光回線

光回線と格安SIMのセット割は損?各社比較とおすすめの回線を紹介

大手携帯キャリアのスマホと、各社が提供する光サービス(ドコモ光・auひかりなど)を組み合わせると割引受けられる、ということを知っている人は多いかと思います。

しかし、格安SIMと光コラボの組み合わせでも割引が受けられることはご存知でしょうか?

光コラボも格安SIMも、世に出てからだいぶ時間がたち一般的に普及してきました。携帯会社で乗り換えをする場合だとスマホも自宅の固定回線も乗り換えるとお得、というのは当たり前になってきましたが、格安SIMや光コラボはその限りではありません。

本ページでは、格安SIMと光コラボの組み合わせがお得かどうかを解説します。


【30秒でわかる結論】

結論から述べると格安SIMと光コラボのセット割はあまりお得ではありません。

セット割で格安SIMと光コラボを選ぶよりも、メリットの大きい光回線と格安SIMを組み合わせましょう。

中でも、オススメの光コラボは格安SIM+enひかりです。

enひかりの特徴は

【enひかり】

  • 最低利用期間及び契約期間に定めがない
  • 初期工事費は一括払い

と、いつ解約しても違約金などのお金がかからないのがメリットです。

また月額料金も他社に比べて安く(ホームタイプで1,000円程度安い)、その金額がずっと変わらないので、とにかくメリットの多い光回線です。

enひかりの公式ページをチェックする

 

ここからは、格安SIMと光コラボの割引額を各社算出し、

  • なぜあまりお得ではないのか
  • 一番お得なのがenひかりなのはなぜか

について紹介します。

スマホも固定回線も、これから乗り換えを考えている人は是非参考にしてください。

セット割がある光コラボ6回線

格安スマホとのセット割がある光コラボ回線は下記の6社です。割引額を表にまとめています。

格安SIM
光回線
割引額/月複数回線割
OCNモバイルONE
OCN光
200円最大5回線
IIJmio
IIJmioひかり
600円なし
BIGLOBEモバイル(タイプD)
BIGLOBE光
300円なし
DMMモバイル
DMM光
※いずれも新規申込終了
500円なし
NifMo
@nifty光
200円なし
UQモバイル
enひかり
100円なし

各社数百円程度の割引が多く、複数回線への割引は非対応のようです。

OCN光のみ複数回線への割引に対応しています。

OCN光は最大5回線なので、家族でOCNモバイルを利用した場合毎月最大1,000円の割引が適用されます。

格安SIMと光回線の割引メリットは薄い

格安SIMはそもそも安いので割引される金額がかなり小さいです。

,例えば一番割引額の大きいiijmioひかりは月額600円割引となっていますが、光回線の月額料金が4,960円(ホームタイプ)となっているので、割引によって4,360円になります。

これは光回線としてはかなり安いのですが、上述したenひかりは月額4,300円(ホームタイプ)なのでこちらを単体で契約するほうが安くなります。

格安SIM+enひかりが最もお得

ここまで格安SIMと光コラボのセット割を紹介してきましたが、一番お得な組み合わせは格安SIM+enひかりです。

光回線のセット割を考えると、複数回線を使って1,000円/月の割引が最大です。2年間の換算で24,000円ほどというところでしょうか。

enひかりの場合、月額の割引はUQモバイルでしか受けられませんが、

  • 最低利用期間及び契約期間に定めがない
  • 初期工事費は一括払い
  • そもそも月額料金が安い

と、などメリットが多いです。

enひかりをより詳しく知りたい方はこちらの記事もオススメです。

怪しくない?enひかりのメリットとデメリット、評判までまとめる料金の安さで注目されるenひかりですが、申し込みを検討している方の中には 「本当に安いの?」 「回線速度は遅くないの?」 ...

enひかりと他社光回線の比較

enひかりの契約期間の縛りがないのはお得ですが、光回線の月額料金が高ければ意味がありません。月額料金をまとめました。

光回線戸建マンション
enひかり4,300円3,300円
IIJmioひかり4,960円3,980円
BIGLOBE光4,980円3,980円
DMM光4,820円3,780円
@nifty光5,200円3,980円
OCN光5,100円3,600円

enひかりは特別なキャンペーンや割引プランがあるわけではありませんが、月額料金は最安級で、かつずっと料金が変わらないので安心して利用することができます。

enひかりのデメリット

ここまでメリットが多いと逆に「怪しい」と感じてしまいますよね。

当サイトではデメリットも正直に書くことをモットーとしているのでもちろんここでもデメリットを書き綴っていきます。

enひかりのデメリットは初期工事費の分割支払いを行っていないことです。

そのため基本工事費が最初に2,000円~15,000円程度必要になってきます。

ただ、最初に一括に支払うのですぐに解約する際に「工事費の残額をまとめて支払わなければならない」といった事態にはなりません。

他社光回線では「工事費実質無料」となっていてもあくまで「実質」なので途中で解約すると残額の支払いが発生してしまうケースがほとんどです。

その点enひかりは最初に初期工事費が決まっているので、良心的であると言えます。

enひかりの公式ページをチェックする

まとめ

まとめると以下のようになります。

  • 格安SIM+光コラボのセット割はあまりお得にならない
  • 格安SIM+enひかりなら契約期間が定まっていないためメリットが大きい

個人的には格安SIM+enひかりの組み合わせが月額料金が安くていつでも解約可能のため、おすすめです。

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください