光回線

光回線で最も安いのはどこ!?14回線の中からランキングと選び方を紹介

フレッツ光をはじめとして、光回線を取り扱う会社はとても多いです。auひかり、NURO光、光コラボまで合わせるとその数は数百社に及びます。

小林
小林
えぇ!そんなにあるの!?

これから光回線を契約しようと思っている人にとって「どこが良いのかわからない」というのが真意だと思います。

この記事では「どの光回線が一番安いのか?」をご紹介していきます。

※記事内の料金表示は全て税込です。

トータルの月額料金が安い光回線5選

光回線を選ぶとき、実は月額料金だけを見ると失敗しがち。実際には、次の項目も含めて選択するべきです。

  • 工事費用や解約金
  • 利用期間ごとの料金
  • スマホとのセット割

まず月額料金は光回線によって異なります。例えばドコモ光は19,800円(税込)ですが、ソフトバンク光は税込26,400円かかり、7,000円ほども違います。

またSo-net光プラスのホームタイプは、1年間は税込2,980円ですが13ヶ月目以降は税込6,138円と料金が跳ね上がるのです。このように利用期間によって料金が変化する光回線もあります。

最後に確認するべきなのが、光回線とスマホのセット割について。例えば前述のSo-net光プラスは、auスマホとのセットで「auスマートバリュー」が適用でき、1台につき最大税込1,100円がスマホ代から毎月割引されるのです。

このように、光回線を選ぶときには単純に月額料金だけを見るのではなく、その他の要素も踏まえるべきなのです。

上記の内容を踏まえた、トータルの月額料金が安い光回線は次の5つです。

2年以下の利用予定なら「So-net光プラス」

現在最も安いフレッツ系光回線

So-net光プラスは、現在2年間月額料金割引が継続されるキャンペーンを行っています。

月額料金は工事費込みで以下の通りです。

  • ホームタイプ:2,980円(税込)(1年間)
  • マンションタイプ:1,980円(税込)(1年間)

ただし、So-net光プラスには3つの注意点があります。

  • 13ヶ月目以降は月額料金が上がる
  • 4年以内(マンションタイプは5年以内)に解約すると工事費の残債が請求される
  • 3年以内に解約すると解約金が発生する

まず、13ヶ月目以降はホームタイプが6,138円(税込)、マンションタイプが4,928円税込)に上がります。この金額は他の光回線より割高なので、2年使ったら他社に乗り換えることをおすすめします。

またSo-net光プラスの工事費は26,400円(税込)で、分割回数はホームタイプが48回、マンションタイプが60回です。

つまり、工事費を支払い終わる前に解約してしまうと、工事費の残債が請求されてしまいます。

具体的には、2年で解約した場合の残債はホームタイプが15,840円(税込)、マンションタイプが13,200円(税込)で、解約後に一括で支払わなければなりません。

ねとみ
ねとみ
なお、フレッツ光からSo-net光プラスに移行する場合は工事費不要です。

ただしその場合でも、月額料金はホームタイプが2,980円(税込)、マンションタイプが1,980円(税込)なのに変わりはありません。

さらに、So-net光プラスは3年間の契約期間が設けられています。この期間内に解約すると、解約金として2万円が請求されます。

小林
小林
解約金がなければかなり安いんだね!
ねとみ
ねとみ
フレッツ光からの移行ならさらに安くなりますよ!

So-net光プラスについて詳しく知りたい方は、こちらのページもチェックしてみてください。

So-net光プラスのメリットとデメリットと評判
【安さに注意】So-net光プラスの評判・口コミはどう?料金とメリット・デメリットを解説フレッツ光のプロバイダシェアでOCN・Yahoo!・ビッグローブに次いで、第4位に位置するSo-net光プラス。 v6プラスの導入...

So-net光プラスのおすすめポイント

So-net光プラスは月額料金の安さだけでなく、

  • auスマートバリューでauモバイルセット割
  • Wi-Fiルーターレンタル無料
  • セキュリティソフト「S-SAFE」(月額550円)が永年無料
  • 利用出来るエリアが最も広い光回線

というメリットがあり、多くの方に選ばれています。

特にauスマートバリューの適用は大きいメリットです。auスマートバリューが適用されると、次のようにプランごとにスマホ代が毎月割引されます。

モバイルプラン割引額
(税込)
ピタッとプラン5G
ピタットプラン4G
LTE(新auピタットプランN)

※受付終了
新ピタッとプラン
(1GB超~7GB)

1Gまで
割引対象外
1G超〜7GBまで
550円 / 月割引(翌月から)
データMAX 5G
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 4G LTE
データMAX 4G LTE Netflixパック
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
1,100円 / 月割引(翌月から)
auピタットプランN(s)

※受付終了プラン
auピタットプラン
auピタットプラン(s)

2GBまで
550円 / 月割引(翌月から)
2GB超〜20GBまで
1,100円 / 月割引(翌月から)

※auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外

また、So-net光プラスはフレッツ光回線を使用しているため特に利用出来るエリアが広いので、auひかりがエリア外となっている方におすすめです。

So-net光プラスを公式で確認する

2年以上の利用予定なら「enひかり」

契約期間に縛りなし!いつでも解約できる

enひかりは So-net光プラスよりも少し高いものの、この料金で縛りなしという驚きのサービスを提供しています。

月額料金は下記の通り。

  • 戸建向けプラン:4,620円(税込)
  • マンションプラン:3,520円(税込)
また工事費は16,500円(税込)の一括払いです。

小林
小林
So-net光プラスと比べると、解約金がない分2年以上使えば安く済むね。
enひかりについて詳しく知りたい方は、こちらのページもチェックしてみてください。

enひかりのおすすめポイント

enひかりには以下のメリットがあります。

  • 2年縛りなし
  • いつでも解約可能
  • 業界最安水準の月額料金
  • 月額料金がずっと変わらない

工事費は最初に16,500円(税込)を一括で支払う形となりますが、安い月額料金なのにいつでも解約可能という今注目の光回線です。

 

enひかりを公式で確認する

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

ドコモユーザーが多い家庭に最適!

ドコモ光には、次の2つから契約プランを選択できます。

  • プロバイダ一体型
  • プロバイダ別契約

このうち、プロバイダ別契約は月額料金が高く、大きなメリットはありません。そこで、今回はプロバイダ一体型の料金について解説します。

プラン
種類
料金(税込)
プロバイダ
タイプA
(1Gbps)
戸建て5,720円so-net、ぷらら、BIGLOBE、nifty等
マンション4,400円so-net、ぷらら、BIGLOBE、nifty等
タイプB
(1Gbps)
戸建て5,940円OCN・AsahiNET等
マンション4,620円OCN・AsahiNET等
単独タイプ戸建て5,500円タイプA・B以外の
プロバイダ
マンション4,180円タイプA・B以外の
プロバイダ
ドコモ光ミニ戸建てのみ2,970円~6,270円

このように、対応プロバイダによって選択できるプランと月額料金が異なります。特にプロバイダにこだわりがない人は、「タイプA」で問題ないでしょう。

またドコモ光の契約期間は、2年間の自動更新です。自動更新なしのプランもありますが、その場合は月額料金が1,650円高くなります。

工事費用は戸建てなら19,800円(税込)、マンションなら16,500円(税込)で、一括か分割かを選択できます。ですが、ドコモ光は2021年4月現在、工事費無料のキャンペーンを実施しています。

ねとみ
ねとみ
なお、So-net光プラスと同様にフレッツ光回線からの移行なら工事費はかかりません。
小林
小林
So-net光プラスやenひかりと比べると、割高に感じるね。

ドコモ光について詳しく知りたい方は、こちらのページもチェックしてみてください。

ドコモ光の料金プラン、評判、知っておくべきメリットとは
ドコモ光の評判は本当に悪い?実際の料金や速度からおすすめの人を紹介します。「ドコモ光の評判は本当に悪いの」と思っている人に向けて、本記事ではドコモ光の料金や速度からおすすめの人を紹介します。ドコモのスマホを利用しているのであれば、月額料金がお得になるケースが多いので、ぜひ検討してみてくださいね。...

ドコモ光のおすすめポイント

ドコモ光をおすすめする理由は次の2つです。

  • ドコモのスマホとのセット割がある
  • 「v6プラス」による高速通信が可能
  • フレッツ光回線利用によるエリアの広さ

まず、ドコモ光とドコモのスマホとセットにするとスマホ代が割引されます。割引額は次の通りです。

プラン名ドコモ光セット割(税込)
ベーシックパック
(~3GB)
220円
ベーシックパック
(~5GB)
880円
ベーシックパック
(~20GB)
880円
ウルトラデータLパック1,540円
ウルトラデータLLパック1,760円
ベーシックシェアパック
(~5GB)
880円
ベーシックシェアパック
(~10GB)
1,320円
ベーシックシェアパック
(~15GB)
1,980円
ベーシックシェアパック
(~20GB)
1,980円
ウルトラシェアパック302,750円
ウルトラシェアパック503,190円
ウルトラシェアパック1003,850円

プラン名割引額(税込)
ギガライト
(~1GB)
550円
ギガライト
(~3GB)
1,100円
ギガライト
(~5GB)
1,100円
ギガライト
(~7GB)
1,100円
ギガホ1,100円

多くのプランで1,000円以上が毎月スマホ代から安くなり、割引は家族にも適用されます。

そのため、ドコモ回線が多い家庭ではトータルの金額は他社光回線より安くなる可能性があります。

またドコモ光は「v6プラス」という接続方法が可能です。v6プラスとは、従来の「PPPoE方式」よりも混雑しにくいため、高速で通信ができます。

さらにドコモ光はフレッツ光回線を利用しているため、対応エリアが広いというメリットもあります。

ねとみ
ねとみ
ドコモ回線が多い家庭は、ドコモ光がかなりおすすめです!

ドコモ光を公式で確認する

auユーザーなら「auひかり」

月額大幅割引キャンペーンによって圧倒的安さに

auひかりは様々なプロバイダや販売店にて契約できますが、So-netでauひかりを契約すると、圧倒的に安くなります。

月額料金は以下の通り。

  • ホームタイプ:3,980円(税込)(35カ月)
  • マンションタイプ:2,200円(税込)(23カ月)

どちらも工事費込みです。

ただし、auひかりは圧倒的に安いかわりに2つの落とし穴があります。

  • 工事費の支払いが60回分割しか選択できない
  • 戸建てタイプの解約時には必ず撤去費用がかかる

まず、工事費41,250円(税込)の支払いは60回の分割(月々687.5円)しか選択できません。そのため2年間で解約すると、工事費の残額24,750円(税込)を払うことになります。

さらに、auひかりの戸建てタイプは利用期間に関係なく、解約時に31,600円(税込)の撤去費用が必ず発生します。

小林
小林
しっかり把握しておかないと、後で痛い目を見るね。

auひかりついて詳しく知りたい方は、こちらのページもチェックしてみてください。

auひかり徹底解説
【ステマに注意】auひかりの最新の評判、特徴や料金を見たらすごかった……!「いろんな光回線があるけど、auひかりってどうなの?口コミや評判はいいの?」と思ってはいませんか?昨今、多くの光回線があるためどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回はauひかりのリアルな口コミと評判、契約前の注意点を紹介します!...

So-net auひかりのおすすめポイント

So-net auひかりは月額料金の割引の他に以下のようなメリットがあります。

  • auスマートバリューでauモバイルセット割
  • セキュリティソフト(月額330円)1年間無料
  • 他社からの乗り換えで違約金最大30,000円還元

これらの理由から人気回線となっています。

auひかりには様々な申込窓口がありますが、上so-net auひかりのキャンペーンはこちらの専用窓口しか対応していませんのでご注意ください。

So-net auひかりを公式で確認する

ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」

ソフトバンクスマホの台数に応じて550円〜1,100円が毎月割引!

ソフトバンク光の料金は次の通りです。

  • ホームタイプ:5,720円(税込)
  • マンションタイプ:4,180円(税込)

2年間の自動更新で、契約月以外の解約は10,450円(税込)がかかります。また工事費用は26,400円(税込)で、一括か分割かを選択できます。

小林
小林
単体での料金は、あまり安さは感じないね。

ソフトバンク光について詳しく知りたい方は、こちらのページもチェックしてみてください。

記事タイトル:ソフトバンク光の評判が悪いわけ
ソフトバンク光の評判は?遅い!料金が高い!などの口コミは本当なのか徹底解説!携帯電話キャリアのひとつであるソフトバンク。そのソフトバンクが提供する光回線が「ソフトバンク光」です。 光回線の導入を考えているな...

ソフトバンク光のおすすめポイント

ソフトバンク光のおすすめポイントは次の通りです。

  • ソフトバンクスマホとのセット割が適用できる
  • IPv6による高速通信が可能
  • 正規代理店なら最大37,000円のキャッシュバックがもらえる

まず、ソフトバンク光とソフトバンクスマホをセットにすると、プランに応じてスマホ代が割引されます。プランごとの割引額は次の通りです。

 おうち割光セット必須オプションおうち割光セットによる割引合計割引額
ソフトバンク携帯が1回線のとき550円550円〜1,100円0円〜550円
ソフトバンク携帯が2回線のとき550円550円〜1,100円×2回線550円〜1,650円
ソフトバンク携帯が3回線のとき550円550円〜1,100円×3回線1,100円〜2,750円

セット割引は家族にも適用されるため、家族でソフトバンクを使っている家庭は台数が多いほどスマホの割引額も大きくなるのです。

またソフトバンク光は前述の「IPv6」に対応しています。実際には「光BBユニット」というWiFiルーターをレンタルすることでIPv6通信が可能になります。

ねとみ
ねとみ
なお、スマホ代の割引や光BBユニットの利用は、「おうち割光セット必須オプション」の契約が必要で、このオプションは別途月額550円がかかります。

さらに、ソフトバンク光の公式代理店である「エヌズカンパニー」を通じてソフトバンク光を契約すると、最大48,000円のキャッシュバックがもらえます。

ソフトバンク光を公式で確認する

14回線で比較してみる

あれこれ説明をするよりも、まずは数字を見てもらった方が早いでしょう。

【ホームタイプ契約時】

回線名月額料金(税込)
()内は2年間の総支払額
工事費(税込)キャンペーン
So-net光プラス2,980円(1年)
(109,416円)
26,400円(440円×60カ月)※工事費込月額料金割
auひかり(So-net)3,980円
(95,520円)
37,500円(625円×60カ月)
※工事費込
月額料金割
enひかり4,620円
(110,880円)
16,500円(一括)なし
エキサイト光4,796円
(115,104円)
19,800円なし
NURO光5,200円
(79,800円)
44,000円(実質無料)キャッシュバック45,000円
楽天ひかり3,080円(1年)
5,280円
(100,320円)
19,800円
ぷらら光5,280円
(126,720円)
19,800円(660円×30カ月)なし
DMM光
新規受付終了
5,302円
(127,248円)
キャンペーン
により無料
5,000円
ビッグローブ光5,478円
(91,472円)
19,800円(実質無料)キャッシュバック40,000円
OCN光5,610円
(94,640円)
19,800円(550円×30カ月+3,300円)キャッシュバック最大40,000円+1,210円×24ヶ月割引
ドコモ光5,720円
(122,800円)
19,800円キャッシュバック最大20,000円
dポイント2,000ポイント
ソフトバンク光5,720円
(136,280円)
26,400円最大37,000円
フレッツ光(西日本)5,940円
(142,560円)
19,800円(550円×30カ月+3,300円)なし
フレッツ光(東日本)
※公式へリンクします
6,270円
(150,480円)
19,800円(550円×30カ月+3,300円)なし

どの回線もキャッシュバックや工事費無料キャンペーン、スマホとのセット割によって実際の支払い額が変わります。具体的な数字が気になる人はリンクからしっかりチェックしておきましょう。

利用期間ごとに最安が変わるので注意が必要

さらに前述の「So-net光プラス」や「auひかり」のように、利用期間で料金が変わる光回線もあります。

2年で解約するか、2年以上使うのかでどの光回線が安くなるか変わるので、ご自身の生活環境に応じて計算してみましょう。

光回線の具体的な選び方

ここまでどの回線が安いのかを紹介しました。では、単純に安い回線を契約すればいいのでしょうか?

答えはNOです。もしそうだったら全員がSo-net光プラスを契約するべきになりますね。

あくまでこの数字を元に、自分にとって一番お得な光回線はどれかを選ぶ必要があります。以下の手順で選んでいきましょう。

携帯キャリアに合わせて再計算する

まずは携帯キャリアに合わせて再計算をします。携帯キャリアとセット割引が組めるのは以下の光回線です。

上記の組み合わせにすると、ドコモなら光セット割。auならスマートバリュー、またはセット割。ソフトバンク光はおうち割が適用になります。

それぞれの詳しい説明は記事にしているので是非参考にしてください。

ドコモ
⇒すっきりわかる!ドコモ光のキャンペーン比較。一番お得な契約方法を解説

au
⇒auで統一すべき?auスマートバリューの条件、対象プラン等まとめ

ソフトバンク
⇒おうち割が適用されるNURO光とソフトバンク光はどっちがお勧め?

ねとみ
ねとみ
携帯キャリアのスマホ割は強力。
なので、「スマホに合った回線を選ぶ」は光回線選びの基本です。

解約や工事の金額・分割期間を確認する

光回線は、その多くで工事費用や解約金がかかります。

しかし、「So-net光プラス」「ドコモ光」「ソフトバンク光」はフレッツ光回線からの移行なら工事費用がかかりません。

またそれぞれに設けられた契約更新月以外で解約すると、解約金が発生します。ただし例外として、auひかりは必ず撤去費用が発生します。

ねとみ
ねとみ
工事費や解約金も計算したうえで、ご自身に合う光回線を選びましょう!

エリア検索で対応しているか確認する

次に、あなたにとって安い回線を上から順にエリア検索をかけていきます。

光回線には対応エリアがあり、いくら安くてもエリアが対応していなければ契約することができません。また、光回線のエリアについては以下の3種類に分けられます。

  • フレッツ系(ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光プラスなど)
  • auひかり
  • NURO光

ドコモ光やSo-net光プラスなどの光コラボはフレッツ光の回線を利用しているので、フレッツ光とエリアは全く同じになります。フレッツがエリア外=光コラボもエリア外になるので注意しましょう。

auひかりはフレッツ光とは別の回線を使っているので、エリアも異なります。フレッツはエリア外だけど、auひかりはエリア内というケースもよくあります。

最後にNURO光は厳密にいうとフレッツの回線を使っているのですが、それよりももっと狭い範囲でしか使えません。関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)、関西(大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫)、東海(愛知・岐阜・静岡・三重)、九州北部(福岡・佐賀)がエリアになっています。

対応エリア内でも、地域によって対応・非対応があるので必ず確認するようにしましょう。

スッキリわかる光回線のエリアの調べ方。対応していなかった場合対策も紹介自宅にインターネットを繋げてくれる光回線。今では広く普及し、ネット環境がない家庭の方が珍しくなってきました。 これから新居に住む人...
ねとみ
ねとみ
せっかくお得な回線を見つけてもエリア外ということもあるので気をつけてくださいね。

エリアの確認ができたら、申し込みをしましょう。

エリアが入らない場合や一人暮らしの場合はモバイルWiFiがおすすめ

G4_mugen wifi

光回線のエリアが対応していない場合や、一人暮らしでインターネットを利用する場合は持ち運びが出来るモバイルWiFi(ポケットWiFi)がおすすめです。

中でもおすすめなのが次の2つです。

30日のお試しキャンペーンがある「MugenWiFi」

  • 月間100GB
  • 月額料金最安級(税込3,718円(税込)~)

で利用出来るMugen WiFiは、光回線よりもコストを抑えて利用することができます。

また、Mugen WiFiは開通工事が不要のため「工事不要ですぐに使える」というメリットもあります。

これらを考慮すると、特に一人暮らしで自分しかインターネットを利用しない方は、光回線よりこちらの方が総合的にメリットが多いと思います。

詳細ページを見る公式ページを見る

契約解除料なしで使いたい場合は「クラウドWiFi」

  • 月間100GB
  • 月額料金最安級(3,718円(税込)~)
  • 契約解除料なし

「クラウドWiFi」は、月に100GBまでのデータ容量と、月額料金が3,718円である点はmugen WiFiと違いはありません。

しかし、クラウドWiFiの大きなポイントが契約解除料がないことです。

光回線はもちろん、多くのモバイルWiFiには契約期間があり、期間内の解約は契約解除料が発生します。

一方でクラウドWiFiは契約期間の縛りがないため、初めてモバイルWiFiを使う人には使いやすいでしょう。

詳細ページを見る公式ページを見る

まとめ

13社比較をした結果、総合的に安かったのは順に以下の通りでした。

月額料金が安い光回線

  1. So-net光プラス:月額2,980円(税込)(1年間、2年目以降6,138円)
  2. enひかり:月額4,620円(税込)

スマホとセットで安い光回線

  • ドコモ光:5,720円(税込)
  • auひかり(So-net):3,798円(税込)
  • ソフトバンク光:5,720円(税込)

月額料金だけなら、「So-net光プラス」と「enひかり」の順に最も安い光回線です。しかしスマホとのセット割を考慮すると、「auひかり(So-net)」「ドコモ光」「ソフトバンク光」を検討するべきです。

このように携帯キャリアに合わせて再計算をし、その上でお住まいのエリアに対象の光回線を選びましょう。

少し手間はかかりますが、少しの手間で数万円の差が出てきます。安い光回線を探している方は、一度ご自身の環境に合わせて計算してみましょう。

当サイトおすすめの光回線

ドコモユーザーは割引があり、dポイントも溜まるので、ドコモヘビーユーザーに非常にお得な光回線!

auユーザーは割引が適用され、キャッシュバック金額も多く、スマートバリュー適応の方にはおすすめな光回線!

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がおすすめ!キャッシュバック金額も多く、すぐ受け取りができる数少ない光回線!

格安SIMユーザーはenひかり!業界最安値で、縛りもないからいつ解約してもOK!魅力度の高い光回線!

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください