光コラボレーション

結局どれがお得なんだ?!人気光コラボレーション10社比較

光コラボ比較

フレッツ光の卸売りによる光コラボレーションが本格的にスタートし1年余り経ちました。

現在私が把握するだけでも20社以上光コラボレーションを提供する通信事業者が存在します

そしてそれらはそれぞれ月額料金が微妙に違っていたり、付随するサービス内容も違っていたりします。

これまで光回線といえばフレッツ光、auひかり、地方限定の電力系の回線、ケーブルテレビが提供する光回線のどれかに限られていましたが光コラボレーションの提供によって選択肢は大幅に拡がりました。

本ページではその中でも比較的知名度が高く、契約者数も多い光コラボレーション10社を比較します。

先に結論をまとめると下記の通りとなります。

  • 縛りを気にせずにシンプルに安く使いたいならenひかり
  • ソフトバンクを利用中の方はソフトバンク光
  • auの方はso-net光プラス
  • ドコモの場合シェアパックを利用していればドコモ光
  • 格安スマホの場合はそれに合わせた光コラボレーション

月額料金比較表

下の表が各社月額料金の比較表です。

同じ会社のスマートフォンや格安SIM(格安スマホ)を利用することでセット割引されるモノは「月額割引特典」欄に記載しています。

※価格は税別です。場合によっては2年自動更新が定められていることがあります。

※スマホで見る場合は+をクリックするとすべて表示されます。

種類ファミリータイプマンションタイプ割引特典
ドコモ光5,200円4,000円
シェアパック割引
キャッシュバック
(Wi-Fiレンタル無料)
Softbank光5,200円3,800円スマホセット割引
CB最大30,000円
OCN光5,100円3,600円CB10,000円
So-net光プラス3,980円(4年目以降5,580円〜)2,980円(4年目以降4,480円〜)auスマートバリュー
U-NEXT光5,280円4,280円格安SIMセット割
@nifty光4,500円3,400円auモバイルセット割
ビッグローブ光4,980円3,980円auスマートバリュー
キャッシュバック
初期工事費無料
IIJmioひかり4,960円3,960円格安SIMセット割
エキサイト光4,360円3,360円なし
ぷらら光4,800円3,600円光テレビセット割
enひかり4,300円3,300円
DMM光
(※新規申込終了)
定額:4,820円
2段階:3,720円〜5,420円
3,780円工事費無料
CB5,000円

※CBはキャッシュバックです。

月額料金が安いのはどれか

月額料金を並べると実質安く使えるのはenひかりでした。

実質の月額料金が最安値なのはenひかり

enひかりは、

  • 月額料金が安い
  • 初期工事費半額キャンペーン中
  • いつ解約しても違約金が発生しない

となっており、工事費や違約金を含めて考えると、他社に比べて総合的に料金設定がお得です。

単純に月額料金で比較すると3年目まではSo-net光が最安ですが、So-net光は4年目から月額料金が一気に値上がりしますし、違約金を支払わずに解約できるのは契約から6年後となっています。

契約から6年間身動きが取れないのはちょっと厳しいですよね・・・

それを考えると月額料金が初めから変わらずに安く、解除料金を考えなくていいenひかりが実質の月額料金最安値といえます。

光回線はスマホとのセット割引が適用されるところを選ぶのが基本なのですが、

  • 家族でスマホ業者がバラバラ
  • 契約している光回線の業者に関わらず、自分に合ったスマホ業者をそのつど選びたい

という方も多いと思います。

enひかりはスマホとのセット割引はありませんが、月額料金が初めから変わらずに安く、「光回線の業者に左右されずに好きなスマホ業者にしたい」という人にぴったりです。

大手キャリア利用者はもちろん、格安SIM利用者は特に相性がいいですね。

⇛enひかりの申し込みページはこちら

二番手はDMM光

二番目に実質料金が安いのはDMM光です。

ただし新規申し込みの受付は終了しています。

公式ページを参照

DMM光は、

  • ホームタイプ:4,820円(定額プラン)
  • マンションタイプ:3,780 円
  • 初期工事費実質無料
  • キャッシュバック最大23,000円

と新規申込み特典が手厚く、非常にお得な光回線となっています。

DMM光は光回線のプロバイダとしては知名度は低いですが、会社の資本は大きく安心して利用出来ます。

大手プロバイダと同様次世代回線のIPv6プラスにも対応しています。

三番手のぷらら光はセットでおすすめ

その次に価格が安いのはぷらら光です。

ぷららはNTTグループの会社でこちらも以前からフレッツ光のプロバイダとして評価されていました。

NTTグループなので信頼性も高いですし価格も最安値とはいかないまでも他社を圧倒する安さであると言えます。

さらにぷららはひかりTVを提供している会社でもあり、セットで値引きがされるプランもあります。

現在フレッツ光とひかりTVを利用している人は月額料金を大幅に安くすることも可能です。

ぷらら光の公式サイトはこちら

スマホとセットで選ぶ光コラボレーション

光コラボレーションの多くはモバイルとセットで値引きが適用されます。

特に大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)とセット値引きが可能なモノは割引額も大きいですし、そもそもすでに利用している場合が多いのでそれに合わせて光コラボレーションを選ぶことをおすすめします。

ソフトバンク利用者はやっぱりソフトバンク光

ソフトバンク光はソフトバンクのスマホとセットで1契約ごとに月額最大1,000円割引が適用されます。

標準(5GB)プランでも月額1,000円値引きがされるので1台でもソフトバンクスマホ利用者がいれば安くなります。

下記はスマホとセットで値引きされるおうち割のプランごとの値引き価格です。

利用しているスマホのプランによって値引き額が大きく変わってきます。

スマホプラン名スマート値引き額
データ定額(2GB/1GB)
3Gケータイ
500円
データ定額(50GB/20GB/5GB)
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円

おうち割試算(ファミリープラン)

1.スマホ標準(5GB)プラン1契約の場合

ソフトバンク光(5,616円)ーおうち割(1,000円)

4,616円(税込)

2.スマホ標準(5GB)プラン2契約の場合

ソフトバンク光(5,616円)ーおうち割(1,000円×2契約)

3,616円(税込)

おうち割は最大10台まで適用されます。

上記試算表では分かりやすくソフトバンク光から値引きしていますが実際は携帯電話料金から値引きされます。

また、下記販売店からソフトバンク光の申し込みをするとキャッシュバックキャンペーンを得ることが可能です。

詳細ページ公式ページ

au利用者はso-net光プラスでスマートバリュー適用

auのスマホを利用している人はso-net光コラボレーションでauスマートバリュー(モバイルセット割引)が適用されます。

スマートバリューはスマホ1台に付き月額料金最大2,000円値引きとなり、毎月の通信費を大きく下げることが出来ます。

割引されるスマホ、携帯の対象プランは下記の通りとなります。

モバイルプラン割引額
新ピタッとプラン
(1GB超~7GB)
500円
auフラットプラン
7プラス
1,000円
auデータMAXプラン1,000円
データ定額30
※受付終了
最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/20
ISフラット
LTEフラット
プランF(IS)シンプル
※受付終了
最大1,410円
(3年目以降934円)
auピタットプラン:2GB超〜
auピタットプラン(S):2GB超〜
auフラットプラン
auデータMAXプラン
最大1,000円
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
最大934円
データ定額1最大934円
(3年以降500円)
新auピタットプラン:1GB超〜
auピタットプラン:1GB〜2GBまで
auピタットプラン(S):1GB〜2GBまで
500円
新ピタットプラン:1GBまで
auピタットプラン(S):1GBまで
割引対象外

 

以前(2017年8月まで)so-net光はauとのセット割引が出来たものの、最大1,200円、しかも一台のみの適用だったのでそれほど魅力的ではありませんでした。

しかしついに2017年9月よりso-net光がauスマートバリュー適用となったので、au利用者にとって非常にお得なプランとなりました。

so-net光はフレッツ系の回線なので、フレッツ光が利用できるエリア、物件であれば利用が可能です。

なので、au利用者にとっては救世主的な存在の回線といえます。auひかりはエリア外となっていることが多いですが、フレッツ系は圧倒的に対象エリアが大きいです。

詳細ページ公式ページ

ドコモ利用者はドコモ光

ドコモ利用者の場合、パケットパックを利用しれいれば多くのプランで値引きがされます。

が、シェアパックからの値引きがあるせいなのか、単体(5GBプラン等)で適用される割引額はソフトバンク光に比べて小さいです。

データMパック(5GBプラン)の値引きは800円です。

ちなみにシェアパックというのは家族3人で通信容量15GBを分け合おうというようなプランです。

例えばシェアパック15を利用している場合、ドコモ光の月額料金がファミリープラン(通常5,200円)が3,400円になるため非常に安く利用出来ます。

しかし私はシェアパックはあまりオススメできないかなあと思っています。

というのも通信容量は何かがきっかけで急に上がったり下がったりしてしまうことが多いため、あまり使わないと見込んでいた例えばお母さんが急に使うようになって上手く機能しなかったりすることがあるからです。

ドコモ光はプロバイダを選ぶことが可能ですが、プロバイダをGMOとくとくBBにすると現在1万円前後(定価2万円程度)のWi-Fiルーターがプレゼントされるのでお勧めです。

詳細ページ公式ページ

その他格安スマホの場合

ドコモ、au、ソフトバンク以外、格安スマホを利用している場合は今使っている格安スマホと合わせると値引きが適用されるもの、またはenひかりがおすすめです。

格安スマホと合わせて値引きが適用される業者は、

  • OCNモバイルONEとOCN光
  • IIJmioとIIJmio光
  • ぷららモバイルLTEとぷらら光
  • U-NEXT光とU-NEXTモバイル

等といった感じです。

但し格安スマホは元々かなり安価なので値引き額は大きくないです。無理して合わせる必要はないかも・・・

楽天モバイルやDMM mobileなど、そもそもセット割引がない格安スマホ業者も多いですが、その場合はenひかりがおすすめです。

enひかりは先述したとおり、どこのスマホを使っているかに関わらず最初から月額料金が安いです。

  • 契約している光回線業者に関わらず、好きな格安SIM業者を選びたい
  • 使いたい格安SIM業者にはセット割引がない

という方に、enひかりは満足度の高い光回線業者といえます。

⇛enひかりの申し込みページはこちら

キャッシュバック、特典の比較

光コラボレーションはauひかり等に比べて新規申込特典が小さいです。

しかし、最近になって各社キャッシュバックやWi-Fiルータープレゼント等新規申込特典を付けることが増えてきました。

なのでそれぞれ特典を比較してみます。

種類特典・キャッシュバック条件など
ドコモ光1.高性能Wi-Fiルータ無料レンタル
2.dポイント最大10,000pt
3.CB15,000円
4.出張サポート無料
GMOとくとくBB経由
ひかりTV or スカパー加入
ソフトバンク光1.CB最大24,000円
2.他社乗換費用全額負担(10万まで)
3.Wi-Fiルーター進呈
販売店経由
転用の場合はCB13,000円
OCN光1.CB10,000円
2.工事費無料
販売店経由
so-net光1.大型割引:2,000円/月(3年間)割引so-net公式サイト経由
U-NEXT光特になし
@nifty光特になし
ビッグローブ光1.CB25,000円
2.工事費相当額値引き
公式キャンペーン
IIJmioひかり1.CB15,000円Amazonギフト券
エキサイト光特になし
ぷらら光光テレビセット割引ぷらら光公式サイト経由
DMM光1.工事費無料
2.CB5,000円
DMM光公式サイト経由

光コラボレーションはいずれも全くの新規の場合、工事費が1万8千円程度掛かり、転用の場合3千円前後の初期費用となります。

CB(キャッシュバック)金額はあくまでそれを補うための程度でしかなく、実質的な儲けとなるものはほとんどありません。

故にauひかり等と比べてどうしても新規申込特典が見劣りしてしまいます。

特典目当てで選ぶことはお勧めできない

上記表で最もお得だと言えるものはドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、ぷらら光あたりでしょうか。

工事費割引にプラスされて数千円~1万円程度お得に契約できます。

しかしそのくらいの特典で選ぶことはおすすめ出来ません。

ドコモ、ソフトバンクはそれぞれセットで割引がされるので、やはりスマホセット割引を適用させた方が総合的にお得です。

ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説

ソフトバンク光ってどう!?月額料金や評判、話題のおうち割を考察

現状では新規申込特典目当てで光コラボレーションを契約することはお勧めできません。

通信速度について

光コラボレーションの通信速度についてですが、

「ドコモ光に変えたら遅くなった」

「ソフトバンク光に変えたら遅くなった」

「ぷらら光に変えたら・・・」

というような意見、評判を聞いてどれが遅いか、速いかが気になる人は多いと思います。

ですが、光コラボレーションはどれもフレッツ光と同じ回線を使っていて、サービスも同じなのでフレッツ光と同じく(表向きは)下り最大1Gbpsとなっています。

なので公表している通信速度はどの光コラボレーションも同じです。ドコモ光もソフトバンク光もエキサイト光も(基本的に)通信速度は1Gpsとしています。

通信速度の良し悪しの判別は不可能

表向きは通信速度1Gbpsとしているわけですが、実際のところ通信業者によって通信速度に差が生じていることが予想されます。

ドコモ光よりもソフトバンク光が遅い、ソフトバンク光よりもエキサイト光の方が遅い可能性はあるわけです。

あるわけなんですが、正直なところどの業者が速くてどの業者が遅いのか、は分かりません。

というのも各業者がどれくらいの利用者に対して設備を整えているか、どのような設備体制なのか分からないからです。

これらの情報は機密情報に当たるので通常表に出てきません。回線工事自体は下請け業者が行っていると思いますが、それらの業者が内情をバラすと仕事を切られるだけでなく賠償金の請求等にもなりかねないので表に情報が出てこないわけです。

なので私達利用者側は品質の良し悪し(通信速度の速さ)を判断することはできません。

会社の体質、信用性等分かる範囲で判断するしかないんですよね。

IPv6での高速通信は可能

IPv6方式を使えば高速での通信が可能です。

IPv6とは、従来のIPv4と異なる通信方式で、大まかな差は以下2点。

  1. グローバルIPアドレスがほぼ無制限
  2. ユーザーがまだ少ないので回線が混みにくい

※厳密に言うともっとたくさんの違いがあるのですが、簡単に説明しています

従来方式のIPv4は約42億個のIPアドレスが割り当てられます。

現在約60億人の世界人口で、さらに複数デバイス持つのが当たり前になっていくことを考えるとIPが足りなくなるわけですね。

IPv6は実質無限にちかいIPアドレスの割り当てが可能なので、IPの数で困ることはなくなります。

 

また、一番大きなメリットはまだユーザーが少ないので回線が混雑しにくい点です。

IPv6に対応しているプロバイダが多くなってきましたが、それでもまだまだ少ないです。

快適な回線速度を求めるならIPv6を検討しましょう。

まとめ 結局どれが一番良いか?

ここまで書いてきた通り、光コラボレーションを選ぶ際は基本的に自分や家族のモバイル(スマホ、携帯電話)の環境に合わせて選ぶとお得に利用出来ます。

もともと光回線とセットにできない業者だったり、家族でキャリアがバラバラでセット割引が効いてもお得度が低い・・・といった場合は、enひかりがおすすめです。

ソフトバンク光のおうち割とauひかりのスマートバリューは、家族に利用者が多い場合、非常に値引き額が大きいので乗り換えないともったいないです。

是非ご検討ください。

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください