ビッグローブモバイル

ビッグローブモバイルは口座振替は出来る?支払い方法をわかりやすく解説

大手キャリアと比べて、圧倒的に月々の料金が安くなることで人気の格安SIMですが、人によっては契約が難しい場合があります。

その理由は、多くの格安SIMでは支払い方法がクレジットカードに限定されているからです。

そのため、クレジットカード自体を持っていない人や、持っていても使いたくない人の中には格安SIMの契約自体をあきらめてしまう人も。

そんな人にお伝えしたいのが、ビッグローブモバイルなら条件によっては口座振替でも契約できるということ。

本ページでは、口座振替でビッグローブモバイルを契約する条件や、手続き方法についてわかりやすく説明します。

⇨Biglobeモバイル公式サイトはこちら

ッグローブモバイルは条件付きで口座振替が可能

ビッグローブモバイルの基本の支払い方法はクレジットカードですが、選ぶプランや他サービスの契約状況によって、口座振替での契約ができます。

口座振替の条件

【データ通信専用SIMで契約】

光回線などビッグローブの他サービスの契約がなく、新規に申込みをする人はデータ通信SIMのみ、口座振替での申し込みが可能となっています。

ただし、口座振替の手続きが完了してからSIMカードが発送されるため、実際に使えるまでの日数がかかるので、時間に余裕のある状態で申し込みを行いましょう。

【すでにビッグローブの光回線やWiMAXの契約がある人】

ビッグローブの光回線またはWiMAXで契約をしている人なら、現在の支払い方法のままでビッグローブモバイルのSIMを契約できます。

つまり現在の契約の支払い方法を口座振替にしていれば、ビッグローブモバイルも口座振替になるということですね。

以下の公式サイトの説明をみると、特にデータ専用SIMに限定されていないことから、音声通話SIMでも契約可能でしょう。

スマホセットの場合はクレジットカードが必要

ビッグローブモバイルの特徴のひとつ、端末とSIMのセットについてはクレジットカードでの支払いのみとなります。

口座振替だけでなく、デビットカードやプリペイドのクレジットカード(Vプリカなど)も使えませんので注意しましょう。

SIMの種別変更を使えば、音声通話SIMでも口座振替が可能に

口座振替でビッグローブモバイルを契約する場合、データ専用SIMしか選択できないのですが、契約後の種別変更は可能です。

つまり、口座振替のままでデータ専用SIMから音声通話SIMへの切り替えられるのです。

ただ、この種別変更の大きなデメリットは「SIMカード発行手数料3,000円」と「SIMカード準備料394円」というコストがかかること。

また、種別変更の手続きから手元にSIMカードが届くまでの日数がかかることもデメリットといえます。

クレジットカードがない人にとっては、口座振替でビッグローブモバイルの音声SIMを契約できる、裏ワザ的な方法といえるでしょう。

⇨Biglobeモバイル公式サイトはこちら

口座振替の手続き方法

①ビッグローブモバイルの申込みページにアクセスして、画面の案内に沿って進みます。(https://join.biglobe.ne.jp/mobile/prepare/

②データ専用SIMを選択し、支払い方法に口座振替にして申込み完了。後日ビッグローブモバイルから入会資料と合わせて「支払方法登録申込書」という口座振替の申込み用紙が届きます。

③口座情報を記載して郵送で変更することも可能ですが、少しでも時間を短縮したい人は以下のページから、引き落とし口座の登録を行うことができます。

https://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/paychg/touroku_bank.html

ただし、以下の場合はWEBからの口座登録はできないため、注意しましょう。

  • インターネットで支払い登録ができない金融機関の場合
  • 未成年(20歳未満)の方のお申し込み
  • 家族名義の口座をご利用希望の場合

WEBまたは郵送、いずれの手続きの場合も登録申込みの金融機関で審査が行われます。審査を通過したら、BIGLOBEカスタマーサポートよりメールで通知されるとともに、登録住所あてにSIMカードが発送となります。

格安SIMを契約するならクレジットカードを作ろう

ビッグローブモバイルでは条件付で口座振替も可能ですが、今後も格安SIMを利用するならやはりクレジットカードがあるにこしたことはありません。

そこで、審査や発行までの日数がかからず、審査が通りやすいと評判のカードを2つ紹介します。

主婦や学生でもOK!即日審査の楽天カード

とにかく早く、お得にカードを発行したい人には楽天カードがおすすめ。

主婦や学生でも発行できると評判も高く、早ければ数分、遅くでも翌日には審査結果がわかり、最短で3日後にはカードが届くというスピーディな対応も人気の理由です。

年会費永年無料の上、ポイント還元などの豊富な特典も魅力。特に楽天市場での利用にはメリットがたっぷり。

2019年4月現在も、楽天ポイントが還元される入会キャンペーンなど、魅力的なキャンペーンが展開されていますので、要チェックですね。

審査が通らない人におすすめ、アコムのマスターカード

過去のトラブルなどで、カード発行の審査に通りにくい人におすすめなのがACマスターカードです。

大手消費者金融のアコムが発行するクレジットカードで、独自の基準での審査のため、他では通らなかった人でもカードが発行される可能性があります。

本人に収入があればオンラインから簡単に申込みが可能で、最短30分で審査結果がわかります。

発行審査を通過したら、全国のアコムの自動契約機でカードの即日受取が可能。全ての手続きがスムーズに進んだ場合、最短1時間で発行されるのは嬉しいですね。

ACマスターカードはリボ専用のカードですが、手数料が発生しない期間内にアコム専用ATMや提携ATMから返済を行うことで、1回払いのクレジットカードとして利用することができます。

初めて利用する人なら、カード発行から30日間は無利息でカードが使える特典もついています。

まとめ

クレジットカードを使わず、口座振替でビッグローブモバイルを契約する条件について解説してきました。

口座振替で契約できるのはデータ通信専用SIMのみとなっていますが、すでにビッグローブの他サービスの利用していたり、契約後の種別変更を使うことで、音声通話SIMも口座振替で契約できます。

ただビッグローブモバイルでの契約においても、クレジットカードがあった方が手軽で便利なことも事実です。

「やっぱりクレジットカードも作りたい」という方は、発行しやすいと評判のクレジットカードも紹介もしていますので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

⇨Biglobeモバイル公式サイトはこちら

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください