光回線

光回線のおすすめはこれ!主要6社を比較して結局どこがいいか解説します!

インターネット回線のひとつである光回線。Wi-Fi環境はいまとなっては欠かせないものであり、毎月の固定費となるのでなるべく安くお得な回線を使いたいところ。

しかし光回線にはおなじみのフレッツ光だけでなく、NURO光やauひかりなど、数多くの回線があり、「どれを選べばいいか分からない!」という方も多いのではないでしょうか。

実は、人それぞれにおすすめの光回線は異なります。そこでこの記事では、さまざまな角度から光回線を比較し、あなたに合う光回線をご紹介します!

ねとみ
ねとみ
なぜおすすめなのかの根拠も、合わせてご説明していますよ!

光回線を選ぶ前に知っておくべきポイント7つ

光回線を選ぶ前に、次に説明する7つポイントについて理解しておきましょう。

月額料金は期間によって変動することがある

光回線は、月額料金を支払うことで利用できます。しかし、回線によっては月額料金が期間によって変動するものもあるのです。

例えば、フレッツ光(東日本)で「光はじめ割」を適用したときの月額料金は次の通りです。

 戸建て(税込)マンション(税込)
〜2年目5,170円3,245円〜4,345円
3年目〜5,940円3,355円〜4,455円

光回線を紹介するサイトによっては、最も安い期間だけしか記述していない場合もあります。そうと知らずに契約してしまうと、「思ったより料金が高かった…」と後悔してしまうかもしれません。

小林
小林
契約前に料金についてしっかり確認しないとね…!

月額料金以外に発生する費用がある

光回線は、月額料金以外にも次のような費用が発生します。

  • 事務手数料
  • 工事費用
  • オプション代(通話料金も)

まず事務手数料とは契約時に必ず発生する費用のことで、ほとんどの場合は3,300円(税込)です。

次に工事費用について。光回線を導入するには、電柱から光ファイバーを引き込む工事をする必要があります。

光回線によって工事費用は異なり、おおよそ1万円〜4万円程度かかります。ただし一括で支払う必要はなく、分割も選択可能です。

中にはすでに光回線が通っていることもあり、その場合は工事費用は数千円と安く済みます。

最後にオプション代について。光回線にはWiFiルーターのレンタルや固定電話サービスがオプションとして設けられています。

注意するべきなのが、光回線を店舗で申し込む場合です。何の説明もなくオプションを付ける悪質な店舗も存在するので、契約時に不要なオプションが付いていないかチェックしましょう。

スマホのセット割やキャッシュバックもチェックする

光回線はスマホとのセットにすると割引が適用されるものがあります。

例えばソフトバンク光を契約し、「おうち割光セット」というオプションを付けると家族のソフトバンクスマホが割引されます。

ねとみ
ねとみ
1台につき毎月550円〜1,100円安くなるので、ソフトバンク回線が多い家族には特におすすめです。

また光回線によってはキャッシュバックのキャンペーンが設けられています。キャンペーンは提供元が実施する場合もあれば、代理店によるものもあります。

例えばソフトバンク光の場合、2021年5月21日から期間限定で1万円キャッシュバックのキャンペーンを実施中です。

また正規代理店の「エヌズカンパニー」経由でソフトバンク光を契約すると、最大36,000円のキャッシュバックがもらえます。このキャッシュバックはソフトバンクによる1万円キャッシュバックと併用可能です。

光回線によってスマホとのセット割やキャンペーン内容は異なります。ご自身の環境に合わせて、どの回線が最もお得になるかをチェックしましょう。

提供エリアでないと契約できない

光回線には提供エリアがあり、エリア外だと契約できません。

例えばNURO光やeo光は、次のエリアで提供されています。

NURO光eo光
北海道近畿
関東福井県
東海
関西
九州北部

上記のエリア外では利用できません。回線によっては都会に住んでいても利用できないこともあるので、提供エリアは必ず事前にチェックしましょう。

提供エリア内でも工事ができない場合がある

また提供エリア内であっても、工事ができないために利用できない場合があります。

前述の通り、光回線を使うには電柱から光ファイバーを引き込む工事が必要です。しかし周りに電柱がない地域に住んでいる場合、光ファイバーを引き込めないため工事できないケースもあります。

またマンション・アパートでよくあるのが、すでに光回線が通っているために違う回線が導入できないパターンです。

例えばフレッツ光に対応しているマンション・アパートにNURO光やauひかりを引きたい場合、大掛かりな工事になるため大家さんや管理会社の許可が必要です。

このとき許可が降りなければ工事ができないため、別の回線を選ぶしかありません。

なおフレッツ光が通っているマンション・アパートの場合、「光コラボレーション」と呼ばれるフレッツ光を利用した光回線なら利用できます。

ねとみ
ねとみ
ソフトバンク光やドコモ光、enひかりなどは光コラボのひとつです。

住宅タイプやプランによって料金が異なる

光回線はマンション・アパートや戸建てなどの住宅タイプやプランによって料金が異なります。例えばドコモ光のプラン・料金は次の通りです。

 タイプAタイプB
プロバイダ名ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、アンドライン、ビッグローブ、スピーディアインターネットサービス、hi-ho、ic-net、タイガースドットコム、DTI、エディオンネット、シナプス、BBエキサイト、楽天ブロードバンド、TiKiTiKi、@ネスク、ヒカリコアラ、So-net(新規受付終了)OCN、@Tcom、TNC、@ちゃんぷるネット、ワクワク、アサヒネット
マンションタイプの月額料金(税込)2年定期契約:4,400円/月
契約期間なし:5,500円/月
2年定期契約:4,620円/月
契約期間なし:5,720円/月
戸建てタイプの月額料金(税込)2年定期契約:5,720円/月
契約期間なし:7,370円/月
2年定期契約:5,940円/月
契約期間なし:7,590円/月

このように、ドコモ光ではマンション・アパート・戸建ての住宅タイプだけでなく、プロバイダによってプランが異なり、料金も違います。

ねとみ
ねとみ
なお戸建てタイプよりマンションタイプのほうが月額料金は安いです。

通信速度は住んでいる場所によって変わることがある

光回線の通信速度は地域によって多少変化します。

なぜなら地域内で同じ回線を利用する人が多いと、通信が混雑しやすくなるからです。特に夜はインターネットを使う人が増えるため、通信速度が遅くなり安いです。

またマンション・アパートでは一つの装置を全部屋で共有するため、戸建て住宅より通信速度が低下しやすくなります。

当サイトおすすめの光回線6つ

ここまでの内容を踏まえ、当サイトでは次の6回線をおすすめします。

 NURO光ドコモ光auひかりソフトバンク光楽天ひかりenひかり
戸建て月額料金(税込)5,200円5,720円1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目:5,940円
5,720円1年目:3,080円
2年目以降:5,280円
4,620円
マンション月額料金(税込)1,760円〜4,400円3,740円〜
※マンションにより異なる
4,180円1年目:1,980円
2年目以降:4,180円
3,520円
戸建てタイプ3年間の実質費用(税込)142,200円185,920円165,800円196,320円174,130円182,820円
下り最大通信速度2Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
新規工事費(税込)44,000円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:41,250円
マンション:33,000円
26,400円戸建て:19,800円
マンション: 16,500円
16,500円
契約期間3年(自動更新)2年(自動更新)戸建て:3年(自動更新)
マンション: 2年(自動更新)
2年(自動更新)3年(自動更新)なし
違約金(税込)10,450円戸建て:14,300円
マンション:8,800円
戸建て:16,500円
マンション:7,700円
10,450円10,450円なし
対応エリア関東、東海、関西、九州、北海道(一部エリアを除く)全国全国
(関西、中部で一部対象外)
全国全国全国
キャッシュバック45,000円
※NURO光 for マンションはなし
最大20,000円最大52,000円最大37,000円なしなし
その他キャンペーン初期工事費実質無料
初期設定サポート無料
Wi-Fiルーターレンタル無料
dポイント2,000ポイントプレゼント
工事費無料
乗り換えの場合、他社ネットの解約金相当額+25,000円キャッシュバック
工事費無料
転居時、乗り換え時初期工事費実質無料
乗り換え時の違約金還元
楽天モバイルユーザーは1年目の月額料金無料なし
スマホセット割ソフトバンクドコモauソフトバンクなしUQモバイル
ahamo
回線フレッツ
※切り替えでも工事必要
フレッツauひかりフレッツフレッツフレッツ

また、それぞれがどのような人におすすめなのかをまとめました。

ねとみ
ねとみ
それぞれ順番に解説していきます!

NURO光はゲーム好きや少しでも速い回線を求める人におすすめ

NURO光は、プロバイダの「So-net」が提供する光回線です。概要は次の通り。

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金(税込)5,200円
※3年契約の場合
1,760円~
※導入数少ない
※未導入の場合ホームタイプと同契約
下り最大通信速度2Gbps
IPv6標準対応
新規工事費(税込)44,000円
※実質無料
契約期間3年(自動更新)
※2年の自動更新も選択可能
違約金(税込)10,450円
対応エリア北海道、関東、東海、関西、九州(一部エリアを除く)
キャッシュバック45,000円
※NURO光 for マンションの場合なし
※マンションでホームタイプを契約した場合はキャッシュバックあり
その他キャンペーン初期工事費実質無料
初期設定サポート無料
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ、Wi-Fiルーターなど
スマホ割引ソフトバンクおうち割
回線フレッツ
※切り替えでも工事必要

NURO光は、料金面では「そこそこ安い」ほうです。ドコモ光やソフトバンク光はファミリータイプが5,720円なのに対し、NURO光は月5,200円で利用できます。

またNURO光は10Gbps回線を除いた光回線では最も通信速度が速いです。そのためゲーム好きの方には特におすすめできます。

NURO光のメリット

NURO光のメリットは次の4つです。

  • 通信速度が早い
  • ソフトバンクとのセット割がある
  • 工事費が実質無料になる
  • 高額なキャッシュバックがある

まず、NURO光最大のメリットは通信速度です。10Gbps回線を除けば、ほとんどの光回線の下り通信速度は1Gbpsなのに対し、NURO光は2Gbpsを誇ります。

NURO光とソフトバンクのスマホをセットにすることで、スマホ代が毎月割引されます。プランと割引額の詳細は次の表をご覧ください。

 おうち割光セット必須オプションおうち割光セットによる割引合計割引額
ソフトバンク携帯が1回線のとき550円550円〜1,100円0円〜550円
ソフトバンク携帯が2回線のとき550円550円〜1,100円×2回線550円〜1,650円
ソフトバンク携帯が3回線のとき550円550円〜1,100円×3回線1,100円〜2,750円

光回線は開設時に工事費が発生しますが、NURO光は実質無料になります。具体的には、30分割された工事費と同額が差し引かれるので、30ヶ月使えば工事費は一切かかりません。

さらにNURO光には、45,000円のキャッシュバックがあります。4万円台のキャッシュバックは光回線の中でもかなり大きいので、料金面のメリットも大きい光回線と言えます。

NURO光のデメリット

一方で、NURO光には次のようなデメリットがあります。

  • エリアが限られている
  • 2年で解約すると工事費の残債を請求される
  • 工事完了までが長い

まず、NURO光は提供エリアが限られています。具体的には各地方の都市部で利用でき、東北・北陸・四国などでは提供されていません。

またNURO光は24ヶ月の契約期間が設けられており、24ヶ月目で解約すれば違約金は発生しません。しかし前述のように工事費が30分割されているため、24ヶ月目で解約すると6ヶ月分の工事費残債を請求されます。

そのほか、NURO光は工事完了までが長いというデメリットがあります。工事回数が2回必要であるほか、工事日がなかなか決まらないという口コミが多く、1〜3ヶ月かかることが多いようです。

ねとみ
ねとみ
なお、NURO光はフレッツ光回線を利用していますが、移行には必ず工事が必要です。

特に、マンションではNURO光に対応しているところは少ないです。マンション住みでNURO光が引けない場合は、フレッツ回線の「enひかり」を検討しましょう。

評判、口コミ(詳細ボタンの中)

NURO光に関する口コミを集めてみました。

このように、NURO光は通信速度が早いという口コミが多数ありました。

一方で、NURO光の開通工事が遅いことに関する悪い口コミもあります。

しかし、NURO光では開通までのネット環境が欲しい人向けに、ポケットWi-Fiのレンタルが可能です。初月980円、2ヶ月目からも1日32円で使えて、1日単位でレンタルできます。

ねとみ
ねとみ
開通までの待ち時間はデメリットだけど、開通してしまえば快適に使えるようです!

NURO光のキャンペーンを確認する

ドコモ光はスマホがドコモの人におすすめ

「ドコモ光」はスマホ回線でおなじみのNTTドコモが提供する光回線です。概要は次の通り。

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金(税込)5,720円4,400円
下り最大通信速度1Gbps
v6プラス標準対応
新規工事費(税込)19,800円16,500円
契約期間2年(自動更新)
違約金(税込)14,300円8,800円
キャッシュバック最大20,000円
特典・キャンペーン
その他
Wi-Fiルーターレンタル無料
dポイント2,000ポイントプレゼント
工事費無料
対応エリア全国
オプション光電話、ひかりTV、セキュリティ、Wi-Fiルーターなど
スマホ割引ドコモセット割引
Wi-FiGMOとくとくBBなら無料でレンタル可能
回線フレッツ

ドコモ光のメリット

ドコモ光のメリットは次の5つです。

  • ドコモのスマホとのセット割がある
  • v6プラスによる高速通信ができる
  • Wi-Fiルーターを無料でレンタルできる
  • 2万円のキャッシュバックがある
  • 工事費が無料

まず、スマホも光もドコモにすることで、契約者含めた家族全員のドコモのスマホ代が毎月割引されます。割引額は次の通り。

プラン名割引額(税込)
ギガライト
(~1GB)
550円
ギガライト
(~3GB)
1,100円
ギガライト
(~5GB)
1,100円
ギガライト
(~7GB)
1,100円
ギガホ1,100円

またドコモ光は「v6プラス」という高速通信に対応しています。

ねとみ
ねとみ
通信を車で例えるなら、従来のIPv4は一般道路で、v6プラスになると高速道路を走れるようなものです。

他社の光回線でもIPv6による通信はできますが、500円程度のオプションが必要です。しかしドコモ光はIPv6対応のWi-Fiルーターも無料でレンタルできます。

ドコモ光はプロバイダを選択できますが、「GMOとくとくBB」にして条件を満たすと2万円のキャッシュバックがもらえます。さらに工事費も無料になるのでかなりお得度が高いです。

ドコモ光のデメリット

一方で、ドコモ光には次のようなデメリットがあります。

  • ドコモユーザー以外は恩恵がない
  • キャッシュバックのハードルが高い
  • コールセンターへの電話が繋がりにくい

まず、ドコモ光最大のメリットであるスマホとのセット割以外は、正直他の回線と変わりありません。そのためドコモユーザーでなければドコモ光を使うメリットが少ないです。

また、GMOとくとくBBのサイトから申し込むともらえるキャッシュバックは、オプションである「ひかりTV for docomo」と「DAZN for docomo」の契約が必要です。

ねとみ
ねとみ
これらのオプションはフレッツ光で「ひかりテレビ」を使っていたり、スポーツの生放送をよく見る人でなければ契約するメリットがあまりありません。

そのほか、ドコモ光はコールセンターへの電話が繋がりにくいという口コミが多いのもデメリットのひとつです。

評判、口コミ(詳細ボタンの中)

次に、ドコモ光の口コミを集めてみました。

このように、通信速度が早いという口コミが多くありました。

悪い口コミには、前述の通りコールセンターへの電話が繋がりにくいというものが多くありました。

ねとみ
ねとみ
NURO光と同様に申し込みに難ありですが、ドコモのスマホを使っている方はドコモ光一択です!

ドコモ光のキャンペーンを確認する

auひかりはauスマートバリュー適応の人におすすめ

「auひかり」は、スマホ回線でおなじみのKDDIが提供する光回線です。概要は次の通り。

項目ホームタイプ
(ずっとギガ得プラン)
マンションタイプ
月額料金(税込)1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目:5,940円
3,740円〜
※マンションにより異なる
下り最大通信速度1Gbps
IPv6標準対応
新規工事費(税込)41,250円
分割:687.5円×60回
33,000円
分割:1,375円×24回
契約期間3年(自動更新)2年(自動更新)
違約金(税込)16,500円7,700円
キャッシュバック最大52,000円
その他キャンペーン乗り換えの場合、他社ネットの解約金相当額+25,000円キャッシュバック
対応エリア全国
(関西、中部で一部対象外)
オプション光電話、TVサービス、セキュリティ
スマホ割引auスマートバリュー
Wi-Fiレンタルのみ
回線auひかり

auひかりのメリット

auひかりには3つのメリットがあります。

  • キャンペーン適用時の特典が魅力的
  • auスマホの割引がある
  • 通信速度が速い

まず、auひかりには次のキャンペーンがあります。

  • 月額料金割引
  • 最大52,000円キャッシュバック
  • 乗り換えの場合、他社ネットの解約金相当額+25,000円キャッシュバック
  • 工事費無料

これら全てを適用すると、トータルで約15万円もお得に。適用条件も

  • プロバイダを「@nifty」「So-net」「BIGLOBE」のどれかにする
  • 光回線と固定電話を契約する
  • 他社からネットを乗り換える

とそこまで難しくありません。

またauひかりとauスマホをセットにすると、「auスマートバリュー」が適用され家族全員のauスマホ代がプランに応じて毎月割引されます。プランごとの割引額は次の表をご覧ください。

モバイルプラン割引額
(税込)
ピタッとプラン5G
ピタットプラン4G
LTE(新auピタットプランN)

※受付終了
新ピタッとプラン
(1GB超~7GB)

1Gまで
割引対象外
1G超〜7GBまで
550円 / 月割引(翌月から)
データMAX 5G
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 4G LTE
データMAX 4G LTE Netflixパック
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
1,100円 / 月割引(翌月から)
auピタットプランN(s)

※受付終了プラン
auピタットプラン
auピタットプラン(s)

2GBまで
550円 / 月割引(翌月から)
2GB超〜20GBまで
1,100円 / 月割引(翌月から)

※auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外

さらにauひかりは通信速度が速いと評判です。詳しくは「評判、口コミ」の章をご覧ください。

auひかりのデメリット

一方で、auひかりには3つのデメリットがあります。

  • ホームタイプの工事費は分割回数が多い
  • ホームタイプは撤去工事費が必ずかかる
  • auユーザー以外のメリットが小さい

まず、ホームタイプだと工事費の分割回数が60回しか選べないことです。キャンペーンにより工事費は実質無料ですが、5年間は使い続けないと残債を支払う必要があります。

ねとみ
ねとみ
なおホームタイプの契約期間は3年なので、工事費の残債と違約金なしで解約するには最低6年使う必要があります。

またホームタイプは解約時に必ず撤去費用が発生し、31,680円(税込)を支払わなければなりません。

さらにauスマホを使っていなければauスマートバリューは適用できないので、他社のスマホを使っている人はauひかりを選ぶメリットが小さいです。

評判、口コミ(詳細ボタンの中)

最後に、auひかりに関する評判や口コミを集めてみました。


このように、auひかりは通信が速いという口コミが多く見られました。


一方で、auひかりはなかなか工事ができないという悪い口コミも散見されました。

ねとみ
ねとみ
他の光回線と同様、工事までが大変みたいですね…しかし開通した後は快適に使えているようです!

auひかりのキャンペーンページを確認する

ソフトバンク光はスマホがソフトバンクの人におすすめ

「ソフトバンク光」は、スマホ回線でおなじみのソフトバンクが提供する光回線です。概要は次の通り。

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金(税込)5,720円4,180円
下り最大通信速度1Gbps
IPv6対応
※オプション機器レンタルが必要
新規工事費(税込)26,400円
契約期間2年(自動更新)
違約金(税込)10,450円
キャッシュバック最大37,000円
特典・キャンペーン
その他
転居時、乗り換え時初期工事費実質無料
乗り換え時の違約金還元
対応エリア全国
オプション光電話、TVサービス
スマホ割引ソフトバンクおうち割
Wi-Fi有料オプションで対応
回線フレッツ

ソフトバンク光のメリット

ソフトバンク光のメリットは次の3つです。

  • ソフトバンクスマホとのセット割が魅力
  • キャッシュバック額が大きい
  • 通信速度が早い

まず、ソフトバンク光とソフトバンクスマホをセットにすると「おうち割光セット」が適用され、スマホ代が毎月割引されます。割引額は次の通り。

 おうち割光セット必須オプションおうち割光セットによる割引合計割引額
ソフトバンク携帯が1回線のとき550円550円〜1,100円0円〜550円
ソフトバンク携帯が2回線のとき550円550円〜1,100円×2回線550円〜1,650円
ソフトバンク携帯が3回線のとき550円550円〜1,100円×3回線1,100円〜2,750円

この割引はソフトバンクを使っている家族にも適用されるため、ソフトバンクユーザーが多い家庭には特にメリットが大きいです。

またソフトバンク光はいくつかのキャンペーンを実施していますが、正規代理店から申し込むと最大37,000円のキャッシュバックがもらえます。特別な条件もなく、簡単に受け取り可能です。

さらに、ソフトバンク光は通信速度にも定評があります。詳しくは口コミの章をご覧ください。

ソフトバンク光のデメリット

一方で、ソフトバンク光には次のようなデメリットがあります。

  • コールセンターの評判が悪い
  • 必須オプションを付けないとスマホの割引が適用されない
  • 光BBユニットを繋がないと通信が遅い
  • ソフトバンクユーザー以外には恩恵が少ない

まず、ソフトバンク光はコールセンターに関する不満が多く見られます。

詳しくは口コミの章を見ていただきたいのですが、特になかなか電話が繋がらないという声が多いようでした。

ねとみ
ねとみ
ただ、他の光回線の口コミでも同じようなことが書いてあるので、どこも同じなのかもしれませんね…

またソフトバンクスマホの割引を適用するには、「おうち割光セット必須オプション」を付けなくてはなりません。このオプションは月額550円(税込)がかかります。

さらにソフトバンク光の本来の通信速度を出すには、「光BBユニット」というWi-Fiルーターを接続しなければなりません。このルーターは前述の必須オプションに含まれますが、接続しないと速度が遅いのはややこしいですよね。

デメリットの4つ目が、ソフトバンクユーザーでないとあまり恩恵がないことです。他の光回線でも同じことが言えますが、頻繁にスマホ回線を乗り換える家庭にはソフトバンク光はあまりおすすめできません。

評判、口コミ(詳細ボタンの中)

次に、ソフトバンク光の口コミを集めてみました。


このように、ソフトバンク光も通信速度面で満足している声が多くみられました。

ねとみ
ねとみ
光BBユニットを繋がないと逆に遅いという口コミも多かったです!


このように、繋がらないときは調子が悪いという口コミも散見されました。

ねとみ
ねとみ
そのほかにも、コールセンターが繋がらないという口コミも多かったです。しかし、ソフトバンクスマホを使っていればメリットが大きい回線です!

ソフトバンク光のキャンペーンページを確認する

楽天ひかりは楽天経済圏の人におすすめ

楽天ひかり

楽天ひかりは、「楽天市場」でおなじみの楽天が提供する光回線です。以下、概要をまとめました。

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金(税込)1年目:3,080円
2年目以降:5,280円
1年目:1,980円
2年目以降:4,180円
下り最大通信速度1Gbps
IPv6対応
新規工事費(税込)19,800円16,500円
契約期間3年(自動更新)
違約金(税込)10,450円
キャッシュバックなし
その他キャンペーン楽天モバイルユーザーは1年間無料
楽天モバイルの料金も3ヶ月無料
対応エリア全国
オプション光電話、TVサービス
スマホ割引なし
Wi-Fi有料オプションで対応
回線フレッツ

楽天ひかりのメリット

楽天ひかりのメリットは次の3つです。

  • 楽天モバイルユーザーは割引が大きい
  • SPU対応で楽天ポイントが貯まる
  • IPv6対応で通信が速い

まず、楽天モバイルユーザーが楽天ひかりを契約すると、1年間楽天ひかりの料金が無料になります。これだけでも23,760円もお得です。さらに楽天モバイルの料金も3ヶ月間無料に。

楽天ひかりは楽天のポイントシステム「SPU」に対応しており、光回線の月額料金100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まります。楽天ポイントを貯めている人にとって、楽天ひかりを使うとさらにポイントが貯まりやすくなるのです。

貯まった楽天ポイントは、楽天ひかりや楽天モバイルの支払いに充てたり、楽天市場でショッピングに利用したり用途はさまざま。

さらに、楽天ひかりはIPv6にも対応。通信速度が速いと評判です。

楽天ひかりのデメリット

一方で、楽天ひかりには次のようなデメリットがあります。

  • 開通まで時間がかかる
  • 魅力的なキャッシュバックがない

詳しくは口コミの章を見ていただきたいのですが、楽天ひかりは開通まで時間がかかっているようです。

また、他の光回線と大きく違うのがキャッシュバックがないこと。光回線が1年使えるとはいえ、キャッシュバックがないのは少しインパクトに欠けるかもしれません。

評判、口コミ(詳細ボタンの中)

次に、楽天ひかりの口コミを集めました。

楽天ひかりは2020年6月までIPv6に非対応でしたが、対応するようになってから通信速度が速くなったという口コミを多く見かけました。


悪い口コミには、楽天ひかりの開通が遅いという内容も散見されました。どの回線も遅いようですが、やはり開通は速いほうがいいですよね。

ねとみ
ねとみ
開通が遅い以外の悪い口コミはあまり見かけませんでした。楽天のサービスを使っている人には特におすすめできます!

楽天ひかりの公式ページを確認する

enひかりは2年契約の縛りが嫌な人におすすめ

enひかりは業界最安値水準、ファミリータイプ4,620円、マンションタイプ3,520円

enひかりは、「株式会社縁人」が提供する光回線です。以下、概要をまとめました。

項目ホームタイプマンションタイプ
月額料金(税込)4,620円3,520円
下り最大通信速度1Gbps
IPv6対応
※オプション契約が必要
新規工事費(税込)16,500円
契約期間なし
違約金なし
キャッシュバックなし
その他キャンペーンなし
対応エリア全国
オプション光電話、TVサービス
スマホ割引UQモバイル
ahamo
※スマホ代金ではなくenひかりの料金割引
Wi-Fi別途用意が必要
回線フレッツ

enひかりのメリット

en光のメリットは次の3つです。

  • 料金が安い
  • 契約期間の縛りがない
  • 通信速度が速い

まず、enひかりはシンプルに料金が安いです。他の光回線と比べても、戸建てタイプで4,620円は最安クラスと言えます。

またenひかり最大のメリットが契約期間の縛りがないこと。ほとんどの光回線は2年や3年などの契約期間が設けられていますが、enひかりは縛りがなくいつ解約しても違約金が発生しません。

また料金面でお得だから質が悪いわけではなく、通信速度も速いと評判です。

eひかりのデメリット

一方で、en光には次のようなデメリットがあります。

  • キャッシュバックがない
  • IPv6が有料オプション

enひかりは料金が安いぶん、キャッシュバックがありません。そのため、高額キャッシュバックがある光回線と比べると目立った印象がないように見えます。

また高速通信ができるIPv6がオプションとして設けられているデメリットがあります。月額198円(税込)と少額ではありますが、標準搭載の回線もあることを考えると少し見劣りしてしまうかもしれません。

評判、口コミ(詳細ボタンの中)

次に、enひかりの口コミを集めてみました。

このように、すでにenひかりを使っている人が満足している声がありました。enひかり自体が新しいサービスで、そこまで口コミ数は多くないですが、今後人気になると予想される光回線です。

enひかりの公式ページを確認する

おすすめしないネット環境2つ

ここまでは当サイトおすすめの光回線をご紹介してきました。

光回線はそれぞれに合うものを選ぶべきですが、おすすめできないネット環境もあります。それは次の2つです。

ケーブルテレビ

ネット回線も一緒に契約できるケーブルテレビがありますが、ネット環境としてはおすすめできません。

なぜならケーブルテレビ提供のネット回線は遅いわりに料金が高いからです。

ケーブルテレビのネット回線は「光ハイブリッド方式」を採用しているところが多く、光ガイバーと一緒に「同軸ケーブル」を繋いで引き込みます。この同軸ケーブルが入ることで通信が遅くなるのですが、ケーブルテレビの仕組み上、同軸ケーブルは外せないのです。

またケーブルテレビのネットは料金が高めに設定されています。例えばJCOMなら1Gコースで7,348円もします。

小林
小林
確かにほかの光回線と比べると高いね。

以上の理由から、ネット環境としてケーブルテレビはおすすめできません。

キャッシュバックが高額すぎるもの

また、光回線にはキャッシュバックが設けられている場合があります。

このとき、キャッシュバックが高額すぎるときは注意してください。よく条件を見ると、不要なオプションの契約が必要になっている可能性が高いです。

高額なキャッシュバックを設けているところは、そのオプションで元を取ろうとしています。もちろん全てがそうとは言い切れませんが、キャッシュバックが高額なときは必ず条件についても確認しましょう。

当サイトがおすすめしない光回線2つ

また光回線でもおすすめできないものがあります。それは次の2つです。

フレッツ光は料金が高い

まずフレッツ光ですが、単純に料金が高いです。

フレッツ光東日本の戸建てタイプは4,730円ですが、これにプロバイダ料が別途必要になります。プロバイダ料は安くても800円程度するので、合計で5,500円します。

月額料金だけ見ると他の光回線と大差はないように見えますが、フレッツ光はスマホとのセット割がありません。そのため、フレッツ光を選ぶ理由はほとんどないと言えます。

ビッグローブ光はauひかりやso-net光プラスより高い

ビッグローブ光とauひかり、so-net光プラスはauスマホとセットにするとauスマートバリューが適用され、スマホ代が安くなります。

この3つは月額料金では大差ありませんが、auひかりとso-net光プラスはキャッシュバック額が大きいです。またこの2つは他社違約金の負担もあります。

そのため、ビッグローブ光を選ぶ理由はほとんどありません。

マンション・アパートに関する光回線のチェックポイント

冒頭では、光回線を選ぶときのポイントについてお伝えしました。しかし、マンションやアパートで光回線を引くときに気をつけるべきポイントが別で3つあります。

Wi-Fiが無料で使えるか確認する

マンションやアパートではWi-Fiが無料で使える物件があります。このような物件は、すでにWi-Fi環境が構築されているため、わざわざ光回線を契約する必要はありません。

しかし、このような備え付けのWi-Fiは通信速度が遅い可能性が高いです。実際に使ってみて、速度が遅いのを確認してからネット環境の構築を検討しましょう。

部屋まで光回線が通っているか確認する

マンションやアパートで前に住んでいた人が光回線を引いていた場合、工事なしでネットが使える可能性があります。工事なしの場合、「無派遣工事」という扱いになり工事費用が大幅に減ります。

そのため、部屋まで光回線が通っているか、入居前に大家さんや管理会社の人に確認してみましょう。

必ずしも工事済みかどうか知っているわけではありませんが、事前に知っておくとどれくらい工事費用がかかりそうか想定できます。

使いたい光回線の工事ができるか確認する

基本的にマンションやアパートでは、全ての部屋で同じ回線を使う必要があります。

例えばフレッツ光が通っているマンションにauひかりを通そうとすると、大掛かりな工事になるため大家さんや管理会社の方の許可が必要です。もし許可が降りなければそのネット回線は契約できません。

なお、「光コラボレーション」はフレッツ光を利用した回線なので、フレッツ光対応の物件なら許可なし・工事もなしで契約できます。

光回線導入時のよくある疑問

次に、光回線を導入するときによくある質問についてまとめました。

終端装置(ONU)とルーターの違いは?

wi-fi図解(光回線)

それぞれの違いは次の通りです。

終端装置(ONU):光信号をデジタル信号に変換するための機械

ルーター:複数端末をインターネット接続するための機械

光回線の信号は、光ファイバーを通って部屋まで入ってきます。しかし、光信号のままではインターネットには接続できず、デジタル信号に変換しなければなりません。

そこで必要なのが終端装置(ONU)です。つまり、ONUがないと部屋でインターネット接続はできません。

そして、ONUに端末を有線接続することでインターネットが使えるようになります。しかし、そのままでは1つの端末しかインターネットに接続できません。

そこで複数端末をインターネット接続するのに必要なのがルーターです。ルーターがあってはじめて、有線接続なしでスマホやPCでインターネットが使えるようになります。

このように、ONUとルーターはそれぞれ全く別物なのです。

光回線の工事って何をするの?

電柱から室内に光回線を取り込んでいる図解イラスト
光回線を家で使うには、光ファイバーを家まで引き込まなくてはなりません。その引き込みをするのに工事が必要なのです。

具体的には、電柱から光ファイバーを引き、自宅の外まで引っ張ってきます。そしてエアコンダクトや電話線を利用して光ファイバーを屋内まで引き込み、ONUと接続します。

光回線の工事が終わったらWi-Fiが使えるの?

光回線の工事が終わっただけでは、Wi-Fiはまだ使えません。

工事ではONUとの接続までは業者さんが行ってくれますが、ONUとWi-Fiルーターの接続は自分でする必要があります。

接続ができてはじめて、Wi-Fiが使えるようになります。

申込後のキャンセル、解約に関する注意点

最後に、光回線の申し込み後のキャンセルや解約について注意点をまとめました。

申し込み後8日以内ならキャンセル可能

基本的に、光回線は申し込んだあと8日以内ならキャンセルが可能です。

まだ工事も何もしていなければ、キャンセルにお金はかかりません。しかし工事業者の方が来た後だと、手数料がかかったりキャンセルができない可能性があります。

契約更新月以外の解約は違約金がかかる

光回線は、基本的に契約期間が決まっています。

この契約期間中に解約すると、1万円〜2万円程度の違約金が発生してしまいます。しかし、契約更新月中に解約手続きを取れば違約金はかかりません。

光回線によって契約更新月は異なるため、契約に関する書類やメールなどで確認しましょう。

工事費を払い終わるまでに解約すると残債を一括請求される

また光回線を引くのに工事をし、分割で工事費を払っている場合は注意が必要です。工事費を払い終わる前に解約してしまうと残債を一括請求されてしまいます。

特に工事費の分割回数と契約期間が合わないとき、更新月を狙って解約したために残債を一括請求されてしまうケースがあります。

そのため、工事費の分割回数と残り支払い回数を覚えておきましょう。

まとめ

この記事では、おすすめの光回線やその選び方、注意点についてお伝えしました。

光回線選びで迷った方は、この中から選べば間違いありません。

選び方を把握したうえで、納得いくネット環境を選んでくださいね。

当サイトおすすめの光回線

ドコモユーザーは割引があり、dポイントも溜まるので、ドコモヘビーユーザーに非常にお得な光回線!

auユーザーは割引が適用され、キャッシュバック金額も多く、スマートバリュー適応の方にはおすすめな光回線!

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がおすすめ!キャッシュバック金額も多く、すぐ受け取りができる数少ない光回線!

格安SIMユーザーはenひかり!業界最安値で、縛りもないからいつ解約してもOK!魅力度の高い光回線!

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください