ポケットWi-Fi

hi-ho Let’s Wi-Fiの評判・口コミはどう?どんな人におすすめできるか解説!

評判はいい?おすすめできる? hi-ho let's Wi-Fi

多くの会社が無制限Wi-Fiサービスを展開する中、株式会社ハイホーが2020年6月に発表したのが「hi-ho Let’s Wi-Fi」です。

このWi-Fiサービスは、1日7GBまでのデータ通信容量が設けられています。月額料金は4,300円と安くはないですが、信頼度の高いWi-Fiを探している人にはおすすめできます。

この記事では、hi-ho Let’s Wi-Fiの概要や評判、口コミについてまとめてみました。

すぐ分かる結論

hi-ho Let’s Wi-Fiはデータ通信容量が明記されており、運営元も通信業界の実績があるため信頼できるWi-Fiが欲しい人にはおすすめ。

※記事内の料金は全て税抜表示です。

hi-ho Let’s Wi-Fiの概要

まずはhi-ho Let’s WiFiの概要について見ていきましょう。hi-ho Let’s Wi-Fiを提供している会社は、プロバイダサービスや光回線事業を展開している「株式会社ハイホー」です。

同社はもともとパナソニックが作った子会社で、設立が2007年と10年以上の運営実績を誇ります。

よって最近できたよく知られていない会社ではなく、信頼度の高い会社がhi-ho Let’s Wi-Fiを提供しているのです。

運営元について説明したところで、hi-ho Let’s Wi-Fiの料金や特徴などをまとめてみました。

月額料金4,300円
事務手数料3,000円
最大通信速度下り150Mbps/上り50Mbps
データ通信容量1日7GBまで
低速時通信速度128kbps ※1
端末U2s
端末代無料
端末修理代14,000円
契約期間2年間(自動更新)
違約金初月〜11ヶ月目:18,000円
12ヶ月目〜:9,500円
初期契約解除可能 ※2
回線クラウドSIM
海外利用世界100か国で使用可能


※1:データ通信容量を超えた翌々日に低速化
※2:端末受け取り日から8日以内に申請をし、申請から7日までに端末の返却が必要

hi-ho Let’s Wi-Fiは「クラウドSIM」を搭載しています。これにより、Softbank・au・docomoのうち、通信が最も安定している回線を自動で選択して通信を行えます。

また、hi-ho Let’s Wi-Fiの最大通信速度は下り150Mbpsと、WiMAXの最大下り速度867Mbpsに比べて遅めです。

しかし、hi-ho Let’s Wi-Fiの下り通信速度は、動画を見たりオンラインゲームをする分には問題なく使えます。

通信速度による快適さについては、こちらの記事をご覧ください。

回線速度5Gbpsは速いか遅いか
ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるかネットを快適に使うときに、気になるのが回線速度です。「動画を見たり、ゲームをする場合は少しでも速い方がいい」とは分かっていても、実際どれくらいの速度が必要なのか分からないものですよね。この記事では、どれぐらいの回線速度が出ると、快適に使うことができるのかを紹介します。...

hi-ho Let’s Wi-Fiのメリット・デメリット

では次に、hi-ho Let’s WiFiのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

hi-ho Let’s Wi-Fiのメリット

まずはhi-ho Let’s Wi-Fiのメリットをまとめました。

1日7GBまで通信できる

多くのモバイルWi-Fiルーターは「1ヶ月で○GBまで」というデータ通信容量の制限があります。

データ通信無制限を謳うものもありますが、実際には「3日で7GBまで」という制限が付いている「実質無制限」のものがほとんどです。

また「どんなときもWiFi」や「THE WiFi」など、完全無制限のモバイルWi-Fiルーターも存在しますが、その多くが無制限プランを終了・一時停止しています。

一方hi-ho Let’s Wi-Fiには「1日で7GBまで」のデータ通信制限があります。毎日の通信量に制限があるのはデメリットに感じるかもしれません。

しかし、先述の「3日で7GBまで」の制限と比べると、hi-ho Let’s Wi-Fiは1日で7GBを超えなければ、3日で21GB通信できるのです。

1日7GBの通信は、動画の場合は14時間見てようやく使い切るほど。多くの人は1日7GBあれば十分そうですね。

ねとみ
ねとみ
なお、hi-ho Let’s Wi-Fiで1日7GB以上通信すると、その翌々日に最大128kbpsまで速度制限されます。

クラウドSIM搭載で通信が安定しやすい

概要でお伝えしたように、hi-ho Let’s WiFiはクラウドSIMを搭載しています。

Softbank、au、docomoの回線から最も安定している回線を自動で選択してくれるので、通信が安定しやすいのです。またクラウドSIMにより、幅広い範囲での通信ができます。

ねとみ
ねとみ
もし電波が入らない場合は、初期契約解除が可能です。その場合は端末到着後8日目までに申請して、申請から7日までに端末を返却する必要があります。

世界100か国で使える

hi-ho Let’s Wi-Fiは、日本だけでなく世界100か国で使用できます。特に申請がなくても、海外で電源を付ければWi-Fi環境を構築できるのです。

しかし、海外利用は国内での利用と比べて、料金とデータ通信容量が異なります。

月額料金の4,300円に加えて、地域に応じて970円もしくは1,600円が毎日加算されます。

またデータ通信容量は1日に1GBまで。その容量を超えると256kbpsに速度制限されます。

ねとみ
ねとみ
hi-ho Let’s Wi-Fiを海外で使うなら、地図アプリを使うだけにするのをおすすめします。

端末代が無料

hi-ho Let’s Wi-Fiは、モバイルWi-Fiルーターの端末代が無料です。

他社の場合は月額料金とは別に端末代がかかるものもあるため、無料で端末を使えるのは大きなメリットです。

しかし、端末が故障した場合は修理代として14,000円かかります。オプションの「hi-ho Wi-Fi端末補償」に加入すれば、月500円で毎年1回は修理代が無料、2回目は3,000円で修理できます。

ねとみ
ねとみ
この端末補償は水没や故障にのみ対応しており、盗難・紛失は対象外です。

hi-ho Let’s Wi-Fiのデメリット

次にhi-ho Let’s WiFiのデメリットを見ていきましょう。

他のモバイルWi-Fiサービスと比べて料金が高い

hi-ho Let’s Wi-Fiは、他社モバイルWi-Fiサービスと比べると月額料金が高めです。各社の料金とデータ通信容量について比較しました。

モバイルWi-Fi月額料金データ通信容量
hi-ho Let’s Wi-Fi4,300円7GB/日
THE WiFi3,482円4GB/日
最安値保証WiFi3,280円100GB/月
Mugen WiFi3,150円無制限

このように、他社モバイルWi-Fiサービスと比較すると、hi-ho Let’s Wi-Fiは料金が高めに設定されています。

なるべく安くWi-Fiを使いたいと考えている人には、hi-ho Let’s Wi-Fiはおすすめできません。

更新月以外の解約は違約金が発生する

hi-ho Let’s Wi-Fiは2年の契約期間が設けられており、更新月以外の解約は違約金として18,000円または9,500円かかります。

しかし最近では、「最安値保証WiFi」や「縛りなしWi-Fi」など、契約期間の縛りがないものや、契約期間が1ヶ月だけなど、縛りが緩いWi-Fiが多く登場しています。

何かと変化が多い現代では、2年間同じWi-Fiを使う可能性はかなり低くなってきています。またWi-Fi業界は突然速度が遅くなったり、サービスが停止することも珍しくないです。

そんな中で2年間の縛りがあるのは、あまりおすすめとはいえません。

hi-ho Let’s Wi-Fiの口コミ

前章ではhi-ho Let’s Wi-Fiのメリット・デメリットについてお伝えしましたが、やはり気になるのは実際に使った人の感想です。

この章では、hi-ho Let’s WiFiの良い口コミと悪い口コミをそれぞれご紹介します。

hi-ho Let’s Wi-Fiの良い口コミ

まずは良い口コミです。

前述の通り、hi-ho Let’s Wi-FiはクラウドWi-Fiを搭載しているため、通信の安定性が期待できます。

上り0.91Mbpsは通信速度としては遅いほうですが、動画を見たりネットサーフィンをするのに使われる下り速度は安定しているようです。

hi-ho Let’s Wi-Fiの悪い口コミ

続いて悪い口コミについてです。

クラウドSIMは周囲のWi-Fiで最も通信が安定しているものを自動で選択してくれるのですが、地域や時間帯によっては遅いものを選択してしまうようです。

hi-ho Let’s Wi-Fiはこんな人におすすめ

ここまでお伝えした内容を踏まえ、hi-ho Let’s WiFiは次のような人におすすめだと結論づけました。

  • いくらデータ通信すれば速度制限されるのか明記されているWi-Fiを探している人
  • 運営元が通信業界での実績があるWi-Fiを探している人

ここ数年で「どんなときもWiFi」「Mugen WiFi」など、データ通信無制限を売りにするWi-Fiが登場しましたが、そのほとんどが新規受付を停止しています。

これらの無制限Wi-Fiは、短期間で大量にデータ通信すると一時的に速度制限されることがあります。Wi-Fiとはその特性上、無制限で提供するのは難しいのです。

そのため、「○日で○○GBまで」と明記されている会社のほうが信頼できるといえます。hi-ho Let’s Wi-Fiは1日で7GBと明記されているので、信頼性は高いです。

また、冒頭でもお伝えしたようにhi-ho Let’s Wi-Fiを提供する株式会社ハイホーは、通信業界での実績が10年以上あります。

上記のような無制限Wi-Fiを提供する会社は、通信業界での実績が少ないので、運営元の信頼度が高いWi-Fiを探しているならhi-ho Let’s Wi-Fiはおすすめです。

まとめ:hi-ho Let’s Wi-Fiは信頼度は高いが、他にもおすすめはある

この記事では、hi-ho Let’s WiFiの概要や評判、口コミについてお伝えしました。

hi-ho Let’s Wi-Fiは、料金こそ高いものの、運営元やデータ通信容量が明確になっていることから、信頼性は高いといえます。

しかし、料金や通信速度面のメリットが薄いので、万人におすすめできるWi-Fiではありません。

信頼性・料金・通信速度の3点を総合すると「最安値保証WiFi」が最もおすすめです。

最安値保証Wi-Fi、本当に最安値?縛りはあるの?評判どうなの?
最安値保証WiFiは大丈夫?メリット・デメリット、口コミや申し込み方法まで紹介!Wi-Fiを選ぶときのポイントで、見逃せないのがやはり価格です。なるべく安いWi-Fiを契約したいという方は多いのではないでしょうか。 ...
自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください