ポケットWi-Fi

どんなときもWiFiの評判やメリット・デメリットを解説!これはかなり良いかも!

どんなときもWiFiをご存知ですか?

どんなときもWiFiは2019年3月から始まった新しいサービスにも関わらず、

「どれだけ使っても通信制限がかからない!」
「エリアが広くて繋がりやすい!」
「毎月の料金もお得!」

と、大人気のWiFiサービスです。

あまりにも申し込みが殺到したため発送が遅れるという事態が起きていましたが、現在は在庫入荷の目処が立ち、順番に発送されているということです。

それほどに人気のあるどんなときもWiFiですが、本当に通信制限がないのでしょうか?
始まったばかりのサービスということもあり、少し不安があります。

本ページではどんなときもWiFiの料金プランや評判、について解説します。

どんなときもwifiの公式ページはこちら

わかりやすい料金プラン

どんなときもWiFiの料金プランはシンプルで、「データ放題プラン」の1つしかプランがありません。

データ放題プランは月額3,480円通信料制限なしで利用することができます。
この金額は他のWiFiサービスと比べても安いです。

【データ放題プラン 基本月額料】

 利用開始月1〜24ヶ月25ヶ月目以降
クレジット払い3,480円3,480円3,980円
口座振替3,980円3,980円4,410円

ただし支払い方法を口座振替にすると、クレジットカード支払いよりも月額700円高くなってしまうので、支払いはクレジットカードにすることをおすすめします
(口座振替手数料 200円、キャンペーン割引がクレジットより500円少なくなる)

どれだけ使っても通信制限がない

どんなときもWiFiのすごいところはこのお手軽な利用料金で、本当に通信制限がないというところです。

 

他のWiFiルーターだと無制限と言いながらも3日間で10GBまでの制限があったりしますが、どんなときもWiFiはそういった制限もありません。

月額料金も安くて、本当に無制限で通信ができるなんて、夢のようですね!

さらにWiFiルーターはレンタルなので、本体代金もかかりません。(解約後に返却が必要です。)

これは人気があるのも納得です。

回線のエリアが広く、安定している

どんなときもWiFiは、クラウドWiFiという新しい仕組みを使ったWiFiサービスです。

クラウドWiFiには複数の通信会社の電波を使うことができるという特徴があり、
どんなときもWiFiでは大手3社(docomo・au・ソフトバンク)のLTE回線を使うことができるようになっています。

LTE回線とはスマホなどでも使われている、エリアが広くて安定している電波のことで、WiMAX回線だと電波が入らないような地方や地下鉄でも、LTE回線なら電波が入ります

WiFiを契約するときにエリアを心配せずに済みますね。

海外でもそのまま利用できる

どんなときもWiFiは、海外へそのまま持って行って現地でWiFiを利用することができます。

世界107カ国での利用に対応しており、料金は渡航先によって下記の2パターンに別れます。

  • 利用国エリア① … 69カ国対応 1280円 / 1日
  • 利用国エリア② … 37カ国対応 1880円 / 1日

海外では1日1GBまで利用でき、1GBを超えると384Kbpsの速度制限がかかります。

料金は他の海外WiFiサービスと比べると安くはないですが、1日1GBも使えることと、面倒な手続きなしでそのまま持っていけば使えることを考えるととても良いサービスですね。

また海外のホテルなどにWiFiがあってWiFiルーターを使わない場合には、電源を切っておけばその日の料金は発生しません。

どんなときもWiFiを海外で使う手順や他のサービスとの比較を解説どんなときもWiFiは海外でも利用できるポケットWi-Fiです。 海外旅行での利用にも活用している人が多く、日本から海外への旅行の...

どんなときもWiFiの回線速度や評判は?

どんなときもWiFiを利用している人の評判はどうでしょうか?
Twitterで調べてみました。

https://twitter.com/rats1332/status/1131204293191655424

回線速度も問題なし

どんなときもWiFiでは大手3社のLTE回線が利用できます。

WiFiルーターといえばWiMAX回線のサービスが有名ですが、実はWiMAXとLTE回線の最大速度を比較すると、LTEの方が遅いんです…。

  • WiMAX回線 … 下り最大867Mbps
  • LTE回線 … 下り最大100~200Mbps

実際に利用している人達の評判を見てみると、やはり「お昼頃は回線が遅くなる」「WiMAXより少し遅い」という意見も見受けられましたが、ほとんどの人は回線速度にも満足しているようです。

最大速度の数値はあくまで理論上のものなので、実際同じ場所で使ってみると同じくらいの速度だったり、WiMAXよりLTEの回線の方が速かった、ということもあるようです。

同時接続は5台まで

どんなときもWiFiでレンタルする端末D1では、同時接続できる台数は5台までです。
普段利用する分には問題ない台数ですね。

スマホやパソコン、ゲーム機などを同時接続しても十分利用できるようです。

ソフトバンクの電波ばかり入る?

どんなときもWiFiは大手3社(docomo・au・ソフトバンク)のLTE回線が使う場所に応じて、自動で最適な回線に切り替わるようになっています。

例えば、ソフトバンクの回線が入らない場所ではdocomoの回線に切り替わったりするのですが、口コミをみているとソフトバンクの回線が優先的に繋がるという声が複数見られました。

回線は自動切り替えのため、自分で好きな回線を選ぶことはできません。

もし電波の入りが悪いという時には、一度電源を切って再起動することで回線が切り替わることもあるようです。

実際に契約してみた感想

当サイトで実際に利用している方にレビューをお願いしたところ、レビューをしてくださった方がいたので掲載します。

以下、どんなときもWiFi利用者のレビューです。

 

私も通信無制限のポケットWi-Fiを探していて、WiMAXだと契約が3年縛りで長すぎるし、かといって縛りなしWi-Fiだと1日3GB以上使うと速度制限がかかったりするし…

安くてちょうどいいWiFiないかな〜と探していたところ、どんなときもWiFiにいきつきました。

現在様々なプロバイダや販売店がいろんなキャンペーンや特典を行っていますが、私が調べた時点ではどんなときもWiFiがお得だと感じたので実際に契約してみました。

実際に契約してみた!

申込みの流れは以下の通り。

  • 申し込みページから支払い方法をクレジットカードか口座振替で選択
  • 端末の色を選ぶ
  • 端末オプション(充電器の有無)の選択

「本製品にはMicroUSBケーブルは封入」されていますが、充電器(ACアダプタ)がついていないので持っていない方は購入する必要があります。

ただ、ACアダプタはアマゾンとかで買ったほうが安く変えるので、必ずしもこちらで購入する必要はないかと思います。

また、ACアダプタはスマホで利用しているものを併用できるので、それをそのまま使ってもOKです。

サポートオプションの選択

端末が故障した際に無償で交換できるサービスです。月額400円(税抜)かかります。

私は自宅で使用するWiFiとして利用しようと考えていて、破損の心配があまりないので加入しませんでしたが、頻繁に外へ持ち出して使用する方や破損が怖い方は加入してもいいかもしれません。

住所、氏名、電話番号、カードor口座情報等を入力すれば申し込み完了です。

 

公式サイトから申込みして2日で到着。※休日や在庫状況によって変動すると思います。

こんな感じのダンボールに入っていました。

本体は高級感のある箱に入っています。

中には本体、説明書、充電ケーブル、ストラップが入っています。
(この箱と中身は紛失すると解約時に機器損害金という負担金がかかるので大事に保管しておいたほうがよさそうです)

シンプルなデザインで、一見モバイルバッテリーにみえました。

液晶モニターがないタイプのポケットWi-Fiはあまり見かけないので新鮮です。
クラウドSIMなのでSIMカードを差し込む手間もなく、充電し電源をつけたらすぐに使えるようになりました。

SSIDとパスワードは本体にシールが貼ってあり、ひと目で確認できます。

解約するときは、サポートセンター(0120-048-277)へ連絡するか、公式サイトの解約フォームから手続きを行います。

毎月1日から25日までに連絡した場合、当該月の末日が契約解除となり、25ヶ月目以外の解約は違約金がかかるので要注意ですね。

速度を実際に計測してみた

都内(新宿区)の自宅でスピードテストをしてみました。

だいたい20〜40Mbps前後というところでしょうか。

無制限だし、3日間で10GBなどの縛りもないですしメイン回線としても申し分ない速度だと思います。

外出時にも持ち歩いてみましたが、電波が悪くなることもなく
快適に利用することができました。

ただ、端末はレンタル扱いでの契約なので、万が一紛失すると機器損害金が発生します。
これが18000円するので結構な痛手になります。注意しましょう。

WiFi端末「 D1」のスペック

どんなときもWiFiで契約できる端末は「D1」という機種です。

※以前はグローカルネットという会社が販売していたU2sという機種でしたが、現在はロゴが入って名称も変わっています。OEMなのでスペックは以前と同じです。

D1(U2s)は2018年に発売されたモデルで、タッチパネルがなく電源を入り切りするだけで使うことができる、シンプルな機種となっています。

【D1(U2s)の特徴】

  • 画面割れの心配がない
  • 薄くて持ち運びやすい
  • バッテリーが大容量
主な特徴
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
連続通信時間12時間(3,500mAh)
同時接続台数5台
サイズW127 x H65.7 x W14.2 mm
重量151g
SIMスロット標準 SIM×1、Micro SIM×1

どんなときもWiFiのメリット

どんなときもWiFiには以下のメリットがあります。

  • 無制限で通信使い放題
  • 大手3社のLTE回線が使える
  • エリアが広く、安定している
  • 海外でもそのまま使える
  • 月額料金が安い

どんなときもWiFiの一番のメリットは通信使い放題で、なおかつ電波が入るエリアが広く安定していることです。

人気のWiFiルーターサービスと比べても月額料金が安いのも魅力ですね。

WiFiサービス名月額料金
どんなときもWiFi月額3,480円
GMO とくとくBB(WiMAX)月額3,609円
UQ WiMAX月額4,380円
Y!mobileポケットWiFi月額3,696円

どんなときもWiFiのデメリット

ただ反面、以下のようなデメリットもあるので注意が必要です。

  • 最高速度がWiMAXより遅い
  • 口座振替だと料金が高くなる
  • キャッシュバックはない
  • 機種はレンタルなので解約後返却が必要
  • 契約が2年縛り
  • 端末がやや大きい

どんなときもWiFiではキャッシュバックのような高額還元はしていません。
キャッシュバックが無くても人気なのはサービスがそれだけ魅力的だということですね。

D1(端末)の大きさと重さについて

どんなときもWiFiで提供されているモバイルWiFiルーター本体はD1という機種で、こちら大きさ自体はWiMAXやワイモバイルのポケットWiFiと比べてやや大きくなっています。

【サイズ比較】

  • D1:127×65.7×14.2 mm
  • WiMAX(W06):128×64×11.9mm
  • ワイモバイル(601HW):109.9×65.1×15.5mm

またそれに伴って重さも他社ルーターに比べて僅か(生卵の半分程度)に重いです。

【重さ比較】

  • D1: 151g
  • WiMAX(W06):125g
  • ワイモバイル(601HW):135g

WiFiルーターが故障したら?

どんなときもWiFiはWiFi端末を購入するのではなくレンタルして使います。

そのためWiFiルーターが故障してしまうと、新しい端末と交換するために18,000円を支払うことになります。

どんなときもWiFiの契約と同時に「あんしん補償 (月400円)」に加入しておけば、壊れてしまっても無償で修理や新品と交換することができます。

WiFiルーターが2年以内に壊れるということはあまりありませんが、2年以内に1度交換すれば元が取れるので心配な人は加入しておいても良いですね。

ただし盗難・紛失は対象外なので注意が必要です。

解約方法と解除料

どんなときもWiFiは2年契約の自動更新となっています。

2年に一度更新月がありそのタイミングでの解約であれば解除料はかかりませんが、更新月以外に解約をすると最大で19,000円の解除料が発生します。

  •  0~12ヶ月  … 19,000円
  • 13~24ヶ月 … 14,000円
  •  25ヶ月目  …  解除料なし
  • 26~48ヶ月 …  9,500円

解約は電話かメールで手続きすることができます。

手続きが終わったら解約月の翌月5日までにレンタルしていたWiFi端末一式を返却します。

返却しないと機器損害金として18,000円を支払うことになるので、忘れずに返却しましょう。返却する際の送料は自己負担となります。

また、当月中に解約したい場合には25日までに手続きをしないといけません。
機器の返却もあるので、なるべく余裕を持って解約手続きをした方が良さそうですね。

解約月の料金は日割りにならないので、解約するのが月初でも月末でも支払い金額は変わりません。

気に入らなかったら違約金不要で別の回線に乗り換えられる

どんなときもWiFiにはいつでも解約サポートというサービスがあり、契約してみて通信速度に満足行かなかった場合このサービスを利用すれば、希望に合った別のインターネット回線を紹介してもらうことができます。

紹介された回線に乗り換える場合、違約金なしで乗り換えすることができます。

利用しているうちに回線速度に不満が出てきた際、WiMAXなどに乗り換えを検討できるのは大きなメリットですね。

まとめ

どんなときもWiFiはまだ始まったばかりの新しいサービスですが、通信使い放題で月額料金も安く、回線が安定していて評判も良いというかなりおすすめのWiFiサービスです

WiMAXの電波が入らない地域に住んでいる方や、海外旅行に行く方、速度制限で悩んでいる方には特におすすめです。

どんなときもwifiの公式ページはこちら
インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください