一人で利用する場合はモバイルWi-Fiで十分!利用頻度が多い場合は光回線の検討をしよう

一人暮らしの場合、及び一人のみでネット利用をする場合、多くのケースにおいてモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fiとも呼ばれる)がおすすめです。

モバイルWi-Fiには以下のメリットがあります。

モバイルWi-Fiのメリット
  • 月額料金が光回線に比べて安い
  • 初期費用も不要(事務手数料が掛かる場合はあります)
  • 工事不要のためすぐに手軽に持てる
  • 最近は契約期間の縛りが緩いものも多い

光回線の場合、工事が必要で契約から実際に利用できるまで2週間~1カ月以上掛かることも多いです、工事費も必要。

それに比べてモバイルWi-Fiはすぐに使えて初期費用も不要。

  • ネットの利用はWEBやSNSの閲覧がメイン
  • 毎日動画(You Tube、Netflixなど)を観る生活をしていない
  • PS5などでオンラインゲームをしていない

これらに該当する方は月額料金が控えめのモバイルWi-Fiを選択しましょう。

おすすめのモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)

おすすめのモバイルWi-Fiをランキング形式で紹介します。

いずれも、

  • 月間通信容量が多い
  • 月額料金が税込4,000円以下
  • 対応エリアが比較的広い

の3つの条件を満たしたWi-Fiを掲載しています。

それがだいじWiFi
それがだいじwi-fi特徴
項目格安プラン
月額料金ずっと3,718円(税込)
キャッシュバックなし
選べる機種U3
評価
月額料金★★★★★
非常に安い。最安級。
通信容量★★★★☆
月間100GB
縛り期間★★★☆☆
2年間、以降は縛りなし
対応エリア★★★★★
トリプルキャリア
会社の信頼性★★★☆☆

総合評価:

それがだいじWiFiは、月額3,718円(税込)と驚くほど月額料金が安いのが特徴的です。

またMugen WiFiと同様に、データ通信容量は月100GBまで。WiMAXの「3日で7GBまで」の縛りと比べると、制限はかなり緩いです。

トリプルキャリアに対応しており、Softbank・au・docomo3回線のうち最も安定した回線を自動で選択して受信するため、通信の安定性も期待できます。

それがだいじWiFiのデメリット

それがだいじWiFiは、2年間の契約期間があることが何よりのデメリットです。

2年間以上使う予定があるなら問題ありませんが、そうでなければ違約金が発生してしまいます。ただ、違約金は4,500円と、他社と比較しても安めの設定になってるため、解約へのハードルは若干下がるので契約しやすいとも言えます。

2021年3月9〜30日までの申込限定 キャッシュバック特典あり

現在それがだいじWi-Fiではふたつのキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

  • 初月請求総額から5,808円割引
    ※当サイト特典10%増額キャンペーン適用後(適用前5,280円)
  • 現金5,000円キャッシュバック
    (契約翌月に口座振込)

初回請求総額からの割引キャンペーンは通常5,280円ですが、当サイト経由で申込、特別コードを入力することで10%増額の5,808円となります。

さらに現在現金5,000円のキャッシュバックキャンペーンもあり、合計すると10,808円ものキャッシュバックをもらうことができお得です。

やさしくねっと専用特別クーポンコード:yasa-daiji

詳細ページ公式ページ

WiMAX(GMOとくとくBB)
安定のWiMAX
項目ギガ放題(税込)
月額料金1~2カ月目:3,969円
3〜22カ月目:4,668円
23カ月目以降:4,668円
キャッシュバック最大33,200円
(毎月変更します)
受け取り方法11カ月後に振り込み
選べる機種WX06, W06, HOME02, L02
評価
月額料金★★★★☆
月額料金割引とキャッシュバックを考慮すると実質料金は安いといえる
通信容量★★★☆☆
月間無制限、3日間10GB以上で規制
縛り期間★★☆☆☆
3年間の自動更新
解約月以外で違約金発生
対応エリア★★★☆☆
WiMAXエリア
おおよそカバーしているが入らない所も少なくない
会社の信頼性★★★★☆
大手プロバイダなので信頼は出来る。
しかし安かろう悪かろうな印象。

総合評価

WiMAXはauの関連会社であるUQコミュニケーションズが提供しているサービスのため、品質が信頼出来ます。

3日間10GBという制限こそありますが、これは「そのラインまでは規制しない、品質を保証する」という意味もあるため逆に安心して利用出来ます。

WiMAXは多数のプロバイダが提供していますが、キャッシュバックを考慮して実質お得に契約出来るのはGMOとくとくBBです。

ただこれは「キャッシュバック」は取りこぼす人がいるから出来る金額だと思っています。

GMOとくとくBB WiMAXのデメリット

最大のデメリットはキャッシュバックを忘れて取りこぼすと高く付いてしまうことです。

「安くておすすめ」としていますが、キャッシュバックを逃すと他社よりもかなり割高になってしまいます。

なので契約したらGoogleカレンダーにキャッシュバックの受取がある月をメモしましょう。

それさえやっておけば問題ありません。

どうしようもない大きな問題点は契約期間が3年で自動更新となっていることです。

3年はライフスタイルが変化するには十分な期間なので結構しんどいです。

本ページで紹介しているポケットWi-Fiの中で最も契約縛りが重いものとなっています。

最後に見えにくいデメリットとしてはGMOとくとくBBはやはり安かろう悪かろうなプロバイダであるところです。

WiMAXは簡単に壊れたりしないですしトラブルも少ないですが、万が一トラブルがあった場合、全体的な対応はあまりよくない印象です。

そういったサポート面を重要視する場合は後述するビッグローブをおすすめします。

詳細ページ公式ページ

mugen WiFi(格安プラン)
端末us2画像
項目格安プラン
月額料金ずっと3718円(税込)
キャッシュバック10,000円
選べる機種U3
評価
月額料金★★★★★
非常に安い。最安級。
通信容量★★★☆☆
月間最大100GB、短期での制限明記なし
縛り期間★★★★☆
2年間、以降は縛りなし
対応エリア★★★★★
トリプルキャリアで国内外で使える
会社の信頼性★★★☆☆
従業員数14名の小さい会社。

総合評価:

Mugen WiFiは驚くほど月額料金が安いのが特徴的です。

Mugen WiFiの月額料金ずっと変わらず3,718円(税込)は無制限WiFiの中でも最安級です。

対応エリアは明記されていませんが、ソフトバンクの電波をよく掴むのでソフトバンクメインのWiFiとなっている様子。

ソフトバンク回線はエリアが広いので対応エリアは◎です。

Mugen WiFiのデメリット

月額料金が非常に安く、契約期間も2年なので総合的におすすめしやすいポケットWi-Fiです。

敢えて気になる点をあげるとすれば、会社の規模です。

大手ではないため「なにかトラブルがあった際に適切にすぐに対応してくれるか心配」「絶対安全なものを契約したい」という方にはおすすめしかねます。

ただ現状では会社に対する悪評などは全く無いですし、目立ったトラブルもなさそうなので問題ないかと思います。

契約期間に定めはありますが、2年以降は縛りがないですし、違約金も高額ではありませんので、安心して利用出来ます。

2021年3月1日〜事務手数料無料キャンペーン実施中

Mugen WiFiでは現在、キャッシュバック10,000円に加え事務手数料3,300円(税込)が無料になるキャンペーンを実施しています。

ただでさえ月額料金3,718円(税込)と低価格で利用できるMugen WiFiですが、このキャンペーン中に申し込むと、月額あたり実質3,164円(税込)になります。(2年利用時で計算)

2,000台限定となっているので、Mugen WiFiを検討されている方はキャンペーン終了前の申し込みがお得です。

 

詳細ページ公式ページ

利用頻度が高い場合は光回線を選ぼう

上述したWi-Fiは比較的ライトユーザー向けです。

  • 毎日動画を長時間視聴したい
  • 毎日長時間オンラインゲームをしたい
  • PS5のアップデートをしたい

という場合は光回線を選択した方が良いです。

光回線の中で現在最もおすすめなのはenひかりです。

enひかりには以下のメリットがあります。

enひかりのメリット
  • 単体での月額料金最安級
  • 契約期間に縛りなし
  • オプションでv6プラスの利用が可能

とにかく月額料金の安さが売りで、利用者の多いドコモ光やソフトバンク光と比べて月額900円も安くなっています。

また、光回線は通常2年~3年の縛り期間がありますが、enひかりはそれがないので安心して利用出来ます。

詳細ページ公式ページ