フレッツ光

フレッツ光の工事費、実質初期費用はいくら?回避することは出来る?

家で自由にネットをしたい人にとって固定回線は欠かせません。数ある回線の中でフレッツ光の導入を考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、フレッツ光の導入で気になるのは工事費を始めとした初期費用です。どれぐらいかかるのか知りたいし、できれば安く抑えたいですよね。

今回はフレッツ光の実際の工事費・初期費用・注意点を紹介し、工事費を安くすることはできるのかを解説します。

ねとみ
ねとみ
結論から先に言いますと、現在NTTはフレッツ光から光コラボレーションへの切り替えを進めていて、フレッツ光で工事費実質無料などのキャンペーンをやっていません。

フレッツ光の場合確実に工事費が必要となりますので、光コラボレーションでの契約を検討しましょう
※光コラボレーションについては後述

フレッツ光の工事費は必ずかかる

フレッツ光は光回線を利用したインターネットサービスなので工事をする必要があり、契約する際には工事費が発生します。

以前は工事費無料キャンペーン等もありましたが近年は光コラボレーションへの移行を勧めているため、フレッツ光そのもののキャンペーンはかなり縮小されました。

フレッツ光の新規申し込みキャンペーンおすすめランキング 2019フレッツ光は光コラボレーションが開始されたこともあり急激にキャンペーンの規模が小さくなりつつあります。 最近は家電量販店なんかに行...

 

フレッツ光にはNTT東日本が提供しているものとNTT西日本が提供しているものがあり、どちらも同じNTTという名前ですが全く別の会社です。

そのため、同じ「フレッツ光」というインターネットサービスでも東日本と西日本では工事費が異なります。具体的な工事費を以下の表にまとめました。

フレッツ東日本の工事費

工事費は一戸建ての家などを対象にしたファミリータイプと集合住宅を対象にしたマンションタイプで料金が変わってきます。

一般的にファミリータイプよりマンションタイプの方が安くなっています。

回線タイプ総額(一括払い)分割払い
ファミリータイプ
(屋内工事有り)
18,000円初回3,000円

2回目以降500円×30ヵ月
ファミリータイプ
(屋内工事無し)
7,600円初回3,000円

2回目以降170円×30
マンションタイプ
(屋内工事有り)
15,000円初回3,000円

2回目以降400円×30カ月
マンション
(屋内工無し)
7,600円初回3,000円

2回目以降170円×30ヵ月

東日本の場合は屋内配線の工程が必要かどうかで工事費が大きく変わります。屋内配線があると料金が高くなります。

屋内配線とは、屋外まで引いてきた回線を電話用配管などから通したり、壁に穴を開けたりして屋内に引き込む工事です。

以前光回線やフレッツ光の別プランなどを利用していたり、施工段階で配線が敷設されている場合は屋内配線の工程が不要になり、屋内工事ありに比べて料金が7,000〜10,000円ほど安くなります。

フレッツ西日本の工事費

西日本もファミリータイプ・マンションタイプに分かれています。

回線タイプ総額(一括払い)分割払い
ファミリータイプ18,000円初回3,000円

2回目以降500円×30ヵ月
マンションタイプ15,000円初回3,000円

2回目以降400円×30カ月
マンション
(LAN方式)
7,600円初回1,600円

2回目以降200円×30ヵ月

マンションタイプは各部屋への配線方法が光回線以外にも2つあり、そのうちLANケーブルを用いて配線する「LAN方式」の場合は工事費が7,400円安くなります。

ただ、LAN配線方式の物件は非常に少なく、一般的な光配線方式(15,000円の工事)がほとんどです。

また夜間、深夜指定も可能ですが、工事が1.3倍~1.6倍となるので注意しましょう。

ねとみ
ねとみ
西日本の場合は屋内配線の有無で値段が変わることはないんですね

実際の工事費はいくらか

フレッツ光は現在工事費無料のキャンペーンを行っていません。

なので、上記の表の工事費がそのまま実際の工事費にあたります。

他社の光回線の場合はキャンペーンで工事費が無料になったり、工事費相当のキャッシュバックや工事費相当額を毎月の月額料金から割り引くことで実質無料になったりします。

光回線の最安
工事費を入れて月額料金が最安の光回線はどれかはっきりさせる引っ越しやネット回線の乗り換え等でこれから新しく光回線を契約したいと考える人は多いと思います。 現在光回線の通信速度、回線の品質は...
ねとみ
ねとみ
上の記事では工事費無料や高額キャッシュバックのあるプロバイダーがランキング形式で紹介されているので参考にしてみてください

しかし、残念ながらフレッツ光は工事費無料キャンペーンをしていません。分割で支払うか一括で支払うかのどちらかとなります。いずれにしても支払う合計金額は同じです。

また、下記の追加工事を行った場合は別途使い料金の支払いが必要になります。

  • ひかり電話の導入:3,000円
  • 土日祝日の工事:3,000円
  • 屋内配線の指定:その都度見積もり

※屋内配線の指定とは回線終端装置の設置場所等を指定する際に発生するものです。

例えば、フレッツ西日本のマンションタイプでひかり電話の導入・土日工事を行ったら、基本工事費18,000円+追加工事費6,000円=計24,000円の費用が必要になります。

小林
小林
フレッツ光におトクさを求める時代は終わってしまったということだな
ねとみ
ねとみ
そうなんです。今はもうフレッツ光ではなく、光コラボレーションの時代です

光コラボレーションについてはあとでご説明します

 

工事費は回避できるか

先述した通り、フレッツ光では現在工事費が無料になるキャンペーンは行っていません。

では、工事費を回避することは不可能なのでしょうか?

フレッツ光は回避できない

結論から言うとフレッツ光の場合は工事費を回避することができません

工事を依頼する場合は上記のように工事費がかかりますし、すでにある配線設備を再利用して自分で装置を設置したりする場合でも2,000円(税込2,160円)の工事費がかかります。

他の回線のように無料キャンペーンやキャシュバックも行っていないので、フレッツ光を契約する場合は必ず工事費を払うことを頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

光コラボレーションなら工事費無料

ただし、フレッツ光の回線を工事費無料で契約する方法もあります。

それは光コラボレーションサービスを利用することです。

光コラボレーションとはプロバイダや携帯電話会社といった事業者がNTTからフレッツ光の回線をレンタルし、そこに独自のサービスを追加して提供している光回線のことです。

現在フレッツ光は初期工事費キャンペーン等を廃止し、光コラボレーションへの移行を勧めています。

so-netは月額料金から工事費分が割引

この光コラボレーションでフレッツ光の回線を利用する場合は、事業者によっては工事費が無料になることがあります。

大手プロバイダであるso-netが提供する「so-net光」では工事費が24,000円かかりますが、新規契約の場合は36ヶ月の間は月額料金が2,000円割引されます。

総額で工事費24,000円をはるかに超える72,000円の割引がされるので実質工事費が無料になります。

ねとみ
ねとみ
フレッツ光の場合にはまったくキャンペーンによる割引がないことを考えると恐ろしくお得ですね
So-net光プラスのメリットとデメリットと評判
so-net光プラスの評判や料金の解説!auスマートバリューが適用されるフレッツ光のプロバイダシェアでOCN、yahoo、ビッグローブに次いで第4位に位置するso-net。 v6プラスの導入によって高速...

ソフトバンク光は完全工事費無料

また、工事費が完全に無料になるケースもあります。

大手携帯電話会社であるソフトバンクが提供する「ソフトバンク光」は対象のADSLから新規申し込みで乗り換えした場合、工事費を無料としています。

対象のADSLからの乗り換えでない場合も最大33,000円のキャッシュバックを行っているため、結果的には工事費以上の割引があるためお得です。

ソフトバンク光おすすめ
ソフトバンク光の料金は高い?他社比較と評判について解説ソフトバンク光はテレビCMが流れていたり、ヤマダ電機やヨドバシカメラ等の家電量販店でも宣伝されているため、現在最も知名度の高い光回線の1...

ドコモ光は新規申し込みで工事費無料

同じく大手携帯電話会社であるドコモが提供する「ドコモ光」は新規契約の場合工事費が完全無料になるキャンペーンを2019年9月1日から行っています。

こちらは適用条件が「ドコモ光を新規で申し込んだ場合」でシンプルで分かりやすくなっています。

ただしこれらのキャンペーンの多くは条件があり、指定された期間よりも早く解約した場合はキャンペーンが無効になり、あとで工事費を請求されることになるので注意しましょう。

このキャンペーンの終了日は現在未定となっていますが、ドコモ光を検討している方はキャンペーン中にお得に申し込みましょう。

ドコモ光の料金プランと知っておくべきデメリットについてわかりやすく解説現在国内の携帯電話の契約者数が最も多いのはドコモで、その影響もあってかドコモ光の契約者数も飛躍的に伸びています。 ドコモの携帯、ス...

DMM光も現在工事費無料

アダルトや英会話、FX口座等で知名度の高いDMMも光回線の販売に力を入れています。

現在DMM光は新規申込キャンペーンに付き18.000円分の工事費無料、合わせて10,000円のキャッシュバックを行っています。

DMM光は月額4,820円(ファミリータイプ時)と他社(5,200円程度)に比べて安いので総合的にお得な光回線と言えるでしょう。

DMM光ってどう?月額料金や料金割引を説明動画やゲームなどのサービスで有名なDMMは、光回線も扱っています。 「DMM光」という回線ですが、馴染みがない人も多いのはないでし...

 

まとめ

今回はフレッツ光の工事費についての紹介と、工事費を安くできるのかについて詳しく解説してきました。

レッツ光はキャンペーンをやっておらず、工事費を無料にすることができません。フレッツ光を契約する場合は工事費が必ず発生するということを念頭に置いておきましょう。

また、工事費を無料にしたい場合はフレッツ光コラボレーションを利用するのも一つの手です。

回線自体はフレッツ光なので高品質ですし、それぞれの事業者が独自のサービスを展開しているので工事費無料以外でもお得な割引やキャッシュバックが得られることもあります。

ただし工事費無料のキャンペーンは適用条件があったり、一定期間契約しなければいけなかったりといった制約もあるので注意しましょう。

フレッツ光の新規申し込みキャンペーンおすすめランキング 2019フレッツ光は光コラボレーションが開始されたこともあり急激にキャンペーンの規模が小さくなりつつあります。 最近は家電量販店なんかに行...
インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください