ポケットWi-Fi

どこよりもWiFiの気になる評判・口コミとメリット・デメリットを解説!

どこよりもWiFiは大容量&縛りなし。注意点など詳しく解説

100GBの大容量で使い放題、同機種での業界最安値が魅力的などこよりもWiFi。

「本当に安いの?」「回線速度に問題はないの?」といった疑問があるのではないでしょうか。

この記事では、どこよりもWiFiの評判やメリット・デメリットについて紹介します!

どこよりもWiFiとは?

どこよりもWiFiは、月額3,180円で利用できるポケットWi-Fiで、次の3つの特徴があります。

  1. 同機種での業界最安クラス
  2. 契約期間の縛りなし
  3. WiFi使い放題100GB

月額が非常に安く、100GBと大容量で使えるのが魅力的なサービスになっています。

また、提供しているサービスは次の通りです。

項目詳細
ルーター端末「U3 / U2s / JT101」の3種類
プラン「しばりあり / しばりなし」の2プラン
月間通信容量「20GB / 50GB / 100GB」の3種類
(プランによって選べるものは異なる)
オプション機器補償サービス あり

ねとみ
ねとみ
では次に、どこよりもWiFiの料金とスペックについて見ていきます!

どこよりもWiFiの料金とスペック

どこよりもWiFiのプランと料金は次のようになっています。

プラン名しばりありプラン
データ容量100GB20GB
月額料金3,180円2,480円
初期費用3,000円3,000円
違約金9,500円9,500円
契約期間24ヶ月24ヶ月

プラン名しばりなしプラン
データ容量50GB20GB
月額料金3,480円2,980円
初期費用0円0円
違約金0円0円
契約期間なしなし

おすすめは「しばりあり 100GBプラン」です。

縛りはあるものの月額が安く大容量なため、容量不足に悩むことなく快適にWiFiが使えるでしょう。

ルーター端末のスペックは次のとおりです。

端末名U3U2sJT101
通信速度
(下り最大)
150Mbps150Mbps150Mbps
通信速度
(上り最大)
50Mbps50Mbps50Mbps
バッテリ容量3,000mAh3,500mAh2,700mAh
サイズ126mm ×
66mm ×
10mm
127mm ×
65.7mm ×
14.2mm
58.0mm ×
92.0mm ×
13.0mm
物理SIMスロットクラウドSIMクラウドSIMSoftbank SIM

しばりなしプランは JT101のみですが、しばりありプランはすべての端末から選択できます。

スペックから比較すると、U2sはバッテリ容量が多く、サイズもiPhoneより少し小さいくらいなので持ち運びにも便利です。

ねとみ
ねとみ
次章でどこよりもWiFiは他ポケットWiFiと比べてオトクなのか見ていきましょう。

どこよりもWiFiと他ポケットWiFiを比較!

100GBの大容量ポケットWiFiで比較してみると次のとおりです。

2020年9月時点ではMugenWiFi」が月額3,150円と最安値なのがわかります。

しかし、どこよりもWiFiの月額料金は3,180円と、業界最安値に近い料金です。

会社名月額料金違約金
どこよりもWiFi3,180円9,500円
(更新月は0円)
ギガWi-Fi3,250円 +
1,000円×24回
(端末代24,000円)
契約解除料金:4,500円
端末の割賦代金:(1,000円)×契約期間の残月数分
(更新月は0円)
それがだいじWi-Fi3,250円4,500円
(更新月は0円)
Mugen WiFi3,150円1年未満:9,000円
1〜2年未満:5,000円
(更新月以降は0円)
ポケットモバイル3,250円4,500円
(更新月は0円)

※全てデータ容量:100GB、初期費用:3,000円、契約期間:24ヶ月

ただし、どこよりもWiFiは違約金が他ポケットWifiと比べると高くなっています。

更新月以外で解約する可能性がある場合は、懸念点になるでしょう。

月額料金は他ポケットWifiと比べても安い!

違約金は他ポケットWifiと比べて高い!

次に、どこよりもWiFiの気になる3つのデメリットを紹介します。

どこよりもWiFi3つのデメリット

どこよりもWiFiで考えられるデメリットとして、次の3つがあります。

ねとみ
ねとみ
1つずつ説明しますね!

通信量を使い切った後の速度が遅い

どこよりもWiFiでは、月々の通信量を使い切ると速度制限が入り、通信速度が128Kbps以下になります。

通信速度が128Kbps以下だと、ブラウザやTwitter、Instagramを使うのも難しいレベルです。

YoutubeやPrime Videoなどの動画再生はかなり厳しいと考えた方がいいでしょう。

100GBであれば使い切ることはそうそうないかもしれませんが、50GBや20GBだと人によっては使い切ってしまい、WiFiを快適に使えないかもしれません。

口座振替でのサービス料金が高い

どこよりもWiFiの支払い方法は「クレジットカードのみ」ですが、クレジットカードが外れた場合に口座振替サービスへ自動的に切り替わります。

その際の口座振替サービス料金が700円となっており、月額料金が高くなってしまいます。

ねとみ
ねとみ
とはいえ、クレジットカード支払いに問題がなければこのデメリットは気にする必要はありません!

機器損害金が高い

ルーター端末を壊してしまった場合の弁済費用が18,000円と高額な点もデメリットとして挙げられます。

ただし、このデメリットは「機器補償サービス」に加入していれば回避可能です。

機器補償サービスは月額400円なので、1年で4,800円の出費です。

1年の間に端末を壊してしまっても4,800円で済むので、加入しておくと無駄な出費がかさまなくて済むでしょう。

また、機器補償サービスに加入していると、端末が故障した場合に新品または中古品と交換や、代替機貸し出しサービスがあるので安心です。

機器補償サービスは途中加入が不可なので、契約時に申し込んでおくことをおすすめします。

どこよりもWiFi3つのメリット

どこよりもWiFiのデメリットを紹介しましたが、もちろんメリットもあります!

それが次の3つです。

ねとみ
ねとみ
1つずつ見ていきましょう!

月額料金が安い

どこよりもWiFi最大のメリットが月額料金の安さです。

業界最安値とはいかないものの、3,180円は最安値に匹敵する月額料金になっています。

ポケットWiFiは似たようなサービス提供をしているものが多く、月額料金の安さは選ぶ基準として重要ですよね。

「少しでも月額料金を抑えたい!」という人にとって嬉しいメリットになるでしょう。

容量制限がない

ポケットWiFiの中には、「3日で10GB」や「1日3GB」など決められたデータ容量を使い切ってしまうと速度制限がかかるものがあります。

ねとみ
ねとみ
この速度制限で悩まされてきた人もいるのではないでしょうか?

どこよりもWiFiは100GBや50GBなど、月に決められた容量を使い切らないかぎり、速度制限にかかりません。

そのため、1日に何GB使っても速度制限にならないので快適にWiFiを使えます!

国内・海外のどちらでも通信可能

どこよりもWiFiは、国内でも海外でも通信可能です。

ただし、使えるのは「しばりありプラン」のU3・U2s端末を利用している場合です。

月額料金に加えて、「1日780円 500MB」と制限があります。

海外旅行をする人にとっては嬉しいメリットになるでしょう。

このようなデメリット・メリットを踏まえて、どこよりもWiFiの評判を確認してみます!

どこよりもWiFiの評判は全体的に良い!

ねとみ
ねとみ
どこよりもWiFiの評判をTwitterから調べてみました。

Twitterの評判を見てみると、回線につながらないという声もありますが、概ね問題なく使えている声もあります。


最新端末であるU3の使用感も問題ないようです。


月額料金の安さは好評な一方で、違約金が気になる声もありました。

どこよりもWiFiの申し込み方法と解約方法

ここまでの内容から「どこよりもWiFiを使ってみたい!」と思った人もいるかもしれません。

ここでは、どこよりもWiFiの申し込みから解約する方法を見ていきましょう!

申し込みは次の4ステップで完了します。

ねとみ
ねとみ
1つずつ確認していきましょう。

1. プラン・オプションの選択

どこよりもWiFiのサイトにある「カンタンお申し込み」から、申し込み画面を開きます。

プラン・オプションに関する次の4項目を選択しましょう。

  1. 希望プラン
  2. データ容量
  3. 機器補償サービス
  4. 発送希望日

発送日の指定は、申込日から1ヶ月以内で受付可能です。

土・日・祝日で発送を希望した場合は、翌営業日での発送になります。

また、機器補償サービスはこの段階でしか申し込めないので注意してください。

2. 個人情報の入力

名前や住所など、次の6項目を入力します。

  • 名前
  • 名前(カナ)
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先電話番号
  • メールアドレス

3. クレジットカード情報の入力

最後にクレジットカード情報を入力し、申し込みボタンをクリックすれば申し込み完了です。

4. 申し込み完了・端末の到着

申し込みで希望した発送日を目安に端末が発送されます。

万が一、申し込み後に発送日を変更したい場合は、問い合わせフォームに問い合わせましょう。

次に、どこよりもWiFiを解約する方法を紹介します。

解約したい場合は「解約申請フォーム」から申請しましょう。

解約申請の期日と端末の返却方法は、次の通りです。

  • しばりありプラン:解約したい月の25日までに解約申請し、月末までに到着するよう端末を返却
  • しばりなしプラン:解約申請をした翌月末が解約月となり、解約月の翌月5日までに端末を返却

しばりなしプランの場合は、解約日は一律で月最終日となり、解約月は1ヶ月分の利用料金がかかります。

どこよりもWiFiのよくある質問と答え5つ

最後に、どこよりもWiFiのよくある質問を見ていきましょう。

  • 申し込み後にキャンセルできる?

    端末発送前の場合は問い合わせフォームからキャンセル可能です。発送後のキャンセルは初期契約解除の対象になり、初期費用(3,000円)を支払う必要があります。

  • 端末はいつ届く?

    端末は申し込みから1~3営業日に発送されます。目安としては、遅くても1週間以内には届くと思っておくとよいでしょう。

  • 通信量の上限や速度制限はある?

    プランごとに決められた月間データ容量はありますが、「1日3GB」といった上限はありません。月間データ容量を使い切ってしまうと速度制限が入り、通信速度が128Kbps以下になってしまいます。

  • プラン変更はできる?

    端末発送後のプラン変更はできません。プランを変えたい場合は一度解約し、再度新規契約する必要があります。

  • 地下でも使える?

    どこよりもWiFiは、ドコモ、au、ソフトバンクの4G LTE回線に対応しているため、基本的には地下でもつながります。ただし、スマホが圏外になる場所ではどこよりもWiFiもつながりません。

まとめ

どこよりもWiFiの評判やメリット・デメリットなどを解説しました!

どこよりもWiFiについてまとめると、次の通りです。

  • 回線速度は「速い」という評判もあれば「遅い」という評判もある
  • 他ポケットWiFiと比べても月額料金が安い!
  • 違約金や機器損害金が高いといったデメリットもある
  • 安くて大容量のWiFiを使いたい人におすすめ!

ぜひこの記事を参考に、どこよりもWiFiを利用するか検討してみてください!

ただし、安さを重視するならMugenWiFiがおすすめです。

Mugen Wifiは信用できる?WiMAXやどんなときもWiFiと比較してみたパソコン1つでどこでも仕事ができる時代となり、自宅では光回線、外ではスマホやモバイルWi-Fiを併用している方が増えています。 な...
自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください