コラム

※一部広告が含まれている場合があります

HDDからカチカチ・カタカタと異音がするときの原因や対処法とは

HDD

愛用しているHDDから突然「カチカチ」「カタカタ」「カチャカチャ」「シャー」というような音が聞こえたことはありませんか?

このような音が聞こえた場合、HDDに重度の損傷が発生している可能性があります。

HDDの寿命は約3~5年であり、衝撃に弱い大変繊細な機器です。

そのため少しぶつけたり落下させたりするだけでデータを保存している部分に傷がつき、データが破損する恐れがあります。

今回は、HDDからカチカチ・カタカタと異音がするときの原因や注意点・対処法について解説します。

小林
小林
HDDから変な音が聞こえる!

HDDの異音に対応のおすすめ業者はこちら

HDD(ハードディスク)から発生する音の種類

HDDから「カタカタ」「ブーン」というような音が聞こえたことはありませんか?

これらの音の中には正常な音と異常を知らせる音があります。

以下ではHDD(ハードディスク)から発生する音の種類を紹介します。

HDD(ハードディスク)から発生する音の種類

・正常な音
・異常な音
・HDD(ハードディスク)の動作音が全くしない

正常な音

HDDが正常に作動している場合「カリカリ」「ジージー」「ブーン」という音が聞こえることがあります。

これらの音が聞こえても故障している可能性は低いです。

正常な音

・カリカリ、ジージー
・ブーン

カリカリ、ジージー

HDDから「カリカリ」「ジージー」という音が聞こえるのは、HDDがデータの読み書きを行っている証拠です。

これらの音が聞こえても、HDDに問題が発生しているわけではありません。

ただし「カリカリ」「ジージー」などの音が聞こえるときに衝撃や振動を与えたり強制的にシャットダウンをしたりすると、HDD内部が損傷する恐れがあるため注意しましょう。

ブーン

「ブーン」という音が聞こえるのは、パソコンから熱を逃がすファンが回転するときに音が鳴るためです。

HDDから音が発生しているわけではありません。

小林
小林
「カリカリ」や「ブーン」などの異音が聞こえても慌てる必要はなさそうですね!

異常な音

ご使用のHDDから「シャー」「カチカチ」「カチャカチャ」というような異音が聞こえた場合は、HDDが故障している可能性が高いです。

少しの衝撃や振動で症状が悪化する恐れがあるため、取り扱いには注意しましょう。

異常な音

・シャー、シーッ
・カチカチ、カタカタ、ガキッ、キュルキュル、カコンカコン
・カチャカチャカチャ、カックンカックン

シャー、シーッ

「シャー」「シーッ」という異音が聞こえる場合はHDDの内部の部品同士が擦れてディスクの回転に支障をきたしている可能性があります。

ディスクに大きな傷がついている恐れもあり、これ以上被害を広げないためにも機器の操作は控えましょう。

カチカチ、カタカタ、ガキッ、キュルキュル、カコンカコン

HDDから「カタカタ」「キュルキュル」「カコンカコン」などの異音が聞こえることがあります。

この場合、磁気ヘッドの故障・プラッタとの接触が生じている可能性が高いです。

また、これにより保存データに傷がついている恐れもあります。

カチャカチャカチャ、カックンカックン

HDDから「カチャカチャ」「カックンカックン」というような異音が聞こえる場合はHDDが故障寸前である可能性が高いです。

むやみにアクセスすればするほど状態が悪化し、データを取り出すのが困難になってしまいます。

ねとみ
ねとみ
HDDから異音がするときはむやみに操作せず、使用を中止しましょう!!
HDDのデータが必要であれば、できるだけ早く業者に依頼するようにしましょう!

HDDから異音が発生している場合、すぐにでも対処しなければデータが消失してしまう可能性が高いです。データが必要な場合は業者に依頼しましょう。

復旧率95.2%!異音でも依頼できるおすすめデータ復旧業者はこちら >>

HDD(ハードディスク)の動作音が全くしない

HDDの動作音が全くしない場合、ディスクを回転させる「モーター」や、モーターなどの動作を指示・命令する「PCB基板」に不具合が発生している可能性があります。

電源を入れると、まずモーターがディスクを回転させますが、モーターやPCB基板にトラブルが生じるとディスクの回転が不安定になります。

周辺機器や電力供給に問題はないものの「動作音が全くしない」「モーター音が不安定」であるときはモータ障害やPCB基板の不具合を疑いましょう。

HDD(ハードディスク)から異音がする原因

HDD(ハードディスク)から異音がする主な原因は以下のとおりです。

HDD(ハードディスク)から異音がする原因

・磁気ヘッド障害
・ファームウェア異常

磁気ヘッド障害

磁気ヘッドに不具合が発生することで異音がすることがあります。

磁気ヘッドとはデータの記録面である「プラッタ」という部分に読み書きを行う装置のことです。

この部分が破損するとHDDを動作させる「ファームウェア」が読み込まず同じ場所を繰り返し往復し続けます。

このときに磁気ヘッドが搭載されたアームがストッパーに当たることで「カチカチ」という異音が生じるのです。

また、磁気ヘッド障害がさらに悪化し、磁気ヘッドがディスクに接触している場合は「シャー」という擦れた音が聞こえる可能性があります。

ファームウェア異常

ファームウェアとは、HDDの動作を制御するプログラムです。

経年劣化や不良セクタが発生しファームウェアが破損すると、磁気ヘッドは正常にデータを読み込むことができません

この際に「カチカチ」「カタカタ」という異音がすることがあります。

磁気ヘッド障害とファームウェア障害は、異常を知らせる音が似ていることもあり、区別することが難しいです。

個人や技術力が足りない業者がデータ復旧を行うと、不必要な開封作業が行われデータが破損する危険性があります。

ねとみ
ねとみ
データを復旧したい場合は異音に対応できる技術力の高いデータ復旧専門業者に相談しましょう!
小林
小林
大切なデータを取り戻したいからプロに電話で無料相談してみます!

HDDの異音に対応のおすすめ業者はこちら

HDD(ハードディスク)に異音がするときの注意点

HDD(ハードディスク)に異音がするときの注意点は以下のとおりです。

HDD(ハードディスク)に異音がするときの注意点

・電源のON/OFFを繰り返さない
・通電しない
・他のパソコンにつながない
・HDD(ハードディスク)を分解・開封はしない
・HDD(ハードディスク)を叩かない
・修復ツールを使用しない

電源のON/OFFを繰り返さない

電源を繰り返しON/OFFしたり再起動を繰り返したりするのはやめましょう。

HDDから異音がする状態で再起動などを行うと、HDDに大きな負担がかかり、新たな障害が発生してしまう可能性があります。

通電しない

HDDから異音がするときに通電し続けてしまうと、データの上書きが行われて状況が悪化する可能性があります。

また、データの破損につながる恐れもあるため、通電をすることは控えて下さい。

異音が聞こえるときは、機器の電源を切って電源コードを抜いておきましょう。

他のパソコンにつながない

HDDが正常に起動するか他のパソコンにつないで確かめるケースがあります。

しかし接続すると通電され、HDDに大きな負荷がかかってしまいます。

症状が悪化する恐れがあるため、他のパソコンにはつながないようにしましょう。

HDD(ハードディスク)を分解・開封はしない

HDDなどの機器に異音が発生している場合、機器の開封や部品の交換が必要になることがあります。

しかし、これらの作業は非常に難易度が高く、誤った操作をすると状態の悪化やデータ破損が起こりかねません。

最悪の場合、修復不可能になる危険性があるため注意しましょう。

HDD(ハードディスク)を叩かない

HDDは衝撃や振動に弱く、大変繊細な機器です。

HDDを叩くなどして衝撃を与えると、内部のパーツやデータが破損する恐れがあります。

異音が発生している場合はすでにHDD内の部品が物理的に破損している状態であり、その取扱いには注意が必要です。

ねとみ
ねとみ
HDDが動かなくなったからといって叩いて動作を確認するのはやめましょう。

修復ツールを使用しない

Windowsには、HDDに不具合が発生したときにエラーを検出・修復する「チェックディスク」や「デフラグ」などの修復ツールがあります。

しかし異音が発生しているHDDに修復ツールを実行しても対応できません

それどころかデータ復旧が不可能になる危険性もあるため修復ツールは使用しないようにしましょう。

HDD(ハードディスク)から異音がするときの対処法

HDDに異音が発生した場合は個人で復旧するのは難しいです。

損傷が拡大し取り戻しがつかなくなる前に専門業者に相談しましょう。

HDD(ハードディスク)から異音がするときの対処法は以下のとおりです。

HDD(ハードディスク)から異音がするときの対処法

・修理業者に相談する
・データ復旧業者に相談する

修理業者に相談する

HDDに異音が発生したときの対処法として「修理業者に相談する」という方法があります。

しかし、修理業者はHDDの「動作」の修復に特化しているため、データの復旧までは保証されません。

初期化されたり部品を丸々交換されてデータが消失するケースも多いです。

そのため、HDDの動作を優先して回復したい場合のみ利用するようにしましょう。

データ復旧業者に相談する

異音が発生したHDDからデータを復旧する有効策として「データ復旧業者に依頼する」という方法があります。

データ復旧業者は復旧のプロであるため、データを確実に取り戻すことができます。

ただし、異音がするHDDからデータを復旧するのは非常に難しく、限られた技術力の高い業者しか対応できません。

そのため実績のある業者を選ぶことで安心して任せることができます。

大切なデータを復旧したい場合は、データ専門復旧業者に相談しましょう。

小林
小林
技術力の高い業者を選ぶことが大切なんですね!

おすすめデータ復旧専門業者:デジタルデータリカバリー


国内に100社以上あるデータ復旧業者の中で1番おすすめの業者は、データ復旧率最高値95.2%を誇るデジタルデータリカバリーです。

デジタルデータリカバリーの特徴
  • 復旧率最高値95.2%の高い技術力
  • 14年連続データ復旧国内売り上げNo.1の最大手
  • ご相談件数36万件超の豊富な復旧実績
  • 依頼の8割を48時間以内に復旧するスピード対応
  • 国際標準規格ISO27001/ISMS認証を取得した強固なセキュリティ体制
  • 官公庁からの表彰、東京都からの技術革新による表彰など豊富な実績

デジタルデータリカバリーは14年連続データ復旧国内売り上げNo.1の最大手のデータ復旧業者です。
対応件数が36万件を超えなど、実績があることに加えて復旧不可能といわれている、傷・スクラッチがのあるHDDのデータ復旧を成功させたりと、真摯に技術開発・サービス向上に取り組んでいる業者といえます。
データ復旧業者選びで困った時にはまずはデジタルデータリカバリーに相談するのがおすすめです。

デジタルデータリカバリー
復旧実績✓相談件数36万件以上(※2011年1月1日~)
✓95.2%(※2018年2月実績)
✓他社で復旧できない機器の復旧相談3,000件以上
✓官公庁・法人取引10,000件以上
対応製品 ■記憶媒体全般
NAS/サーバー(RAID構成対応)、ハードディスク、外付けHDD、パソコン(ノートPC/デスクトップPC)、SSD、レコーダー、USBメモリ、SDカード、ビデオカメラ、スマホ(iPhone/Android)、等
初期診断&
復旧スピード
初期診断:最短15分
復旧:80%を48時間以内に完了
料金システム■成功報酬制
・初期診断:無料
・500GB未満:5,000円~
・500GB以上:10,000円〜
・1TB以上:20,000円〜
・2TB以上:30,000円〜
復旧設備✓クリーンルーム(クラス100)
✓ドナーHDD7,000台以上
ラボ公開/機器の持ち込みの可否復旧ラボの見学OK
営業時間年中無休
24時間受付
セキュリティ体制 ISO27001
Pマーク
セキュリティゲート設置
従業員数
(エンジニア人数)
164名(約40名)
※機器毎の専門エンジニアが在籍中

小林
小林
データの復旧技術も国内トップクラスに高いため、確実にデータを取り戻したいと考えている方におすすめです。

デジタルデータリカバリー公式ページはこちら

デジタルデータリカバリーの復旧費用

デジタルデータリカバリーの容量別の復旧費用は以下の通りです。無料で初期診断を受けた後、見積りが確認できます。

送料、特急費用、追加費用、初期診断費などをすべて無料で行っており、見積り以上の金額が請求されることはないため、安心の料金システムになっています。

500GB未満5,000円〜
500GB以上10,000円〜
1TB以上20,000円〜
2TB以上30,000円〜
ねとみ
ねとみ
症状や原因が分からず対処の仕方が分からない人も一度相談してみてください

デジタルデータリカバリー公式ページはこちら

まとめ

今回は、HDDからカチカチ・カタカタと異音がするときの原因や注意点・対処法について解説しました。

HDDから異音が聞こえるときは電源のON/OFFを繰り返したり個人でHDDを開封したりするのはやめましょう。

状態が悪化しデータの復旧が困難になる恐れがあります。

HDDから異音が聞こえる場合は、なるべく早く対処するのが大切です。

HDDの異音に対応のおすすめ業者はこちら

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください