フレッツ光

フレッツ光とOCN光の違いは?結論どっちがお得か比較

「OCN光 withフレッツとOCN光って何が違うの?」
「結局どっちがいいの?」

このような悩みをお持ちではないでしょうか。

どちらも似たようなサービス名だけど違う。

どこが違って、結局どっちの方が料金、速度面でいいのか気になりますよね。

結論として、OCNモバイルユーザーはOCN光に乗り換えた方がお得です。

しかし、それ以外のキャリアユーザーもお得になる方法はあるので、この記事ではそれぞれのサービスの違いと、乗り換えのメリット、OCNモバイル以外のキャリアユーザーが乗り換える時におすすめの回線を紹介します。

むずかしい専門用語は極力使わず解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

OCN with フレッツとOCN光の違い

それぞれの違いを、簡単に表にまとめてみました。

項目OCN with フレッツOCN光
運営会社NTT東日本/西日本NTTコミュニケーションズ
料金4,000~6,000円3,000~5,000円
違約金1,500~30,000円11,000円
速度100Mbps~1Gbps

各項目について以下で詳しく解説していきます。

運営会社が違う

それぞれの運営会社は以下の通り。

  • フレッツ光:NTT東日本・NTT西日本
  • OCN光  :NTTコミュニケーションズ

同じNTTグループでも別企業が運営しています。

NTT東日本と西日本は地域通信事業を主に行っており、NTTコミュニケーションズは主に長距離や国際通信事業などを行っています。

料金プランの違い

それぞれの回線の月額料金は以下の通り。

  • フレッツ光:4,000~6,000円
  • OCN光  :3,000~5,000円

全体的にOCN光の方が月額料金が安く、マンションの場合でも戸建ての場合でも、OCN光の方がお得に利用できます。

違約金はOCN光の方が安い

それぞれの違約金は以下の通り。

  • フレッツ光:1,500~30,000円
  • OCN光  :11,000円

どちらも加入から2年以内の更新月以外に解約をすると違約金がかかってしまいます。

フレッツ光はマンションタイプの場合は違約金が1,500円と安いのですが、戸建ての場合は9,500円かかり、フレッツ光はプロバイダが別契約となっているので、別途プロバイダの違約金もかかります。

高額な違約金がかかるプロバイダに加入していると、違約金が合計3万前後になってしまうことも。

一方OCN光はマンションタイプでも戸建てタイプでも一律11,000円の違約金がかかります。

どちらも契約期間更新月に解約すれば違約金の支払いは避けられるので、解約の際はタイミングに注意しておきましょう。

回線速度は変わらない

回線速度に関しては、どちらも同じ回線を使っているので変わることがありません。

取り扱っている業者が違っていても、回線はNTTの提供する光回線となります。

通信品質は同じなので、そのほかのサービスや料金等で比較して検討してみるといいでしょう。

OCNモバイルユーザーは乗り換えがおすすめ

OCN光は同じくNTTコミュニケーションが提供している「OCNモバイルONE」という格安SIMとのセットで月額料金が200円割引になります。

OCNモバイルユーザーなら、現在フレッツ光でもOCN光に乗り換えることをおすすめします。

フレッツ光からOCN光への乗り換えは、契約先を変えるだけでOKの「転用」で可能に。

工事が不要で通信機器もそのまま利用できるので簡単に乗り換えられ、さらに回線の月額料金も安くなります。

その他キャリア別のおすすめ光回線

OCNモバイルユーザーではないけれど、基本料金が安くなるならフレッツ光からOCN光に乗り換える…と考える方もいると思いますが、実はその方法はおすすめできません。

なぜなら、フレッツ光からの乗り換えなら他にもオススメの回線があるからです。

フレッツ光からの乗り換えをするなら、回線はフレッツ光のものを利用している「光コラボ」の回線がおすすめ。

光コラボの回線業者への乗り換えなら、回線工事は不要ですし、中にはスマホとセットにすることで毎月高額な割引サービスが受けられる回線もあります。

以下の光コラボ回線はそれぞれスマホキャリアによって受けられる割引サービスがあるので、ぜひ参考にしてください。

回線名月額料金
so-net光
(ホーム)
3,980円
so-net光
(マンション)
2,980円
ソフトバンク光
(ホーム)
5,200円
ソフトバンク光
(マンション)
3,800円
ドコモ光
(ホーム)
5,200円
ドコモ光
(マンション)
4,000円

月額料金もOCN光と比較しても安く、お得に利用ができます。

乗り換えるなら、自分に合った最もお得に使える乗り換え先(転用先)を探してみましょう。

au利用者はSo-net光プラス

So-net光ではauスマートバリューが利用できます。

プランによって割引金額は異なりますが最大毎月2,000円の割引もあり。

月額料金もマンションタイプは2,780円と格安なので、非常に人気の回線です。

So-net光プラスのメリットとデメリットと評判
so-net光プラスの評判や料金の解説!auスマートバリューが適用されるフレッツ光のプロバイダシェアでOCN、yahoo、ビッグローブに次いで第4位に位置するso-net。 v6プラスの導入によって高速...

ソフトバンク利用者はソフトバンク光

softbankスマホを利用している場合は、最大毎月1,000円割引される「おうち割」が適用されます。

月額料金はフレッツ光より少しだけ高いのですが、おうち割が適用されるならスマホ代と合わせて考えると、フレッツ光よりもお得に利用できます。

ソフトバンクを家族で利用しているならさらに割引額が上がるので、ソフトバンク利用者にはとてもおすすめ。

ソフトバンク光おすすめ
ソフトバンク光の料金は高い?他社比較と評判について解説ソフトバンク光はテレビCMが流れていたり、ヤマダ電機やヨドバシカメラ等の家電量販店でも宣伝されているため、現在最も知名度の高い光回線の1...

ドコモ利用者はドコモ光

ドコモスマホ・ケータイの利用で月額料金が安くなる「ドコモ光セット割」が適用されます。

dポイントなどのサービスもお得に活用できますし、ドコモユーザーには非常におすすめの回線です。

ドコモ光の料金プランと知っておくべきデメリットについてわかりやすく解説現在国内の携帯電話の契約者数が最も多いのはドコモで、その影響もあってかドコモ光の契約者数も飛躍的に伸びています。 ドコモの携帯、ス...

まとめ

  • フレッツ光よりもOCN光の方がお得に利用できる
  • フレッツ光からOCN光への乗り換えは「転用」となるので簡単
  • OCNの格安SIMとのセット割がある
  • フレッツ光から乗り換えるならスマホとのセット割が適用される光コラボ回線の方がおすすめ

フレッツ光とOCN光はどちらもNTTの回線を利用しているので品質は変わりません。

月額料金等で比較するとOCN光の方がお得に利用できるケースが多いです。

ですが、フレッツ光からの転用を考えるなら、スマホとセット割にするとよりお得に使える「光コラボ」と呼ばれる回線の方がおすすめです。

今回ご紹介したそれぞれのキャリアの割引サービスが利用できる光コラボ回線も検討して、お得な乗り換えをしましょう。

OCN光って本当に良いの?料金や評判まとめフレッツ光のプロバイダとして最も有名なOCN。 そのシェアの大きさは圧倒的でフレッツ光の数あるプロバイダのうち、実に3人に1人がO...
インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください