その他電力系等

ドコモ光とJCOMってどっちがいい?工事内容や料金を比べてみた

「JCOMのネットを使っているけど、料金も安くないし、速度が遅い」

「ドコモを使っているので、ドコモ光にした方が良いのではないか」

こんなお悩みをお持ちではありませんか。

知名度の高いケーブルテレビの1つであるJCOM。勧められるままにネットとセットで利用している方も少なくないと思います。

結論からいうと、料金や回線速度など総合的にみるとほとんどの人がドコモ光の方がお得といえます。

今回の記事では、JCOMとドコモ光のサービス内容・料金・工事内容を比較し、なぜドコモ光が良いのか、という理由について解説していきます。

ねとみ
ねとみ
JCOMからの乗り換え先を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ドコモ光とJCOM、結局どっちが良いの?

ドコモ光とJCOMでは、上述したようにドコモ光がお得になるケースが多いのですが、利用状況によっては、JCOMを選ぶ方が良い場合もあります。

選び方のポイントをまとめました。

  • ドコモ光を使っている人や料金・速度を重視なら、ドコモ光
  • auを使っている人やケーブルテレビと併用するなら、JCOM

それぞれについて詳しく解説しますね。

ドコモを使っている人、料金・速度重視なら、断然ドコモ光

まず、ドコモのスマホを使っている人なら、ドコモとのセット割が適用になるのでドコモ光の方がメリットがあります。

また、JCOMを利用した場合、ケーブル回線を利用する仕様上あまり速度がでません。そのため、速度を重視の場合もドコモ光の方が良いでしょう。

auを使っている人、ケーブルテレビと併用ならJCOMが良いケースも

JCOMはKDDIの関連子会社なので、auを利用していればスマートバリューが適用され、割引を受けられます

また、ケーブルテレビとネットのセットで利用する場合は、単独で契約するより割引になるので選択肢のひとつとしては悪くありません。

とはいえ、JCOMの料金は他社の回線と比較すると高いので、はっきりいってあまり魅力はありません。

auスマートバリューが適用される他の光回線を使う方がトータルでは安くなるでしょう。

ドコモ光とJCOMのサービス内容を比較

ドコモ光とJCOMのサービス内容を比較しました。

ドコモ光の特徴

ドコモ光は、フレッツ光とプロバイダがセットになった光回線サービスの1つです。

月額料金が安くなること、契約窓口が1つにまとまることなど利便性も良く、最大速度は1Gbpsですが、IPv6のオプションを利用することで高速でインターネットが楽しめます。

ドコモを利用していればセット割でパケットパックの料金が安くなるなど、メリットも多く、安定した人気を誇っています。

ドコモ光に関してはこちらで詳細ページで詳しく紹介しています。

詳細ページ公式ページ

JCOMの特徴

JCOMとは、株式会社ジュピターテレコムが運営するケーブルテレビのサービスです。

ケーブルテレビといえばJCOMが真っ先に浮かぶほど知名度は高く、JCOM専用の賃貸物件もあるため、名前だけは知っているという人も多いでしょう。

現在は、ネット・格安SIM・電力やガスなどサービスも多岐にわたっていますが、正直なところ、全体的に品質の低さや料金の高さ、勧誘のしつこさを指摘する声が目立ちます。

特にネットについては、ケーブルテレビの回線を使うため速度に限界があるなど、致命的な弱点を抱えています

JCOMのネット回線の評判は悪い?速度が遅い理由と対処方法を解説ケーブルテレビとして有名なJCOMでは、インターネットのサービスも行っています。 賃貸物件ではJCOMしか契約できないところもある...

ドコモ光とJCOMの料金プランを比較

ドコモ光とJCOMの料金プランを比較してみましょう。

【ドコモ光の料金】

プラン
種類
料金
プロバイダ
タイプA
(1Gbps)
一戸建て5,200円so-net、ぷらら、BIGLOBE、nifty等
マンション4,000円so-net、ぷらら、BIGLOBE、nifty等
タイプB
(1Gbps)
一戸建て5,400円OCN・AsahiNET等
マンション4,200円OCN・AsahiNET等
単独タイプ一戸建て5,000円タイプA・B以外の
プロバイダ
マンション3,800円タイプA・B以外の
プロバイダ
ドコモ光ミニ一戸建てのみ2,700円~5,700円

【JCOMの料金】

回線速度料金
1Gbps
(戸建て限定)
6,500円
320Mbps6,000円
120Mbps5,500円
12Mbps3,980円
1Mbps2,980円

ドコモ光の回線速度は1Gbpsです。料金プランを比べるとドコモ光の方が安くて速いことが分かりますね。

ドコモ光とJCOMの工事内容と費用の違い

ドコモ光とJCOM、それぞれの工事内容の違いを説明します。

JCOMの工事内容

JCOMの工事内容について解説します。

戸建て

戸建て工事の場合は屋外と宅内、両方の工事が必要となります。

  1. (屋外工事)電柱からケーブルを引き込み、外壁に「保安器」を取り付ける
  2. (宅内工事)「保安器」を通して引き込んだ同軸ケーブルを「分配器」につないで各部屋に分配する
  3.  JCOMのルーターを設置、接続テストを行う

保安器から、直接配線をする場合、エアコンダクトを通して配線をするのが主流ですが、利用できない場合は壁面に小さな穴をあけてケーブルを通す必要があります。

【屋外での引き込み工事の例】

一戸建て導入工事_JCOM

※引用:一戸建て導入工事|J:COM

所要時間については建物の状況にもよるのですが、屋外工事からスタートするため、2時間以上はかかるので、工事日は時間に余裕がある日程を選びましょう。

マンション

マンションタイプの場合、ほとんどのケースでJCOMの回線が導入されているので、簡単な宅内工事のみとなります。

工事といっても、JCOM回線の配線に問題がないかを確認後、ルーターをつなげて接続できるか確認をするだけなので、特に問題がなければ30分~1時間程度で終わる作業です。

ドコモ光の工事内容

フレッツ光を新規で契約する場合は工事が必要となるのですが、実際はすでにフレッツ光が開通済のケースも多いです。

戸建て

戸建ての開通工事は以下の流れで行います。

  1. 近隣の電柱から自宅に光ファイバーケーブルを引き込む
  2. ONU(回線終端装置)の設置
  3. ドコモ光の接続確認

戸建ての開通工事は、建物の条件によって所要時間が異なりますが、2~3時間程度かかる場合もあるので、時間がかかると考えておく方が無難です。

マンション

マンションタイプの開通工事も、基本的には戸建てと同様の流れとなりますが、建物によって配線方法がひかり配線方式・LAN配線方式・VDSL方式という3つに分かれます。

  1. マンション内の共有部分に光ファイバーケーブルを引き込む
  2. 共有部分から各部屋に光ファイバーを分配する(建物によって配線方式が異なる)
  3. ドコモ光を利用する室内に光コンセントを設置する
  4. 光コンセントとホームゲートウェイをケーブルで接続する
  5. ドコモ光の接続確認

工事にかかる時間は配線方式によって異なりますが、30分~1時間程度で完了することがほとんどです。

基本的には立会い工事ですが、所要時間が長くないのでそこまで負担にはなりません。

まとめ:ドコモ光を選ぶメリットが多い人は乗り換えがオススメ

今回の記事では、JCOMとドコモ光のサービス内容・料金・工事内容を比較し、なぜドコモ光が良いのか、という理由について解説しました。

記事内で解説したように、料金や速度、サービス内容など、多くの項目でドコモ光の方がお得になるため、JCOMの継続利用を迷っている人はドコモ光への乗り換えをおすすめします。

もし、賃貸物件の契約上、JCOM以外の選択肢がなくほかの光回線が導入できない場合はポケットWiFiの利用を検討してみるのも賢い選択です。

ポケットWi-Fiとは
ねこでもわかるポケットWi-Fiとは?失敗しない選び方とおすすめまで解説ポケットWi-Fiという便利な商品をご存知でしょうか? きっと多くの人が、 「なんとなくわかるけど具体的に何かよくわからない...
インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください