光回線

「ステマに注意」光回線のおすすめ12社を分かりやすく比較

光回線の業者は数多くあり、どこで契約すればいいのか分からないという人も多いでしょう。

キャンペーンなどもよく行われていますが、ステマ(ステルスマーケティング)っぽいのも多くて、本当にお得なのはどこなのか見極めるのは難しいですよね。

本ページでは知名度が高く、契約者数の多い光回線を中心に、おすすめできる光回線をわかりやすく解説します。

「本当のところ何がおすすめなのか?」

 

ねとみ
ねとみ
結論から先に言うと・・・

基本的には今利用しているスマホ、携帯電話とセットで割引が出来る光回線がおすすめです。

1台セット割引されるだけで月額1,000円以上変わってくることがあるからです。

以下の5つの中で自分のスマホ、携帯電話に対応する回線を選んで間違いありません。

光回線はスマホとセットで割引されるものがおすすめ

です。

「キャッシュバックランキング」

「月額料金ランキング」

で選ぶよりスマホ、携帯電話とセットで割引される回線の方がお得になるからです。

セット割引はスマホ1台につき月額1,000円以上変わってくるので2台で2,000円、3年使えば72,000円も変わってきます。

契約しているスマホが3大キャリア以外の場合は、スマホとのセット割引がなくても初めから月額料金が安いenひかりがおすすめです。

乗り換えの場合は乗り換えに圧倒的におすすめ出来る光回線キャンペーンも合わせてご参考ください。

光回線12社の月額料金を一覧で比較

上記でも触れましたが、光回線は種類が多いため、いざ契約しようとすると「どの光回線がいいのか」が分かりません。

そこで、知名度が高く契約者数も多い光回線を12社あげて比較しました。

ファミリータイプとマンションタイプの月額料金と、割引特典を一覧表(それぞれの代表的なプラン)にしています。

※今回個人向けの販売を縮小し、新規契約するメリットがほとんどないフレッツ光は除外しています。

回線名
(通信速度)
ファミリータイプマンションタイプ割引特典
ドコモ光
(下り最大1Gbps)
5,200円4,000円ドコモセット割引
Wi-Fiルータ無料
dポイント最大1万ポイント
キャッシュバック1.5万
初期工事費無料(※2019年9月1日〜終了時期未定)
ソフトバンク光
(下り最大1Gbps)
5,200円3,800円ソフトバンクセット割引
乗り換えサポート
(最大10万)
キャッシュバック
auひかり
(下り最大1Gbps)
5,100円3,800円auセット割
乗り換えサポート
(最大3万)
初期工事費実質無料
キャッシュバック
NURO光
(下り最大2Gbps)
4,743円2,500〜1900円
(人数によって変動)
ソフトバンクセット割
初期工事費実質無料
キャッシュバック
OCN光
(下り最大1Gbps)
5,100円3,600円(Wi-Fiルータ進呈)
so-net光プラス
(下り最大1Gbps)
3,980円(3年目から5,580円〜)2,980円(3年目から4,480円〜)auセット割
ビッグローブ光
(下り最大1Gbps)
4,980円3,980円auセット割
キャッシュバック
ぷらら光
(下り最大1Gbps)
4,800円3,600円ひかりTVセット割
DMM光
新規受付終了
定額:4,820円
2段階:3,720円〜5,420円
3,780円格安SIMセット割
初期工事費実質無料
JCOM
(下り最大320Mbps)
5,700円4,248円auセット割
乗り換えサポート
(最大3万円)
楽天コミュニケーションズ光

(下り最大1Gbps)
4,800円3,800円楽天スーパーポイントが貯まる
enひかり4,300円3,300円初めからずっと安い

表をみると、月額料金の相場はファミリータイプで5,000円台、マンションタイプで4,000円前半だということが分かりますね。

 

単体で安くておすすめなのはenひかり(月額3,300円~)

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金4,300円3,300円
キャッシュバックなし
回線速度下り最大1Gbps
v6プラス
(次世代高速通信)
月額180円で対応可能
対応エリア全国対応
キャンペーンWi-Fiルーターキャンペーン
オプションいつでもWi-Fiレンタル3泊4日
スマホ割引UQモバイル(月額料金100円引き)
Wi-Fiキャンペーンに付き1,000円で購入可能
総合評価契約縛りなしが他になく月額料金も破格に安い
ただしv6プラスが有料となっている点など他社に劣る部分もある。

enひかりは契約期間の縛りなしホームタイプ4,300円、マンションタイプは3,300円と他の光回線と比べても圧倒的に安い価格設定になっています。

一見so-net光プラスが最安に見えますが、so-net光プラスは契約期間の縛りがありますし、3年目以降に料金が一気に値上がりします。

通常光回線は契約期間に縛りがありますし、ホームタイプで5,000円程度するのでenひかりは安く手軽に利用できます。

  • 月額料金が他社より安くずっと変わらない
  • いつ解約しても違約金が発生しない
  • Wi-Fi3泊4日無料(年3回まで)
  • UQモバイル利用者は携帯とセットで割引

という利点があります。

※評判やデメリットをチェックしたい方は「詳細ページ」からご確認ください

詳細ページ公式ページ

通信速度を求めるならNURO光がおすすめ(下り最大2Gbps)

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金4,743円1,900円~
※導入数少ない
※未導入の場合ホームタイプと同契約
キャッシュバック35,000円35,000円
(マンションタイプの場合なし)
回線速度下り最大2Gbps
IPv6
(次世代高速通信)
標準装備
対応エリア関東、東海、関西、九州地方
他キャンペーン初期工事費実質無料
初期設定サポート無料
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ、Wi-Fiルーターなど
スマホ割引ソフトバンクおうち割
Wi-FiWi-Fiルーター標準装備
設定不要ですぐ使える
総合評価回線速度、月額料金の安さなど文句なしに良い。
Wi-Fiが標準搭載になっている。
デメリットはエリアが狭いこと。
提供会社So-net
https://www.so-net.ne.jp/

光回線の通信速度は主に下り最大1Gbpsとなっています。

これは国内の光回線のほとんどがフレッツ光の施設を利用しているため、フレッツ光の最大速度である1Gbpsがそれ(国内の光回線の最大速度)となっているわけです。

しかし国内最速を誇るNURO光はGPONと呼ばれる技術により下り最大2Gbpsを実現しています。

もっとも、システム上LAN側は最大1Gbpsまでしか出ないので、実測値はそこまで出るわけではありませんが、他社と比べて遥かに速い通信が実現出来ています。

快適に利用したいという人はNURO光を選んで間違いないでしょう。

エリアも2017年までは関東のみだったのが、2019年4月現在、東海(愛知・岐阜・静岡・三重)・関西(大阪・京都・岐阜・滋賀・奈良・兵庫)、九州(福岡、佐賀)まで拡大されています。

公式ページからエリアが入っているかどうかの確認のみも可能です。

※評判やデメリットをチェックしたい方は「詳細ページ」からご確認ください

詳細ページ公式ページ

 

補足:auひかりも高速サービスを提供

また、最近はauひかりでも高速通信サービスの提供が開始されています。

  • auひかりホーム5ギガ
  • auひかりホーム10ギガ

どちらもホームタイプのみでエリアは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアに限られています。

料金についてもNURO光や他社光サービスと比べると高く、これからが期待できるサービスといえます。

ネット+電話料金1年目2年目3年目~
5ギガ5,600円5,500円5,400円
10ギガ6,380円6,280円6,180円

v6プラスに対応のドコモ光も高速でおすすめ

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金5,200円4,000円
キャッシュバック最大15,000円
回線速度下り最大1Gbps
v6プラス
(次世代高速通信)
現在標準装備
対応エリア全国対応
他キャンペーンWi-Fiルーターレンタル無料
dポイントなど
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ、Wi-Fiルーターなど
スマホ割引ドコモセット割引
Wi-FiGMOとくとくBBなら無料でレンタル可能
総合評価ドコモとセット割引される唯一の光回線。
v6プラスが標準搭載されているので回線速度も評判も良い。
ただし月額料金は単体で安くないのでドコモ以外の人には向かない。
提供会社NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/
プロバイダ各社

ドコモ光はプロバイダによって「v6プラス」という接続ができます。

v6プラスは従来の接続方法(PPPoE接続方式)とは異なり、混雑しにくく高速のネット通信を実現した接続方式です。

v6プラスを利用するためには対応のルーターが必要です。

GMOとくとくBBではv6プラス対応のWi-Fiルーターを無料レンタルしています。こういったキャンペーンを利用するのも1つの手ですね。

ドコモのスマホを使っていて、速い回線を使いたい人はドコモ光で決まりで良いでしょう。

※評判やデメリットをチェックしたい方は「詳細ページ」からご確認ください

詳細ページ公式ページ

光回線はスマホとセットで割引されるものを選ぼう

光とスマホでセット割引

光回線は現状でNURO光を除けば通信速度は下り最大1Gbps、月額料金もホームタイプで5千円前後、マンションタイプで4千円前後が一般的です。

いずれもオプションで光電話やテレビサービスを付けることが出来ますし、機能的な面ではどれを選んでもほとんど変わりません。

しかし、どれを選ぶかで月額料金に大きく違いが出てくるポイントがあります。

それはスマホ、携帯とのセット割引です。

現在ドコモ、au、ソフトバンクのいずれかのスマホ、携帯電話を利用していれば割引が適用される光回線を選ぶことで月額料金を大幅に下げることが出来ます。

割引される光回線は以下の通りです。

  • ドコモ:ドコモ光
  • au:auひかりまたはso-net光プラス
  • ソフトバンク:ソフトバンク光かNURO光
  • その他:enひかり

では、詳しくみていきましょう。

3大キャリア以外の人は、現在最安級かつ縛りなしで使えるenひかりがおすすめです。

ドコモ利用中ならドコモ光

ドコモのスマホとセットで利用すれば、「セット割」という割引が適用されます。割引額は以下のとおりです。

2019年7月~始まったギガホ及びギガライトではスマホ一台につき以下のような割引が適用されます。

プラン名割引額
ギガライト
(~1GB)
500円
ギガライト
(~3GB)
1,000円
ギガライト
(~5GB)
1,000円
ギガライト
(~7GB)
1,000円
ギガホ1,000円

一台辺りの割引なのでギガホ2台利用していれば毎月2,000円の割引となります。

新プランだけでなく旧プランのシェアパックやベーシックパックからの割引もあるので、ドコモを利用している方はほとんどが割引対象となります。

ドコモ光は現在初期工事費無料キャンペーンを実施しています。

通常18,000円かかる初期工事費が無料になるので、かなりお得です。ドコモ光を検討されている方は、キャンペーン実施中の契約をおすすめします。

【ドコモ光】

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金5,200円4,000円
キャッシュバック最大15,000円
回線速度下り最大1Gbps
v6プラス
(次世代高速通信)
現在標準装備
対応エリア全国対応
他キャンペーンWi-Fiルーターレンタル無料
dポイントなど
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ、Wi-Fiルーターなど
スマホ割引ドコモセット割引
Wi-FiGMOとくとくBBなら無料でレンタル可能
総合評価ドコモとセット割引される唯一の光回線。
v6プラスが標準搭載されているので回線速度も評判も良い。
ただし月額料金は単体で安くないのでドコモ以外の人には向かない。
提供会社NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/
プロバイダ各社

※評判やデメリットをチェックしたい方は「詳細ページ」からご確認ください
※キャッシュバック、Wi-Fiレンタル無料などのキャンペーンはGMOのとくとくBBから申込が必要です

詳細ページ公式ページ

au利用中はauひかりかso-net光プラス

auスマホを使っている場合は、auひかりを契約すると「auスマートバリュー」という割引サービスが受けられます。割引額は以下のとおりです。

モバイルプラン割引額
新ピタッとプラン
(1GB超~7GB)
500円
auフラットプラン
7プラス
1,000円
auデータMAXプラン1,000円
データ定額30
※受付終了
最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/20
ISフラット
LTEフラット
プランF(IS)シンプル
※受付終了
最大1,410円
(3年目以降934円)
auピタットプラン:2GB超〜
auピタットプラン(S):2GB超〜
auフラットプラン
auデータMAXプラン
最大1,000円
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
最大934円
データ定額1最大934円
(3年以降500円)
新auピタットプラン:1GB超〜
auピタットプラン:1GB〜2GBまで
auピタットプラン(S):1GB〜2GBまで
500円
新ピタットプラン:1GBまで
auピタットプラン(S):1GBまで
割引対象外

1人あたり最大で2,000円がスマホ料金から割り引かれます。家族でauスマホを使っている場合はよりお得になります。

ただし、auスマートバリューの割引はひかり電話に加入することが条件となります。ネットだけの利用では加入できないので注意しておきましょう。

【auひかり】

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金5,100円3,800円
キャッシュバック最大52,000円
回線速度下り最大1Gbps
IPv6
(次世代高速通信)
標準装備
対応エリア全国対応
(関西、中部で一部対象外)
他キャンペーン初期工事費実質無料
乗り換え時の違約金還元
オプション光電話、TVサービス、セキュリティ
スマホ割引auスマートバリュー
Wi-FiキャンペーンでWi-Fiルーターを無料でもらえる
総合評価回線速度の評判が良い。
auスマートバリューがau利用者に大人気。
ホームタイプは撤去工事費が必ず発生するというのが最大のデメリット。
マンションタイプが特におすすめ。
提供会社KDDI
https://www.kddi.com/
各プロバイダ会社

※評判やデメリットをチェックしたい方は「詳細ページ」からご確認ください

詳細ページ公式ページ

auひかりが対応していない場合はso-net光プラス

auひかりはキャッシュバックが大きく魅力的ですが、エリアが未対応となっている地域や物件が多いです。

その際auのスマホ、携帯電話を利用している人はso-net光を利用するとauスマートバリューが適用されます。

適用条件はauひかりと同じで割引額も同じです。

so-net光はエリアカバー率最大級のフレッツと同じエリアなのでエリア外ということも少ないでしょう。

【so-net光プラス】

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金3,980円
(3年間)
2,980円
(3年間)
キャッシュバックなし
回線速度下り最大1Gbps
v6プラス
(次世代高速通信)
現在標準搭載
対応エリア全国対応
他キャンペーン初期工事費実質無料
月額料金割引
(上記料金適用済)
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ
スマホ割引auスマートバリュー
Wi-FiWi-Fiルーターレンタル無料
総合評価月額料金が安い。
Wi-Fiレンタル無料、セキュリティ無料など手厚い。
4年目以降の月額料金がやや高いのが難点。
提供会社So-net
https://www.so-net.ne.jp/

※評判やデメリットをチェックしたい方は「詳細ページ」からご確認ください

詳細ページ公式ページ

ビッグローブ光ならau割引とキャシュバックもある

ビッグローブ光はSo-net光と同様、auスマホとセットで割引が適用される光回線です。フレッツ光と同じエリアが対応しているので対象地域はとても広いです。

また、ビッグローブ光は現在ほぼ無条件で25,000円のキャッシュバックを行っています。現在キャンペーンに付き初期工事費も無料なので、auスマートバリュー対応回線として最もおすすめ出来る光回線であると言えます。

【ビッグローブ光】

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金4,980円3,980円
キャッシュバック25,000円
回線速度下り最大1Gbps
V6プラス
(次世代通信)
標準装備
対応エリア全国対応
他キャンペーン初期工事費実質無料
月額料金割引
(上記料金適用済)
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ
スマホ割引auスマートバリュー
Wi-Fi月額500円でルーターレンタル可能
(1年間無料)
総合評価キャッシュバックが魅力的。
月額料金やサービス面でSo-net光プラスに劣る。
プロバイダ自体の評判は良い。
提供会社ビッグローブ
https://www.biglobe.ne.jp/

※評判やデメリットをチェックしたい方は「詳細ページ」からご確認ください

詳細ページ公式ページ

ソフトバンク利用の方ならソフトバンク光またはNURO光

ソフトバンクのスマホを持っている場合は、ソフトバンク光もしくはNURO光を契約すれば「おうち割」という割引が受けられます。

最大でスマホの料金が月額1,000円割り引かれます。プランごとの割引価格は以下のとおりです。

プラン割引額
通話基本プランデータ定額50GBプラス
ミニモンスター
1,000円
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額ミニ 1GB
(スマ放題の場合:1GB,2GB)
500円
データ定額 5GB1,000円
データ定額 20GB1,000円
データ定額 50GB1,000円
スマ放題データ定額
(3G ケータイ)
500円
( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G500円
4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+(ポケットWi-Fi)1,000円

ただし、ソフトバンク光の場合は「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「光電話」の3つのオプション加入(合計月額500円)が割引条件となっています。

【ソフトバンク光】

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金5,200円3,800円
キャッシュバック最大33,000円
回線速度下り最大1Gbps
IPv6
(次世代高速通信)
対応
ただしオプション機器レンタルが必要
対応エリア全国対応
他キャンペーン転居時、乗り換え時初期工事費実質無料
乗り換え時の違約金還元
オプション光電話、TVサービス
スマホ割引ソフトバンクおうち割
Wi-Fi有料オプションで対応
総合評価ソフトバンクのおうち割が良いのでソフトバンク利用の方におすすめ。
それ以外の人にはあまりおすすめできない。
提供会社ソフトバンク
https://www.softbank.jp/

詳細ページ公式ページ

【NURO光】

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金4,743円1,900円~
※導入数少ない
※未導入の場合ホームタイプと同契約
キャッシュバック35,000円35,000円
(マンションタイプの場合なし)
回線速度下り最大2Gbps
IPv6
(次世代高速通信)
標準装備
対応エリア関東、東海、関西、九州地方
他キャンペーン初期工事費実質無料
初期設定サポート無料
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ、Wi-Fiルーターなど
スマホ割引ソフトバンクおうち割
Wi-FiWi-Fiルーター標準装備
設定不要ですぐ使える
総合評価回線速度、月額料金の安さなど文句なしに良い。
Wi-Fiが標準搭載になっている。
デメリットはエリアが狭いこと。
提供会社So-net
https://www.so-net.ne.jp/

詳細ページ公式ページ

ソフトバンク光とNURO光を比べると上述した通りNURO光の方が月額料金が安く、回線速度も速いのでおすすめです。

エリアが対応していればNURO光を選択しましょう。

ひかりTVを利用している場合はぷらら光という選択肢もある

大手キャリアのスマホ、携帯の割引が適用されない、または適用される金額が小さくてひかりTVを利用したい場合はぷらら光という選択も良いでしょう。

ぷらら光はひかりTVとセットで割引される唯一の光回線で、そもそも月額料金が他社に比べて安いので魅力的です。

現在フレッツ光とひかりTVを利用している人はぷらら光にすることで大幅に月額料金を下げることが出来るので検討しましょう。

ただし3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のセット割引に比べると総合的な割引額は小さくなります。

【ぷらら光】

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金4,800円3,600円
キャッシュバックなし
回線速度下り最大1Gbps
IPv6
(次世代高速通信)
標準装備
対応エリア全国対応
他キャンペーンひかりTVセットで割引
オプション光電話、TVサービス
スマホ割引なし
Wi-FiWi-Fiルーターサービスなし
総合評価月額料金はやや安いが全体的に魅力が薄い。
ひかりTVセット割引よりもスマホセットを優先した方が良い。
提供会社ぷらら
https://www.plala.or.jp/

※評判やデメリットをチェックしたい方は「詳細ページ」からご確認ください

詳細ページ公式ページ

 

ただしそれでもauのauスマートバリューやソフトバンクのおうち割の方が割引額は大きいのでキャリアのスマホ、携帯を利用している場合はそちらを優先しましょう。

キャッシュバックや特典はどこが一番お得?

光回線では、各社それぞれ様々なキャッシュバックキャンペーンや料金割引などの特典があります。

チェックしておきたいのは「どこが一番お得なのか」というポイントでしょう。

そこで、下記10社のキャンペーンや特典を比較してみました。

種類特典・キャッシュバック条件など
ドコモ光1.高性能Wi-Fiルータ
(1万円相当)
2.dポイント最大1万ポイント
3.キャッシュバック
GMOとくとくBB経由
ソフトバンク光1.CB最大3.5万円
2.Wi-Fiルータ
販売店経由
転用の場合はCB1万1千円
auひかり1.CB最大5.2万円
2.乗り換えサポート
(最大3万)
3.工事費実質無料
販売店経由
NURO光1.CB 3.5万円
2.工事費実質無料
so-net経由
OCN光1.CB5千円
2.Wi-Fiルータ
販売店経由
新規開通(転用不可)
so-net光プラス月額料金大幅割引so-net公式サイト経由
ビッグローブ光1.CB 最大2.5万円
2.工事費実質無料
公式キャンペーン
DMM光
新規受付終了
工事費無料DMM光公式サイト経由
JCOM乗り換えサポート
最大3万
商品券

最もお得なのはenひかりです。光回線なのに縛りなしで格安料金で利用できます。

⇒enひかりの申込ページを見てみる

enひかりに次いでお得なのはNURO光です。35,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。こちらは工事費が実質無料です。

⇒NURO光のキャンペーンを見てみる

その他ソフトバンク光やビックローブ光なども、数万円以上のキャッシュバックが受けられます。高額なキャッシュバックキャンぺーンを活用すれば非常にお得になるので回線選びのポイントとしてチェックしておきましょう。

光回線の乗り換えについてはこちらのページでもまとめています。

そもそも利用したい光回線のエリアは対応している?

「光回線おすすめランキング!」

とは言いますが、そもそもエリアが対応していないと意味ないですよね・・・

まだ対応エリアの確認が住んでいない方は、下記の手順で自分が希望する光回線が自宅で利用できるか確認してみましょう。

ドコモ光、ソフトバンク光、enひかりなど調べ方

まずはフレッツ光のエリアの確認方法を紹介します。下記のリンクから、フレッツ光東日本/西日本のサイトに飛びます。

NTTの区分けでは中部地方は西になります。

※画像引用元:http://www.ntt.co.jp/product/category/area.html

両サイトともに「提供エリア検索」で郵便番号を入力して検索します。
※画像はフレッツ東日本のページです

そのまま住所を入力して進めると、戸建か集合住宅かを聞かれます。

回答すると、以下のような画面が出て利用の可否がでます。

対応していない場合や、詳しい調査が必要な場合は以下のような画面が表示されます。

「フレッツ光を提供していません」

と出た場合はフレッツ系の回線(ドコモ光やソフトバンク光、enひかりなど)は利用出来ません・・・

 

「詳しい調査が必要」

の場合はいったん申し込みをしてみないとわからないので、申込してみましょう。

auひかりの対応エリアの調べ方

auひかりのエリアはauひかり公式サイトから確認できます。フレッツ光と異なり全国共通です。

auひかりのサイトの「提供エリア検索」で確認していきます。

固定電話がない場合は左下の「郵便番号で検索」で確認します。

 

郵便番号と住居タイプを選択し、続く住所の入力や建物名の入力をしていきましょう。

対応している場合は以下のような画面が表示されます。

残念ながら対応していない場合は以下のような画面が表示されます。

NURO光の調べ方

NURO光のエリアはNURO光の公式サイトから確認できます。

「新規申込」というボタンが紛らわしいですが、エリアの確認のみももちろん可能です。

郵便番号・住居タイプ・建物名などを入力していくと、対応の可否が表示されます。下の画像は対応している時の表示画面です。

まとめ

ネット上ではキャッシュバック等でランキングがされていることもありますが、現状ではキャッシュバック金額で選ぶよりもスマホとのセット割が利用できる回線を選んだ方が総合的にお得になります。

auスマートバリューは5GBのプランで1台に付き1,410円割引されるわけですから2台適用された場合、1年間で33,840円の割引がされる計算となります。2年使うと6万円以上ですから3万円のキャッシュバックを受け取るよりもこちらの方がずっとお得ですよね。

格安SIMなどでスマホとのセット割が効かない場合は、キャリアに関わらず安く使えるenひかりがおすすめです。

まとめると、下記の通りです。

上記のような3大キャリアのスマホを使っている人は、セット割ができる回線がオススメです。

キャンペーンや速度の面から考えても、スマホとセット加入できる上記の光回線はお得ですし、評価も高いのでチェックしておきましょう。

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください