ネットワークの基本

プロバイダ料金が高い!安くする方法を具体的に解説する

インターネット回線を契約していると、気になるのがプロバイダ料金です。
特にフレッツの場合は、回線とプロバイダを別々に支払うので、毎月のプロバイダ料金が気になるでしょう。

中には「プロバイダ料金を少しでも安くしたい」という人も多いと思います。

そこで本ページではプロバイダ料金を安くする方法について解説します。


【30秒でわかる結論】

先に言ってしまうと、現在フレッツ光のプロバイダのみ変更するメリットはほとんどなく、ドコモ光やソフトバンク光などに転用する方をお勧めします。

がプロバイダ料金を大きく安くする方法です。

プロバイダ乗り換えのみでは月額500円程度しか変わりませんが、回線そのものを乗り換えてしまえば月額1,100円(税込)以上安くできる可能性が高いです。

プロバイダ変更でどれくらい安くなる?

あくまで参考程度となりますが、例えばフレッツ光のプロバイダをOCNから比較的安いGMOとくとくBBに変更したとします。

その際ファミリータイプのプロバイダ料金はそれぞれ、

  • OCN:月額1,210円(税込)
  • とくとくBB:月額836円(税込)

その差約370円です。

わずか370円でも年間にすれば4,000円以上変わってくるので変更するメリットはありますが、今はそれよりもずっと安く出来る選択肢があります。

もくじに戻る

スマホとセット割ができる光回線へ移行する

プロバイダ料金、もとい光回線の月額料金を少しでも安くしたい場合はプロバイダのみ変更するのではなく、光コラボレーションと呼ばれる光回線への移行(転用と言います)をお勧めします。
光コラボレーションはそれ単体ではフレッツ光と比べて大きく安いというわけではありませんが、スマホとセット割ができるものを選ぶと月額千円~数千円以上毎月の支払いを安くすることが出来ます。

それぞれのスマホの会社によってセット割が適応される回線が違うので、チェックしておきましょう。

参考記事:結局どれがお得?光コラボレーションキャンペーン比較

ドコモ利用者ならドコモ光

料金(税込)ホーム:5,720円
マンション:4,400円
速度下り速度217Mbps
上り速度182Mbps
契約手数料3,300円
契約期間2年
違約金14,300円

ドコモ光のプロバイダは20社以上ありますが、中でもGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBから申し込むことで、35,500円のキャッシュバックが簡単に受け取れることに加え、2,000ptのdポイントも受け取れます。

さらに、GMOとくとくBBから申し込むことで、他のプロバイダを利用するよりも月額料金を抑えることが可能。

キャッシュバックなどを受け取りつつ、安く利用したい方におすすめです

公式ページ

ドコモ光キャンペーン情報
  • 35,500円現金キャッシュバック
  • 乗り換えなら違約金を上限20,000円まで負担
  • dポイント2,000ptをプレゼント
  • 高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • ドコモユーザーならドコモ光セット割で「1台あたり」毎月月額最大1,100円もおトクに

 

ソフトバンク利用者ならソフトバンク光

ソフトバンク光

料金(税込)ホーム:5,720円
マンション:4,180円
速度下り速度242Mbps
上り速度170Mbps
契約手数料3,300円
契約期間2年
違約金10,450円

「ソフトバンク光」は、ドコモ光と同様にフレッツ回線を利用する「光コラボ」の内の1つです。

新規契約をする人に向けてキャッシュバックやキャンペーンが充実しています。

ソフトバンク光のプロバイダは多くありますが、中でもSTORYがおすすめです。

STORYから申し込むことで、最大63,400円の高額キャッシュバックに加え、無料レンタルWi-Fiの貸し出しなども行っています。

さらに、振り込み時期も最短2ヶ月と早く、現金振り込み対応も可能。

キャッシュバックではなくNintendo Switchへ変更することも可能です。

キャッシュバックを受け取りたい方だけでなく、Nintendo Switchの購入を検討している人にもおすすめです。

公式ページ

ソフトバンク光キャンペーン情報
  • 最大63,400円現金キャッシュバック もしくは Nintendo Switchをプレゼント
  • 乗り換えなら違約金を上限100,000円まで負担
  • ネット開通までの期間Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • ソフトバンクまたはY!mobileユーザーならおうち割 光セットで「1台あたり」毎月月額最大1,100円もおトクに

au利用者ならso-net光プラス

so-net光プラス

料金(税込)ホーム:6,138円
マンション:4,928円
速度上り:1Gbps
下り:1Gbps
契約手数料3,300円
契約年数2年
違約金20,000円

 

So-net光プラスは光コラボの1つで、So-netがプロバイダとして提供している光回線サービスです。

他の光コラボサービス同様、フレッツ光(NTT)の回線を利用しているので、最大1Gbpsの高速通信が可能です。

So-net光プラスは、数ある光コラボの中でも特に月額料金が安いのが特徴です。

工事費実質無料や24ヶ月間に渡って月額2,000円以上も割引される「月額大幅割引キャンペーン」などキャンペーンも多く用意されています。

費用を抑えつつ、高速通信ができる光回線を探している方におすすめです。

公式ページ

一人で利用している場合や格安SIMの場合はenひかりが安い

Wi-Fi enひかり

料金(税込)ホーム:4,620円
マンション:3,520円
速度上り:1Gbps
下り:1Gbps
契約手数料3,300円
契約年数縛りなし
違約金なし

 

enひかりは、業界最安値水準で月額料金でありながら最低利用期間がないという特徴がある光回線です。

光回線の料金相場はホームで5,000~6,000円、マンションで4,000~5,000円ですが、enひかりはホームで4,620円、マンションで3,520円と相場よりも安くなっています。

通常、光回線は2年または3年の契約期間縛りがあり、途中解約をすると違約金が発生します。

しかし、enひかりは最低利用期間がないので、違約金も発生しません。

相場は20,000円以上の工事費もenひかりでは16,500円と安いので、料金を抑えて光回線を利用したい方におすすめです。

公式ページ

もくじに戻る

プロバイダ料金で大きく差は出ない

 

これまで解説してきたように、プロバイダを変更するよりもスマホセット割を適応させた方がお得です。

プロバイダ料金は各社でそこまで大きく差が出るのものではなく、安いものに変えてもスマホセット割でスマホ代を割り引いた方が高額の割引額となるからです。

例えばフレッツ光の場合、一般的なプロバイダはOCNで月額料金は1,210円(税込)。一番安いプロバイダはBBエキサイトで月額料金は550円(税込)。

プロバイダをOCNからBBエキサイトに変更すれば月々600円以上お得になります。

一方スマホセット割を適応させて月2,200円(税込)の割引を受けたとします。

この場合は税込1,100円のプロバイダから税込550円のプロバイダに変更する場合と比べても約1,400円分もお得になる金額が高くなります。

このように例をみても、プロバイダを変更するよりもスマホセット割を適応させた方がお得になる金額は高くなります。

もくじに戻る

フレッツ光から光コラボへの転用はお得

フレッツ光を利用している場合は、光コラボレーションを選んで転用するとお得になります。

フレッツ光から光コラボへ転用すると、下記のようなメリットがあります。

  • 転用キャンペーンが適応されてキャッシュバックが貰える
  • 工事費がかからない
  • 違約金がかからない
  • 月額料金が安くなる

上記のように豊富なメリットがあります。
まず転用した場合は、キャッシュバックなどのキャンペーンを受け取ることができます。

次に、フレッツ光から光コラボへ転用すると、工事費がかかりません。
通常はネット回線を導入するときに工事が必要になり、工事費がかかります。
しかし、光コラボはフレッツ光の回線をそのまま利用するので、別途工事費は発生しません。

さらに、転用だと違約金の支払いが必要ありません。
通常フレッツ光を解約した場合は違約金の支払い義務が発生しますが、転用の場合は違約金の支払いがありません。

最後のメリットは「月額料金が安くなる」ことでしょう。
フレッツ光東日本のユーザーなら、転用すればかなり月額料金が安くなります。
さらに、上記でご紹介したスマホセット割が適応されるプロバイダを選ぶとよりお得になるのでオススメです。

参考記事:光コラボレーションとは?転用とは?メリットとデメリットまで解説

もくじに戻る

まとめ

お得にプロバイダを契約したいのなら、単純に月額料金の安さや、キャッシュバック金額だけでプロバイダを選ぶよりも「スマホセット割」が適応されるかどうかをチェックしましょう。

スマホセット割は割引金額も高く、適応される期間が長いので総合的に見れば最もお得にネットを利用する方法の1つとなります。3大キャリアのスマホを持っている場合は以下のプロバイダを選びましょう。

  • ドコモ利用者:ドコモ光
  • ソフトバンク利用者:ソフトバンク光
  • au利用者:so-net光
  • それ以外:enひかり

スマホのキャリアに合わせてプロバイダの乗り換えをすれば、今よりも月々の料金をお得にできます。

そのほかIIJmioやぷららなどの格安SIMスマホを利用している場合でも、セット契約することで割引が受けられる光コラボのプロバイダもあるのでチェックしておきましょう。

参考記事:モバイルとセットで安い話題の光コラボレーション比較

自宅のインターネット診断ツール

現在家庭用のインターネットは光回線だけでも数百種類あります。

自分の環境にどれが適しているか、どれがお得なのかはケースバイケースです。

4つの質問に答えて自分の環境に適したインターネットを診断してみましょう!

自宅でインターネットを利用する人数は?

あなた(及び家族の方)はインターネットの動画やゲームを利用しますか?

利用しているスマホの台数を教えて下さい(家族含む)

お住まいの自宅はどのタイプ?

インターネット案内人
ねとみ
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください