対応可

通信速度最大1Gbps

※データはauひかり公式サイトから引用

 

最大5万2,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っているのが「auひかり」です。

 

auひかり電話と同時に契約すれば、5万2,000円のキャッシュバックがもらえるので、お得に光回線の契約を行えます。

他の光回線では、4万円以上のキャッシュバックキャンペーンは提供していません。キャッシュバック金額で光回線を選びたいならおすすめです。

auユーザーであれば、セット割が適用されます。プランによって割引額は異なり、月に550円~1,100円の割引が可能です。

契約が続く限り、セット割が適用されるため、長期的な利用を検討している方におすすめの光回線です。

また独自の回線を利用してサービス提供しているので、通信品質も高く安定しています。回線が混雑するリスクが低減されているので、安定した通信を望んでいる方にもおすすめです。

全国でどこでも契約できる「フレッツ光」

月額料金(マンション・戸建)マンション:約5,000円(税込)

戸建て:約6,500円(税込)

対応エリア全国
通信速度最大1Gbps

※データはフレッツ光公式サイトから引用

提供エリアが全国であるため、誰でも契約しやすいのが「フレッツ光」です。通信速度も安定しているため、動画やゲームなどを楽しみたい方におすすめ。

日本全国どこでも利用できる光回線なので、引っ越しをした人でも継続してサービスの利用が可能です。全国対応ではない光回線を契約した場合は、引っ越し先によっては解約が必要になります。

フレッツ光なら全国対応なので、解約や新規契約の必要はありません。

新規契約の人にはNintendo Switchがもらえるキャンペーンなど、他社にはないキャンペーンを実施しています。応募条件は、「フレッツ光+指定プロバイダープラン+ひかり電話もっと安心+指定サービス」のプラン契約を行うというものです。

キャンペーンに応募する際は、具体的にどのような契約が求められるのか確認した上で契約するか判断していきましょう。

またフレッツ光では、300社以上のプロバイダーから好みのプロバイダーを選べます。他社であれば、数社しかプロバイダーは選べませんが、フレッツ光なら利用料金などを比較した上で自分好みのプロバイダーが選べるでしょう。

\今なら最大52,000円現金キャッシュバック実施中!/
キャンペーンページはこちら

工事費が無料になる「ドコモ光」

月額料金(マンション・戸建)マンション:4,400円(税込)

戸建て:5,720円(税込)

対応エリア全国
通信速度最大1Gbps

※データはdocomo公式サイトから引用

ドコモユーザーならセット割が適用される「ドコモ光」がおすすめです。月に最大1,100円の割引が受けられるので、通信料を安く見積もれるでしょう。

セット割は契約が続く限り有効なので、長期的に利用するほどお得感があります。

また公式キャンペーンを利用して契約すれば、最大2万dポイントが付与されます。dポイントは他社のポイントに交換したり店舗で商品を購入する際に利用したりできるので、利便性が高いです。

対応エリアは日本全国どこでも利用できるので、契約しやすいのも特徴。通信速度も安定しているので、サクサクとネットを利用できるでしょう。

通信速度も最大1Gbpsと、他社と比べても平均的な通信速度なので安定してネットが使えます。

キャッシュバックキャンペーン開催中のドコモ光
GMOとくとくBB-ドコモ光-

ドコモとセットで安い!

・ドコモとセットで割引
・Wi-Fiルーター無料

・キャッシュバック最大2万円
・2,000円分のdポイント
・初期工事費無料
・対応エリアが広い

などのメリットが多いドコモ光は現在最も契約者数を伸ばしている光回線です。

もくじに戻る

一人暮らしの光回線を選ぶ際の注意点とは?

一人暮らしの光回線を選ぶ際の注意点とは?

光回線のキャンペーンは魅力ですが、契約する前に下記の注意点を把握しておきましょう。

  • 住環境によっては回線工事ができない
  • 最低利用期間が過ぎないと違約金が発生する
  • アパートが提供エリア内か確認しておく

キャンペーン内容や通信速度で選ぶのは重要なことですが、注意点を把握せず契約すると後悔する可能性があります。

具体的に、光回線を選ぶ際の注意点とはどのような内容が考えられるのか解説していきます。

住環境によっては回線工事ができない

一人暮らしの場合、まず光回線の工事ができる環境なのか、事前に確認しておく必要があります。

賃貸物件によっては、大家さんの意向で光回線の工事ができないケースがあり、状況によっては光回線の利用を諦めないといけません。

光回線を利用したいと考えているなら、賃貸物件を借りる前に回線工事ができるのか聞いておきましょう。大家さんが工事を拒否した場合には、回線工事ができません。

大家さんに確認せず、回線工事をしてしまった場合は、後からトラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。

また賃貸物件の中には、すでに光回線の工事が完了しており、設備が整えられているケースがあります。その場合は回線工事の手間や費用がかからないので、すぐに光回線を利用できるようになるでしょう。

一人暮らしで家を借りる際には、事前に光回線が利用できるのかチェックしてから物件を選んでおけば、後から困る心配はありません。

最低利用期間が過ぎないと違約金が発生する

光回線の契約には、「最低利用期間」が設けられているケースがあります。最低利用期間を超えずに契約を解除すると、高額な違約金が発生してしまうので注意が必要です。

違約金の金額は光回線によって異なるので、契約する前に違約金の有無は確認しておきましょう。

また最低利用期間は光回線の契約以外にも、キャンペーンについても設けられています。どちらも最低利用期間が過ぎていないと、違約金が発生し、合算した金額の請求が求められるので気を付けましょう。

引っ越す予定がなかった方でも、急な転勤で解約が必要になるケースもあります。解約せずに引っ越し先でも継続して契約できるよう、全国で利用できる光回線を選べば、違約金の発生を防ぐことが可能です。

現在の光回線を解約しようと考えている方は、最低利用期間のことを意識した上で解約するか検討してください。

アパートが提供エリア内か確認しておく

光回線によっては、サービスが提供されているエリアが異なります。エリア外の場合は、光回線の契約ができないので注意が必要です。

一人暮らしをしている方であれば、マンションやアパートの賃貸物件を借りているケースが多いでしょう。光回線を契約する前に、賃貸物件が提供エリア内なのか、よく確認してから契約を進めてください。

全国対応の光回線であれば、基本的にどこに住んでいても契約できるはずです。提供エリア内なのか心配という方であれば、全国対応の光回線を選べば間違いないでしょう。

万が一、希望の光回線が提供エリア外なら、ポケット型WiFiやホームルーターという選択肢もあります。ポケット型WiFiなら、自宅だけでなく外出先でもWi-Fiを経由してインターネットを利用可能です。

ホームルーターの場合は持ち運びできませんが、工事なしでインターネットが利用できます。

自宅の環境に合わせて、適切なインターネットを選択して快適なインターネット利用を実現していきましょう。

もくじに戻る

一人暮らしの光回線についてよくある質問

一人暮らしの光回線についてよくある質問

一人暮らしの光回線利用に関して、よくある質問に回答していきます。

  • 一人暮らしで光回線を引くための準備は?
  • 一人暮らしで使えるインターネット回線の種類は?
  • 無料でインターネットが使える物件は便利?
  • 光回線のキャンペーンは誰でも受けられる?
  • 一人暮らしでゲームするのにおすすめのネット回線は?
  • 一人暮らしに光回線はいらない?
  • 大家さんに光回線の工事を断られた場合は?

具体的な内容について紹介していくので、参考にしてみてください。

一人暮らしで光回線を引くための準備は?

一人暮らしで光回線を利用するなら、まず物件が光回線の提供エリア内なのか事前に確認しておく必要があります。

光回線は提供エリアがそれぞれあり、地域によっては光回線の契約が行えない可能性があります。利用する光回線に迷った時は、提供エリアが全国対応の光回線を契約すれば、どの地域でも利用できるので便利です。

また賃貸物件に住んでいる場合は、光回線の工事を行う前に、大家さんに確認しないといけません。大家さんによっては工事を拒否するケースもあるので、予め相談しておく必要があります。

万が一、光回線の工事の許可が下りなかった場合は、ポケット型WiFiやホームルーターを利用する方法があるので安心してください。

賃貸物件の中には、光回線の工事が完了しており設備が整っている物件もあります。すでに工事が完了している物件なら工事費用はかからないので、初期費用を抑えられるでしょう。

一人暮らしで使えるインターネット回線の種類は?

主にインターネット回線の種類は下記の3つです。

  • 光回線
  • ポケット型WiFi
  • ホームルーター

ポケット型WiFiやホームルーターは工事の必要がなく、初期費用を抑えられます。ただし通信が安定せず、自宅で継続的に利用するのには向いていません。

快適にネットを利用したいなら、通信速度が安定しやすい光回線がおすすめです。特にリモートワークなどで、ビジネス利用するなら上がり速度が速い光回線は重宝します。

工事で初期費用はかかりますが、キャンペーンを利用すればほとんど初期費用がかからないケースも多いです。初期費用を抑えたい方は、工事費無料のキャンペーンを実施している光回線を選びましょう。

無料でインターネットが使える物件は便利?

一人暮らし用の賃貸物件には、無料でインターネットが利用できる物件があります。光回線の月額料金や初期費用がかからないので、お得にネット利用が可能です。

ただ無料のインターネット回線は、賃貸物件全体で共有しているケースが多いので、利用している方が多い夜間や、土日の利用は回線が重くなる恐れがあります。

快適なインターネット利用を希望するなら、自分で光回線を契約したほうが通信は安定するでしょう。

あまりインターネットを利用せず、軽く動画を見る程度であれば、インターネット無料の物件のほうが安く済みます。

自分のインターネット利用に合わせて、インターネットが無料で利用できる物件を選ぶのか検討していきましょう。

光回線のキャンペーンは誰でも受けられる?

光回線のキャンペーンは、業者によって内容や条件が異なります。事前に自分がキャンペーンの条件に適用しているのか、チェックしておきましょう。

状況によってはキャンペーンが利用できないケースもあるので、契約する際に損をしないためにも条件は理解しておく必要があります。

たとえば乗り換えキャンペーンは、他社の光回線を解約して新しい光回線に変更する方しか受けられません。乗り換えキャンペーンは解約した際の違約金を負担してくれるケースも多いので、高額なキャッシュバックを期待できます。

ただキャッシュバックにも上限が設けられているケースがあるので、どの程度の違約金までなら負担してもらえるのか事前確認が必要です。

光回線のキャンペーンを受ける前に、条件を確認してから契約を進めていきましょう。

一人暮らしでゲームするのにおすすめのネット回線は?

一人暮らしの方で、ゲームが趣味の方もいるでしょう。そんな方におすすめの光回線は『NURO光』です

NURO光は最大通信速度が2Gbpsと、他社の通信速度1Gbpsと比べて回線速度が速いのが特徴です。通信速度が速いほど、ロードにかかる時間も速くなるので、快適にゲームが楽しめるでしょう。

光回線以外のポケット型WiFiやホームルーターの場合は、通信速度が安定しないケースが多いです。ラグが発生するリスクもあるので、長時間のゲーム利用には向いていないでしょう。

より安定してゲームを楽しむなら、光回線の「NURO光」の利用を検討してみてください。

一人暮らしに光回線はいらない?

一人暮らしでインターネット利用は頻繁に行わないという方であれば、光回線は必要ないかもしれません。通信頻度が低い場合は、ポケット型WiFiやホームルーターという選択肢もあるので、一度検討してみると良いでしょう。

ただし自宅でリモートワークを行ったり長時間ゲームをしたりする場合は、通信速度が安定している光回線のほうが好ましいです。またスマートフォンでゲームをしたり、動画をよく閲覧したりする方は、速度制限を避ける目的でも光回線を契約するのもおすすめです。

改めて、自分のインターネット利用の頻度や用途を検討して、自分に合っているインターネットの種類はどれなのか考えてみてください。

大家さんに光回線の工事を断られた場合は?

光回線の工事を行いたくても、借りている賃貸物件の大家さんに断られる可能性があります。断られた場合は光回線の契約ができなくなるので、利用は諦めないといけません。

もし光回線が利用できないのであれば、ポケット型WiFiやホームルーターの利用を検討してみてください。光回線の通信ほど安定はしていませんが、自宅で簡単なインターネット利用なら申し分ない性能を持っています。

大家さんに許可を取らずに光回線の工事を行うと、後からトラブルの原因になる恐れがあるので注意が必要です。

もくじに戻る

一人暮らしにおすすめの光回線で快適なネット環境を実現しよう

一人暮らしにおすすめの光回線で快適なネット環境を実現しよう

一人暮らしには、通信が安定している光回線がおすすめです。ポケット型WiFiやホームルーターという選択肢はありますが、通信速度が速く品質が安定している光回線のほうが快適なネット利用を実現できます。

どの光回線を契約すれば良いのか迷っているなら、今回紹介した光回線を参考にしてみてください。安定した通信が実現されている光回線ばかりなので、安心して契約できるでしょう。

光回線はセット割が適用されたり通信速度が速かったり、それぞれ特徴が異なります。自分に合った光回線を選択して、快適にインターネットを利用していきましょう。

 

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください