auひかり

auひかりとWiMAXはどちらを契約すべき?比較して答えを出した

現在インターネットの回線は、大きく分けて「固定回線」と「モバイル回線」の2つに分かれます。

それぞれ特徴があり、契約する際はどちらのタイプが自分に合っているかをしっかり把握する必要があります。

固定回線の中で人気なのはauひかり、モバイル回線の中で人気なのはWiMAXですが、実際に契約するならどちらのほうが良いのでしょうか。

先に結論から言うと下記のようになります。

  • 1人暮らしのライト利用向け:WiMAX
  • 家族で暮らしている人や動画やゲームをよく利用するヘビー利用:auひかり

本ページではauひかりとWiMAXを比較し、どちらと契約するべきかを解説します。

auひかりとWiMAXの比較

まず、auひかりとWiMAXを項目別に比較していきます。

<auひかりとWiMAXの比較表>

種別auひかりWiMAX
月額料金5,100円(ホーム)
3,800円(マンション)
1~2カ月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円
25カ月目以降:4,041円
初期工事費キャンペーンで実質無料無料
通信速度最大10Gbps最大758Mbps
通信量無制限「3日で10GB」の制限あり
契約期間2年/3年2年/3年

※WiMAXの月額料金はBroad WiMAX

大きく異なるのは、料金と通信量ですね。

とくに料金は差は、もっとも大きいときで2,000円近くになります。

では詳しくみていきましょう。

月額料金が安いのはWiMAX

インターネットを利用する上で、気になるのが月額料金です。

先ほども触れましたが、料金はWiMAXの方が安いです。

なお、WiMAXは通信量の上限が月7GBである通常プランと、月の通信量が無制限のギガ放題プランの2つがありますが、今回はギガ放題プランで比較しています。

WiMAXは月額料金が最も安いBroadWiMAXだと下記のようになっています。

  • 1~2カ月目:2,726円
  • 3~24カ月目:3,411円
  • 25カ月目以降:4,041円

WiMAXの月額料金はプロバイダによって異なりますが、多くのプロバイダで3,000円台後半~4,000円台前半の価格設定になっています。

上記で紹介したBroadWiMAXはかなり安い方になります。

一方のauひかりは下記の通りです。

  • ホームタイプ:5,100円
  • マンションタイプ:3,800円

auひかりは住んでいる家のタイプ(マンションか一戸建て)によって料金が異なります。

WiMAXはポケットWi-Fiを使って通信するだけなので、家のタイプは関係なく料金は一律です。
上記の料金を比較すると、WiMAXの方がお得だとわかりますね。

WiMAXの詳細を見てみる

キャッシュバックはauひかりの方が多い

キャッシュバック額は下記の通りです。

  • auひかり:最大52,000円
  • WiMAX(GMOとくとくBB):最大39,000円

auひかりの方がキャッシュバックが多くなっています。

WiMAXのキャッシュバックについては、契約するプロバイダによって異なります。今回はキャッシュバック額の多いGMOとくとくBBを比較対象に出しています。

auひかりも同様に、どこの代理店でお申し込みするかによってキャッシュバック額が変わってきます。

どこから契約しても使う回線は同じなので、少しでも条件の良い代理店を選んで契約しましょう。

auひかりのキャンペーンを見てみる

⇛ランキングはこちらから

通信速度が速く、量を気にせず使えるのはauひかり

快適なインターネットを楽しむには、通信速度や安定性も大事ですね。

下りの最大速度はauひかりが10Gbps、WiMAXは758Mbps(機種によって変わる)でどちらも快適にネットを利用するには十分すぎる速度です。

しかし安定性を考慮するとやはり光ケーブルで有線接続されているauひかりのほうが優れています。

通信量の制限も一切ないので、動画の視聴や大容量ファイルのダウンロード、オンラインゲームなどに最適です。

WiMAXは電波で受信するので屋内では繋がりにくいことがあったり、速度が遅くなってしまうケースがあります

また、WiMAXには月7GBや3日間10GBといった通信量の制限があるため、動画をたくさん見たりゲームをプレイしたりといったヘビーな使い方には向きません。

通信速度や安定性を気にするなら、固定回線であるauひかりです。

工事不要で手軽に利用できるのはWiMAX

WiMAXは無線タイプのインターネットであるため回線速度、安定性でauひかりに劣ります。

しかし無線なので工事不要で手軽に利用できるというメリットもあります。

申し込みから早ければ2~3日程度で手元に届き、届いたその日から利用することが可能です。

auひかりは回線工事が必要で、開通までに申し込みから2~4週間程度必要で、開通工事の立ち合いも必要です。

引っ越しが多かったりして工事が煩わしいという人にWiMAXは選ばれています。

WiMAXとは
WiMAXとは何か?メリットとデメリットを分かりやすく解説WiMAXをご存じでしょうか? WiMAXは正式には携帯電話の3GやLTE等と同じ移動体通信方式の(世界基準の)規格の一種で、日本...

【工事不要のメリット】

工事不要回線には、以下のようなメリットがあります。

  1. 工事費がかからない
  2. 撤去費用もかからない
  3. 引っ越し時に解約しなくても良い
  4. 引っ越しタイミングを気にせず契約できる
  5. 届いたらすぐに使える

ネットの使用頻度によってどちらがいいか異なる

auひかりとWiMAXの違いについて、詳しく説明してきました。

どちらがオススメなのかは、ネットの使用頻度や利用環境によって異なります。

1人暮らしのライトユーザーはWiMAX

ネットサーフィンやメールなど通常のネット利用かつ1人暮らしであれば、WiMAXがオススメです。

WiMAXはauひかりに比べて月額料金が安いですが、データ通信量の制限があります。

プランによって月のデータ通信量の上限が決まっており、その上限を超えると通信速度が制限されてしまいます。

月の通信量が無制限のギガ放題プランもありますが、そちらを選んでも「3日間で10GB」という制限があります。

ただ、通常利用であればこれらの制限に引っかかることはあまりありませんので、WiMAXでも快適にインターネットができます。

ライトユーザーなら、月額料金を安く抑えられるWiMAXがおすすめです。

⇛業界最安級のBroadWiMAXの公式ページを見る

家族暮らしorヘビーユーザーはauひかり

インターネットで動画サイトを閲覧したり、オンラインゲームをしたりするようなヘビーユーザーはauひかりを選びましょう。

動画やゲームなどはデータ通信量が多いので、WiMAXを選ぶとあっという間に通信制限に掛かってしまいます。

また、家族など複数人で回線を使用する場合も、1人で使うときと比べると通信量がかさみます。

auひかりは固定回線なので、月の通信量制限がありませんし、通信速度も速いので動画の読み込みやゲームのロードもスムーズです。

まとめると、動画視聴ゲームをプレイする場合、または家族で利用する場合はauひかりのほうがオススメです。

また、動画をアップロードする場合も光回線である必要があります。

⇛auひかりのサイトを確認する

まとめ

今回はモバイル回線のWiMAXと、固定回線のauひかりを比較してみました。

WiMAXの特徴は料金が安く、工事費がかかりません。

対して、auひかりの特徴は料金が高く工事も必要ですが、通信の速度と安定性に優れています。

これらの特徴を踏まえると、下記のようになります。

  • 1人暮らしのライトユーザー:WiMAX
  • 家族で暮らしている人や動画やゲームをよく利用するヘビーユーザー:auひかり

WiMAXとauひかりはともに異なるメリット・デメリットを持っています。

契約する際はインターネットの利用頻度を確認し、どちらが自分に合っているかをしっかり検討しましょう。

インターネット案内人
ねとみ
フレッツ光販売、電気通信事業会社の営業経験あり。 光回線やWiMAX、格安SIMなどについて解説しています。 ご意見、ご質問、お問い合わせはTwitterのDM、リプライでお気軽にどうぞ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください